オー ロット ヨノワール。 【三神×オーロット&ヨノワール】ブルーの探索型オロヨノデッキが怖すぎる件

【ポケカ】オーロット&ヨノワールGX 性能・相性の良いカード

オー ロット ヨノワール

まずはふしぎなことづけムウマージで相手にあえてサイドを譲りドローしていく。 ムウマージの「ふしぎなことづけ」により、サイド枚数が相手のほうが多くなるためマチスの作戦が使える。 そのためを2回使うことができ、相手の手札を減らすためのコンボパーツを揃えることができる。 エクストラでは使えない「リセットスタンプ」「マチスの作戦」「ふしぎなことづけムウマージ」を使用したスタンダードレギュレーションならではのハンデスデッキといえる。 無人発電所でトップ解決を許さない 相手の手札が減ったとしても、例えばデデンネGXやカプ・テテフGXといったポケモンを引かれた場合はサポートカードをデッキからサーチされたり、特性でドローされせっかく減らした手札が回復されてしまう恐れがある。 そこで無人発電所が採用されている。 これにより相手のGXポケモンによる手札のリカバリーを防ぐことができる。 惜しくも大会優勝を逃したデッキであるが、タッグオールスターズ発売直後にも関わらずオーロット&ヨノワールGXの強みを最大限に生かした非常に完成度の高いデッキレシピとなっている。 その後はビーストリングで基本超エネルギーをフェローチェ&マッシブーンGXにつけ、ヨノワール&オーロットGXにタッグスイッチを使うことで付け替える。 基本超エネルギーがついたことによりナイトウォッチャーで相手の減った手札をゲーム序盤から減らすことができる。 おとりよせパッドの採用 おとりよせパッドはコイントス次第だが、グッズをサーチ(=コンボパーツの闇の石やリセットスタンプ)できるカード。 マチスの作戦の負担を減らすことにつながることにもなる。 確実にサーチすることができないが、このカードの真の強みはコイントスに失敗しても手札の枠をあけることができるということにある。 コイントスに失敗したとしても1枚手札を消費するため、ムウマージのドロー枚数が上がる。 なぜフェローチェ&マッシブーンGXなのか? ムウマージからビーストリングを使いタッグスイッチを狙うだけであれば一見するとアクジキング&アーゴヨンGXでも同じような動きをすることができる。 しかし アクジキング&アーゴヨンGXは特性があるためこのデッキではコンボパーツを集めるために重要な役割を担う ブルーの探索が使えない。 特性がなく、かつウルトラビーストであり、タッグスイッチに対応しているタッグチームであるという理由からフェローチェ&マッシブーンGXが選ばれたようだ。 関連記事 エクストラレギュレーション禁止カード.

次の

【ポケカ大会優勝】オーロット&ヨノワールGXのデッキレシピまとめ

オー ロット ヨノワール

目次(Contents)• 追加で超エネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーをすべてトラッシュする。 攻撃しつつハンデスを行う『ナイトウォッチャー』が特徴です。 エネルギーは超3つと重めですが、超タイプには強力なエネルギー加速手段である《カラマネロ》がいるので、ワザを撃つのにはそれほど苦労しません。 GXワザ『ペイルムーンGX』は通常効果はそれほど期待できないですが、追加効果のエネルギートラッシュが強力です。 撃つタイミング次第では思い切り刺さって気絶まで持ち込めるかもしれないですね。 《オーロット&ヨノワールGX》を使ってみた感想 ここからは実際に使ってみた感想などを書いていきます。 序盤から終盤までいつでも強いタイミングあり 中盤から終盤にかけて、《リセットスタンプ》を使用してからの『ナイトウォッチャー』で手札を奪い去る動きは言わずもがな強力。 それだけに収まらず、序盤からハンデスをしつつ相手のたねポケを狩りに行くことも可能で、ハンデスで事故ったらそのまま押し切れてしまうこともありました。 火力こそ決して高くはありませんが、強烈な妨害性能で相手の動きを追い詰めていく動きが、火力重視の《ウルトラネクロズマGX》《ソルガレオ&ルナアーラGX》とは違って面白かったです。 『ペイルムーンGX』を撃つタイミング 性能の段落にも書きましたが、『ペイルムーンGX』は通常効果は、現環境においてそこまで強力ではありません。 入れ替え手段が多いので、簡単に逃げられてしまいます。 しかし、スタン落ち後は今のところ使用可能な入れ替えカードが多くないので、強力になるかもしれません。 追加効果は、エネルギートラッシュ。 これがまた強力です。 というかこちらがメイン。 時間稼ぎのついでにきぜつすればめっけもんですね・・・。 「弱点:悪」が割と優秀 悪タイプデッキがそこまで多くないので、優秀な耐久力を見せてくれます。 万が一、悪タイプデッキにあたったとしても《ウルトラネクロズマGX》と組み合わせていればそちらをメインアタッカーに据えて戦っていけばよいです。 逆にフェアリータイプデッキに当たった時は、こちらをアタッカーとして使っていけばよいで、相手に応じた使い分けが可能になります。 《オーロット&ヨノワールGX》を採用したデッキレシピ 今はこんな感じで回しています。 スタン落ちするカードが多く入っていますので、これを組もうと思っている方はその点ご注意を。 基本的には【ウルトラネクロズマGX】ですが、そこに《オーロット&ヨノワールGX》を採用し、相手に合わせて使い分けを行っていきます。 レシピの改良案としては、《グズマ&ハラ》1枚を《基本鋼エネルギー》と差し替えるのもいいかなと思っています。 確定サーチ強すぎです。 まとめ 今回は《オーロット&ヨノワールGX》について書いていきました。

次の

オーロット&ヨノワールGXの買取価格を10社徹底比較

オー ロット ヨノワール

目次(Contents)• 追加で超エネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモン委ついているエネルギーをすべてトラッシュする。 ハンデスができる通常ワザが強力。 必要エネルギーは超3つと重いですが、《カラマネロ》によってすぐに補充をすることが可能なので、ワザを撃つまでにはそれほど苦労しないかと思われます。 《ムサシとコジロウ》や《リセットスタンプ》と組み合わせて使うとより相手の動きを要請することが出来そうですね・・・。 GXワザはどちらかというと追加効果である、エネルギーの全トラッシュがメインかなぁと思います。 《レシラム&リザードンGX》や《ピカチュウ&ゼクロムGX》など、エネルギーを多く使うポケモンに対して大きな時間稼ぎとなりますし、ワザ『アルティメットレイ』を使うまでにやや時間のかかる《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》に対しても有効に働きそうな感じです。 手札も盤面もめちゃくちゃにして、勝利を勝ち取りたいですね。 追加で妖エネルギーが14個ついているなら、相手のベンチポケモン全員と、そのポケモンについているすべてのカードを相手の山札にもどして切る。 ロマン溢れる3ベイビィ「TAGTEAM」。 通常ワザはやや不安定ですが、特筆すべきはGXワザ。 なんと、もう一度自分の番を行うことが出来ます。 追加効果はあまりにも果てしないロマンなので、時間稼ぎとして使われることになりそうです・・・。 残りのカードは山札にもどして切る。 HP130の「ポケモンGX」。 非GXにすら簡単に葬られてしまうHPですが、《ヨワシ(げんちしゅうごう)》と一緒に使うことで弱点をカバーしつつ、ワザ『ぎょぐんストーム』の火力を上げることが可能です。 ただしその《ヨワシ(げんちしゅうごう)》もHPが30しかないので、全体攻撃には注意しましょう・・・ 《レスキュータンカ》や《スイレンのつりざお》を多めに投入するのもよさそうです。 その後、自分の山札を3枚引く。 【ロストマーチ】の新カード。 手札補充は強力ですが、妖エネルギーを必要としているのが辛い所です。 おなじ《ダブル無色エネルギー》で『ロストマーチ』を撃つが「たねポケモン」である《ネイティ》、即進化可能で進化元も「ロストゾーン」に行く《ワタッコ》と比較すると、 かなりパッとしませんが、進化元になる《モンメン》の性能に期待したいところです。 この効果は、この特性を持つポケモンが何匹いても、重ならない。 【イーブイ】デッキを強化するポケモン。 「ポケモンGX」のみが対象なのはやや残念ですが、それでも中々強力だと思います。 《ブースターGX》の『ヒートステージ』が「たねポケモン」を倒せる程度の火力になるのは地味に強い・・・。 そして山札を切る。 その場合、この番、自分の水ポケモンは、自分がすでに「GXワザ」を使っていても、「GXワザ」を使える。 通常効果は《カメックス&ポッチャマGX》や《カメックスGX》と相性が良さそうな効果ですね。 これだけを目的とするなら、《おじょうさま》の劣化となりますが、追加効果に注目。 手札を5枚トラッシュすることでもう一度GXワザを使うことが出来ます。 最近話題の《アローラサンドパンGX》のGXワザをもう一度使用したり、《カメックスGX》のGXワザを使ってエネルギーを大量につけてから、次のターンに水タイプ「TAGTEAM」のGXワザを追加効果ありで使用したりと。 いろいろなことが出来そうです。

次の