宅建 勉強法。 宅建は独学で合格できる!?宅建のおすすめ勉強法

宅建は独学でどのくらいの勉強時間が必要か?

宅建 勉強法

宅建試験に合格できるコツは、 過去問題の対策ができるかどうかです。 毎年、宅建士試験は過去問題から 約7割以上が 出題されます。 「過去問題を制する者は、宅建士試験に合格する」と言われる位、 過去問題の攻略は重要です。 実際に2019年度の宅建試験も 過去問を土台にした応用問題 が多く出題されていました。 ちょっとした簡単なコツで、 過去問題を 完全制覇する方法があります。 宅建に合格した受験生は、ほぼ全員、 過去問題の演習を重視しています。 今回は、宅建試験の1ヶ月前から集中的に勉強を始めても、合格できた私の最速の 過去問対策の勉強法です。 3つの「過去問の徹底攻略法」のコツをお伝えします。 宅建のおすすめの過去問題集を目的別で選ぶ 過去問題集は、12年間を1回やるよりも、 過去7年間分でも完璧に仕上げる方が合格します。 問題集を選ぶ時は、自分がかけられる勉強時間を考えながら選んでみてください。 以下、私が実際に試して使ってみて、初心者向けには良かったおすすめの過去問題集をベスト1位〜3位までを紹介していきます。 「過去問12年間分」のおすすめランキング 過去問題の全範囲を解いておきたい人は、12年間分が全てが編集された問題集がおすすめです。 以下、私が選ぶ 人気の宅建テキストベスト3です。 解説も3冊の中で、わかりやすく、重要項目も3段階で表示されているので、復習の優先順位がわかります。 「みんなが欲しかった12年過去問題集」は、 問題が易しい難易度の年度から編集されています。 しかし、私が読んだ感覚では、 必ずしも簡単な年度が最初に編集されていません。 初心者向けに敷居を下げた解説は、悪くはないのですが、年度がバラバラに編集されるので、使いやすいとは思えないです。 3位と2位の星のランク評価は、3. 5と、ほぼ同じです。 宅建学習を科目別に進めたい人は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」と科目ごとに分割されたタイプの問題集がおすすめです。 0 【1:権利関係】 解説のわかりやすさと、重要事項の暗記しやすさでは「過去問宅建塾」の問題集が、科目別ではイチオシです。 ただ、私の 1位と2位の評価は、ほぼ同じです。 「出る順宅建士:過去問題集」も、 ロングセラーで、おすすめしたい人気の問題集です。 B6サイズ コミック本程度の大きさ で、片手で持ち運びしやすいだけでなく、コンパクトに解説の重要事項がまとまっています。 3位の「スッキリとける宅建士」は、過去11年分の問題が分野別、論点別に編集され、テキストと過去問の両方が、 1冊で学習できます。 ただ、問題集として使うなら1位と2位の方が、学習しやすいです。 科目別の過去問題集を使う良さは、自分が 苦手な科目や強化したい分野を集中的に勉強しやすいことです。 ただ、4科目が順番に出る本試験とは、 問題の出題形式が違います。 試験に慣れるためにも、模試で本試験と同じ形式の演習は必須です。 0 直前チェックなど、総復習に向いているのが、ポイントを絞った問題集です。 ただ、これらの問題集は、 要点が絞られているメリットがある反面、 演習の分量が少ないです。 基礎学力が無い場合は、実践力をつける学習不足になるので、頼りすぎないように注意です。 私の経験から断言できることは、実際に 過去の問題を解く演習をしないと合格点には届かないです。 自分が 実際に手を動かして問題を解く努力をしない限りは、記憶も定着しません 私も昨年、残り1ヶ月間で必死で宅建の過問題を勉強しましたが、10年間分の過去問題を解くのは、大変でした。 過去問題の勉強法は、とにかく 効率重視!が大切です。 独学であれば、基本テキスト(参考書)を読んだ後で、過去問題を解く。 通信講座では、 講義を聞くインプット 後の アウトプットの 復習テストが 重要です。 毎日、限られたの時間のなかで、学習をどう進めていくか? 過去問題を効率よく学習できる人は、宅建試験に必ず合格できます。 短期でも合格可能な3つのポイントを紹介します。 1)過去問を解いた後で、間違えた問題をテキストで確認 宅建試験に短期で合格しようとした時に、 絶対にやってはいけない勉強法は、最初から 丁寧にテキストを読み込む事です。 この勉強法は、1年〜半年以上前から宅建の勉強をスタートして余裕がある場合は有効ですが、短期合格には効率が悪いです。 過去問の内容を理解するためにテキストを読み込むだけでは、使える知識になりません。 問題を解いてこそ、知識は頭に定着します。 先に過去問題を解いてから、理解できない箇所のみを テキストに戻って確認をする順番です。 上記の様に過去問を解いて、わからない部分のみの確認だけならば、テキストを全部読み込む必要がなく、短時間で要点をつかむ勉強ができます。 また重要で良く出るところ、ひっかけに気を付けた方が良い箇所も、直ぐに覚える必要はありません。 過去問を解き、間違った問題 のみ、テキストで復習しながら覚えた方が記憶は定着します。 宅建の4科目の出題範囲は「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税その他」と幅広いです。 テキストを完璧に覚えようとすると時間がかかり、とても1〜2ヶ月では間に合いません。 テキストは 辞書代わりに利用するのが効果的です。 宅建過去問おすすめ勉強法;テキストは辞書代わり使う 実際に、私が過去に受講した宅建の通信講座でも、勉強法は同じでした。 テキストの「基本書」は、 20〜30%の理解でもOK• 流し読みでポイントを押さえるだけで良い• 過去の問題集をやってみて、 わからない部分の確認に使う。 通信講座では、 テキストの 予習は必要ないと指導されます。 通信講座の動画の講義前に予習をしても内容を理解するのに時間がかかり効率が悪いです。 受講後で復習する方が、難解な内容を早く理解できるからです。 難しい内容を理解しようとするのは時間がかかります。 また疑問点を丁寧に調べて予習をするよりも、 復習に時間をかける方が頭に入ります。 独学と違い、 通信講座の良さの1つは、 プロの講師が動画で 要点を教えてくれる事です。 講義を受ける事で宅建試験に出題される ポイントを 早く理解できます。 更に、動画の講義の後で ア ウトプットとして復習に過去問題を解く効果は、長年実証されています。 理解や知識を定着させる為に、インプットだけでなくアウトプットがないと効果が上がりません。 そして過去問を解くと、自分の苦手な箇所や理解不足がどこであるか?最も早く把握できます。 そして理解が不十分な部分はテキストに戻り、 ポイントを確認する作業を繰り返す事で、 記憶が定着します。 とにかく最初の1ヶ月目から、講義の受講と 並行して、 できるだけ早く 過去問は解いて下さい。 最初は難しく感じるかもしれませんが、この3つのサイクルを何度も繰り返す事が大切です。 21 倍>>> 過去問の最初の対策は、基礎問題の完全マスター 過去問は、4問中、2枝は正答できるが、残りが回答できない場合が多いです。 この場合のコツは、簡単に理解できそうな 基本的な部分から抑えていく事です。 そうすれば、だんだん繰り返す度に、正解できる「 A」が増えてきます。 残り1ヶ月の直前になれば、特に「 B 」に力を入れてください。 他の受験者も解ける問題は絶対に落とさない様に、 確実に正解にできる問題を増やしていく事が、合格の秘訣です。 宅建士の試験の直前には、 問題集は少なくても 3回反復しておくと余裕ができます。 そしてこれはどこの資格予備校や通信講座でも言われている事ですが、 過去問を5回繰り返す人は絶対に合格できます。 過去問の問題集を繰り返す時は、上記で紹介した出来ない問題だけを何度も解くだけでよいです。 問題集を繰り返し解けば、5回目になる頃には「 A 」(完璧に理解している)問題が多くなります。 10年分を全部一から解くわけではないので、これは時間が無い人でも、やる気さえあれば出来ます。 やればやる程、楽になってくるし合格できる自信ができます。 難解でわからない過去問題は捨てる また、 わからない問題に時間をかけない事も、時間節約の為には大切です。 わからない問題は、考えたり調べたりするよりも、 直ぐに解答を見て、解説を読んで理解しましょう。 それでもわからない場合は、その問題を飛ばして、どんどん次を解いていきます。 もし解説を読んでも 「D 理解が出来ない問題」があれば、捨ててください。 特に「権利関係」の民法の問題は難易度が高いので、「 D 」が多く出ます。 これら「 D 」を「 A」レベルまで上げるには、かなりの時間がかかります。 しかし、その割には、過去問以外の出題も多いので、頑張る割には報われません。 短期間の勉強は、高得点を目指すのではなく、 合格点を目指す勉強方法でないと時間が足りません。 学習内容を判断して、時間をかけても理解できない問題は、割り切って捨てる事も必要です。 また、独学で勉強が行き詰まっている人は、通信講座などを上手に利用して、疑問点を早く解決するのもおすすめです。 私も最初は独学でしたが、時間節約のために途中から通信講座へ切り替えました。 時間をお金で買った結果、1ヶ月の集中追い込みで宅建に合格しました。 しかし、1日の間に急激な忘却が起っても、その後の忘却は緩やかになります。 理解しやすい、わかる部分を徐々に 補強していく勉強法で、記憶が定着していきます。 よって過去に出題された問題を、 何度も繰り返し学習すればするほど、合格に近づきます。 毎日、時間が無い中で、10年分の過去問を解く事は億劫ですが、 スキマ時間で1問でも解く癖をつけて下さい。 短期の勉強で宅建に合格したいならば、それぐらいの 努力と執念は必要です。 模試の点数が悪くても過去問の見直しで合格できる 宅建試験前に受けた模試の点が悪い場合、落ち込んで諦める人がいます。 しかし、ここからが勝負なのです。 そして、たとえ間違いが多くても落ち込まないでください。 目的は、どの分野を多く間違えたか?自分の学習の弱点を知ることです。 全ての試験勉強にも言えることですが、宅建 試験当日の 本番にピークがくれば、良いのです。 絶望したり諦める必要はありません。 よく宅建試験の直前に受けた模試の点数が悪いと、それだけで不安になり平常心を失う人もいます。 しかし、それも 自分の考え方次第で、状況は好転できます。 不安な時は、 不安を打ち消すぐらい勉強することです。 勉強が不安で手に付かない人は、宅建試験に不合格で、自分が人生で何を失うか?考えてください。 何度も挑戦できる試験を受ける前から、勉強が進んでいないと悩むことが、馬鹿らしいと思いませんか? 問題を間違えることはラッキー! 模試で間違えた問題は、 記憶に残りやすいので本番では間違えません。 むしろ、試験 前の段階で 過去問を間違えてラッキー!と思ってください。 最初の模試の点数が悪いと人間は必死で勉強します。 爆発的に試験までに学力が伸びる人もいます。 よって最初の模試を受けるタイミングは、少なくとも 1ヶ月前までがおすすめです。 遅くとも9月の中旬までには受けて下さい。 試験の直前に最初の模試の点が悪いと、勉強して挽回する時間が足りないからです。 私の経験ですが、試験まで逆転できるタイムリミットは 1ヶ月前が限度です。 過去問の見直しと復習に力を入れる そして、模試は受けた後の復習をしっかりとできる人が、合格できます。 じっくりと模試を復習すると、7割以上が、過去問をしっかりと解いておけば得点できることに気がつきます。 言い回しを変えていても、問題文で問われている基礎知識は同じです。 自分が間違えた分野の過去問は、特に重視して 復習してください。 私の場合は、 間違った箇所だけ書き出して、最終チェックに使っていました。 3回目から B (ほぼ理解)が増えてきます。 B を A (完璧に理解している)にするのは楽です。 自分の学力のピークが、試験にくれば合格できる事は、私が経験済みです。 下記の勉強のコツさえ忘れずに最後まで諦めなければ、宅建に合格できます。 【過去問攻略の3つのコツ】 ・一枝一枝ごとにきっちり理解していく ・間違ったときこそチャンス ・本番に間違わなければそれで良い! 宅建試験に重圧を感じなくなる問題集の活用方法 切り離しの面倒な作業を行わなくても、薄い問題集で合格する勉強法もあります。 人によって好みはありますが、薄い過去問題集だけに絞って学習することも、結果的には時間の節約には役立ちます。 時間が無い人は、先に過去問5年分だけを完璧にする どうしても10年分を解く時間が無い人は、 過去問5〜8年分のみを先にマスターして下さい。 過去問5年分であっても、一枝ごとに確実に理解していれば、残りの5年分を解かなくても、半分は得点できます。 私は勉強時間が無かったので、9月末になっても過去問題集は5年分が手付かずでした。 残り5年分は、直前の10月から模試代わりに、ほぼ毎日1時間半に区切って、解いていました。 一通り解き終わると、BとCの問題を繰り返し解きました。 問題集を合計4回以上一周したところで、約8割がAになりました。 宅建士過去問を先に5年分だけやる理由 私の経験上、最初にある程度の知識を蓄えるまでが一番大変です。 問題を解いた後に解説を読んでも、すぐに忘れてしまいます。 しかし、ザルの底に粗い石がたまれば、その上の細かい砂や石が溜めやすいように 急速に解ける問題が増えていきます。 おすすめの勉強法は、 分量を絞って最初の粗い石を確実にザルに溜めることです。 10年分を通しでやってみた時に、あまり出来ない問題ばかりが続くと、テンションが下がります。 過去2年分でも、 完全に理解した「A」を増やした後であれば、残りの5年分もある程度は解けるからです。 なぜならば、宅建試験は毎年、過去問題が7割は繰り返し出題されます。 過去10年の間に、途中で法令改正があったとしても、同じ問題がいい回しを変えて、毎年、一定数は出題されます。 過去問で問われる基礎は、 問題形式が変わっても共通しています。 基礎力をまず確実に身につけると、他の問題も解きやすくなります。 過去問だけでなく最新の法改正もおさえる 最後に重要なことは最新の法改正への対応です。 毎年4月に施行される法改正(同年6月に官報告示される)への対策も必要です。 テキストはそれ以前の過去問の情報しかなく、最新の法改正を反映した問題まで網羅されていません。 法改正は、社会情勢などの変化から出題されやすい 法改正は、時代の流れで現状の状況に近い形で旧態依然の合わない部分の改正を進めていくものです。 よって実務に関わる人は、必ず知っておかないといけない知識なので、毎年出題されやすいです。 各受験校や通信講座では、直前に対策を行いますが、 独学の人は、情報を自分で入手する必要があります。 最新の法改正の情報の入手方法 宅建試験の2週間前から「統計」と「法改正」について、資格予備校や宅建講座を開いている講座などのネットに情報が掲載されます。 このサイトでも「法改正」について試験直前に紹介しました。 そして 宅建試験当日には大手予備校が「直前ポイント」の冊子を配布しています。 「統計」と「法改正」であれば高確率で的中しました。 早めに会場に着いてチェックするのも一つの方法です。 私も要領を得なかったので、「統計」では特に多くの内容を覚えようとしたのですが、実際に出題されるのは、一部分です。 会場でチェックするだけでも十分間に合う箇所もあります。 ただし、それ以外にも、 最新の法改正に対応した過去問題の勉強も必要です。 それは、受験会場で直前チェックするだけでは間に合いません。 過去の法改正のポイント 近年の宅建の法改正です。 【2018年度】 ・接道規制を条例で付加できる建築物の対象の拡大 ・老人ホーム等の容積率規制の算定対象外 ・自筆証書遺言の方式の緩和 2020年の宅建試験に関連する「 法改正」については、4月以降に発表されます。 過去問はスキマ15分を最大限に活用して解く 宅建士に最短合格したいけど、勉強時間の確保には悩みます。 宅建士の最短合格への勉強法は、過去問を解くことです。 しかし、毎日が忙しいと、集中して勉強時間を確保するのは、至難の技です。 そんな忙しい人が、勉強時間を確保する為に一番有効な方法は、 細切れの時間の活用です。 どんなに忙しい人でも毎日 5〜20分間の細切れの時間はあります。 スケジュール管理が上手であれば、忙しくてもまとまった勉強時間を確保できます。 そして、スキマ時間を活用できる人の方も、同じぐらいスケジュール管理が上手い人です。 宅建士試験は、最後まで勝負はわかりません。

次の

宅建は独学で合格しよう!|宅建勉強法の全て

宅建 勉強法

宅建試験における民法の概要 宅建試験は 土地や建物などの不動産取引における実用的な知識を問う試験です。 宅建の民法は宅建業者 不動産会社 が不動産取引を行う上でも重要な科目だといえます。 ここでは宅建試験の出題内容と民法について中心にみていきたいと思います。 宅建試験の出題内容 不動産適正取引推進機構のページにも記載がありますが、 宅建試験の出題内容は以下の通りです。 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。 宅地及び建物の価格の評定に関すること。 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。 上記の 「2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 」が、民法での出題内容と関係性があります。 不動産取引と権利関係 不動産取引というと、身近なところでイメージしやすいのが、アパートを借りる、マンションを購入する、土地と家を売却するというような、 「不動産の売買と賃貸借」 です。 たとえば、不動産を売る人 売主 と買う人 買主 、不動産を貸す人 賃貸人 と借りる人 賃借人 のことを当事者といいますが、 不動産の売買や賃貸借に伴って不動産に関する権利義務が発生、変動、消滅します。 不動産取引が行われると 当事者の権利関係が変動します。 不動産の売買や賃貸借などにおいて権利関係を理解することは重要であり、 民法は権利関係と深い関係性があります。 宅建試験の出題範囲 宅建試験では50問のうち、下記の4つの分野から出題されます。 宅建業法(約20問)• 権利関係(約14問)• 法令上の制限(約8問)• 税その他(約8問) 4肢択一のマークシート方式による試験です。 権利関係からの出題は宅建業法の次に問題数が多く、試験におけるウエイトが大きいともいえるでしょう。 宅建試験の権利関係の14問中、下記のような出題があります。 民法(10問)• 借地借家法(2問)• 区分所有法(1問)• 不動産登記法(1問) 民法は一般法、借地借家法・区分所有法・不動産登記法は特別法と呼ばれるものです。 一般法と特別法との関係ですが、契約などの分野において一般法である民法が適用されますが、 特別法で規定が置かれている場合は特別法が一般法に優先して適用されます。 特別法を知るうえでも、一般法である民法の内容を理解することは大切なことだといえます。 民法の重要度 宅建の合否は民法の出来によって決まるということもできるくらい重要な科目です。 宅建業法などの他の科目は、まともに勉強すれば大体合計で25点ぐらい取れます。 その分、 得点で差がつくのが民法の分野であるといえます。 民法は事実関係を正しく読み取る必要があり、問題を解くときにもコツがあります。 ただ暗記するのではなく、 民法の特徴に合わせて勉強法を工夫することが大切だといえるでしょう。 民法の出題数 宅建試験の問題である全50問のうち、 民法からは 約10問が出題されています。 他の法律を含めた民法等の権利関係の14問のうち6割(8問ぐらい)を目標に勉強する必要があります。 目標の得点を意識することは大事ですが、宅建の民法は学習範囲も広いので、満点を目指すのではなく 論点を絞って効率良く勉強することが肝心です。 民法で勉強する内容 宅建の民法の問題は、主に「 民法の規定及び判例によれば、正しい(または間違っている)ものはどれか」という出題方法になっています。 また「正しい(または間違っている)ものは何個あるか」という 個数を問う問題や、「正しい(または間違っている)ものの組み合わせはどれか」というような 組合せ問題もあります。 つまり、 民法の条文と照らして合っているかということが問われるので、民法の趣旨を勉強しなければなりません。 民法の内容的な分類 民法は内容によって、いくつかのまとまりに分類されます。 民法全体の共通項となる 総則があり、大きく 財産法と 家族法の2つに分かれます。 財産法は、所有や売買、賃貸借などの財産関係を規律するものです。 家族法は、夫婦や親子、兄弟姉妹、死後の相続などの身分関係や相続の関係を規律するものです。 財産法は 物権法 人と物の関係についての規定 と 債権法 人と人の関係についての規定 の2つに分かれ、家族法は 親族法 婚姻、親子、親族などについての規定 と 相続法 相続、遺言などについての規定 の2つに分かれます。 上記のように、各論的な条文が4つに分類され、 民法は大まかに「総則、物権、債権、親族、相続」の5つに分けられます。 物権法 物権法は財産法に分類されます。 人の物に対する権利についての法律です。 物を直接支配する権利を第三者やすべての人に対して主張することができます。 たとえば、契約、相続、取得時効により、所有権などがどのように移転するのかといったところが重要になります。 債権法 債権法は財産法に分類されます。 特定の人に対して一定の行為をすること(しないこと)を請求する権利についての法律です。 物権が誰に対しても主張できるのに対し、債権は債権の効力や履行の確保の手段などは当事者間だけで成立します。 親族法 親族法は家族法に分類されます。 婚姻、離婚、親権など、家族について定められた法律です。 夫婦、親子など、結婚や親子に関すること、家族関係を規律するための決まりが定められています。 相続法 相続法は家族法に分類されます。 人の死後の財産の行方について定められた法律です。 個人の死亡により相続が発生し、配偶者や子など一定の身分関係の人に承継される財産についての規定が定められています。 民法の勉強時の注意点とアドバイス 宅建の民法を勉強するときに気を付けたいことがいくつかあります。 テキストと過去問の使い方にも工夫が必要で、あらかじめポイントをおさえて勉強法に役立てることが大切です。 ここでは民法を勉強するときの注意点についてみていきたいと思います。 条文暗記ではない 条文にてらして合っているかということを答える問題ではあるものの、 条文の暗記は必要ありませんし無駄だといえます。 条文そのものの穴埋めのような問題は出ませんし、条文を覚えていても内容が分からなければ正誤問題も解けません。 そこで条文の難しい問題を一字一句暗記するというよりも、 法律の制度や趣旨にも注目して、簡単な日本語で条文の言っていることを理解するほうが楽だし確実に解けるようになります。 テキストで条文を勉強するポイント 民法では「抵当権」や「物上保証人」といった、さまざまな用語が出てきます。 条文の内容が分かるようになるためには 用語の意味を理解することが必要不可欠です。 ここで 民法の内容を理解するためのポイントをあげてみます。 「法律の要件と効果(~という要件の場合は…という効果がある)」• テキストの読み方 民法を勉強するときには 単に結論を覚える勉強法はすべきではありません。 「~のため…である。 」「…である。 なぜなら~」など、 結論に至るまでの理由や論理などに着目することが大切です。 テキストはただ結論だけが載っているものではなく 理由や根拠が書かれているものを選ぶようにしましょう。 過去問で暗記の範囲を絞る 勉強するとき、数が少ないものであれば覚えきってしまうのが確実だし一番良い方法です。 しかし 民法は1044条まで条文があり、全てを覚えることなどできません。 そこで、ひたすら知識を覚える前に 「いかに効率の良い覚え方をするか」を考えることが必要です。 そのためには、過去問を一通りさらって、 毎年出題されるテーマや出題の傾向を調べて勉強する内容を絞ることをおすすめします。 過去問の使い方 過去問を解くときに気をつけたいことがあります。 それは 知識を広げすぎないことです。 市販の過去問題集等には余計な知識や情報が掲載されていることもあります。 過去問を隅々まで解きまくれば、知識が増えているようで安心かも知れませんが、結果的に時間と労力を無駄にしています。 知識として定着させるべき部分と、勉強しなくても良い(むしろ勉強する必要がない)部分を見極めたうえで、 必要なテーマに絞り込んで勉強するのが良いです。 民法の勉強方法 宅建の民法の 勉強法にはどのようなことを取り入れると良いのでしょうか? ここでは 民法を勉強するときに意識したいことなどについて、詳しく見ていきたいと思います。 図を使う 宅建の試験では、最近は 事例問題が多く出題されています。 事例問題の文章をひたすら目で追って問題を解こうとすると、内容が頭に入らずに混乱を招きかねません。 事例問題の対策としては図を書くことがおすすめです。 事例問題では、登場する人物が増えるにつれて事実関係が複雑化しやすくなります。 論理の関係やつながりを図で示せるようにすることで、事例の理解の助けとなり、問題が解きやすくなります。 理解しようとしすぎない 民法を勉強して間もない頃は、どういうことなのかいまいち分からないことがあります。 その場合は、少し考えてみて分からなかったら あまり考えすぎないほうが良いです。 不明な部分を分かろうとして何度もテキストを読み返したとしても、余計に行き詰まることもあるでしょう。 勉強を進めていくことで、後で振り返って見たら分かることもありますし、問題を解くことで分かるようになることもあります。 前に勉強したことが出てきたり、同じ論点に何度か触れることで理解できることもあります。 判例にこだわらない 宅建士の業務において判例はそこまで多く関わってこないので、 判例をたくさん知っている必要はありません。 また、あまりに難しい判例の問題は解ける人はほとんどいません。 判例集も必要ありません。 過去問で出たものやテキストに載っているものをさらう程度で十分だといえます。 民法改正は注意すべき? 宅建の民法において、 改正予定のところは試験に出題されにくいですが、出る可能性がないということでもありません。 独学者でも最新のテキストを使っていれば、法改正にも対応しているので、普段通りに学習を進めて問題ないといえます。 意識しなければならないことは 常に最新のテキストを使うことぐらいで、勉強法という側面では気にしなくても大丈夫です。 宅建の民法と関連のある資格 宅建の民法を勉強しておくと、 他の資格と出題範囲が重複していたり、他資格の勉強に役立てることができます。 ここでは 宅建の民法と関連がある資格についてみていきます。 マンション管理士と管理業務主任者 マンション管理士と 管理業務主任者は不動産関連の資格です。 宅建士試験と民法での出題分野が重なっているので、勉強の効率が上がります。 宅建士と合わせてマンション管理士と管理業務主任者の資格を持っておくと、不動産業界での仕事の幅も広がります。 不動産鑑定士 難関国家資格といわれている 不動産鑑定士ですが、 民法の科目で宅建の民法の勉強が役立ちます。 不動産鑑定士は勉強時間も多く難しい試験ですが、宅建の資格と不動産鑑定士の両方の資格があると、不動産業界の現場で活躍できるフィールドが広がります。 司法書士と行政書士 司法書士と 行政書士の 民法の科目で宅建の民法と出題範囲が重なっています。 司法書士と行政書士のどちらも難しい試験ではありますが、転職に役立つだけでなく独立開業を目指すこともできます。 人気講座ランキング (上位3社) 宅建の民法を勉強する順序 宅建の民法は、いつどのようなタイミングで勉強すると良いのでしょうか? 他の科目と合わせて、民法を勉強する順番についてみていきます。 勉強する科目の順番おすすめ• 民法を最初に勉強すると、宅建業法や他の法律も理解しやすくなります。 しかし民法は範囲が広く内容も難しいので、途中で挫折してしまうこともあるかも知れません。 その点、宅建業法は暗記中心なのでスムーズに入っていきやすいです。 民法が苦手な人は宅建業法から勉強するのも良いでしょう。 民法は理解するまでに時間が必要な分野なので、早いうちから勉強を開始しておくのがおすすめです。 民法を捨てるのはアリ? 結論から申し上げると、 民法を捨ててしまうのはおすすめできません。 宅建の試験では50問が出題され、権利関係 民法等 の配点は約14点です。 もし 民法が0点の場合、他が全て満点でも36点となり、その年の合格基準点によっては不合格となってしまいます。 そもそも他の科目で満点を取るのは極めて難しいです。 したがって 完全に民法を捨てるのはあまりにリスクが大きいです。 どうしても民法が苦手な場合 どうしても民法の勉強が苦手で勉強時間がかかりすぎてしまう場合は、 過去問に特化して基本事項や頻出事項だけを覚えていきましょう。

次の

宅建の独学に勉強法【勉強時間の効率化】

宅建 勉強法

宅建試験における民法の概要 宅建試験は 土地や建物などの不動産取引における実用的な知識を問う試験です。 宅建の民法は宅建業者 不動産会社 が不動産取引を行う上でも重要な科目だといえます。 ここでは宅建試験の出題内容と民法について中心にみていきたいと思います。 宅建試験の出題内容 不動産適正取引推進機構のページにも記載がありますが、 宅建試験の出題内容は以下の通りです。 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。 宅地及び建物の価格の評定に関すること。 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。 上記の 「2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 」が、民法での出題内容と関係性があります。 不動産取引と権利関係 不動産取引というと、身近なところでイメージしやすいのが、アパートを借りる、マンションを購入する、土地と家を売却するというような、 「不動産の売買と賃貸借」 です。 たとえば、不動産を売る人 売主 と買う人 買主 、不動産を貸す人 賃貸人 と借りる人 賃借人 のことを当事者といいますが、 不動産の売買や賃貸借に伴って不動産に関する権利義務が発生、変動、消滅します。 不動産取引が行われると 当事者の権利関係が変動します。 不動産の売買や賃貸借などにおいて権利関係を理解することは重要であり、 民法は権利関係と深い関係性があります。 宅建試験の出題範囲 宅建試験では50問のうち、下記の4つの分野から出題されます。 宅建業法(約20問)• 権利関係(約14問)• 法令上の制限(約8問)• 税その他(約8問) 4肢択一のマークシート方式による試験です。 権利関係からの出題は宅建業法の次に問題数が多く、試験におけるウエイトが大きいともいえるでしょう。 宅建試験の権利関係の14問中、下記のような出題があります。 民法(10問)• 借地借家法(2問)• 区分所有法(1問)• 不動産登記法(1問) 民法は一般法、借地借家法・区分所有法・不動産登記法は特別法と呼ばれるものです。 一般法と特別法との関係ですが、契約などの分野において一般法である民法が適用されますが、 特別法で規定が置かれている場合は特別法が一般法に優先して適用されます。 特別法を知るうえでも、一般法である民法の内容を理解することは大切なことだといえます。 民法の重要度 宅建の合否は民法の出来によって決まるということもできるくらい重要な科目です。 宅建業法などの他の科目は、まともに勉強すれば大体合計で25点ぐらい取れます。 その分、 得点で差がつくのが民法の分野であるといえます。 民法は事実関係を正しく読み取る必要があり、問題を解くときにもコツがあります。 ただ暗記するのではなく、 民法の特徴に合わせて勉強法を工夫することが大切だといえるでしょう。 民法の出題数 宅建試験の問題である全50問のうち、 民法からは 約10問が出題されています。 他の法律を含めた民法等の権利関係の14問のうち6割(8問ぐらい)を目標に勉強する必要があります。 目標の得点を意識することは大事ですが、宅建の民法は学習範囲も広いので、満点を目指すのではなく 論点を絞って効率良く勉強することが肝心です。 民法で勉強する内容 宅建の民法の問題は、主に「 民法の規定及び判例によれば、正しい(または間違っている)ものはどれか」という出題方法になっています。 また「正しい(または間違っている)ものは何個あるか」という 個数を問う問題や、「正しい(または間違っている)ものの組み合わせはどれか」というような 組合せ問題もあります。 つまり、 民法の条文と照らして合っているかということが問われるので、民法の趣旨を勉強しなければなりません。 民法の内容的な分類 民法は内容によって、いくつかのまとまりに分類されます。 民法全体の共通項となる 総則があり、大きく 財産法と 家族法の2つに分かれます。 財産法は、所有や売買、賃貸借などの財産関係を規律するものです。 家族法は、夫婦や親子、兄弟姉妹、死後の相続などの身分関係や相続の関係を規律するものです。 財産法は 物権法 人と物の関係についての規定 と 債権法 人と人の関係についての規定 の2つに分かれ、家族法は 親族法 婚姻、親子、親族などについての規定 と 相続法 相続、遺言などについての規定 の2つに分かれます。 上記のように、各論的な条文が4つに分類され、 民法は大まかに「総則、物権、債権、親族、相続」の5つに分けられます。 物権法 物権法は財産法に分類されます。 人の物に対する権利についての法律です。 物を直接支配する権利を第三者やすべての人に対して主張することができます。 たとえば、契約、相続、取得時効により、所有権などがどのように移転するのかといったところが重要になります。 債権法 債権法は財産法に分類されます。 特定の人に対して一定の行為をすること(しないこと)を請求する権利についての法律です。 物権が誰に対しても主張できるのに対し、債権は債権の効力や履行の確保の手段などは当事者間だけで成立します。 親族法 親族法は家族法に分類されます。 婚姻、離婚、親権など、家族について定められた法律です。 夫婦、親子など、結婚や親子に関すること、家族関係を規律するための決まりが定められています。 相続法 相続法は家族法に分類されます。 人の死後の財産の行方について定められた法律です。 個人の死亡により相続が発生し、配偶者や子など一定の身分関係の人に承継される財産についての規定が定められています。 民法の勉強時の注意点とアドバイス 宅建の民法を勉強するときに気を付けたいことがいくつかあります。 テキストと過去問の使い方にも工夫が必要で、あらかじめポイントをおさえて勉強法に役立てることが大切です。 ここでは民法を勉強するときの注意点についてみていきたいと思います。 条文暗記ではない 条文にてらして合っているかということを答える問題ではあるものの、 条文の暗記は必要ありませんし無駄だといえます。 条文そのものの穴埋めのような問題は出ませんし、条文を覚えていても内容が分からなければ正誤問題も解けません。 そこで条文の難しい問題を一字一句暗記するというよりも、 法律の制度や趣旨にも注目して、簡単な日本語で条文の言っていることを理解するほうが楽だし確実に解けるようになります。 テキストで条文を勉強するポイント 民法では「抵当権」や「物上保証人」といった、さまざまな用語が出てきます。 条文の内容が分かるようになるためには 用語の意味を理解することが必要不可欠です。 ここで 民法の内容を理解するためのポイントをあげてみます。 「法律の要件と効果(~という要件の場合は…という効果がある)」• テキストの読み方 民法を勉強するときには 単に結論を覚える勉強法はすべきではありません。 「~のため…である。 」「…である。 なぜなら~」など、 結論に至るまでの理由や論理などに着目することが大切です。 テキストはただ結論だけが載っているものではなく 理由や根拠が書かれているものを選ぶようにしましょう。 過去問で暗記の範囲を絞る 勉強するとき、数が少ないものであれば覚えきってしまうのが確実だし一番良い方法です。 しかし 民法は1044条まで条文があり、全てを覚えることなどできません。 そこで、ひたすら知識を覚える前に 「いかに効率の良い覚え方をするか」を考えることが必要です。 そのためには、過去問を一通りさらって、 毎年出題されるテーマや出題の傾向を調べて勉強する内容を絞ることをおすすめします。 過去問の使い方 過去問を解くときに気をつけたいことがあります。 それは 知識を広げすぎないことです。 市販の過去問題集等には余計な知識や情報が掲載されていることもあります。 過去問を隅々まで解きまくれば、知識が増えているようで安心かも知れませんが、結果的に時間と労力を無駄にしています。 知識として定着させるべき部分と、勉強しなくても良い(むしろ勉強する必要がない)部分を見極めたうえで、 必要なテーマに絞り込んで勉強するのが良いです。 民法の勉強方法 宅建の民法の 勉強法にはどのようなことを取り入れると良いのでしょうか? ここでは 民法を勉強するときに意識したいことなどについて、詳しく見ていきたいと思います。 図を使う 宅建の試験では、最近は 事例問題が多く出題されています。 事例問題の文章をひたすら目で追って問題を解こうとすると、内容が頭に入らずに混乱を招きかねません。 事例問題の対策としては図を書くことがおすすめです。 事例問題では、登場する人物が増えるにつれて事実関係が複雑化しやすくなります。 論理の関係やつながりを図で示せるようにすることで、事例の理解の助けとなり、問題が解きやすくなります。 理解しようとしすぎない 民法を勉強して間もない頃は、どういうことなのかいまいち分からないことがあります。 その場合は、少し考えてみて分からなかったら あまり考えすぎないほうが良いです。 不明な部分を分かろうとして何度もテキストを読み返したとしても、余計に行き詰まることもあるでしょう。 勉強を進めていくことで、後で振り返って見たら分かることもありますし、問題を解くことで分かるようになることもあります。 前に勉強したことが出てきたり、同じ論点に何度か触れることで理解できることもあります。 判例にこだわらない 宅建士の業務において判例はそこまで多く関わってこないので、 判例をたくさん知っている必要はありません。 また、あまりに難しい判例の問題は解ける人はほとんどいません。 判例集も必要ありません。 過去問で出たものやテキストに載っているものをさらう程度で十分だといえます。 民法改正は注意すべき? 宅建の民法において、 改正予定のところは試験に出題されにくいですが、出る可能性がないということでもありません。 独学者でも最新のテキストを使っていれば、法改正にも対応しているので、普段通りに学習を進めて問題ないといえます。 意識しなければならないことは 常に最新のテキストを使うことぐらいで、勉強法という側面では気にしなくても大丈夫です。 宅建の民法と関連のある資格 宅建の民法を勉強しておくと、 他の資格と出題範囲が重複していたり、他資格の勉強に役立てることができます。 ここでは 宅建の民法と関連がある資格についてみていきます。 マンション管理士と管理業務主任者 マンション管理士と 管理業務主任者は不動産関連の資格です。 宅建士試験と民法での出題分野が重なっているので、勉強の効率が上がります。 宅建士と合わせてマンション管理士と管理業務主任者の資格を持っておくと、不動産業界での仕事の幅も広がります。 不動産鑑定士 難関国家資格といわれている 不動産鑑定士ですが、 民法の科目で宅建の民法の勉強が役立ちます。 不動産鑑定士は勉強時間も多く難しい試験ですが、宅建の資格と不動産鑑定士の両方の資格があると、不動産業界の現場で活躍できるフィールドが広がります。 司法書士と行政書士 司法書士と 行政書士の 民法の科目で宅建の民法と出題範囲が重なっています。 司法書士と行政書士のどちらも難しい試験ではありますが、転職に役立つだけでなく独立開業を目指すこともできます。 人気講座ランキング (上位3社) 宅建の民法を勉強する順序 宅建の民法は、いつどのようなタイミングで勉強すると良いのでしょうか? 他の科目と合わせて、民法を勉強する順番についてみていきます。 勉強する科目の順番おすすめ• 民法を最初に勉強すると、宅建業法や他の法律も理解しやすくなります。 しかし民法は範囲が広く内容も難しいので、途中で挫折してしまうこともあるかも知れません。 その点、宅建業法は暗記中心なのでスムーズに入っていきやすいです。 民法が苦手な人は宅建業法から勉強するのも良いでしょう。 民法は理解するまでに時間が必要な分野なので、早いうちから勉強を開始しておくのがおすすめです。 民法を捨てるのはアリ? 結論から申し上げると、 民法を捨ててしまうのはおすすめできません。 宅建の試験では50問が出題され、権利関係 民法等 の配点は約14点です。 もし 民法が0点の場合、他が全て満点でも36点となり、その年の合格基準点によっては不合格となってしまいます。 そもそも他の科目で満点を取るのは極めて難しいです。 したがって 完全に民法を捨てるのはあまりにリスクが大きいです。 どうしても民法が苦手な場合 どうしても民法の勉強が苦手で勉強時間がかかりすぎてしまう場合は、 過去問に特化して基本事項や頻出事項だけを覚えていきましょう。

次の