紫陽花 オニヒトデ。 紫陽花の品種の名前一覧!珍しくて変わった種類や人気の万華鏡も紹介

紫陽花の品種の名前一覧!珍しくて変わった種類や人気の万華鏡も紹介

紫陽花 オニヒトデ

— 目次 —• アジサイの種類は どのくらい? 原産国は? アジサイの種類は、3,000種類以上とも言われています。 毎年多くの品種が作り出されていて、正式に登録されていない品種もあるため実際は数え切れないようです。 アジサイの原産国は日本で、日本固有の「ガクアジサイ 額紫陽花 」が原種です。 そこからさまざまな品種へと広がっていきました。 ガクアジサイの特徴は、中心の花を飾る額縁のように、周りにだけ花を咲かせます。 梅雨の頃によく見る丸いアジサイは「セイヨウアジサイ」と呼ばれる品種です。 アジサイは土で色が変わる!? アジサイは土壌の性質や、花咲いてからの日数で色に変化がある花です。 アジサイは、土壌が 酸性の場合は 「青みの花」をつけ、 アルカリ性の場合は 「赤みの花」をつけます。 そのため、酸性の強い日本の土壌では、 青~青紫のアジサイが多く、アルカリ性の強いヨーロッパの土壌では ピンク~赤紫のアジサイが多く見られます。 アジサイの種類 一覧 今回は、2019年6月初旬に「片原温泉あじさいの里・あじさい祭り」に展示されていた紫陽花を 20種類掲載します!• アジサイの種類1. テマリテマリ テマリテマリと言う、アジサイの「てまり型」にまとまった花は名前だけでなく、雰囲気もとても可愛らしいです。 1つの花房にたくさんの花がつくので、表面の花が咲いて色づいてきても、中心から次から次へと蕾が開いて色づきます。 【ひとこと】少しづつ色が違ったパステルカラーのグラデーションが、とても可愛いらしい紫陽花でした。 アジサイの種類2. オタフクアジサイ ウスアジサイ オタフクアジサイ ウスアジサイ は、江戸時代に作られたガクアジサイの園芸品種です。 オタフクアジサイ ウスアジサイ も、土の酸性度によって花色が変化するアジサイですが、ピンク花の場合は「オカメ」や「梅花」と呼ばれるようです。 最大の特徴は花弁の形で、花弁の縁が内側に巻きこんでいるため、お皿のようになっています。 【ひとこと】見た目も特徴的ですが、名前が「オタフク」「オカメ」「梅花」など和風なところも素敵です。 アジサイの種類3. アナベル ジャンボ アナベル ジャンボは、直径30cmもある花房がつくアジサイです。 咲き始めは緑色の花がやがて白色へ、さらに美しいヒスイのような淡い緑色へと変化する花色が魅力です。 【ひとこと】茎が太く丈夫なため、ボリュームのある花が咲いても倒れる事がないらしいです。 ちょっと心配だったので良かったです。 アジサイの種類4. シュガーホワイト シュガーホワイトの魅力は、純白の花色で清楚でピュアな雰囲気です。 花1つ1つが大ぶりで、それがいくつも集まった花房も、ころがり落ちそうなほどの立体感があり、1つの花房だけで花束のようにも見えます。 土の酸度に左右されず真っ白な花を咲かせます。 【ひとこと】真っ白な紫陽花の花は、見ているだけで癒されました。 土の状況で色が変わらないのも凄いです。 アジサイの種類5. コンペイトウ ブルー コンペイトウも、土壌の酸性度によって、花の色を変えることができます。 酸性の土壌では、青色の花を咲かせることができ。 アルカリ性の土壌では、きれいなピンク色を咲かせることができます。 【ひとこと】すごく可愛らしい形の花で、色のグラデーションも綺麗で素敵です。 アジサイの種類6. ババリア ババリアは、清々しいブルーにうっすらホワイトグリーンが入る爽やかで涼しげなカラーの紫陽花です。 花つきもよく、茎は丈夫で育てやすい品種になっています。 【ひとこと】深い青色がとても綺麗な紫陽花で、花の縁が水色な所も素敵です。 アジサイの種類7. どっちの色も綺麗で好きです。 コットンキャンディーは、柔らかなピンク色が魅力的な品種です。 咲き始めはクリーム色で時間が経つとともに、ピンクが濃くなっていきます。 性質はコンパクトで、多くの花を咲かせます。 【ひとこと】名前も可愛らしいですが、ピンクと白のグラデーションが物凄く可愛かったです。 アジサイの種類8. 紅風車 紅風車は、赤紫色に青色が入る複色咲きの剣弁で、ガク片同士が離れて咲きます。 【ひとこと】花は少なめの紫陽花でしたが、風車と言う名前がぴったりな印象でした。 アジサイの種類9. 清澄沢 清澄沢は、かなり大型になるヤマアジサイで、花も大輪です。 【ひとこと】花弁が平たくて真っ白、ちょっと不思議な紫陽花でした。 アジサイの種類10. ポップコーン 【ひとこと】たまに見かける紫陽花の品種。 花弁の形がポップコーンのようでインパクトが強いです。 アジサイの種類11. 桜花乱舞 【ひとこと】名前の通り、とても華やかな印象の紫陽花でした。 アジサイの種類12. スターリットスカイ 【ひとこと】花弁が葉っぱのように柔らかそうな紫陽花でした。 アジサイの種類13. トモエ 【ひとこと】花弁の形がバラの花のようにも見えて、品がある色も綺麗な紫陽花でした。 アジサイの種類14. 大山 【 ひとこと】水色の花が可愛らしい紫陽花でした。 山の名前かな?と少し気になりました。 アジサイの種類15. 石鎚の光 【ひとこと】小さめで可愛い花びらでした。 名前のインパクトが強いです。 アジサイの種類16. 雷音 【ひとこと】雷音という名前のインパクトが強いですが、花弁の形が稲妻のように見える気もします。 色も花も美しい紫陽花でした。 アジサイの種類17. ハイドディープパープル 【ひとこと】青と紫のグラデーションの花弁が特徴的でした。 葉っぱが見えない花のボリュームにびっくりしました。 アジサイの種類18. シホウ 【ひとこと】紫とマゼンタのグラデーションと花弁の形が凄く綺麗な紫陽花でした。 葉っぱも大きいです。 アジサイの種類19. ハワイアン ジュピター 【ひとこと】ハワイアン ジュピターも名前のインパクトが強いですが、花の色も凄くインパクトが強い紫陽花でした。 アジサイの種類20. 流星 【ひとこと】名前がかっこいい紫陽花です。 名前を意識しながら見ると花弁も星のように見える気がします。 まとめ 初夏を彩るちょっと変わった品種のアジサイを20種類ご紹介させて頂きました。 一つ一つのアジサイを何の種類のアジサイだろうと推測しながら見てみると、普段とは少し違った印象を受けます。 種類がたくさんあって、新種につける名前を考えるのも大変そうですよね。 アジサイの英語表記は・・・ アジサイは英語で【hydrangea】カタカナ表記で「ハイドライジア」です。 ギリシア語の「ハイドロ:水」と「アンジェイオン:容器」が組み合わされて「水の器」と解釈されたのが由来らしいです。 アジサイは水が大好きなお花なのでイメージにぴったりですね。 梅雨の風物詩のアジサイは、雨にぬれた姿もとても美しく見ているだけで癒されます。 傘をさしてでも見に行くのも素敵ですね。 2019年 片原温泉あじさい祭りの詳細情報• 期間:2019年6月1日(土)~6月30日(日)• 料金:300円 駐車場代:500円• 会場:愛知県蒲郡市金平町一ノ沢28-1 形原温泉あじさいの里• アクセス方法: ・【電車でアクセス】JR 「名古屋駅」~「蒲郡駅」下車。 念のため、事前にご確認いただきますようお願い致します。

次の

紫陽花「銀河」の上手な育て方について

紫陽花 オニヒトデ

代表的な紫陽花(アジサイ)の種類 アジサイは種類によって、イメージが異なる花です。 まずは代表的な種類を紹介します。 (1)ホンアジサイ ホンアジサイは、 日本生まれの紫陽花です。 単に「アジサイ」というと、ホンアジサイを指します。 ホンアジサイの魅力は、小花が密集して咲く愛らしさ。 こんもりとしたボリューム感ある咲き姿を 「手まり咲き」と呼びます。 (2)ハイドランジア(西洋アジサイ) ハイドランジアは、 ヨーロッパで品種改良され、日本に逆輸入されたアジサイです。 別名 「西洋アジサイ」とも呼ばれます。 ハイドランジアの魅力は、何と言っても華やかさ。 日本のアジサイとは違った花色や豪華さを持つ品種がたくさんあります。 ヨーロッパ生まれだけに、洋風の庭によく合います。 大株に育つと、とても見ごたえがありますね!紫陽花が毬のように咲き、そして株自体もまるで大きな緑の毬のようです。 (3)ガクアジサイ(額紫陽花) ガクアジサイは、 日本に自生するアジサイです。 周辺部だけを額縁のように咲くことから、ガクアジサイと名付けられました。 ガクアジサイの魅力は、その個性的な佇まいです。 落ち着いた雰囲気は、和モダンな庭にもよく合います。 (4)ヤマアジサイ(山紫陽花) ヤマアジサイは、 日本に自生するアジサイです。 林の中や沢のそばなど、 明るく湿り気のある場所を好みます。 ヤマアジサイの魅力は、 野趣あふれる佇まいと繊細さ。 花や葉が小ぶりなので仕立てやすく、鉢物としても人気です。 (5)アメリカノリノキ アメリカノリノキは、 北アメリカ原産のアジサイの仲間です。 代表的な品種に、白花で知られるアナベルがあります。 アナベルの魅力は、 繊細かつ存在感のある花姿です。 日本のアジサイと同じように育てることができ、剪定時期も選ばないことから、ガーデニング初心者にもおすすめです。 2018-06-01 12:12 ナチュラルな雰囲気の愛らしいアジサイ アジサイは品種改良が進み、さまざまなテイストのアジサイが登場しています。 ナチュラルな雰囲気が好きな方なら、可憐で愛らしいアジサイがおすすめです。 アジサイの種類(1)てまりてまり てまりてまりは、 繊細な八重咲きの小花が幾重にも重なった、とても愛らしいアジサイです。 花色は淡いピンクの他、爽やかな淡い青の品種もあります。 アジサイの花色は、土壌の性質によって花色が変わることがあります。 そのままの色を保つなら、鉢植えのまま育てることをおすすめします。 てまりてまりの魅力は、小花の繊細な愛らしさ。 それでいて全体はこんもりとしたボリューム感があり、見飽きることがありません。 淡い色合いも愛らしく、重なり合った花びらのグラデーションも見事です。 アジサイの種類(2)伊予獅子てまり 伊予獅子(いよしし)てまりは、小ぶりな花房が愛らしい、 ヤマアジザイの品種です。 本来のヤマアジサイは、和の風情が漂う渋めの雰囲気です。 伊予獅子手まりなら、洋風の庭にもぴったり。 明るい花色や愛らしい手まり咲きが、洋風のガーデニング草花とも馴染みます。 そして伊予獅子てまりの魅力は、何と言ってもその コンパクト感!花房が小さめで枝も細いので、ナチュラルな可愛さがあります。 花色もとても繊細です。 パステル調のほんのりとしたピンクや青が、小ぶりな花の愛らしさを引き立てます。 花色は土壌の性質によって変わります。 そのままの花色を保つなら鉢植えがおすすめです。 たくさん花をつけるので、花自体はコンパクトながら豪華な鉢植えになります。 アジサイの種類(3)ポップコーン ポップコーンはその名の通り、ポップコーンがはじけたかのように咲く、とてもユニークなアジサイです。 一つひとつの花(正確にはガク)がくるりと丸まり、とても愛嬌がありますね。 カラフルなポップコーンがたくさん弾けているかのようで、愉しい気持ちにさせてくれます。 存在感のある華やかなアジサイ 近年では、花色や花姿が華やかで、とても存在感のあるアジサイが増えています。 母の日のプレゼントとして4月頃から出回るので、ぜひ探してみてくださいね。 コットンキャンディの魅力は何と言っても、その フェミニンな色合いと花姿です。 咲き始めはクリーム色がかった白。 まさにコットンを想わせるナチュラルな色合いです。 咲き進むうちに淡いピンク色へと変化し、夏頃にはアンティークグリーンに染まります。 優しく包み込むような花色は、ナチュラルな庭にぴったりですね。 アジサイの種類(5)万華鏡 万華鏡は、 清楚な白と爽やかな青とのグラデーションが美しいアジサイです。 島根県アジサイ研究会のアジサイ農家さんたちが作り出した品種です。 万華鏡の魅力は、 幾何学的な美しさ。 名前の通り、万華鏡をのぞき込んでいるかのような、圧倒的なきらびやかさがあります。 青が主流ですが、ピンク色の万華鏡もあります。 ただし生産数が少なく、とても希少。 なかなかお目にかかれないアジサイです。 青もピンクも、花色は中心に近づくほど濃さを増します。 幻想的な美しさが目を惹く、とても個性的なアジサイですね。 アジサイの種類(6)銀河 銀河(ぎんが)は、八重咲きのガクアジサイです。 涼し気なブルーが印象的ですね。 万華鏡と同じく、島根県アジサイ研究会のアジサイ農家さんたちが作り出した品種です。 銀河の魅力は、爽やかな青と白のコントラストです。 ブルーに白の縁取りが入り、銀河に浮かぶ星のよう。 じっと見ていると、吸い込まれそうな美しさです。 また、花の中央部分の咲き方もユニーク。 咲き進むと、中心部が盛り上がり、まるで雲を想わせる光景が現れます。 アンティーク調の花色が美しい「秋色アジサイ」 秋色アジサイとは本来、夏に咲いたアジサイが落ち着いた色味に変わったものを指していました。 ところが近年では、美しく発色するように品種改良されたものが多く出回っています。 秋色アジサイは、花期が長いのが魅力です。 元の花色からアンティークカラーへと、色が変わるさまを愛でる愉しみがあるアジサイです。 アジサイの種類(7)マジカルシリーズ マジカルシリーズは、切り花用に見栄えを重視して品種改良されたアジサイです。 抜群の存在感と風情があります。 咲き始めはピンクやブルーの花色が、次第にアンティークカラーへと変化します。 マジカルシリーズの品種は茎が太く、花びら(正確にはガク)も厚め。 とても丈夫なので、鉢はもちろん庭植えにも向きます。 咲き始めは明るいライムグリーンの花色が、次第に紫がかった青とグリーンのバイカラーに。 さらに咲き進むと、アメジストのような紫へと変色します。 その後、アンティーク調の色に変化するまで、とても長く愉しむことができます。 咲き始めは、ピンクやブルーなど淡い花色ですが、次第にライムグリーンへと変化します。 驚くのが、その後!紫がかったシックな赤へと、大きく花色を変えるのです。 マジカルレボリューションは、花姿も個性的です。 ややすぼまったように咲き、他のアジサイにはない雰囲気を醸し出します。 咲き始めグリーンの花色は、次第にコーラルピンクへと変化します。 再びグリーンになり、秋色へと変化します。 「高貴な」という意味です。 マジカルノブレスはその名の通り、 気品ある花色が印象的なアジサイです。 蕾はグリーンですが、花開くとややクリーム色がかった白が顔を出します。 満開になると白からグリーンへと変化して、次第に中心が秋色のピンクへと染まっていきます。 アジサイの種類(8)プリンセスシャーロット プリンセスシャーロットは、 可憐な星形の花が咲き溢れるアジサイです。 中心に行くほど色味が濃くなるグラデーションが見事ですね。 花持ちがよいので、花色がいったんグリーンになった後、秋の夕焼けのように染まる様子を夏から秋まで愉しむことができます。 アジサイの種類(9)西安 西安(シーアン)は、青やピンクからスモーキーなグリーンへ、そして紫を帯びた赤色へと変化するアジサイです。 西安は、 秋色アジサイの中でも特に人気の品種です。 ボリューム感があり、ドライにしても存在感があるアジサイです。 アジサイの種類(10)フェアリーアイ フェアリーアイは、 花姿を変えるユニークなアジサイです。 咲き始めはガクアジサイですが、咲き進むと少しずつ手まり咲きになります。 手まり咲きになると、ふわふわと豪華。 まるでバラを想わせるような雰囲気です。 花色もピンクやブルーからライムグリーンに、秋には真っ赤な赤色へと変化します。 アジサイの種類(11)マルルー マルルーは、 小ぶりで愛らしい花をたっぷりと咲かせるアジサイです。 マルルーは、日本に自生する山紫陽花と西洋アジサイを掛け合わせて誕生した品種です。 そのため、山紫陽花ならではの楚々とした美しさと、西洋アジサイの丈夫さの両方を持ち合わせています。 咲き進むとアンティーク色になり、ますます優しい色合いへと変化します。 見れば見るほどに可愛く、繊細な色合いや山紫陽花ならではの清楚な雰囲気に惹かれます。 夏の庭を爽やかにする白のアジサイ 初夏の庭に白い花があると、庭が爽やかで明るい雰囲気になります。 白い花を咲かせる紫陽花を紹介します。 アジサイの種類(12)アナベル アナベルは、 初夏のホワイトガーデンに欠かせない人気の花の一つです。 アナベルの一番の魅力は、 繊細かつ存在感たっぷりの白い花です。 細やかな花が密集して大きなドーム状に咲き、ふんわりと柔らかな雰囲気です。 蕾はライムグリーンですが、少しずつ白くなり、満開の頃には純白になります。 切り花としても愉しめますし、花を切らずに置いておくとドライフラワーのようになります。 育てる上でのアナベルの魅力は、 剪定する時期に幅があることです。 アナベルは 「新枝咲き」で、その年に伸びた新しい枝に花を咲かせます。 そのため、花後の剪定をしそびれて冬に剪定してしまった……それでも、初夏には美しい花を咲かせてくれるのです。 アナベルの葉は、とても薄く柔らか。 繊細な雰囲気の草花ともよく合い、ガーデニングに取り入れやすいアジサイです。 秋になると紅葉し、 黄色い葉が秋らしさを演出してくれるのもガーデニングの愉しみの一つです。 なおアナベルの育て方については、別記事でお伝えしています。 ぜひ参考にしてくださいね。 なお、「アナベルといえば白」ですが、近年では ピンクアナベルも登場しています。 ピンクアナベルも、白のアナベルと同じく小花が集まって咲きます。 白とはまた違うキュートな魅力がありますね。 アジサイの種類(13)花笠 花笠(はながさ)は、優美で控えめな美しさをもつヤマアジサイの品種です。 グリーンから白へと咲き進み、 小さな八重咲きの花が咲き溢れます。 花笠は半つる性なので、自然と枝垂れます。 和洋折衷のナチュラルな美しさが目を惹く、気高いアジサイ品種です。 アジサイの種類(14)白扇 白扇(はくせん)は、清楚で凛とした美しさのあるヤマアジサイの品種です。 ライムグリーンから純白へと咲き進み、小さな八重咲きの花が咲き溢れます。 白扇はやや小ぶりサイズ。 鉢植えでも育てやすい品種です。 アジサイの種類(15)シュガーホワイト シュガーホワイトはその名の通り、 砂糖を想わせる純白が美しいアジサイです。 シュガーホワイトは、とても 大ぶりでゴージャス。 まるで花がこぼれ落ちてきそう……そんな圧倒的な存在感があります。 一重咲きですが縁にフリンジが入り、何より花房に立体感があるため、とにかく見事です。 アジサイの種類(16)ポージィブーケ グレイス ポージィブーケ グレイスは、アジサイ育成家として名高い『さかもと園芸』の「ポージィブーケ」シリーズの一つ。 八重咲きで純白の花が魅力です。 ポージィブーケグレイスの魅力は、清楚な純白の花。 グリーンの蕾から豪華な八重の純白の花へと咲き進み、エレガントな雰囲気を漂わせます。 アジサイの種類(17)ゼブラ ホワイト ゼブラホワイトは、黒い茎(ブラックステム)がスタイリッシュな 黒軸アジサイです。 花は淡いグリーンから純白へと咲き進みます。 純白の花と黒茎のコントラストが、花色の美しさを一層引き立たせます。 アジサイの種類(18)カシワバアジサイ カシワバアジサイは、まるで カシワの葉のような形の大きな葉と、ピラミッド形に咲く花が特徴のアジサイです。 花房が大きくなると、枝が重みでぐっと下がります。 花房がうつむく様子も風情があります。 カシワバアジサイは、いくつかの園芸品種があります。 たとえば、一重咲きの 「スノークイーン」の他、八重咲きの 「スノーフレーク」もあります。 「ハーモニー」は、花房がとても巨大。 もこもことした立体感が印象的なカシワバアジサイです。 カシワバアジサイの品種については、別記事で詳しく紹介しています。 ぜひあわせてご覧くださいね。 2018-04-24 15:48 アジサイの種類(19)ノリウツギ(水無月) ノリウツギ(水無月)は、 カシワバアジサイに似たピラミッド型の花を咲かせるアジサイです。 大きな花房が美しく、「ピラミッドアジサイ」とも呼ばれます。 まるで空から降ってきそうな迫力がありますね。 ノリウツギは一般的なアジサイと比べて、 花期が遅め。 7月から9月頃に花を咲かせます。 他のアジサイと植えておくと、アジサイが咲き終わる頃から美しく花を咲かせます。 花が少なくなる夏には、ありがたい存在ですね。 ちなみにノリウツギには、 ライムグリーンやピンク色の品種もあります。 淡いピンクの花房がたくさんつくと、とても豪華な光景ですね! ノリウツギはアナベルと同じく、春に伸びた枝先に咲く「新枝咲き」です。 冬になって剪定することもでき、丈夫で花つきも良いので、ガーデニング初心者にもおすすめです。 まとめ 初夏の庭を彩るアジサイを19種類、テーマ別に紹介しました。 お気に入りのアジサイ品種は見つかったでしょうか? 大事にお手入れすれば、紫陽花は年々大株になります。 育てれば育てるほど愛着がわく……そんな紫陽花の品種を、ぜひ庭に加えたいものですね。 ライター歴10年以上。 食や健康、美容など、穏やかで美しい日常のための情報を発信しています。 モットーは「読みやすく、分かりやすい」文章。 京都大・文学部卒、2児の母。 最近の投稿• よく読まれている記事• 87,070ビュー• 60,266ビュー• 49,085ビュー• 37,222ビュー• 25,379ビュー• 20,261ビュー• 19,972ビュー• 17,203ビュー• 14,521ビュー• 14,495ビュー 最近のコメント• に text より• に ななこ より カテゴリー• アーカイブ• メタ情報•

次の

あじさいの種類や花言葉2020年の見頃とあじさい祭り

紫陽花 オニヒトデ

代表的な紫陽花(アジサイ)の種類 アジサイは種類によって、イメージが異なる花です。 まずは代表的な種類を紹介します。 (1)ホンアジサイ ホンアジサイは、 日本生まれの紫陽花です。 単に「アジサイ」というと、ホンアジサイを指します。 ホンアジサイの魅力は、小花が密集して咲く愛らしさ。 こんもりとしたボリューム感ある咲き姿を 「手まり咲き」と呼びます。 (2)ハイドランジア(西洋アジサイ) ハイドランジアは、 ヨーロッパで品種改良され、日本に逆輸入されたアジサイです。 別名 「西洋アジサイ」とも呼ばれます。 ハイドランジアの魅力は、何と言っても華やかさ。 日本のアジサイとは違った花色や豪華さを持つ品種がたくさんあります。 ヨーロッパ生まれだけに、洋風の庭によく合います。 大株に育つと、とても見ごたえがありますね!紫陽花が毬のように咲き、そして株自体もまるで大きな緑の毬のようです。 (3)ガクアジサイ(額紫陽花) ガクアジサイは、 日本に自生するアジサイです。 周辺部だけを額縁のように咲くことから、ガクアジサイと名付けられました。 ガクアジサイの魅力は、その個性的な佇まいです。 落ち着いた雰囲気は、和モダンな庭にもよく合います。 (4)ヤマアジサイ(山紫陽花) ヤマアジサイは、 日本に自生するアジサイです。 林の中や沢のそばなど、 明るく湿り気のある場所を好みます。 ヤマアジサイの魅力は、 野趣あふれる佇まいと繊細さ。 花や葉が小ぶりなので仕立てやすく、鉢物としても人気です。 (5)アメリカノリノキ アメリカノリノキは、 北アメリカ原産のアジサイの仲間です。 代表的な品種に、白花で知られるアナベルがあります。 アナベルの魅力は、 繊細かつ存在感のある花姿です。 日本のアジサイと同じように育てることができ、剪定時期も選ばないことから、ガーデニング初心者にもおすすめです。 2018-06-01 12:12 ナチュラルな雰囲気の愛らしいアジサイ アジサイは品種改良が進み、さまざまなテイストのアジサイが登場しています。 ナチュラルな雰囲気が好きな方なら、可憐で愛らしいアジサイがおすすめです。 アジサイの種類(1)てまりてまり てまりてまりは、 繊細な八重咲きの小花が幾重にも重なった、とても愛らしいアジサイです。 花色は淡いピンクの他、爽やかな淡い青の品種もあります。 アジサイの花色は、土壌の性質によって花色が変わることがあります。 そのままの色を保つなら、鉢植えのまま育てることをおすすめします。 てまりてまりの魅力は、小花の繊細な愛らしさ。 それでいて全体はこんもりとしたボリューム感があり、見飽きることがありません。 淡い色合いも愛らしく、重なり合った花びらのグラデーションも見事です。 アジサイの種類(2)伊予獅子てまり 伊予獅子(いよしし)てまりは、小ぶりな花房が愛らしい、 ヤマアジザイの品種です。 本来のヤマアジサイは、和の風情が漂う渋めの雰囲気です。 伊予獅子手まりなら、洋風の庭にもぴったり。 明るい花色や愛らしい手まり咲きが、洋風のガーデニング草花とも馴染みます。 そして伊予獅子てまりの魅力は、何と言ってもその コンパクト感!花房が小さめで枝も細いので、ナチュラルな可愛さがあります。 花色もとても繊細です。 パステル調のほんのりとしたピンクや青が、小ぶりな花の愛らしさを引き立てます。 花色は土壌の性質によって変わります。 そのままの花色を保つなら鉢植えがおすすめです。 たくさん花をつけるので、花自体はコンパクトながら豪華な鉢植えになります。 アジサイの種類(3)ポップコーン ポップコーンはその名の通り、ポップコーンがはじけたかのように咲く、とてもユニークなアジサイです。 一つひとつの花(正確にはガク)がくるりと丸まり、とても愛嬌がありますね。 カラフルなポップコーンがたくさん弾けているかのようで、愉しい気持ちにさせてくれます。 存在感のある華やかなアジサイ 近年では、花色や花姿が華やかで、とても存在感のあるアジサイが増えています。 母の日のプレゼントとして4月頃から出回るので、ぜひ探してみてくださいね。 コットンキャンディの魅力は何と言っても、その フェミニンな色合いと花姿です。 咲き始めはクリーム色がかった白。 まさにコットンを想わせるナチュラルな色合いです。 咲き進むうちに淡いピンク色へと変化し、夏頃にはアンティークグリーンに染まります。 優しく包み込むような花色は、ナチュラルな庭にぴったりですね。 アジサイの種類(5)万華鏡 万華鏡は、 清楚な白と爽やかな青とのグラデーションが美しいアジサイです。 島根県アジサイ研究会のアジサイ農家さんたちが作り出した品種です。 万華鏡の魅力は、 幾何学的な美しさ。 名前の通り、万華鏡をのぞき込んでいるかのような、圧倒的なきらびやかさがあります。 青が主流ですが、ピンク色の万華鏡もあります。 ただし生産数が少なく、とても希少。 なかなかお目にかかれないアジサイです。 青もピンクも、花色は中心に近づくほど濃さを増します。 幻想的な美しさが目を惹く、とても個性的なアジサイですね。 アジサイの種類(6)銀河 銀河(ぎんが)は、八重咲きのガクアジサイです。 涼し気なブルーが印象的ですね。 万華鏡と同じく、島根県アジサイ研究会のアジサイ農家さんたちが作り出した品種です。 銀河の魅力は、爽やかな青と白のコントラストです。 ブルーに白の縁取りが入り、銀河に浮かぶ星のよう。 じっと見ていると、吸い込まれそうな美しさです。 また、花の中央部分の咲き方もユニーク。 咲き進むと、中心部が盛り上がり、まるで雲を想わせる光景が現れます。 アンティーク調の花色が美しい「秋色アジサイ」 秋色アジサイとは本来、夏に咲いたアジサイが落ち着いた色味に変わったものを指していました。 ところが近年では、美しく発色するように品種改良されたものが多く出回っています。 秋色アジサイは、花期が長いのが魅力です。 元の花色からアンティークカラーへと、色が変わるさまを愛でる愉しみがあるアジサイです。 アジサイの種類(7)マジカルシリーズ マジカルシリーズは、切り花用に見栄えを重視して品種改良されたアジサイです。 抜群の存在感と風情があります。 咲き始めはピンクやブルーの花色が、次第にアンティークカラーへと変化します。 マジカルシリーズの品種は茎が太く、花びら(正確にはガク)も厚め。 とても丈夫なので、鉢はもちろん庭植えにも向きます。 咲き始めは明るいライムグリーンの花色が、次第に紫がかった青とグリーンのバイカラーに。 さらに咲き進むと、アメジストのような紫へと変色します。 その後、アンティーク調の色に変化するまで、とても長く愉しむことができます。 咲き始めは、ピンクやブルーなど淡い花色ですが、次第にライムグリーンへと変化します。 驚くのが、その後!紫がかったシックな赤へと、大きく花色を変えるのです。 マジカルレボリューションは、花姿も個性的です。 ややすぼまったように咲き、他のアジサイにはない雰囲気を醸し出します。 咲き始めグリーンの花色は、次第にコーラルピンクへと変化します。 再びグリーンになり、秋色へと変化します。 「高貴な」という意味です。 マジカルノブレスはその名の通り、 気品ある花色が印象的なアジサイです。 蕾はグリーンですが、花開くとややクリーム色がかった白が顔を出します。 満開になると白からグリーンへと変化して、次第に中心が秋色のピンクへと染まっていきます。 アジサイの種類(8)プリンセスシャーロット プリンセスシャーロットは、 可憐な星形の花が咲き溢れるアジサイです。 中心に行くほど色味が濃くなるグラデーションが見事ですね。 花持ちがよいので、花色がいったんグリーンになった後、秋の夕焼けのように染まる様子を夏から秋まで愉しむことができます。 アジサイの種類(9)西安 西安(シーアン)は、青やピンクからスモーキーなグリーンへ、そして紫を帯びた赤色へと変化するアジサイです。 西安は、 秋色アジサイの中でも特に人気の品種です。 ボリューム感があり、ドライにしても存在感があるアジサイです。 アジサイの種類(10)フェアリーアイ フェアリーアイは、 花姿を変えるユニークなアジサイです。 咲き始めはガクアジサイですが、咲き進むと少しずつ手まり咲きになります。 手まり咲きになると、ふわふわと豪華。 まるでバラを想わせるような雰囲気です。 花色もピンクやブルーからライムグリーンに、秋には真っ赤な赤色へと変化します。 アジサイの種類(11)マルルー マルルーは、 小ぶりで愛らしい花をたっぷりと咲かせるアジサイです。 マルルーは、日本に自生する山紫陽花と西洋アジサイを掛け合わせて誕生した品種です。 そのため、山紫陽花ならではの楚々とした美しさと、西洋アジサイの丈夫さの両方を持ち合わせています。 咲き進むとアンティーク色になり、ますます優しい色合いへと変化します。 見れば見るほどに可愛く、繊細な色合いや山紫陽花ならではの清楚な雰囲気に惹かれます。 夏の庭を爽やかにする白のアジサイ 初夏の庭に白い花があると、庭が爽やかで明るい雰囲気になります。 白い花を咲かせる紫陽花を紹介します。 アジサイの種類(12)アナベル アナベルは、 初夏のホワイトガーデンに欠かせない人気の花の一つです。 アナベルの一番の魅力は、 繊細かつ存在感たっぷりの白い花です。 細やかな花が密集して大きなドーム状に咲き、ふんわりと柔らかな雰囲気です。 蕾はライムグリーンですが、少しずつ白くなり、満開の頃には純白になります。 切り花としても愉しめますし、花を切らずに置いておくとドライフラワーのようになります。 育てる上でのアナベルの魅力は、 剪定する時期に幅があることです。 アナベルは 「新枝咲き」で、その年に伸びた新しい枝に花を咲かせます。 そのため、花後の剪定をしそびれて冬に剪定してしまった……それでも、初夏には美しい花を咲かせてくれるのです。 アナベルの葉は、とても薄く柔らか。 繊細な雰囲気の草花ともよく合い、ガーデニングに取り入れやすいアジサイです。 秋になると紅葉し、 黄色い葉が秋らしさを演出してくれるのもガーデニングの愉しみの一つです。 なおアナベルの育て方については、別記事でお伝えしています。 ぜひ参考にしてくださいね。 なお、「アナベルといえば白」ですが、近年では ピンクアナベルも登場しています。 ピンクアナベルも、白のアナベルと同じく小花が集まって咲きます。 白とはまた違うキュートな魅力がありますね。 アジサイの種類(13)花笠 花笠(はながさ)は、優美で控えめな美しさをもつヤマアジサイの品種です。 グリーンから白へと咲き進み、 小さな八重咲きの花が咲き溢れます。 花笠は半つる性なので、自然と枝垂れます。 和洋折衷のナチュラルな美しさが目を惹く、気高いアジサイ品種です。 アジサイの種類(14)白扇 白扇(はくせん)は、清楚で凛とした美しさのあるヤマアジサイの品種です。 ライムグリーンから純白へと咲き進み、小さな八重咲きの花が咲き溢れます。 白扇はやや小ぶりサイズ。 鉢植えでも育てやすい品種です。 アジサイの種類(15)シュガーホワイト シュガーホワイトはその名の通り、 砂糖を想わせる純白が美しいアジサイです。 シュガーホワイトは、とても 大ぶりでゴージャス。 まるで花がこぼれ落ちてきそう……そんな圧倒的な存在感があります。 一重咲きですが縁にフリンジが入り、何より花房に立体感があるため、とにかく見事です。 アジサイの種類(16)ポージィブーケ グレイス ポージィブーケ グレイスは、アジサイ育成家として名高い『さかもと園芸』の「ポージィブーケ」シリーズの一つ。 八重咲きで純白の花が魅力です。 ポージィブーケグレイスの魅力は、清楚な純白の花。 グリーンの蕾から豪華な八重の純白の花へと咲き進み、エレガントな雰囲気を漂わせます。 アジサイの種類(17)ゼブラ ホワイト ゼブラホワイトは、黒い茎(ブラックステム)がスタイリッシュな 黒軸アジサイです。 花は淡いグリーンから純白へと咲き進みます。 純白の花と黒茎のコントラストが、花色の美しさを一層引き立たせます。 アジサイの種類(18)カシワバアジサイ カシワバアジサイは、まるで カシワの葉のような形の大きな葉と、ピラミッド形に咲く花が特徴のアジサイです。 花房が大きくなると、枝が重みでぐっと下がります。 花房がうつむく様子も風情があります。 カシワバアジサイは、いくつかの園芸品種があります。 たとえば、一重咲きの 「スノークイーン」の他、八重咲きの 「スノーフレーク」もあります。 「ハーモニー」は、花房がとても巨大。 もこもことした立体感が印象的なカシワバアジサイです。 カシワバアジサイの品種については、別記事で詳しく紹介しています。 ぜひあわせてご覧くださいね。 2018-04-24 15:48 アジサイの種類(19)ノリウツギ(水無月) ノリウツギ(水無月)は、 カシワバアジサイに似たピラミッド型の花を咲かせるアジサイです。 大きな花房が美しく、「ピラミッドアジサイ」とも呼ばれます。 まるで空から降ってきそうな迫力がありますね。 ノリウツギは一般的なアジサイと比べて、 花期が遅め。 7月から9月頃に花を咲かせます。 他のアジサイと植えておくと、アジサイが咲き終わる頃から美しく花を咲かせます。 花が少なくなる夏には、ありがたい存在ですね。 ちなみにノリウツギには、 ライムグリーンやピンク色の品種もあります。 淡いピンクの花房がたくさんつくと、とても豪華な光景ですね! ノリウツギはアナベルと同じく、春に伸びた枝先に咲く「新枝咲き」です。 冬になって剪定することもでき、丈夫で花つきも良いので、ガーデニング初心者にもおすすめです。 まとめ 初夏の庭を彩るアジサイを19種類、テーマ別に紹介しました。 お気に入りのアジサイ品種は見つかったでしょうか? 大事にお手入れすれば、紫陽花は年々大株になります。 育てれば育てるほど愛着がわく……そんな紫陽花の品種を、ぜひ庭に加えたいものですね。 ライター歴10年以上。 食や健康、美容など、穏やかで美しい日常のための情報を発信しています。 モットーは「読みやすく、分かりやすい」文章。 京都大・文学部卒、2児の母。 最近の投稿• よく読まれている記事• 87,070ビュー• 60,266ビュー• 49,085ビュー• 37,222ビュー• 25,379ビュー• 20,261ビュー• 19,972ビュー• 17,203ビュー• 14,521ビュー• 14,495ビュー 最近のコメント• に text より• に ななこ より カテゴリー• アーカイブ• メタ情報•

次の