実写 版。 実写版『モンスターハンター』でファンが注目するべきクールな12の要素

実写版 (じっしゃばん)とは【ピクシブ百科事典】

実写 版

実写版『美女と野獣』 実写版『美女と野獣』は、2017年に公開されたディズニー映画です。 1991年に公開された長編アニメーション「美女と野獣」を、実写リメイクして生まれた作品です。 主演のベル役にハリーポッターシリーズのハーマイオニー役で知られる、女優エマ・ワトソンを起用したことでも世界的に話題になりました。 また、実写映画では新しい楽曲も発表され、アニメ版との違いとして挙げられています。 主題歌「美女と野獣(Beauty and the Beast)」は、人気歌手のアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌いました。 興行収入は124億円を突破し、2017年に公開された映画の興行成績で堂々の1位を記録しました。 ディズニーはこの後、過去のアニメーション作品を実写化して数々のヒットを生み出していきます。 実写版『美女と野獣』は、ディズニーが自ら実写リメイクした初めての作品で、ディズニー実写ブームの先駆けとも言える映画です。 実写版『美女と野獣』:見どころ 美女と野獣といえば、醜い獣の姿になった野獣をはじめ、人間ではないキャラクターが多く登場します。 家具や食器に変えられてしまった野獣の召使いたちも、「どうやって実写化するの?」と当時は話題になりました。 実写版『美女と野獣』には、最新のCG技術が使われています。 野獣を演じた俳優のダン・スティーブンスは、グレーの特製スーツを着て撮影に臨みました。 筋肉隆々の野獣の体型をスーツで表現し、実際の動きに合わせて後からCG加工しているといいます。 ツノや牙、毛が生えた加工後の姿は、ダン・スティーブンスの影を感じられないほど! しかし、実際はダンスシーンからアップの表情まで、すべてダンが演じているんです。 ディズニー実写映画『美女と野獣』 美女と野獣には、アニメ版と同じくユニークなキャラクターが登場します。 主要キャラクターを演じたキャストと、日本語吹き替え版の声優について紹介します。 本好きで父親思いの娘ベルですが、村では変わり者として扱われています。 村1番の力自慢ガストンの求婚を断り、ここではない世界を夢見て暮らしています。 日本語吹き替え版の声優には、ミュージカル女優の昆夏美(こん なつみ)さんが抜擢されました。 ベルが幼い頃に妻を伝染病で亡くし、男手ひとつでベルを育ててきました。 日本語吹き替え版の声優は、村井國夫さんです。 狩りや戦争を好む村の英雄で、ベルに求婚するが断られています。 野獣を殺そうと村人を焚きつけ城に襲来しますが、足場が崩れ転落死します。 日本語吹き替え版の声優は、劇団四季でガストンを演じたこともある吉原光夫さんが担当しました。 マッチョなガストンとは対照的な、背が低く小太りの男。 お笑いタレントの藤井隆(ふじいたかし)さんが声優を担当しています。 CGを駆使した野獣を演じたのは、ダン・スティーブンス。 日本語吹き替え版では、ミュージカル俳優の山崎育三郎さんが演じています。 俳優の成河(ソンハ)さんが吹き替え版の声優を担当しました。 日本語版の声優は小倉久寛さんです。 歌手の岩崎宏美さんが日本語版を演じています。 かけたティーカップに姿を変えられていますが、ベルにも人懐っこい一面を見せます。 日本語版は池田優斗さんが担当しています。 実写版『美女と野獣』:あらすじ 実写版『美女と野獣』のあらすじを紹介します。 しかし、王子はその乞食を嘲笑い、追い払ってしまうのです。 すると乞食は魔女に変身し、城にいた王子や召使いに呪いをかけました。 王子は醜い野獣に、そして召使いたちは家具に変えられてしまいました。 魔女は王子に、「薔薇の花びらが全て落ちるまでに、愛し愛されることを学ばなければ、呪いは永遠に解けない」と言い去っていきます。 城の外の人々の記憶は書き換えられ、城にいた人たちのことを全て忘れてしまいました。 ベルは読書が好きな賢い女性で、力自慢のガストンの求婚にうんざりしていました。 ここではないどこかへ行きたいと、いつも上の空でいるため、村人からは変わり者と思われています。 そんなある日、街へオルゴールを売りに行ったベルの父モーリスは、森で道に迷ってしまいます。 野獣の城を見つけて一休みしますが、チップ(ティーカップになった少年)は話しかけたことに驚き慌てて逃げようとします。 そこで、ベルに「薔薇をお土産に持ち帰って欲しい」と頼まれていたことを思い出し、野獣の庭から拝借しようとします。 タイミングが悪く野獣に見つかってしまい、モーリスは城に監禁されます。 モーリスが乗っていた馬だけが村に戻ってきたことで、ベルは父親の身に何かあったのだと確信します。 馬に飛び乗り城へたどり着いたベルは、自ら父親の身代わりになって牢獄へと入るのでした。 ルミエールらの晩餐会で、召使いたちと交流するベル。 しかし、その夜に禁じられた西の塔に入ってしまいます。 魔法の薔薇を見つけてを出そうとしたところ、野獣に見つかり追い出されてしまうのです。 野獣の横暴さに耐えかねたベルは馬に乗って城を飛び出しますが、途中で狼に襲われてしまいます。 そこへやってきたのは野獣で、身を呈してベルを狼から守ります。 怪我をした野獣を放っておけず、ベルは城に戻り野獣を手当てします。 ベルもまた幼い頃に母親を亡くし、その経緯を父から聞けず苦しんでいました。 2人は魔法の力でベルの生まれたころを見に行くことに。 そこで明らかになったのは、母親が伝染病(ペスト)にかかり、なすすべもなく死んだこと。 両親はベルの安全を第一に考え、感染した母をパリに置き去りにし、父モーリスとベルだけが村に引っ越していたのでした。 お互いの心の傷を分かち合い、ベルと野獣は心を通わせていきます。 誰もモーリスの話を信じないなか、ベルとの結婚話でポイントを稼ぎたいガストンが名乗りを上げました。 しかし、城の前でガストンの本性がばれ、モーリスに娘はやらないと言われると、ガストンは手のひらを返しモーリスを精神病の病棟に隔離しようとするのです。 そこには精神病棟に連れていかれるモーリスが写り、ベルは焦ります。 野獣はベルに、手鏡を持って城を出て、父を助けに行くよう言います。 せっかく愛を育んだベルを手放してしまっては、自分も召使いも元の姿には戻れないことをわかっていながら、野獣は愛するベルを解放したのです。 それを見た村人は怯えるので、ベルは野獣が優しい心を持っていることを伝え彼らを説得しようとします。 しかし、ガストンがベルと野獣が深い中であることを勘付き、嫉妬心から野獣への奇襲を仕掛けるのです。 ルミエールたちがなんとか村人を食い止めますが、ガストンはとうとう野獣の元に。 ベルを失い希望をなくした野獣は、ガストンに抵抗する気力すら残っていません。 ガストンにとどめを刺される直前で、そこへ駆けつけたベルを見て気力を取り戻します。 もう二度と会えないと思っていたベルは、野獣のもとへ帰ってきたのです。 ガストンを打ち負かす野獣でしたが、薔薇の花びらが残り1枚となり、城は崩壊し始めます。 ベルを助けようとした野獣は、その隙にガストンに銃で撃たれてしまいます。 とどめを刺そうとするガストンは、相葉が崩れここで転落死。 致命傷を負った野獣は、ベルへの愛の言葉を残して息絶えます。 ついに最後の花びらが落ち、召使いたちもどんどん動かなくなり、ただの家具に変わっていきます。 そこへ魔女が現れ、愛し愛されることを知った野獣の呪いを解いたのです。 家具たちも生き返り、もとの人間の姿になりました。 野獣は王子の姿になり、ベルと愛を確かめ合います。 町の人たちも王子や城の記憶を取り戻し、人間に戻った人との再会を喜びます。 王子(野獣)は舞踏会を開き、ベルと幸せそうに踊るのでした。 エンドクレジットで流れるこの主題歌は、人気歌手のアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌っています。 時は永遠に(How Does A Moment Last Forever) 「時は永遠に(How Does A Moment Last Forever)」は、実写版で初めて書き下ろされた楽曲です。 エンドソングとしてこの曲を歌ったのは、アニメ版で主題歌を歌ったセリーヌ・ディオンです。 夫と死別したばかりのセリーヌが、迷いながらもオファーを受けた曲です。 この曲は劇中でも何度か登場し、ベルの父モーリスが歌うオルゴールバージョンもあります。 密かな夢(Evermore) 「密かな夢(Evermore)」は、自分の呪いが解けなくてもいいからとベルを送り出した野獣の歌です。 自分を犠牲にしてまでも、愛する相手を手放した、野獣の究極の愛が歌われています。 もうベルとは再会できないと絶望しながらも、「愚かと知りながら、密かに夢見る。 戻ってきてくると、愛してくれると。 」と淡い期待を抱いてしまう野獣の切ない音楽です。 朝の風景(Bell) 「朝の風景(Bell)」は、村でのベルの日常を描いた曲です。 「ボンジュール!」という掛け声から、活気ある村の様子が伝わります。 ベルが村でどれほど浮いていて、外の世界を夢見ているかが描かれています。 ひとりぼっちの晩餐会(Be our Guest) ルミエールがベルをもてなす「ひとりぼっちの晩餐会(Be our Guest)」も、美女と野獣では人気の楽曲です。 愛の芽生え(Something there) 「愛の芽生え(Something there)」は、ベルと野獣の心情の変化を表した1曲です。 見かけだけではない、野獣の内面にあるものにベルが気づいていく様子が描かれています。 実写版『美女と野獣』:トリビア 実写版『美女と野獣』 実写版『美女と野獣』では、ガストンの相棒ル・フウについて論争がありました。 アニメーションではなかった、ル・フウが同性愛者であるという設定が加わったのです。 ル・フウがガストンに思いを寄せるゲイとして描かれたことで、ディズニー映画にも関わらず公開に規制がかかった場所もあります。 2013年に同性愛が禁止されたロシアでは、16歳以上の年齢制限つきでの公開となりました。 同じくマレーシアでも、当局の検閲に引っかかり13歳未満の鑑賞には保護者の同意が必要でした。 アメリカでも、同性愛に反対する映画館が本作を上映しないと表明するなど、物議を醸した実写版『美女と野獣』。 脚本家のエヴァン・スピリオトポウロスはインタビューで、ル・フウの設定についてゲイと決めたわけではなかったと話しています。 ル・フウが男性とダンスしてたら面白いよね、というノリが世間に大きな波紋を呼んだといいます。 しかし、ディズニーが本作でゲイのキャラクターを発表できたことは、結果的には良かったと話しています。 アニメ版が上映された頃とは違う、歴史の移り変わりが感じられますね。 まとめ 今回は、結果的には実写版『美女と野獣』について紹介しました。

次の

アニメ・漫画の実写映画化作品一覧

実写 版

「うわぁ〜、おれデーモンになっちゃったよう」 「ハッピーバースデイ、デビルマン!」 あー、おれ史上最強最悪の失敗作の概要を書いちゃったよー は。 は(監督の嫁)。 10億円もの制作費をつぎ込み、当時アイドルグループのメンバーだったを主役に抜擢した。 監督は当初、約20人の若いの卵に、用のをそれぞれのアイデアで書かせたが「環境問題を扱っていたり、残念ながら、僕を満足させるものはありませんでした。 」として、最終的に嫁の脚本におさまった。 当初は「原作寄りのストーリーらしい」という事で期待の声もあったものの、キャストの発表など映画の概要が判明するにつれ、次第にファンの間で臭を指摘する声が多く聞かれ、不安の意見が各種掲示板でも頻発。 さらに予告編が公開されるや、原作のエロス要素を台無しにするの衣装(まあ、はあんな感じだが…)、キャストの演技っぷりが明らかとなり、この時点で既に公式サイトの掲示板が大炎上していた。 さらに監督の「デビルマンは、 当時で読んでいました」(連載されていたのは)、その他キャストのコメントが色々と 常軌を逸するものであったり 、公開も当初の予定から半年遅れていた有様のため、公開 前から既に各所の掲示板は大荒れ状態だった。 そしていよいよ公開されると、原作ファンだけでなく多くのをデーモンと化すほどの日本映画史上類を見ないと評されることとなり、各種映画評論家からもボロカスに書かれた挙句、 、等では原作を褒めることで遠まわしに本作をぶっ叩くという異例の事態に。 興行収入もわずか5億の大赤字で、制作費分すら回収できない有様であった。 その常軌を逸した出来に「これはデビルマンじゃなくてその名を騙る別の何かだ」という事で「デビルマソ」と呼ばれるようになった。 また公開後、悪魔よりも阿鼻叫喚極まりない出来事が続いているで詳しいことが書かれている。 違うよ。 人間の心を持った出演者だ : : : ミーコ: : 牧村のおじさん: 牧村のおばさん: ハッピーバースデー、あらすじ! をで亡くした・不動明は、の牧村美樹の家に引き取られしていた。 ある日明は・飛鳥了の口車に乗せられ、飛鳥邸のに誘われる。 そこで明が目にしたのはの・デーモンにされた了のの姿だった。 そして明はデーモン族のに無理矢理させられ、人間の心を持ったデーモン、デビルマンになってしまう。 こうして何の罪もないのに勝手ににされてしまった明に、デーモン族が次々と襲いかかる…。 これが! これが! おれが身をすててまもろうとした映画の正体か! 演技経験の乏しい 本作以前になどの経験皆無 主役双子の気の抜けた演技。 「あー、オレ、デーモンになっちまったよー」• 「ほあーーーん」• 「あー、あー、あー」• 「神はいたかぁー! これは普通に良い演技 」「お前を殺す」 この様でありながら 「映画やドラマが好きでよく観るからそんなに難しくないのだろうと思って挑んだ」「自分の経験値を上げるために引き受けた」「ジェット・リーを超える為にトレーニングした」「頑張ったという意味で(自分の演技は100点満点で)1000点は超えてる」と大口をたたく始末である。 主役双子のやる気のなさに引っ張られたのか、一応それなりにベテランもいるにも関わらず大半のメインキャストの演技も地味に酷い。 さらに、『原作通りの半裸姿で演じて欲しい』との役のへの要望も本人に撥ねつけられ、原作エロス要素は見事台無しにされて終わる ソースは。 左リンク先の書き込みが真実だとしたら、こんな原作愛のない人物をキャスティングしたプロデューサー、 奇しくもこちらも冨永氏である。 ちなみにこの人は伝説の映画「」にも関わっている の罪は相当重い。 冨永本人が上述の態度を取ったという明確なソースこそないものの、例の書き込み通り「富永愛が裸のデザインを拒否した」ため不自然なデザインになったとするなら、あのデザインになってしまったのも納得できる流れ。 物語の大筋はそれなりに原作をなぞってはいるものの、無理矢理尺に収めようとエピソードを適当に継ぎ接ぎしてシーンのつながりがまったく考慮されていない滅茶苦茶な構成。 状況の変化などの映像で見せるべき部分をで済ませてしまう。 原作読者ですら混乱するほどの無茶ぶりの為未読者にとってはもはや完全に意味不明な何かでしかない。 この強引なシナリオ圧縮の結果改悪も多発している。 例としては原作では狡猾な心理作戦で読者にトラウマを残したデーモン・が、シレーヌ戦がいつの間にか終わっていた上にその顛末も語られずカイムの出番は無し、美樹が原作通りに魔女宣言をしても一瞬で「魔女じゃない」と言い放つ等。 特に不動明はデビルマンとなった後も性格があまり変わっておらず、人間に対し非情になるシーンが精々不良をボコる程度。 有名な「きさまらこそ悪魔だ!」に相当する台詞を発するのは ミーコ。 飛鳥了も 初っ端からネタバレしていく始末。 たいして意味のない・・などのカメオ出演。 当の小林幸子本人もなぜ呼ばれたのかさっぱりわからなかったそうである。 しかし 主演の二人よりずっと演技が上手いのだから困る。 スポーツ選手に劣るアイドルって…• 全体的に迫力のない格闘シーン(単品で見る分にはともかく、ぎこちないワイヤーアクション、中盤における了のガンカタらしき何か等)。 場面をいちいち台無しにするチープな台詞。 サタンだからな等 酷評されるのはお前だ、糞映画! 原作ファンの激怒は言うまでもないが、原作未読の一般の映画愛好家のレビューサイトやブログ、各掲示板でも激しい罵倒レビューが続出した。 前述の通り、で控えめな表現で書かれることが多いなどの映画評論でも、ほとんどの評論家や記者が 褒めないという異例の事態になり、各メディアのダメ映画の表彰企画においても「文春きいちご賞」 主催 の2004年度で ぶっちぎりの1位を獲得、主催の「蛇いちご賞」では4部門中3部門を受賞、第14回映画大賞特別作品賞を受賞した際にはをして「映画史に残るおバカ映画」と言わしめるというある意味怪挙を成し遂げた。 観客、反撃です アニメ・漫画の実写化で叩かれた作品は少なくはないが、本作の叩かれっぷりは群を抜いている。 そのダメっぷりの程は、出典主義のですら(同じ2004年に公開された漫画やアニメからの実写化映画数本の中で)「『デビルマン』はその中でも特別に評価が低く、多くの酷評が寄せられた。 」ときっぱり言い切られ、「誤りと嘘八百でいっぱい」を旨とするでもかなり事実比が高い記事にされてしまっている(、)。 以下に各所の評価の一例を示す。 「あの名作が、と思うと腹立たしいだけでは収まるまい」(、2004年10月8日夕刊)• 「最強名高い台風22号の破壊力に負けず劣らずの最凶映画」()/「悪魔の名に相応しいゼロ年代ワースト映画の頂点」()• 「僕はこれから映画を作ろうという人間すべてにこの映画を観せるべきやと思う。 だってこの映画を観たら、娯楽映画を作る際に、何をやったらあかんかがよく分かるやろ? それさえ守れば、駄作が作られる可能性が極端に減らせると思うねん。 」()• 「原作ファンも単なる娯楽映画ファンもがっかりさせる、誰のために作られたんだかわからないトンチンカンな映画」「入り口で冨永愛のポスターを見てから帰れば多少は腹の虫も収まるというもの」()• 「永井豪の代表作であり、日本のマンガ史に名を残す傑作をこんな形で映像化し、公開に踏み切った東映の神経を疑う出来だ。 」()• 「がんばって観てくれ」(映画秘宝)• 「本当のクソ映画ってのはな、笑えないんだよ」「掃き溜めに叩き込まれた鶴を寄って集ってゴキブリと蛆が食い散らかした史上最悪の腐臭で溢れ返るゴミクズ以下の危険物質」(vol. 14~15{削除済みのため視聴不能})• 「あれほど腐った映画はこれから先、出てくるのが非情に難しいわよ?」() …このような評価を並べられたら、この映画の酷さがどれ程のものかは想像に難くないだろう。 あまりの酷さに、実写化作品の迷作及び駄作を、本作と比較して評価する「 デビルマン基準」なるものまで出来てしまったとか…。 この映画は守る価値があったかぁ、アキラァ! 本編の内容で褒められる点と言えば言えばミーコ役のとススム役のの演技」くらい。 その後二人とも名俳優として出世している。 というよりミーコがススムの保護者と人間への糾弾の役を受け持ったことにより 不動よりも余程主人公をしている。 の出演。 心なしか演技が悲しそうである。 実は渋谷は「撮影に入る前に、監督からミーコ役について説明を受けた後、原作の漫画を読みました。 でも、 監督がおっしゃるミーコのイメージと、原作のイメージが全く違ったんですよ。 だから、そのギャップをどうしようかなって。 自分の中でまとめるのに、結構苦労しました」とコメントしており、メインキャストやスタッフらの中でただ一人擁護されていた。 また、見せ方がクソなだけであり、個々の小道具さんや担当は悪い仕事をしていたわけではない。 繰り返すが、監督と脚本とメインキャストの大半がクソだっただけである。 逆に言うと、にはもってこいの作品だと言える点。 邦画の最底辺を身をもって示した点。 そして邦画の実写化は悪い予感しかしないを身に染みた点。 「ダメ映画をダメ映画として鑑賞するマニア](駄作マニア)には安定した人気を誇る点。 ツッコミどころが分かりやすいため、分かったうえで観る分にはあまり退屈には感じられない。 プライムビデオなどの定額配信サービスで配信されたため、手軽に視聴することができる。 開始数分で原作から乖離しているため思い切って 「パロディギャグ映画」として見る分には意外と退屈しない。 実写化の失敗作は多いが「下には下がある」という見本になった。 疑心暗鬼になった民衆がデーモン疑惑のある者を集団でリンチするシーンは妙な生々しさがある。 移民問題やヘイトスピーチ、世界的なナショナリズムの加速を予言していたとして、ここを再評価する向きもある。 は良い。 本編がアレ過ぎるだけかもしれないが。 これからは我々、誤解の時代です また、このような批判が多い作品だが、その中には実際には見ていない、あるいは見ていたとしても何か勘違いしているのではとしか考えられぬ批判もあったりする。 CGのレベル よく本作のVFXはPS2レベルと言われているが、CGにはアニメと実写の融合を試みた devidualと言う手法を用いており、当時としては かなりの高水準。 戦闘の時間の長さ よくあっさり終わる戦闘の短さを指摘されるが、 本作も原作もバトルが主軸ではない。 人間の心の内の言語に出来ない感覚すらも描写するヒューマンドラマである。 戦闘の占める割合は 原作通りである。 明と了のサタンに関するやり取りについて 中盤の了の「サタンだからな」というセリフに対して、最終戦での明の「 お前は最初からサタンだったんだな!?」という一見ずれている会話だが、まず明は了が 最近悪魔にとり憑かれてサタンになったと思っており、これ自体も了からの申告であった。 のにも関わらず、 何故か了はデーモンの一人である、シレーヌを以前から知っている口振り、 何故かジンメンがサタンを知己であるかのように喋る 何故かモブデーモンが敵である了に助けを求める等、どう見ても 最近取り憑かれた所か、デーモンの首領であるとしか考えられない状況であり、更に冒頭で明に対して、幼い頃に了が「 俺達の仲間になれ」と明に発言する場面があり、これを踏まえた上で 最初から 生まれた時から既に人間ではなく サタンだったんだなとの意味で発言している。 そもそも明はその発言の前から了がサタンだと言うことをデーモンの一人から聞いている。 「関連タグ! いきていたのかー」「サタンだからなぁー」 …10年に1度のと言われている自称ホラーゲーム。 該当ジャンルにおいて日本国内最強クラスの糞かつ負の側面が強いという点で本作と似通っている。 - 登場人物の「ラーメン星人」(別名・中二皇女ヴェーレ)の技名が「実写版デビルマン」であるため、pixivでこの映画を検索しようとするとラーメンを持った女子中学生が出てきてしまう。 関連記事 親記事.

次の

実写版 (じっしゃばん)とは【ピクシブ百科事典】

実写 版

咲坂伊緒の漫画『思い、思われ、ふり、ふられ』のアニメーション映画版が2020年5月、実写映画版が同年8月に公開される。 2015年7月号から『別冊マーガレット』で連載がスタートし、次号6月号で最終回を迎える『思い、思われ、ふり、ふられ』は、同じマンションに住み同じ学校に通う高校1年生の朱里、由奈、朱里の義理の弟・理央、由奈の幼なじみ・和臣のすれ違う恋を描いた作品。 アニメーション映画版は『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』などのA-1 Picturesがの制作する。 実写映画版では、恋愛に対して現実的で積極的だが、本当の気持ちを出すのが苦手な朱里役に浜辺美波、理央に片想いする恋愛に対して消極的な由奈役に福本莉子、朱里への想いを胸の内に抱える「王子様」タイプの理央役に北村匠海、理央や朱里のよき理解者となる乾和臣役に赤楚衛二がキャスティング。 浜辺と北村は『君の膵臓をたべたい』でも共演している。 メガホンを取ったのは、咲坂の漫画『アオハライド』の実写映画版などを手掛けた三木孝浩。 兵庫・神戸で行なわれた撮影は既に終了している。 朱里は人との距離のとりかたは器用ではありますが、傷つく怖さをちゃんと知っている女の子です。 前向きな言葉とは反対の表情をしてみたり、それがすごく理央らしさに繋がっていくのではないかと思いました」とコメント。 また福本は「私が演じた由奈ちゃんは人見知りで自分に自信が持てない女の子ですが、まっすぐな芯を心の中に秘めているので、その純粋さやまっすぐさを大切に演じました。 そしてどんどん成長していく由奈ちゃんを表現する為に視線でのお芝居もかなり意識しました」、赤楚は「和臣を演じる事で心がけたのは素直でいる事、そして彼が感じてる、抱えてる想いを表にはなるべく出さずにいる事です。 彼自身の心の微妙な変化に気を付けて演じました」と述べている。 さらに三木監督は「青春映画が輝きを放つのは、きっと若い役者のみんなが、物語のキャラクターと同じように失敗や後悔を繰り返しながら撮影の中で成長していく様子に誰もが未熟だった頃の自分を重ねて想いを馳せ、愛おしさを感じるからなのかもしれません。 見る人すべてにとって、これは『自分』の映画だと思ってもらえるような作品になってくれてたら嬉しいです」、原作者の咲坂は「漫画でしかできない事、実写にしかできない事、アニメーションでしかできない事、この3つ全ての視点から楽しんでいただく事で、ふりふらという一つの作品を皆様の中で完結させていただければ幸せです」と語っている。 浜辺美波のコメント 以前から原作が大好きで実写化されるとしたら誰が演じるんだろうと思って読んでいました。 朱里は人との距離のとりかたは器用ではありますが、傷つく怖さをちゃんと知っている女の子です。 朱里として、1度しかない青春を必死に、駆け抜けたいと思います。 共演の北村さんは何度かご一緒させて頂いていますが、最初にご一緒した時から雰囲気が変わらず安心感があります。 福本さんは2回目の共演でも、同い年なので、撮影当初から話しやすく楽しかったです! 赤楚さんは今回初めまして。 そして4人の中だと最年長でいらっしゃるのですが、同級生のように話しかけてくださり、緊張せずに撮影できました! とても居心地のよい雰囲気で撮影に臨むことが出来ました。 北村匠海のコメント 原作のイメージを壊さないように心がけるのはもちろん、映画内の4人のコントラストを大切にしたかったのでテンション感はたくさん考えました。 前向きな言葉とは反対の表情をしてみたり、それがすごく理央らしさに繋がっていくのではないかと思いました。 共演者の浜辺さんも、福本さんも、赤楚くんも、とても真っ直ぐでひたむきな方々でした。 4人で楽しくやりながら、青春時代を謳歌できていたと思います。 また三木監督とは僕がまだ小さい頃から作品を一緒にやらせて頂いていて、映画は実に6年ぶりくらいだったのですが、変わらずあたたかい人柄でスタッフさん含むみなさんを包んでいました。 芝居しやすかったですし、自由にやらせてもらえるなかにも監督の意図もしっかりあって、話し合いながら進めていくことが出来ました。 福本莉子のコメント 初めて原作を読んだ時に、この作品はきっと誰にとっても共感出来る青春の物語なんだと思いました。 待っているだけで降ってくる幸せより、4人が努力して掴んだ幸せだからこそ心から応援したくなるキラキラとした物語になっているんだと感じました。 私が演じた由奈ちゃんは人見知りで自分に自信が持てない女の子ですが、まっすぐな芯を心の中に秘めているので、その純粋さやまっすぐさを大切に演じました。 そしてどんどん成長していく由奈ちゃんを表現する為に視線でのお芝居もかなり意識しました。 今回2度目の共演になる浜辺美波さんは事務所の先輩であり同い年でもあるので私にとって心強い存在で、初共演の北村さんや赤礎さんとは初日に敬語を使わずに話すことを決めて、4人全員が本当の同級生のように和気藹々とした現場でした。 撮影に入る前に三木監督から作品に関するお手紙を頂いて、それが役作りをする時の道標になり、撮影に入ってからも親身になって話を聞いて想いを共有してくださるのでとても助けられました。 三木監督の撮る映画は映像がとても綺麗で繊細な印象だったので、こうして私もその世界に入ることができてとても嬉しいです。 赤楚衛二のコメント 「ふりふら」を初めて読んだ時、四人の関係性や、想いの複雑な絡み合いにドキドキしながらも前を向き一歩を踏み出す勇気を貰えました。 和臣は明るく真っ直ぐで、可愛らしさもあるけど、自分と向き合う事を諦めて、本当の想いを奥底に蓋をしてる人間でもあるんだと感じました。 和臣を演じる事で心がけたのは素直でいる事、そして彼が感じてる、抱えてる想いを表にはなるべく出さずにいる事です。 彼自身の心の微妙な変化に気を付けて演じました。 共演した美波ちゃんはお淑やかで、様々な場面で周囲に心配りができ、いるだけで華やかになる素敵な方でした。 匠海くんは自分をしっかり持っていて博学多才な見たままの好青年で、現場では引っ張っていく力を持っている凄く魅力的な方だなと思いました。 莉子ちゃんは居心地の良い空間を常に作ってくれて、自分の世界観を持っており、関西弁で親しみやすい方でした。 そして三木監督は柔らかい雰囲気の方で、作品に対する想いや情熱は凄く熱いです。 どう見えるか、どう映ってるか等を丁寧に教えて下さって、繊細な心のひだを導き出して下さる素敵な監督さんでした。 三木孝浩監督のコメント 大好きな咲坂伊緒作品を再び映画化する機会を与えて頂けたことを本当に嬉しく思います。 原作の「思い、思われ、ふり、ふられ」は、思春期にある、ともすれば本人すらも見逃してしまいそうな小さな感情の機微を繊細にすくいあげエンターテイメントとして昇華させている描写力が本当に素晴らしい作品です。 だからこそ実写化にあたっても大仰なファンタジーではなく、何気ない日常の中にある彩りや心の揺らぎを大事にしながら、親の庇護下にある10代特有の焦燥感や、未来への希望と不安の中で、傷つきながらも光射す方へと向かっていく4人のキャラクターの成長譚を丁寧に描きたいと思い撮影に臨みました。 そして今回も、次の時代を担うフレッシュな俳優たちと共に悩み、迷い、心震わせて撮影することのできた、とても愛おしい青春群像劇になりました。 青春映画が輝きを放つのは、きっと若い役者のみんなが、物語のキャラクターと同じように失敗や後悔を繰り返しながら撮影の中で成長していく様子に誰もが未熟だった頃の自分を重ねて想いを馳せ、愛おしさを感じるからなのかもしれません。 見る人すべてにとって、これは「自分」の映画だと思ってもらえるような作品になってくれてたら嬉しいです。 咲坂伊緒のコメント 漫画ではできない色や音、動きの連続性のある映像の世界に落とし込んだ時、どんな表現になるのか想像するだけで今からとても楽しみです。 実写、アニメとも、脚本の打ち合わせにはプロットから参加させていただきました。 私が、キャラクターやひとつひとつのシーンに込めた思いやどうしてもいれてほしいポイントを双方の脚本家の方達、スタッフの皆さんと共有しながら脚本の成立に関わることができたのはとても貴重な機会でした。 時には実写ならでは、アニメーションならではの見せ方の違いに感心することもありました。 実写では映画『アオハライド』でもお世話になった三木監督に再び撮っていただけると分かった時、「また三木監督とお仕事するのが私の夢です」と言って握手していただいたあの時の言葉が現実になった!と興奮したのを覚えてます。 漫画原作ではありますが、それでも人の感情の生っぽさを大事にしていただきたいと常に思っているので、そこを安心してお任せできる三木監督に撮っていただけて本当に光栄です。 そしてそれを十分に理解してくださるキャストさんばかりに集まっていただけたことも、本当にすごい事だと思っています。 そしてさらにアニメーション映画の制作がA-1Picturesさんに決まった時、その時点で絶対いいものを作ってくださると確信しておりましたが、制作過程を見せていただくたびにその気持ちは強くなる一方です。 漫画では動くことのない絵が、2次元のまま滑らかに動くアニメーションというのは漫画家にとってロマンです。 ふりふらのキャラクターたちがこの世界ではどんなふうに動くのか私も早く観たい気持ちでいっぱいです。 漫画でしかできない事、実写にしかできない事、アニメーションでしかできない事、この3つ全ての視点から楽しんでいただく事で、ふりふらという一つの作品を皆様の中で完結させていただければ幸せです。

次の