ウーバー イーツ コロナ。 Uber Eats(ウーバーイーツ)が新型コロナウィルスの拡大に伴うレストラン支援を決定

ウーバーイーツ配送員労組、マスク・危険手当など求める 現状は感染リスクが「自己責任」: J

ウーバー イーツ コロナ

売上にお困りの飲食店舗向けに無料公開! デリバリー・テイクアウトで飲食店の集客課題を解決 ウーバーイーツが新型コロナウィルスで需要増? 新型コロナウィルスの影響により、東京都を中心に外出自粛要請が出ています。 これに関連して、多数の人との接触を避けるために消費者も外出控えをしている状況です。 こうした情勢により、飲食店は窮地に立たされています。 来店者数や売り上げが激減し、集客も現段階では見込めない状態でしょう。 ウーバーイーツという店舗の新たな選択肢 そこで注目を集めているのが「ウーバーイーツ」。 外出をすることなく、外食気分を味わえるデリバリーサービスです。 消費者へのメリットはもちろん、飲食店にとっても新たな集客サービスとして、コスト不要ですぐに始められるデリバリーサービスへの参入に期待が高まっています。 ウーバーイーツ Uber Eats の加盟店とは 画像引用:Uber Eats公式サイト ウーバーイーツの加盟店とは、ウーバーイーツにデリバリー提供を行う飲食店そのものを言います。 ウーバーイーツの加盟店登録をすることで、ウーバーイーツのサービスを経由して注文を受け、料理を作り、ウーバーイーツの配達パートナーに渡す一連の流れを行います。 ウーバーイーツに加盟することで、加盟店飲食店として登録され、一般のユーザーにも利用してもらえるようになるのです。 ウーバーイーツ Uber Eats に加盟店として店舗登録するメリット 画像引用:Uber Eats公式サイト ウーバーイーツの加盟店になるメリットは多数ありますが、その代表的なメリットをご紹介していきましょう! コロナウィルスの影響でも集客対策になる 現在、コロナウィルスの影響で外出を控える消費者が多くいます。 そのため、人が集まる飲食店での外食を避けているという方も多いでしょう。 この影響で、売上減少を懸念している飲食店も少なくないはず。 そこで注目したいのが「ウーバーイーツ」。 デリバリーで自宅やオフィスまで飲食店の料理を提供してくれるシステムを展開しています。 続々と対象範囲も拡大していて、東京だけでなく、関西や中国四国などにも展開が始まっています。 デリバリーサービスをコストをかけずに行える ウーバーイーツは、普段デリバリーサービスを展開していない飲食店でもすぐに始めることができるようになっています。 それは、ウーバーイーツの仕組みとして料理を消費者までお届けするのは、ウーバーイーツの配達パートナーだからです。 配達までを店舗で行う場合、人件費やバイクなどのコストがかかります。 また、配達のための研修等も必要になってくるでしょう。 こうしたコストや時間のかかる問題をクリアして、すぐにデリバリーサービスを始められるのがウーバーイーツなのです。 お客様の獲得 いつも店舗に来店してくださるお客様だけでなく、普段はエリアや行動範囲の問題で利用できないお客様でも、ウーバーイーツで可能配達エリアになっている場合なら利用することができますよね。 こうしたこれまでに獲得できなかったお客様も獲得が可能になってくるのです。 また、通常はデリバリーを行っていない飲食店がウーバーイーツの加盟店になることで、お客様の注目度もあがり、利用してもらえるきっかけになるでしょう。 今回のコロナの影響により、直接店舗に行くのは控えたいというお客様も、ウーバーイーツならデリバリーとして需要が高まっているはずです。 売上アップ 特にこれまでデリバリーサービスを提供していない飲食店は、新たな集客要素として取り入れることで、売上アップが期待できるでしょう。 しかもウーバーイーツは基本的にランニングコストをかけずに、注文が入った段階で対応するため、事前の準備や大きな設備投資も不要です。 すでにデリバリーサービスを展開している飲食店の場合でも、今注目されているウーバーイーツを活用することで、さらに多くの売上を作るチャンスになるはず。 多くの注文に対応できる デリバリーサービスをて展開している飲食店にはさらに大きなメリットがあります。 より多くの注文を受けることになった場合でも、ウーバーイーツの配達人が配達業務を担当してくれるため、その分多くの注文を受け付けることができますよね。 仮にウーバーイーツの配達人が手配できないという場合には、店舗で日頃から配達業務を行っているスタッフが配達人として対応すればいいのです。 ウーバーイーツのサポート ウーバーイーツの加盟店になった後も、ウーバーイーツのフォローやサポートをしてもらえます。 集客や改善点、展開するメニュー内容など、売上を上げるためにウーバーイーツとともに戦略を考えていくことも可能でしょう。 ウーバーイーツ Uber Eats 加盟店のコスト 初期費用 無料 タブレット端末は店舗で用意するかレンタル、購入するなど幅広い選択肢があります。 ランニングコスト 無料 基本的に毎月かかるようなランニングコストもありません。 そのため、コストをかけずに毎月デリバリーサービスを展開できるということになるでしょう。 手数料 注文代金の35% 加盟店がウーバーイーツ側に支払う手数料は売上総額の35%。 仮に3,000円注文だった場合、そこから35%の1,050円をウーバーイーツに支払います。 支払い方法としては、毎週ウーバーイーツから振り込まれる売上入金から、この手数料がひかれた金額で支払われるシステムです。 テイクアウト包装代 売上総額の10%前後 テイクアウトと同様に、袋や箱で飲食物を包装する必要があります。 一般的にはこの包装代は10%前後と言われています。 しかし包装にこだわりを持っている飲食店や特種なものを使用している場合には包装代が増幅するでしょう。 ウーバーイーツ Uber Eats の店舗登録 公式サイトの申請フォームを経由するかを経由する方法があります。 代理店の場合は、特に便利でお得な内容で申請できる場合もあるため、チェックしておくことをおすすめします! いずれの場合も、基本的な店舗の情報が必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。 主に必要な情報は以下の通り ・飲食店の名称 ・店舗の所在地 ・申請者の名前 ・電話番号 ・連絡先メールアドレス ・店舗数 ・料理の種類やカテゴリ ・店舗スタッフによる配達の有無 以上の情報を踏まえてウーバーイーツが審査を行い、後日コンタクトを取ります。 加盟店申込み時に、店舗がウーバーイーツの範囲内であるかどうかを確認する必要があります。 順次範囲を拡大していますが、地域によっては一部のみという場合もあるでしょう。 その場合には、対応エリアの更新情報を待ちます。 ウーバーイーツ Uber Eats 経由の注文後の流れ では実際に加盟店登録が完了したあとの流れを簡単にご紹介していきます。 ウーバーイーツ Uber Eats 加盟店はスタッフも配達パートナーに ウーバーイーツでは、配達パートナーの人員を用意していますが、混雑時や配達パートナーの不在などもあり得ます。 そんなときは、店舗のスタッフを配達パートナーとして登録しておくことがおすすめです。 配達パートナーが決定するまでの時間短縮、店舗や商品のことをよく理解しているなどのメリットがありますよね。 配達パートナーの登録は、加盟店申込みの際に行えるようになっているため是非検討していみてください。 すでにデリバリーサービスを行っている飲食店は念のため登録しておくと良いでしょう。 配達パートナーへの支援でウーバーイーツ Uber Eats 加盟店も安心 コロナウィルスの影響で、ウーバーイーツの需要が高まっています。 しかし、外出自粛要請や感染拡大を踏まえて、配達パートナー自体が減少することで、サービスを提供できなくなるのではないかという不安を抱く飲食店も少なくないでしょう。 ウーバーイーツでは、配達パートナーへの支援を拡充。 手厚い保障制度を設けることで、配達パートナーも飲食店も安心できるシステムが作られています。 配達パートナーコロナ感染時等への経済支援 配達パートナーがコロナウィルスに感染した場合や保健所などから自主隔離を要請された場合、アカウントが保留されている間、最大14日間の経済的なサポートを行うとしています。 配達パートナーにマスクを供給 2020年4月23日、国内の配達パートナーに対して合計90万枚のマスクの供給を開始。 外出自粛要請が出るなかで、飲食店や消費者を結ぶ役割として注目されているウーバーイーツ。 特に配達パートナーはこのサービスを支える重要な存在です。 こうした配達パートナーを守るため、また飲食店や消費者の安全を守るためにも、マスクでの予防を強化。 こうした安全への取り組みは、加盟店である飲食店としても心強いのではないでしょうか。 まとめ 今回はウーバーイーツの加盟店について解説してきました。 コロナウィルスの影響もあり、トレンドにもなりつつある「ウーバーイーツ」。 多くの飲食店が集客や売り上げが激減している今だからこそ、積極的にウーバーイーツの加盟店としてデリバリーサービスを始めてみてはいかがでしょうか。

次の

新型コロナウィルスの影響でUber Eats(ウーバーイーツ)やる人が増加!?

ウーバー イーツ コロナ

【登録方法注意】Uber Eats、新宿など都心のパートナーセンター休業中(コロナの影響で)なので、ネットで登録しよう 通常は、東京だと新宿や恵比寿など、いくつかあるパートナーセンターへ直接行って、15分くらいの説明を受けて、登録して終わり。 持ち物も身分証と振り込み先の口座がわかるものがあれば、その場で登録完了。 配達バッグを受け取って、自転車があれば、すぐさま、配達スタートできます。 【現在(2020年4月)、コロナ対策で登録会休止中】 以前は、パートナーセンターで簡単に登録できたのですが、現在は、ネットで登録。 郵送で配達バッグを送ってもらう、というシステムです。 ネットで登録。 配達パートナーアカウント作成。 アプリに従って必要事項、必要書類のアップロード。 Uber Eatsから承認メールが届く。 (1日〜5営業日くらいで)• メール下に配達バッグ購入郵送フォームがあるので記入後、バッグ郵送手続きをする。 (バッグ代はアマゾン購入で4000円かかります) 実際にUber Eats(ウーバーイーツ)で配達ってどんな感じ?一件いくら?簡単? 現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)が人気!でも、登録会が中止されてネットで登録になってますよ、というお話をしてきましたが、じゃあ実際、配達どんな感じ?どれくらい稼げる?自分にできるかな?って思う人が多いと思うので、 実は、私、Uber Eats(ウーバーイーツ)が日本にできた当初、仕事の取材も兼ねて、最速で登録して配達した経験があるので、配達内容についてシェアします! 【配達はアプリを使って簡単】• 配達自体は、ウーバードライブってアプリを使って、特に説明もなくとく、「出発」「配達開始」「配達完了」ボタンを押すくらいで簡単です!• 商品受け取って、地図見て、持ってくだけ。 一人でできるし、運動になるし、気分転換になるし、縛られないし、朝から晩まで専業でやるんでなければ、いい仕事だと思います!• ちなみにアプリには、ピック先のお店、配達先の住所や地図、配達時の注文者のメモ(玄関先に置く)とかの情報が出ています。 だいたいUber Eats(ウーバーイーツ)を自転車でやると、自分の場合ですが、東京の場合(2020年4月)、配達距離が自転車でだいたい10分圏内で一件400円前後が一番多い報酬でした!• 報酬は距離などによっても変わるのですが、自転車だと遠くて20分〜25分くらいまでの距離。 この場合だと500円〜600円くらい貰えることがあります。 【Uber Eatsで配達、時給にしたらいくらくらい?】 めちゃくちゃ効率よく、走り回ったら1500円とか2000円とかになる時もあるけど、配達先遠いとこばかりだと1時間で2件しかできなくて900円〜1000円くらいになることも。 【体験談からのアドバイス】 時間帯や地域でももちろん変わってきますが、自分の働き方次第、工夫しだいというのが一番左右される印象です。 自分の場合は1日1時間〜1時間半とかで、 昼とかよく注文が入る時間帯で時給にしたら1000円はとれるかなって感じ!もっとリアルな例で言うと1時間でマクドナルド3回配達して、全部5分圏内とかだと1300円くらいになったり、そんな感じ!(もっともこの場合の配達時間だと30分くらいで終わるので、すぐ帰ります!あまり頑張りすぎず毎日続けることが無理なく稼げるコツだと思うので!) 【体験談】私はUber Eatsでこういう稼ぎ方しました。 こんな感じでした!• 配達件数は目標3件〜5件。 場所は東京。 配達方法は自転車です。 配達時間は自分の場合は1日だいたい1時間半前後。 近場の配達が多いときは、往復5分くらいで終わった!• 遠い場所に配達になると、片道20分ちょっと、往復で50分くらいになることもあった。 報酬は時間帯や地域でも違うのですが、自分の場合は東京で新宿〜中野近辺、ファストフード店中心に配達(2020年4月)。 近場だと1件400円前後、20分くらい自転車で走って配達すると500円〜600円くらいの報酬になることも。 平均4件くらいで、1週間で12000円くらいになりました!(1ヶ月やると5万円近くになりますね!!) ジムの1ヶ月分くらいのお金になる!今ジムも行けないし、1時間〜1時間半くらい自転車で運動しながら、お金も稼げるってありがたい!! 配達のコツは?〜これから始める人に知っておいて欲しいこと〜 自分なりの体験談なのですが、、、 これから配達する人は、とにかく、届いたバッグ、そのままで仕事始めないでください! これが一番大事なポイントかもしれません。 バッグの中にはタオル2、3枚、梱包のプチプチとかでもいいので、バッグに必ず入れておきましょう! タピオカとかマックフルーリーとか味噌汁とか、お店が梱包したから、そのままバッグに入れて配達して揺れて蓋が開いてこぼれた、とか店のせいなんですよ、店のせいなんですけど、そんなこと注文された方には関係ないですから、自分にできることは、責任持って商品を届けられるよに、バッグの中で、商品がなるべく揺れて動かないようにするタオルとかは入れて置くとかなり重宝するはずです!(それとモバイルバッテリーですかね、あるといいのは) あと、コツと言えば、タピオカとかバーガーキングとか隣の駅とかにないようなお店は、遠い場所から注文がきがち、もちろん依頼が来た時点でキャンセルすることを選べるのですが、あまりすると注文がこなくなったり、アカウント停止のリスクもあると言われているので、注意。 なるべくあなたの隣駅にもよくある店、遠くからわざわざ注文されなさそうな店を受けることが効率のよくやるポイント?かも。 肌感覚として、ですが。。。 まとめ.

次の

新型コロナ影響で配達員が増加中 ウーバーイーツの実情

ウーバー イーツ コロナ

ウーバーイーツの利用開始に向け、案内準備などを進める今村哲郎さん(右)=5月末、浜松市中区のラボラトリー 事前登録の配達員が飲食店の料理を家庭やオフィスに届ける北米発祥の宅配サービス「ウーバーイーツ」が静岡県内でも静岡市で9日、浜松市で16日に始まる。 新型コロナウイルス感染の第2波、第3波が懸念される中、初期投資や人件費をかけずに売り上げ回復を図れる新サービスとして、苦境に立つ飲食店の期待は大きい。 利用者にとってもテークアウトや宅配分野の新サービスが次々と登場し、選択肢が広がりを見せる。 「先行きは本当に不透明。 お客のためになることは全てやる」 浜松市中区の汁なし担々麺専門店「ラボラトリー」の今村哲郎代表(35)はウーバーイーツのサービス開始に向け、準備を進める。 昼時に連日行列を作っていた店舗営業は4月中旬に休止。 再開後の客数はほぼ半減の状況だ。 客席はカウンターの3席のみにするなど感染防止策に万全を期すが、「外出をためらう人はまだ多い。 第2波が来たら経営は成り立たない」と漏らす。 店舗休業中に試行したテークアウトは、多い日で150食の注文を受けるなど予想以上の反響だった。 感謝の連絡が相次ぎ、飲食店の社会的使命を感じたという。 「災害発生時に食材を届けることもできる」と話し、ウーバーの長期的、多角的な活用を視野に入れる。 売り上げの一部が配送手数料で引かれるが、浜口嘉文オーナー(42)は「自前で配達員を雇う方が負担」と話す。 キャッシュレス決済で感染の心配も少ないとみる。 登録配達員は、副業目的の会社員や学生ら柔軟に収入を得たい人が担う。 両市で事前研修が進む。 休業や営業自粛が続く業種もあるだけに「配達員希望者は多い」(県中部のサービス業関係者)との声も聞かれる。 浜松市は民間事業者と協力し、テークアウトを行う市内飲食店と消費者、宅配事業者をオンラインで結ぶ「デリバリープラットフォーム」の構築作業を進める。 実証実験を重ね、6~7月ごろの本格運用を目指す。 こうした動きは「消費マインド向上につながる」と歓迎される一方、飲食店側にはコロナ収束後も、「3密」回避のための客席の間引きや滞留時間の短縮などが求められる。 業績回復には経営改善の工夫や新規顧客の開拓などが迫られそうだ。 同市内の飲食店経営者は「これからが厳しい。 他店と同じことをして満足していたら、お客は戻ってこない」と危機感を募らせる。 <メモ>米配車大手ウーバー・テクノロジーズが世界45の国と地域、6千以上の都市で展開する飲食店の料理宅配サービス。 2016年に日本進出し、17都府県に拡大。 提携飲食店は2万店以上で、静岡市葵・駿河両区では駅近隣の40店舗以上、浜松市は中区の70店舗以上で開始の見通し。 利用者がスマートフォンの専用アプリから料理を注文し、登録配達員が30分前後で指定場所に届ける仕組み。 配達状況や到着予定はスマホで確認できる。 飲食店の売り上げの一部がウーバー側の収益となり、配達員には距離や時間帯などに応じ手数料を支払う。 静岡経済の記事一覧•

次の