ウイルス除菌 スプレー。 除菌スプレー コロナウイルスにおすすめ|衣類や手に使用できて効果があるのは?

マスク用スプレーのおすすめ人気ランキング15選【抗菌・消臭・花粉ガード】

ウイルス除菌 スプレー

Contents• ウィルス除菌スプレーPK2とは? ウィルス除菌スプレーPK2とは、その名の通り、ウィルスを除菌してくれるもので、 13種類の病原菌テスト済みなんです。 日本初上陸の新成分が配合されていて、しかも食品仕様の成分だから安心安全に使う事ができるんです。 そして、 世界で一番厳しい審査(AOAC基準の金不活性化テストをアメリカで合格)をクリアしているですよ。 専門機関がしっかり審査して、そのお墨付きがあるって言うのは安心できますよね。 ウィルス除菌スプレーPK2はマスクの除菌にも使える! 今一番気になるマスクの除菌にも使えます。 新品のマスクにももちろん使えますし、使用後に付着していたウィルスや洗濯でついた菌や臭いの除去もでるんですって!• マスクに簡単に使えて、安心なものを探している人• 子どもにも安心して使える除菌グッズを探している人• 肌が弱くて除菌すると手荒れなどが気になる人• 手軽にササッと除菌ができるグッズを探している人 ウィルス除菌スプレーPK2の使い方! ウィルス除菌スプレーPK2は 気になる部分にシュッとプッシュして吹きかけるだけでとっても簡単です。 プッシュ後すぐに使いたい場合は乾いた布やティッシュなどでふき取れば使えます。 食品由来なので、もしも口に入っちゃったとなっても安心です。 マスクに使用する場合は、マスクの外に来る部分にスプレーして使います。 でも ウィルス除菌スプレーPK2は、抗菌、抗ウィルス効果の発現確認済みのBV4が配合されているので安心ですね。 除菌スプレーだけの単品購入はスクロールしてくださいね! まとめ 今だからこそ気になる除菌…マスク不足解消の救世主としてウィルス除菌スプレーPK2はとってもおすすめです。 まだ自分の地域は大丈夫! マスクも在庫がたくさんあるしと言う人も早め早めの対策が大事です。 除菌だけしてもね~と言う人もいるかもですね。 そんな人は、 免疫力を上げるドリンク+除菌スプレーのセットもおすすめです。

次の

意外と知られていない「除菌消臭スプレー」の正しい使い方

ウイルス除菌 スプレー

インフルエンザウィルスについて 飛沫感染 感染者の咳とくしゃみで排出されます マスクが大事 喉や気管支、肺に入り込んで増殖します。 接触感染 ウィルスが付着しているものを触ると手に付着しています 手洗いが大事 ドアノブなどですね。 触った手を顔に持っていきます。 目・鼻・口の粘膜に付着。 顔に手をもっていく癖がある人は感染しやすいとテレビでやっていました。 潜伏期間 1~2日。 一気に増殖して発症が早いです。 2日目にはピーク。 6日目には消えると言われています。 首にぶら下げたり、部屋に置くタイプですね。 成分に問題ではなく、広告表記です。 ただ、塩素は刺激が強く、のどの痛みや咳を訴えた人もいました。 我が家は、特に刺激は感じなかったんですが、においに娘が敏感なので、やめました。 次亜塩素酸はよく使われていて安心なんですが、その分強いです。 ちゃんと薄めて、使い方にも注意が必要です。 ノロウィルスについて 経口感染 二枚貝 ホタテ・ 生ガキ から感染。 食材に安心して使える除菌剤です。 魚介類に。 特におう吐ですね。 処理が大事になります。 飛沫感染 カーペットなどに残ったものが空気中に舞い吸い込むことにより感染。 潜伏期間 1~2日。 発症後2日程度で回復。 ものすごく長く、生命力が強い。 食べものや洗濯ものは? 食べ残しを触らないようにしましょう。 洗濯物は別。 熱湯、消毒が必要です。 汚れた衣類などは塩素剤につけおきします。 汚れたカーペットなど洗えないものはスチームアイロンをかけます。 ノロウィルスに効果のある成分って何? アルコールで不活化しません。 熱湯で死滅します。 インフルエンザ用のエタノール系のスプレーでは効果がありません。 次亜塩素酸ナトリウムで消毒します。 我が家には子供も高齢者もいます。 強い除菌剤は心配です。 赤ちゃんやペットがいても大丈夫、口に入れても安心なもの。 インフルエンザ、ノロウィルスにどちらにも効果があるもの。 そして、気軽に使えるようなスプレーを探してみました。 インフルエンザ・ノロウィルスどちらにも効果がある除菌スプレー 2つのパターンを紹介します。 医療現場でも使われていた、確実に除菌されるという次亜塩素酸ナトリウムを確実・安全に使いたい。 やっぱり、食品成分にこだわりたい。 どちらも身体には安全です。 安全な次亜塩素酸ナトリウム インフルエンザ、ノロウイルスのどちらにも除去効果があり、瞬時 15秒 に99. 9%以上不活化。 悪臭成分を分解。 消臭にも効果があます。 車内でも使用可。 目・口・皮膚への安全性も第三者機関の試験機関にて実証されています。 手についてもふき取るだけで大丈夫。 元は医療現場で使われていた除菌剤が個人でも使いたいとの声から商品化。 病院や福祉施設でも使われていた実績があり、赤ちゃんから高齢者まで安心です。 もちろんペットにも。 家具にもついても安心なので気軽にどこでも使えます。

次の

除菌スプレーのおすすめ人気ランキング12選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】

ウイルス除菌 スプレー

次亜塩素酸ナトリウム 次亜塩素酸ナトリウムはハイターなどの塩素系漂白剤に含まれています。 厚生労働省も新型コロナウイルスに効果があると認めています。 ただし、強アルカリ性なので、手指など人体には使えません!目に入ったら失明の危険すらあります。 次亜塩素酸ナトリウムについてはこちらの記事にまとめています。 注目された結果、関連商品がかなり品薄になってしまいました。 粉末を使えば自宅でも作ることはできます。 しかし、粉末もないので手にれるのは難しいかもしれません。 次亜塩素酸水についてはこちらの記事にまとめています。 厚生労働省はノロウイルスに対して効果を実験しています。 残念ながら厚労省の実験の状況下では効果が出なかったようです。 ですが、 コスモ理研の研究によると、効果が出たようです。 ハウスクリーニングの 「おそうじ本舗」では2013年ごろから有効性を認め、除菌・抗ウイルスに使っています。 PULITOも多くの施設に導入されています。 ナゴヤ球場• ドン・キホーテ• 各金沢市立小学校 現在効果が公式に確認されているアルコール除菌アイテムがないですから、安定化二酸化塩素を使ったアイテムで代用するのはありですね。 気にせずにいろんなところに吹きかけられますから。 調子に乗っていると、すぐになくなってしまいそうで怖いです(笑) 広告 衣服や手指に使える除菌スプレーがいい! 除菌スプレーは人体に使えるものと使えないもので大きく分かれます。 上に書いた3種類の成分のうち「次亜塩素酸ナトリウム」は絶対に使ってはいけないものです。 皮膚を傷めるとか、目に入ったら失明する可能性があるとか、吸い込んだら呼吸器にも影響が出るとか、危険性があります。 「次亜塩素酸水」と「安定化二酸化塩素」は人体に使っても問題ありません。 とは言っても、顔にそのまま振りかけるなど、目や口に直接入るような使い方はあまり良くないのかな、となんとなく思っています。 安定化二酸化塩素は 食品添加物として多くの組織で認可されています。 国連食品添加剤専門委員会(JFCFA)• アメリカ食品医薬品省(FDA)• アメリカ食品安全検査局(FSIS)• 日本厚生労働省 日本では飲料水の殺菌やプールの殺菌に認められているので、飲んでも問題はないと思います。 手荒れがひどいならアルコール以外の除菌スプレーがいいかも。 たび重なるアルコール除菌で手荒れがひどいという報告が増えています。 ツイッターをチェックしてみましたが、かなり多いですね。 あ〜ぁ゜。 効果が公式に認められているアルコールを使うか、民間でしか効果が認められていないアルコールフリー除菌スプレーを使うか悩ましいところです。 もしアルコール除菌していて、ハンドクリームなんかを使っても手荒れが治らないということであれば、アルコール以外の除菌スプレーも検討してみてください。 政府の発表によると、石けんやハンドソープを使った丁寧な手洗いで、新型コロナウイルスは 十分に洗い流せるようです。 なので、自宅ではそれほど除菌しなくてもいいと思います。 感染の疑いがあるということであれば、ドアノブやトイレなどは除菌するほうがいいと思いますが。 なので、除菌スプレーはあまり自宅では使わないほうがいいかもしれません。 帰宅時に使うくらいにしておくほうがいいかもしれませんね。 これからどれくらいの期間、新型コロナウイルスと戦っていかないといけないか分かりません。 消毒液もいつまで品薄が続くか分かりません。 携帯用として使うのがいいかもしれません。 100均などで小さいボトルを買って、詰め替えて持ち歩く。 いいと思います。

次の