モノタロウ 書類送検。 安価な処理提案がまさかの爆発事故?!

高槻爆発で死亡した3人を書類送検…大阪府警 : ニュース : 関西発 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

モノタロウ 書類送検

埼玉県三芳町の通販会社「アスクル」の物流倉庫で発生した火災で、県警に消防法違反容疑で書類送検された物流センター長の男(44)は違法保管について、「出荷作業に支障を生じさせないため」と供述していることが28日、県警への取材で分かった。 効率化を重視し過ぎた結果、消防法を軽視していた実態が浮き彫りになった。 フォークリフトから出火した原因も判明。 県警は関係団体に情報提供し、再発防止策を求めた。 (宮野佳幸) 県警によると、倉庫を管理する子会社「アスクルロジスト」(東京都江東区)=同容疑で書類送検=は物流倉庫とは別に、地元消防から許可を得て、約15メートル離れた場所に通常より多くの量の危険物を保管できる危険物貯蔵所があった。 計286品目、約1万2千点の殺虫剤などの危険物があったが、基準を超えた分の危険物を貯蔵所で保管しなかった理由について、男は「余分な時間と労力がかかるので、貯蔵所に移さなかった」と説明。 県警は、出荷遅れを恐れ、違法状態が常態化していたとみている。 出火原因をめぐっては、フォークリフトのエンジンルーム内に段ボール片が入り込み、エンジン付近の高温になる金属製の管に触れて発火、床にある他の段ボールに燃え移ったとみている。 火災が起きた端材室は多量の段ボールが堆積。 高さ約3メートルもの段ボールが積み上がっていることもあったという。

次の

爆発火災で5人書類送検=スプレー缶ガス抜き―大阪府警

モノタロウ 書類送検

「火事だ。 孫が死んじゃう」。 21日深夜、就寝していた福島県小野町の建築業、会田正夫さん(70)は、叫び声と玄関をたたく音で目を覚ました。 外では隣に住む塩田恒美さん(61)の妻(57)が服も着ずに助けを求めていた。 塩田さん宅を見ると、住宅の2階まで火が上がっていた。 火は燃え上がり、「ボーン」という大きな音も聞こえたという。 すぐに消防隊が駆けつけたが、住宅は全焼。 夜が明けてからも、家の柱など一部だけが残った焼け跡から白い煙が立ち込めていた。 家には4人の子供ら含む7人が取り残され、焼け跡からは7人分の遺体が見つかった。 会田さんは「お父さんと子供が庭でキャッチボールをする姿を見かけた。 子供たちはかわいい盛りなのに」と肩を落とした。 4世代が暮らすにぎやかな大家族。 家族を知る近くの住民らは無念さをにじませた。 親族の女性(88)によると、恒美さんの長女から外出していた夫(33)の携帯に「熱いよ、助けて」と電話があったという。 女性は「火の中から必死にかけたんだろう」と悔しさをにじませた。 近所に住む会田房俊さん(86)は「母親はやんちゃ盛りの子供4人を連れてよく買い物に行っていた。 まさかこんなことになるなんて…」と肩を落とした。

次の

高槻のスプレー缶爆発事故で5人書類送検 大阪府警|ISO45001, ISO14001, 環境安全衛生のスペシャリスト「環境ワークス」

モノタロウ 書類送検

6 442. 4 0. 2 353. 0 0. 2 448. 1 0. 8 478. 9 0. 5 566. 6 0. 74 情報提供 株価予想 業績予想.

次の