マティアス トーレス。 Matías i Torres Negramoll(マティアス・イ・トーレス ネグラモル)

「イニエスタとトーレスは日本でどうしている?」英メディアがJリーグでプレーする両選手を特集

マティアス トーレス

2018年8月20日. 2018年10月12日閲覧。 2018年8月21日. 2018年10月12日閲覧。 Corriere dello Sport. 2018年9月3日. 2018年10月12日閲覧。 BDFA. 2018年10月12日閲覧。 Estudiantes. 2019年7月23日. 2019年7月23日閲覧。 Inter Miami. 2019年7月26日. 2019年7月26日閲覧。 Estudiantes. 2016年11月11日. 2018年10月12日閲覧。 Infocielo. 2018年7月23日. 2018年10月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績.

次の

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

マティアス トーレス

その緑豊かでカナリア諸島で最も美しい島と言われるのが、ラ・パルマ島。 それが、「ヴィクトリア・トーレス」(旧マティアス・イ・トーレス)。 約20社のラ・パルマ島の生産者で最も小規模で、1人で全ての仕事をこなすビクトリア氏。 世界 No. 1になった三つ星レストラン、カン・ロカの有名ソムリエも、 リスト外の秘蔵ワインとして一部扱うなど、国内外が急激に高まっている。 『緑と星の島、ラ・パルマ島』の底知れないエネルギーが、ついに世界に知られる時が来た! 【Small significant things『小さいけど大事なこと』】 ラ・パルマ島南部の標高 700 mの地にボデガを構えるヴィクトリア・トーレス。 1885 年からぶどう栽培、ワイン造りを続けてきたトーレス家の5代目にあたる造り手、ビクトリア氏。 テネリフェの大学でアートを学び、2005年に故郷に戻り、ワイン造りに勤しんだ父親と畑に出るようになった。 次第にワイン造りに魅了され、2010年に本格的にワイン造りを始めた。 ビクトリアにとって、受け継がれた畑やワイン造りは、家族が代々繋いできた宝物。 自然への慈しみ、その畑を守ることを 「Small significant things 小さいけど大事なことたち」 と表現する彼女の言葉には、彼女の繊細さ、細やかさ、優しさ、誠実さ、真摯さ、前を見つめつづける芯の強さ、 滋味深さ、凛とした静けさをたたえる彼女の人柄が表れており、その人柄がワインにも一貫して感じられる。 【畑・醸造の個性】 点在した畑から造られるワインは、その土壌の個性を十二分に反映している。 合計3. 8haの畑がこの地域の9区画に点在。 また標高は、雨が比較的多い風化した火山性土壌の標高 500~1400mの間に多い。 フィロキセラが到達しなかったカナリア諸島のぶどう樹はピエ・フランコ(自根)で、非常に古い樹齢の畑が多い。 ラ・パルマの主要品種リスタン・ブランコやネグラモル、 そしてアルビーリョ・クリオリョ、マルバシア・アロマティカ、ビハリエゴなどの品種を栽培。 最低限の硫黄撒布以外は一切農薬を使用せず、イラクサや乳清を煎じた希釈水など、 ビオディナミ農法を思慮深く取り入れ、自然をリスペクトした栽培を実践している。 醸造はおじいさんが建てた醸造所で人為的介入はほとんどせずにワイン造り。 温度管理なしで野生酵母を使用。 フィルターなし。

次の

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

マティアス トーレス

写真:藤谷 ぽきお 実際にはこの3つの岩峰のことを「トーレスデルパイネ」と呼び、これが見える場所は「ミラドール・ベース・ラス・トーレス」と呼ばれ、「3つの岩峰麓の展望台」と言う意味です。 青空を突き刺す3つの岩峰は、氷河が山々を削ることで出来る絶景です。 地球のプレートが移動して起こる、造山運動でできた日本の山々では決して観ることの出来ない絶景です。 いつまで眺めていたいところですが、日帰りではそうゆっくりしてもいられません。 最終のバスの時刻が20:00ですので、来た道をそのまま戻り、バスに乗りプエルト・ナタレスに戻りましょう。 最後に、トレッキングをする際の注意点についてご紹介します。 コース上には飲食物を購入できる場所はありません。 必ず事前に必要な飲食物を購入して持参しましょう。 往復で8時間は必要なコースです。 十分な体力がある方のみ挑戦をするようにしましょう。 十分な防寒着・レインウェア・ヘッドランプ・地図などトレッキングに必要な装備をしっかり準備していきましょう。 旅行日程に余裕がある方は無理をせずに、ラス・トーレス・ホテルや周辺のホテル・山小屋・キャンプ場などに前泊・後泊を入れる計画を立てましょう。 トーレスデルパイネの基本情報 アクセス:プエルト・ナタレスよりバスで約2時間30分。 バス料金は片道(8000ペソ)、往復(15000)ペソ。 ラス・トーレスホテルまでのミニバス料金は3100ペソ。 最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

次の