普 仏 戦争 - 普仏戦争/プロイセン=フランス戦争/独仏戦争

戦争 普 仏 普仏戦争/プロイセン=フランス戦争/独仏戦争

普墺戦争

戦争 普 仏 普墺戦争/プロイセン=オーストリア戦争

覇権の歴史 camecamecoin

戦争 普 仏 普仏戦争/プロイセン=フランス戦争/独仏戦争

戦争 普 仏 清仏戦争

普仏戦争とは

戦争 普 仏 覇権の歴史 camecamecoin

普墺戦争

戦争 普 仏 普仏戦争とは

戦争 普 仏 プロシア参謀本部~モルトケの功罪

戦争 普 仏 清仏戦争

戦争 普 仏 普仏戦争

普墺戦争とは

戦争 普 仏 アルザス・ロレーヌ

アルザス・ロレーヌ問題とは

清仏戦争

1月30日、ガンベタはでパリからの通信を受け取り、政府が降伏したと知らされた。

  • 総会はそのほか、世界人権宣言(1948年)や国際人権規約(1966年)の採択など、人権保障の国際化にも貢献している。

  • 第三に、 もしアメリカやロシア・中国などの大国が国際法に違反したとしても(たとえば侵略行為)、だれもこれらの国々を制裁できない。

  • 他の国々はドイツがその軍事制度によって優位に立ったことをすぐに認識し、ドイツの革新的な軍事制度、中でも特に参謀幕僚制、国民皆兵、そして高度に精緻化した動員システムなど多くを採用した。

アルザス=ロレーヌ

フェデルブ軍の部隊は北部フランスの要塞帯に拠ってうまく守りを固めていたため、孤立したプロイセン部隊に対して素早く攻撃を掛け、速やかに要塞帯の後方に退く戦法が可能となっていた。

  • これをパックス・アメリカーナ(アメリカによる平和)という。

  • パリは不相応に巨額の賠償金をプロイセンに支払う重荷を背負っているため、パリ市民は程なくしてヴェルサイユ政府に憤慨するようになった。

  • 北部軍は、武器工場群があるとの連絡は付いていたものの補給にかなり苦しんでおり、兵の士気は上がりにくかった。

普仏戦争/プロイセン=フランス戦争/独仏戦争

両州の処遇を巡ってとは対立を深めた。

  • 彼は1870å¹´9月7日のの「Movimento」において、次のように言った「昨日までは、私は君たちにこう言った:『を倒す戦争だ』と。

  • この時期のプロシアの宰相はビスマルク(上記写真)です。

  • 2002å¹´4月4日 検定済。

普墺戦争/プロイセン=オーストリア戦争

ニールは1875年には、この「現役兵」「予備役兵」で戦時に80万、護国軍50万を用意することが出来る、と豪語します。

  • 南ドイツ諸国でもプロイセン側に味方すべきとの世論が高まった。

  • この普仏両国の差から、学べることがあるように思います。

  • しかし、マクマオンの状況は更に悲惨であった。

アルザス=ロレーヌ

国土は河川と山地が多く、肥沃な土地は農業生産に向き、国民は誇り高く行動派、そして高い水準の文化を尊ぶ先進国です。

  • 7月15日夕方には、主席であるプロイセン国王ヴィルヘルム1世も、同様に総動員令を下令し、南独諸邦も同盟により16日以降総動員体制を取った。

  • そして真夜中、パリ周辺の銃声は止んだ。

  • しかしになるとが勢力を拡大してストラスブールなどを支配下に置いた。

勢力均衡と集団安全保障

一方、オーストリア帝国側の第7、第8軍団もヴュルツブルクから西方に進出したため遭遇戦となった。

  • しかしながら、プロイセン軍の砲兵隊には鋼鉄製で後装式のC-64野砲(弾丸重量3kg)が供給されており、これはドライゼ銃の不利を補って余りあるものがあった。

  • 我々は国連に過剰期待をしがちだが、国連がその能力を100%発揮するためには、個々の国々が自分たちのもつ「武力を行使するという権力」を放棄し、これを国連に譲り渡すことが必要である。

  • プロイセン宰相ビスマルクは、プロイセン王国がオーストリア管理地域に介入し、若い フランツ・ヨーゼフ 1 世を挑発し、 普墺戦争が勃発する。

勢力均衡と集団安全保障

ドイツ民族以外を統一ドイツに入れるわけにはいかないという民族主義的意見、オーストリアを入れれば事実上他の地域は属国になってしまうという政治的意見、逆に現実的にはオーストリアには逆らえないという意見等があった。

  • 全盛期を謳歌した組織体がなぜ滅亡していくのか? そして滅亡期には必ず覇権を争う戦いが起きます。

  • プロイセンの悲願であるドイツ統一のためには、オーストリアと戦うことは避けられない。

  • ドイツ西部が平定されたため、これらの軍団が東部戦線へ派遣可能となった。

    関連記事



2021 cdn.snowboardermag.com