舎人 ライナー 遅延。 運行情報 | 東京都交通局

日暮里・舎人ライナー 遅延に関するリアルタイム情報|ナウティス

舎人 ライナー 遅延

遅延証明書のご利用について• 都営地下鉄、都電荒川線及び日暮里・舎人ライナーの列車を対象に、路線ごとの遅延証明書を掲載いたします。 当証明書は、5分以上の遅延が発生した場合に掲載いたします。 当証明書は、5分以上の遅延に対し、5分単位に切り上げて掲載いたします。 当証明書は、「始発から10時まで」と「10時から終電まで」の時間帯別に掲載いたします。 「始発から10時まで」の遅延証明書は、当日の10時30分ごろ、「10時から終電まで」の遅延証明書は翌日の10時30分ごろを目安に掲載いたします。 当証明書の掲出期間は、掲載から35日間といたします。 当証明書は、駅で発行している遅延証明書の遅延時分と異なる場合があります。 当証明書は、各路線、各時間帯で発生した最大の遅延時間を証明するもので、個々の列車の遅延時間を証明するものではありません。 また、お客様がご乗車されたことを証明するものではありません。 当証明書は、都営地下鉄、都電荒川線及び日暮里・舎人ライナーの列車の遅延のみを証明するものであり、遅延によりお客様に生じる損害等を賠償することを証明するものではありません。 当局が発行した都営地下鉄、都電荒川線及び日暮里・舎人ライナーの乗車券以外の乗車券、航空券、旅行券等の払い戻しについては、当該券面が効力を有する会社の規約・約款類によりますので、ご注意ください。 日暮里・舎人ライナー.

次の

日暮里舎人ライナーは赤字! なぜ黒字化が実現できないのか?

舎人 ライナー 遅延

日暮里舎人ライナーが赤字の理由 主な原因 詳細 開業が新しい 2008年に開業したため、借金返済が重くのしかかかる 輸送密度が低い 鉄道に比べて1度に輸送できる人員が少ない 設備投資が大きい 混雑緩和へ向けた新型車両の投入などにコスト 日暮里舎人ライナーの経営状態が悪い主な理由は上の3つがまず挙げられる。 都営地下鉄に比べて収益性が悪い要因がよくわかる。 開業したのが新しい 日暮里舎人ライナーが開業したのは2008年である。 ここ最近の出来事であるため、十分な旅客収入が積み重なっていないのは否定できない。 日暮里舎人ライナーは新交通システムということで、全線に渡って高架上に軌道が建設されている。 これを建設するためには膨大な費用がかかっているのは確か。 費用は借金することでまかなったが、それを返済するのは運賃収入である。 その収入がまだ十分積み重なっていない。 つまり債務の返済が終わっていない。 今の乗客の数で推移するとなると、開業から10~25年ほど経過しないと完全な黒字化は難しいだろう。 輸送密度が低い 日暮里舎人ライナーのような新交通システムは鉄道に比べると建設コストは確かに安く済む。 鉄道のように複雑な信号システムや広い土地を必要とはしない。 住宅密集地であっても道路の上に軌道を通すなどして建設することができる。 用地買収の必要性があまりないのがメリットといえる。 しかし、輸送密度は低い。 1つの運転本数で輸送できる乗客数は鉄道の半分以下に留まる。 黒字化するのは2050年頃の見込み• 黒字転換は早くて2050年頃• 通勤ラッシュ対策の投資コストが影響 日暮里舎人ライナーの今の赤字の状態が解消されて黒字になるのは、2050年頃になると見込まれている。 これは今の乗客数が維持できた場合の予測である。 もし今後足立区内で人口の減少や少子高齢化が加速すると、より黒字化は難しくなる。 通勤ラッシュの混雑緩和のための投資をこれからいくつか実施されると予想されるが、それらの投資に対する見合ったリターンが出るとは考えられない。 日中や休日ダイヤになる土日祝日の利用者数はそれほど多くなく、需要が低迷しているのは確か。 本来、需要が伸びれば運賃による収入が増えることで財政状況はよくなるはず。 日暮里舎人ライナーは極端にその需要がラッシュ時に偏っているのが原因なのは間違いない。 しかも新交通システムという大量輸送にはまったく向いていない交通手段となっているのも、通勤ラッシュへの対策が難しい要因でもある。

次の

遅延証明書

舎人 ライナー 遅延

遅延証明書のご利用について• 都営地下鉄、都電荒川線及び日暮里・舎人ライナーの列車を対象に、路線ごとの遅延証明書を掲載いたします。 当証明書は、5分以上の遅延が発生した場合に掲載いたします。 当証明書は、5分以上の遅延に対し、5分単位に切り上げて掲載いたします。 当証明書は、「始発から10時まで」と「10時から終電まで」の時間帯別に掲載いたします。 「始発から10時まで」の遅延証明書は、当日の10時30分ごろ、「10時から終電まで」の遅延証明書は翌日の10時30分ごろを目安に掲載いたします。 当証明書の掲出期間は、掲載から35日間といたします。 当証明書は、駅で発行している遅延証明書の遅延時分と異なる場合があります。 当証明書は、各路線、各時間帯で発生した最大の遅延時間を証明するもので、個々の列車の遅延時間を証明するものではありません。 また、お客様がご乗車されたことを証明するものではありません。 当証明書は、都営地下鉄、都電荒川線及び日暮里・舎人ライナーの列車の遅延のみを証明するものであり、遅延によりお客様に生じる損害等を賠償することを証明するものではありません。 当局が発行した都営地下鉄、都電荒川線及び日暮里・舎人ライナーの乗車券以外の乗車券、航空券、旅行券等の払い戻しについては、当該券面が効力を有する会社の規約・約款類によりますので、ご注意ください。 日暮里・舎人ライナー.

次の