アーク ナイツ ドーベルマン。 ドーベルマン

ドーベルマン

アーク ナイツ ドーベルマン

英数字• 12F• Lae• アズリウス• アドナキ• リーナ• ゼキュター• イーサン• ヴィグナ• エフイーター• オー カ行• グラウ• グラニ• シュヴァルツ• シラユキ• ジュナー• ズィマー• スチュ• スポット• ディピカ• テンニンカ• ノ ハ行• パマー• フェン• カル マ行• マッター• リーテ• マ ヤ行• ヤトウ ラ行• リーナ• シュヴァルツ• アズリウス• ゼキュター• エフイーター• グラウ• グラニ• ズィマー• リーテ• イーサン• ヴィグナ• ジュナー• シラユキ• ディピカ• テンニンカ• パマー• マッター• アドナキ• スチュ• スポット• フェン• 12F• ヤトウ• Lae• l NPC(プレイアブル化未定を含む) ロドス・アイランド• out• シモーネ• レユニオン・ムーブメント• シュレッダー• ・イェンウー• フミヅキ• 王 その他• y 関連項目•

次の

PCд╟е╫еьедд╣дыд╦д╧

アーク ナイツ ドーベルマン

基本ステータス ブロック数 3 攻撃速度 1. ドーベルマンは新人オペレーターには厳しい要求を加えており、お菓子を棚においても小さなオペレーター達は包装袋に触れられないことはもちろん、楽しい気持ちでいっぱい食べることすら出来ない。 だが大丈夫だ、みんなにはジュナーがいる。 後方勤務部のスタッフと協力をし、彼女はロドスの至るところに巨大なスナックネットワークを組織し、みんなに美味しくて安いお菓子を提供するように務めている。 「潜在的な敵」との知恵や勇気比べの問題に関しては彼女は最早プロですら比べ物にならなものとなっている。 彼女の本心はみんながロドスで楽しく生活出来るようにするということだけで、そのため彼女の行動に関しては管理者たちも目をつぶっている。 資料3 ジュナーはフロストリーフのことを知っており、初めてロドスで出会った時の反応を見る限りでは良い思い出では無いと思われる。 しかし時間は多くのものを洗い流した。 今のジュナーとフロストリーフは戦場での一種即発の兵士ではない。 彼らは全ての過去を捨て、自分の青春の歳月を費やしてやっと探し求めてきたすばらしい生活をしっかりと握っている。 すこしの間の接触と慣らしを経て、フロストリーフはジュナーをパートナーとして任務に誘い出し、任務を遂行した。 他人には分かりにくいかもしれないが、どうしていつも一人でいるフロストリーフが人と協力することを選んだのだろうか。 ジュナー本人はすでに分かっている。 贖罪をしたい者だけが一緒に歩くことに適しているということを。 資料4 かつてのジュナーは指揮官達の目からは最も厄介な兵士だった。 上層部が彼女のわがままに耐えた後、彼女を昇進させる一方で新兵の卵を管理させるために派遣した。 怒りながらも彼女はこれらの経験の浅い若者の訓練を始めたが、気付かない内に彼らも彼女の性格を変えていったのだ。 長い付き合いの中で彼女はこの兵士たちを認めて受け入れ始め、彼らの訓練に協力するために彼女は自分が得意としていた両手剣を今の剣と盾に変えた。 彼女はこれらの人々のために心血を尽くしたが、上の将官に訓練してきた兵士を決死隊にするつもりだと聞かされた時は彼女は考えもせず相手に突撃をした。 その後のことはあまり話したくはないようだが、資料によると退役を命じられたはずだ。 その後、彼女は警備や警察、傭兵を転々としたがあまり長くは続かなかったようだ。 そして最後にはロドスに着いた。 履歴書の内容はここまでとなっている。 ドクターはひそかにジュナーにどうしてロドスに来たのかと質問した後、ジュナーはドクターに手紙を出した。 その内容は当時の新兵生存者たちの教官に対しての感謝と支持の表明だったようだ。 手紙の最後にドクターは見た。 文字の後ろにはロドスの履歴書と住所、そして生存者全員のサインが書かれていた。 「それでも私はここにいる」 昇進2解放 「彼女には会ったことがある。 ええっと、このコードネームについては適当に大物を選んで聞いてみて下さい。 彼の両目が星に変わることを保証しますよ。 有名過ぎる話ですので。 えっと、知らないんです?まあ、あなたはクルビア人でも無いですし無理は無いですね。 春季攻勢は聞いたことはありますか?ええ、彼女はその春攻勢で双方はまだ準備中でした。 彼女は一人で二本の電気刀を持って敵の群れに飛び込んだのです。 ええ、個人の素質としてあそこまで優秀なものは見たことありませんよ。 ええ、とても強い。 彼女にとっては何でも良いのでしょうが。 規律にはあまり従いはしないので老いぼれのグループには辛かったでしょうね。 彼女の受勲式での士官たちの顔色を今でも覚えていますよ。 本当に素晴らしかった。 一時期は全クルビアの徴兵公告は彼女一色となっていました。 残念なことに部隊を移動した後は彼女の話をあまり聞きはしませんでしたが。 あー、本当にあなた達は一体どうやって彼女を募集するつもりなんです。 私の若い者たちがこの方を探していています。 長い間探していますよ。 その長い期間の後でも大口の取引先と交渉が出来る人材が無ければ…ああっと、時間です。 後で引き継ぎもしますので一旦は撤収します、今度時間があれば、ぜひとも私に話を聞かせて下さい。 そうしましょう。 」 声音の出所元:人事D335とヘッドハンティングH. Jrとの会話記録抜粋 ボイス一覧 音声記録 秘書任命 書類仕事なんてもっとできる人にやってもらってよ。 私みたいな実戦経験ばっかりの軍隊上がりには本当にお手上げなんだって! 会話1 しょっぱい人生は、クリーム、お砂糖、ジャムで甘く味付けしちゃえばいいのよ。 会話2 あれだけ目を引く斧を抱えてなければ、あの子がフロストリーフだなんて絶対分からなかったわ。 そうね……。 かつて戦場では敵同士だったあの子だけどロドスでの生活を謳歌してるみたいだし、何だか安心したわ。 会話3 ドクター、私の武器にうかつに触れないで、オリジニウムを交換したばっかりで危ないから変に持っだら……危ない!い、医務室に行きましょう……。 昇進後会話1 重装オペレーターに求められることは何と言っても防御力よね!有機繊維の防塵ベストもセラミック装甲も、新しい防具が出たら先ずは使って見るに限るわ。 昇進後会話2 昔のこと?ううん……特に話せるようなことはないわ。 気の短い一介の兵士にろくな過去なんてあるわけないでしょう。 功績や勲章なんて、っ…、死んでいた人たちの命と比べたら、何の価値もないわよ……。 信頼上昇後会話1 近い頃の予備隊の新人たちは、確かに皆いい子で優秀だけど生活を良くする知恵が全然働かないのよね。 私が新人の頃は、皆備蓄の乾パンをパクることに関しては達人級の腕前だったんだから。 信頼上昇後会話2 お菓子のパッケージには、工業原料と記載するようにと、支援部の人に伝えておいたわ、ドクターはサインして物資を通してくれればいいだけだから、お願いね。 信頼上昇後会話3 ドクター?ええ、あの、ごめんなさい。 やっぱり、どうしても忘れられないことってあるの。 あの時、もし私の長官がドクターみたいの人だったら、あんな事は起きなかったかもしれない……。 つい、そんなことを考えてしまって。 放置 はじけるキャンディーでもどう?色んなフレーバーがあるから、きっとドクターも満足できるはずよ。 入職会話 岩のように堅く、雷のように鋭い、それが私ジュナーよ。 よろしくね、ドクター 経験値上昇 やだ、ポップコーンがもうないわ。 昇進I 昇進?ってことは給料も上がるわよね。 やったー! 昇進2 昔は敵に突っ込んで戦うことしか頭になかったけど、今は皆のために戦うことを覚えだわ。 さあ、命令を頂戴、ドクター。 編成時 いつでも行けるわよ、次の現場はどこ? 隊長任命 一つだけお願い:安全第一に行動することだけは忘れないで。 作戦準備 出発の時間よ!常に身の周りには注意を払って。 戦闘開始 ふ、戦場の空気って、相変わらず最悪ね。 配置2 はい! 選択2 スタンバイ! 配置2 サポートは任せるわ。 配置2 援護お願い! 作戦中1 戦線を維持! 作戦中2 無駄なあがきはやめなさい! 作戦中3 ここは通さない! 作戦中4 下がれ! 星3で戦闘終了 名誉勲章って聞いたことある?きっとドクターのためにあるものだと思うわ。 星3で戦闘終了 戦場の後片付けはしなくていいの?分かった、じゃ撤収しましょう。 星2以下で戦闘終了 敵はまだ遠くまで行ってないはず、追った方がいい? 任務失敗 ドクター、あまり自分を責めないで……この結果は、あなたのせいじゃないわ…… 基地配属 わお、これだけ豪華の内装ならお金も相当かかってるでしょう。 タイトル アークナイツ 挨拶 おはよう~.

次の

【アークナイツ】ジュナー(坚雷 Dur

アーク ナイツ ドーベルマン

Dobe 基本 所属 ロドス・ンド 前衛 L 性別 女 経験 六年 出身地 ボリ 種族 ペッロー 病 感染状況 に。 測定 強度 標準 機動 標準 的耐性 標準 戦術立案 優秀 技術 優秀 適正 優秀 ボリの元軍人で ロドス加入後は教官として新任オーターと一般オーターの訓練を任されており、訓練の厳しさからオーターたちからは恐れられている。 からすれば部下にあたるが、決して彼に対しても甘くはない。 怠けていると容赦なく厳しい言葉が飛んでくる。 の由来はおそらく一般・・など多用途で飼われている種のから。 アーミヤをはじめロドスのオーターからは「 教官」と呼ばれており、からも「教官」付けで呼ばれることが多い。 序章でアーミヤと共に登場し、救出部隊の揮をとっている。 元軍人経験豊富で、の合間にあるでは新入りのを通して様々な戦術をレーしてくれる。 早速だが単刀直入にいこう、まずは訓練が必要な者のリストを見せてくれ。 ロドスの教官という立場からか、攻撃とを両立させた性。 攻撃は 射程が2で離れていても攻撃が落ちない。 前衛や重装オーターは射程が前方1か、遠攻撃になると攻撃が落ちることが多いため割と重なである。 この射程を活かし、重装オーターに攻撃を食い止めてもらいながら自分は後ろから間接攻撃でくという戦法をとることができる。 決して前の人にを打っているわけではない。 は「 強撃」と「 撻」の二択。 「強撃」は が溜まると強攻撃を行うというもので、汎用性が高い。 「撻」は 一間攻撃と素質の効果を上昇させるというもの。 その素質というのが 自身が配置中3の攻撃を上昇させる「 新人担当教官」。 3は突出した性ではないが、を進めると必ず入手でき、昇進や潜在の解放もしやすいため序盤ないしでは非常に重要な戦となるだろう。 の中にはほとんど3の編成でを突破している猛者もいるので、そういった編成ではの素質がく。 4以上のを多数所有しているであっても状況によっては3の方が最良な場面もあるので、余裕があるなら育てておくといい。 ちなみに3はが手にかけて育てた行動予備隊が大半を占めている。 訓練で磨いた連携や不面な面々にを入れたりしてを引き出しているのだろうか。 欠点は低めな攻撃で、単独では硬い敵に押し負けやすい。 実際にがとして初登場する2回のでは、重装 (ゴツゴツしたアーマー)敵の前に立ちふさがるも、 アーミヤ「あっ!教官、来てくだですね!」 しかし、全然が入らない。 」 と、結局術師のアーミヤに倒してもらうという のような扱いになっていた。 的に見れば 重装敵にはアーミヤのような術師が有効という相性をわかりやすく教えてくれる場面なのだが、それにしてもわざわざ教官が出る必要はなかったんじゃないだろうか…。 一応では直属の行動隊は別動隊として任務にあたっており、同ではロドス以外の営に所属するオーターを運用している(しかも高で、の素質が全く活かせない)などあまり余がなかったようで、その場に駆け付けられるオーターが自分しかいなかったのかもしれない。 基地はやはりというか、訓練室で訓練を速めることができる「教官」と制御中枢内のオーターの体消費を軽減できる「心」と上官らしいものがっている。 関連項目•

次の