エバーセブンティーン。 Ever17

Ever17攻略サイト

エバーセブンティーン

オープニングムービーも新しくなりました。 ここに、7人の男女が閉じこめられた。 徐々に失われていく、食料、水、酸素。 深海に棲息する未知のウィルスの驚異。 さらに、苛烈な水圧にさらされたLeMUの隔壁は数日以内に崩壊するという。 分厚いガラス窓の窓の向こう側は、濃紺の深い闇……。 この閉ざされた空間の中で、限られた時間の中で、7人は脱出への道を探し求める。 生への渇望……死の恐怖。 playstation. jpg Move 0 3D 0 互換性情報 0 ゲームアーカイブスの種類 PS Vita互換 0 PS Vita TV互換 0 PS Now対応 非対応 YZコード 1236783600000 ページID 8tnu01000000sam8.

次の

EVER17【ネタバレ注意】EVER17を既にプレイ済みの方に質問です!...

エバーセブンティーン

探偵 神宮寺三郎 夢の終わりに 神宮寺は近頃、悪夢にうなされていた。 ニューヨークでのあの事件…。 神宮寺は洋子の高校時代の友人、永田由香から依頼を受ける。 それは、よくあるストーカー調査依頼だった。 調査を済ませ事件は無事に解決したと思われ た。 だがその直後に由香は謎の失踪をしてしまう。 世間を騒がせている連続女性失踪事件とは関係があるのか。 事件は神宮寺と洋子の過去にも影を落とす…。 本作『夢の終わりに』は特に渋く、ハードなシナリオが描かれており、シリーズ最高傑作の声も多い作品。 ウィッシュルーム【DS】• ミッシング・パーツ【DC・PSP】• 雨格子の館【PS2】 クロス探偵物語 黒須剣は、母親を早くに亡くし父親と2人暮らしをしていたが、その父も小学生の時に交通事故で帰らぬ人となっていた。 数年後、高校を卒業した剣は亡き父の墓参りに訪れた際、美樹夏子と名乗る一人の女性に出会う。 そして、そこで彼女の口から父親の死は、交通事故のように見せかけた殺人であったと示唆される。 実は剣自身も父に残された保険金が2億と大金であったことから、密かに父の死に疑問を抱いていた。 剣は父の死の謎を抱えつつも、父の正義を守る意思を継いで探偵になる為に、名探偵と噂高い冴木達彦に弟子入りしようと冴木探偵事務所を訪れる。 引用 — Wikipedia 主人公「黒須剣 くろすけん cv:草尾毅」がまぬけ面で名推理! 実はIQ160の持ち主で一度聴いたり見た事は忘れない。 やる時はやるが、普段はゆるいスケベ系主人公。 本作のエンディング後に続編の予告が流れるのだが、2014年12月1日現在、続編は発売されてはいない!私はずっと待っている。 現在遊ぶなら中古ショップに走るしかない! PS2でもPSソフトは遊べるのでギリギリセーフ!? Amazon: 「クロス探偵」好きにはコチラもおすすめ!• ミッシングパーツ DC・PSP• 逆転裁判シリーズ GBA・DS・3DS• 銃声とダイヤモンド(PSP) 428~封鎖された渋谷で~ 4月28日、午前10時。 渋谷中央署の新米刑事、加納慎也はスクランブル交差点にいた。 渋谷管内で誘拐事件が発生し、犯人は被害者の妹、大沢ひとみに現金を持たせるよう指示。 加納は先輩刑事の笹山と共に、身代金引き渡し現場に張り込んでいた。 配属後、初めての大事件捜査に緊張する加納。 同じ頃、元チーマーの初代ヘッド遠藤亜智は、日課のゴミ広いに精を出していた。 渋谷駅前まで来た亜智は、ハチ公前に佇む一人の少女を目にする。 少女に向けられた銃口を目撃して、身の危険を察した亜智は、少女を連れて逃走することになる。 事件捜査に奔走する加納。 少女と行動を共にする内に徐々に事件に関わっていく亜智。 二人の青年を中心にフリーライターの御法川実、被害者の父である大沢賢治、謎の着ぐるみタマの物語が複雑に絡みつつ、渋谷の街は騒乱の渦に包まれていく。 引用 — Wikipedia 【チュンソフト】のサウンドノベルシリーズ。 実写取り込み、複数主人公によるオムニバス形式で進行するストーリーなど「街~運命の交差点~」と共通するシステムが多い。 「街~運命の交差点~」も間違いなく名作だが、「428」はより大衆向けな印象で、入門用にはピッタリ! コチラは様々なハードに移植されたタイトルなので手軽に遊べますね。 【iphone】でも配信中 Amazon: 「428」好きにはコチラもおすすめ!• 街~運命の交差点~• かまいたちの夜• 弟切草 ホラーが苦手な人はあれかもしれない… 3年B組金八先生 伝説の教壇に立て! 2004年のサクラ中学、名物教師の金八先生こと坂本金八が一年間入院することになってしまう。 そこに、暫く教壇を離れていた主人公(プレイヤー)は金八 の推薦を受け、代理として教職に復帰する。 主人公は3年B組を受け持ち、さまざまな問題を解決しながら、卒業式までの一年をサクラ中学で過ごす事となる。 引用 — Wikipedia 「伝説の教壇に立て!」って言われても… 「あなたの代わりはできましぇーん!」 知名度は何故か低めですが、非常に面白いゲームです。 現在遊ぶなら、コチラも中古ショップへ走りましょう!完全版が断然オススメです! Amazon: 「金八」が好きならコチラもおすすめ! 「コチラもおすすめ!」って書きはしたけど、正直類似品がないです。 AVG好きだけど「金八」は「ノーサンキュー」って感じで食わず嫌いしている人がいれば、是非!遊んでもらいたいです。 ポリスノーツ 2010年、人類はラグランジュ・ポイント5に、オニール型スペースコロニー「BEYOND COAST」(ビヨンド・コースト)を完成させ、移住を開始した。 そして2013年、宇宙への一般市民の大量移住に対応すべく、世界中から選抜された5人の警察官が宇宙飛行士としての訓練を受け、BEYONDの治 安を守るべく配備された。 警官(POLICE)であり宇宙飛行士(ASTRONAUTS)である彼らを、人々は「ポリスノーツ」 (POLICENAUTS)と呼んだ。 最初のポリスノーツ「オリジナル・コップ」の一人であるジョナサン・イングラムは、任務中に発生した事故のため、宇宙空間を漂流することとなる。 人工冬眠状態で眠っていた彼が奇跡的に救助されたとき、外界では既に25年の年月が過ぎていた。 時代から取り残され、宇宙恐怖症(コスモフォビア:cosmophobia)となったジョナサンは、オールドロス(ロサンゼルス)のスラムで私立探偵を 営み、日々の食い扶持を稼いでいた。 そんな彼の元にある日、BEYONDから一人の依頼人が訪れる。 その人物の名はロレイン・北条。 かつての自分の妻で あった。 彼女はジョナサンに『行方不明となった再婚相手を捜索してほしい』という依頼をする。 懐かしき邂逅、他人の妻となってしまった目の前の女性に対す る複雑な想い、かつての伴侶の願いを聞き届けたいという気持ちと再び宇宙に出る事への躊躇いなどの様々な感情から、ジョナサンは引き受けるかどうかは即断 しなかった。 然し、また来ると言い去っていったロレインは彼の目の前で彼女の車の爆破によって息絶えてしまう。 事件の背後には何があるのか、ロレインはなぜ死ななければならなかったのか……。 真相を探るため、ジョナサンは再びBEYONDへと向かう事を決意した。 引用 — Wikipedia 「俺のワイフ」 「CV:田中秀幸」でそんな事言われたら、男でもただじゃ済まないぜ! MGS メタルギアソリッド で有名な、「小島秀夫」率いる「小島プロダクション」が制作した『SFハードボイルドアドベンチャー』の傑作。 作中には爆弾解体やガンシューティングなども含まれているので、純粋なテキストアドベンチャーとは言えないかも知れないが、テキスト部分の方が断然多いから良いよね! PSストアにてDL版が配信中なのでいつでも遊べます! Amazon: 「ポリスノーツ」好きならコチラもおすすめ!• スナッチャー コチラも「小島秀夫」監督作品。 基本的には普通に読み進めていくノベルゲームであるが、このゲームの特徴に「交渉システム」がある。 プレイヤーは交渉人とな り、人質を取って立て篭もった犯人などを説得し、事件を解決することになるが、交渉はリアルタイムで進行していき、犯人と会話する中で、会話選択を行う。 同じ会話コマンドでも入力のタイミングによって交渉相手の対応が変化したり、コマンドそのものが変化することもある。 引用 — Wikipedia 「逆転裁判」が『法廷バトル』なら、「銃声とダイヤモンド」は『交渉バトル』とでも言いましょうか。 悪戯に交渉相手との電話を切ったりして反応を見たりすると面白い!すぐゲームオーバーになっちゃいますけどねw(隠れた名作です!) シナリオ自体はシリアスですが、登場人物のキャラが濃いのでコミカル要素もあります!最近のゲームなのに声なしという冒険ッぷり! Amazon: 「銃声とダイヤモンド」好きならコチラもおすすめ!• クロス探偵• 逆転裁判 逆転裁判 本作品は「 法廷バトル」と呼ばれるジャンルを生み出したゲームである(広義では「アドベンチャー」であるとされる)。 弁護士である主人公を操作し、無実の罪に問われている被告人を裁判で無罪にすることがゲームの目的。 弁護する事件は主に殺人事件となっている。 『1』『蘇る』 — 『3』『5』の主人公は成歩堂龍一(なるほどう りゅういち)。 『4』の主人公は王泥喜法介(おどろき ほうすけ)。 引用 — Wikipedia 「異議あり!」 の言葉あるところにツンツンヘアーあり! 近年のAVGを語る上で、この作品を抜かすわけにはいかないでしょう。 携帯ゲーム機のAVGの土台を築いてくれたのは間違いなく「逆転裁判」のおかげです!ありがとう「逆転裁判」 特にオススメは1~3ですね、1・2・3と続けてプレイした後の、一本につながった感は半端ないです!溜まらんぜ!! Amazon: 新作は「 大逆転裁判」というタイトルで舞台は『明治』です。 コチラも期待ですね。 「逆転裁判」好きならコチラもおすすめ!• ゴースト・トリック【DS】• 公式側からは「ハイスピード推理アクション」とジャンル付けされている。 クローズドサークル系のミステリー作品としての側面を持つ。 「希望」と「絶望」を主軸としたシナリオ、予測困難などんでん返しも特徴となっている。 引用 — Wikipedia クマ型ロボット「モノクマ(cv:大山のぶ代)」がとにかく毒づきまくる! 色々とイロモノ扱いされる事も多いが、シナリオの面白さシステムどれをとっても一級品で決して甘くみるべき作品ではない。 AVG好きを自負するなら遊ぶべき作品。 極限脱出 9時間9人9の扉【DS】• 極限脱出 善人シボウデス【3DS・vita】 どちらもクローズドサークル系のミステリ作品なので好きだと思います!この二つは一応続編モノなので、「極限脱出9時間9人9の扉」からのプレイをオススメします! Ever17 -the out of infinity-(エバーセブンティーン) 同じ時間が何度も循環するループもののゲーム『infinity』シリーズの第2作目であり、最高傑作と呼ばれる。 作中に仕掛けられたトリックの巧みさで知られており、ネタバレを忌避し感動を共有しようというファン意識から、プレイ後の感想が書かれたホームページではしばしば「全員クリア後に読んでください」という注意書きがなされていた。 引用 — Wikipedia えー、「シュタインズ;ゲート」と「Ever17」のどちらにしようか小一時間考えた結果…。 今回は「Ever17」を紹介する事にしました、どっちが上とか言うつもりは全くありません、ただ、やはり「Ever17」の存在は「シュタインズ;ゲート」にも影響を与えていると思うので。 ) 「白いご飯が食べたいんだよぉっっ!」などの名言や 「ジャンガリアンハムスター」事件など。 色々な思い出に残るシーンのてんこ盛りでございます!今のループものゲームを語る上では外せないタイトルです。 PSPでベスト版が出ているのでそちらがオススメ! 「5pb」公式ダウンロード販売サイト「マギノドライブ」でも配信中 Amazon: マギノドライブ: 「Ever17」好きならコチラもオススメ• シュタインズ;ゲート【ps3・PSP・vitaなど】• この世の果てで恋を唄う少女YU-NO【セガサターン】• 極限脱出シリーズ【DS・3DS・vita】• タイムトラベラーズ【3DS・vita】 まぁ鉄板ですね!どれも素敵な作品ですよ。 峰城大付属3年生の 北原春希は学園生時代最後の思い出を作るため軽音楽同好会へ加入するが、バンドは痴情のもつれから崩壊してしまった。 学園祭のバンド発表を成功させるためメンバー集めを開始した春希は、屋上で歌っていた学園のアイドル 小木曽雪菜を勧誘することに成功する。 更に、クラスの問題児 冬馬かずさがピアノの天才であったことが発覚し、彼女をメンバーに迎える。 バラバラだった3人は一生懸命に打ち込んだ末に学園祭で大成功を修め、3人は心の底から結び合えた…と思っていた。 しかし、この日からそれぞれの恋は残酷な悲劇へと走り出してしまう。 引用 — Wikipedia 「春希の事を二股クズ野郎って言ったやつ前に出なさい!」 「春希君は強いられていたんだよ!」(いやー確かに、不誠実な部分はありましたけどねェ~。 ショッキングな内容が好きならば「ダンガンロンパ」でもいいですよ! そこからドンドンディープな【AVG】の世界へと堕ちるがいい! 反響があれば第2弾も考えます、反響がなくても勝手にやるかもしれませんが(笑) みなさまに良きAVG体験がありますように!!.

次の

『Ever17』 これからエバーセブンティーンを始める人へ。

エバーセブンティーン

これからを遊んでみたいと思っているーセブンン初心者のあなた、ようこそ! ファン、の先輩として、これからについていろいろ教えさせてもらいたい。 だから読んで行っていただけたらありがたい限りである。 筆者がテキストにハマるキッカケになったゲームが本作、『 the out of infinity』だ。 このゲームは今は亡きKIDから発売されたinfinityシリーズの第2段。 最初に言っておこう。 このゲームはネタバレをしてしまうと魅力が激減する。 プレイ前にでこのゲームのページを見るのは御法度だし、それどころかと検索することすら危険をともなう。 筆者が大好きなゲームをより多くの人にプレイしてほしいと思うので、今回はネタバレをせず、このゲームの魅力を紹介し、未プレイの人の背中を押すことのできる記事を目指すことにする。 できればこのページ以外に前情報を入れずに本編に臨んでほしい。 そもそもどんなゲームなの? このゲームは永遠に同じ時間を繰り返す、ループ世界をテーマにしたテキスト(2002年発売)だ。 システム自体は選択肢によって物語が分岐する一般的なテキストである。 このゲームの魅力は? このゲームの魅力はそのシナリオにある。 SFやオカルト、伝説を基にしたシナリオは練りこまれていてクオリティが高い。 上述したようにプレイヤーは2人の主人公のどちらかを選ぶことができる。 それぞれ主人公1人につき2名のヒロインのルートが用意されていて、最初から4つのルートを選ぶことができるわけだ。 この4つのルートのそれぞれが単体として楽しむことができるのだが、 シナリオの肝は4つのルートをクリアした後に開放される最終ルートにある。 それまでのプレイ時間、約30時間に張られた伏線が、たった数時間という怒涛の勢いで回収されていくこのルートは、端的に言って死ぬほど面白い。 寝る間も惜しんでプレイしてしまうこと間違いないというか、筆者は徹夜した(笑)。 だから 絶対に最後までプレイしてほしい。 ここで注意しておきたいことがある。 だからそういった要素を期待しているとガッカリさせられると思う。 非常事態の名の下にの食べ物を豪快に無銭飲食したり、誰もいないテーマパークで人目をはばからず缶蹴りをしたり、誰もが一度は妄想するな楽しさがある。 こういった非日常下での日常描写が面白い。 そんな感じで、基本的には個性的なキャター達が和気あいあいとしている。 しかし舞台はの海洋テーマパーク。 ふと自分達が外界から隔絶されている事実に目を向けると、静けさと閑散とした空間にハッとさせられる。 普段、人が溢れている場所が静けさに包まれている様子。 そこにはなんとも言えない不気味さがあって、和気あいあいとしているシーンとの温度差がたまらない。 それを阿保剛の音楽がさらに盛り上げてくれる。 どのバージョンをプレイすればいいの? 『』は最初、とので発売された。 そしてその後、PCに移植される際にCGや立ち絵が追加された。 そちらが改良版、Premium Editionだ。 このPC版 Premium Editionは2、に逆移植され、それから後に発売されたものは全てPremium Editionになっている。 追加要素があるため、これからプレイするなら無印ではなくPremium Editionがオススメ。 もちろん2009年に移植された版もPremium Editionである。 版は2011年にリメイクされたものなので上記のものとは大きく異なる。 こちらはオリジナル版で冗長に感じられた部分をスピーディーな展開に推敲してあり、 テンポよく読み進めることができるようになった。 またその他にも、物語上の矛盾点を解消してあったり、オリジナル版では語られなかった空白部分を描いたシナリオが追加されていたりとリメイク版ならではの魅力がある。 特に追加シナリオは素晴らしい出来なのだが、リメイクの際に大幅に再構成されたシナリオはオリジナル版の名言や名シーンがカットされている上、総プレイ時間が約20時間と大幅に減った。 そして致命的なのが新たに作り直された立ち絵。 リメイク版では立ち絵が3Dポリゴンに変更されたのだが、このポリゴンがあまり良いとは言えない。 生気が感じられないというかなんというか…。 版・版・PC版・版をプレイした筆者個人の視点から言わせてもらうと、この手のジャンルのゲームと携帯機との相性の良さもあり、 版がオススメ。 版のみ、用語集や新規OP、EDが追加されてもいるのもオススメの理由である。 あまり時間がないという人や、少しでも矛盾点が残るのが嫌な人は版をプレイしてほしい。 他のシリーズ作品はプレイすべき? シリーズ第2段だと上述したけれど、本作から始めても何の問題も無い。 しかし、もしあなたがこのゲームを105パーセント楽しみたいのであれば、前作であるシリーズ第1段『』をプレイしておくことで5パーセントぶん上乗せでニヤニヤすることができると思う。 また本作にハマったのであれば、他作品をプレイする価値は大いにある。 特にinfinityシリーズ第3段『』は個人的にオススメである。 最後に。 これからーセブンンを始める人へ、ということで『』を紹介させていただきました。 この記事を読んでくれたことがきっかけで、『』を楽しんでくれたら嬉しいなあ。 この記事を書くにあたって、もう一度PC版をプレイし、また本体を購入して版もプレイした。 最低でも三周はプレイしてから書いてるわけだから、ここに書いてあることは信用してほしい(笑)。 というわけで、読んでくれてありがとう! 画像は全て用ソフト より。

次の