お疲れ様 ご苦労様。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いとは?意味や使い方を解説!

ご苦労様とお疲れ様の使い方の違い

お疲れ様 ご苦労様

「 お疲れ様」:相手の苦労などを労う言葉で、主に目下の者から目上の者に使われる言葉。 また親しい友人など、目上や目下などの上下関係に関わらず使う• 「 ご苦労様」:相手の苦労などを労う言葉で、主に目上の者から目下の者に使われる言葉。 相手の努力を嘲ったり、皮肉を込めた意味、マイナスの意味でも使われる。 基本的な違いとしては、目下の者から目上の者か、目上の者から目下の者かにあります。 「お疲れ様」「ご苦労様」とは 「お疲れ様」について詳しく 「お疲れ様」とは 相手の苦労などを労う言葉で、主に目下の者から目上の者に使われる言葉です。 一般的なビジネスマナー、秘書検定などでは目下の者から目上の者に対して「お疲れ様」が使われ、また明記されていますが、親しい友人に「お疲れ〜」などと言うように、「お疲れ様です」は目上や目下などの上下関係に関わらず使うことができます。 元々、後述する「ご苦労様」が現在の「お疲れ様」のように目下の者から目上の者に対してろうを労う際に使われていましたが、時代の流れにつれて逆の意味へと変化していき、「お疲れ様」は「ご苦労様」の代用として、比較的最近使われるようになりました。 ビジネスの場では目下の者から目上の者に、その他では目上や目下などの上下関係に関わらず使うことができる「お疲れ様」という言葉ですが、昨今では、そう言った立場に関係なく、使われると不快に思う方も増えています。 「ご苦労様」について詳しく 「ご苦労様」とは 相手の苦労などを労う言葉で、主に目上の者から目下の者に使われる言葉です。 「ご苦労様」は労うという意味で使われることが主ですが、相手の努力を嘲ったり、皮肉を込めた意味、マイナスの意味でも使われます。 「お疲れ様」「ご苦労様」に並んで、労う際に使われる言葉で「 お世話様」という言葉がありますが、こちらはどちらかというと「ご苦労様」に表現なので、目上の者に対して使うのは適切ではないので注意です。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いは何?まとめ 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いについて見ていきました。

次の

ご苦労様とお疲れ様の違いと正しい使い分けを紹介!目上の人に失礼な使い方をしていませんか?

お疲れ様 ご苦労様

Contents• スポンサーリンク 「お疲れ様」「ご苦労様」の違いと意味 一般的には、目上の者が目下の人への労をねぎらって使う言葉が「ご苦労様」です。 少し上から目線の言葉になります。 上司や先輩に対して「ご苦労様」を使うのは避けたほうがよいでしょう。 一方、相手の立場に関わらず挨拶として利用できる言葉が「お疲れ様」。 一般的なビジネスマナーとしては、 目下の人から目上の人に向けても使ってよい言葉とされています。 しかし、この認識は近年になって浸透してきたもの。 年代によっては、目下の人が目上の人に「お疲れ様です」と言うと 気分を害す場合もあるのです。 そのため、おかれたシーンによっては「本日はありがとうございました」など、 お礼の言葉に置き換える方が適切な場合があります。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の言葉の由来 「お疲れ様」も「ご苦労様」も相手の労をねぎらう言葉です。 「ご苦労様」は古くから利用されていた言葉ですが、 実は、「お疲れ様」は比較的新しい言葉。 言葉の由来は方言から来ています。 そもそもは、「おはようございます」「こんにちは」などの挨拶語が由来です。 「ご苦労様」が目上の人から目下の人へ使う言葉なため、 目下の人が気軽に挨拶をし、 相手を労れる言葉はないかと 「お疲れ様」が広く使われるようになり定着しました。 「お疲れ様」もねぎらいの言葉 「お疲れ様」は、相手の労苦を労って掛ける言葉です。 一般的には、先に退社する人への挨拶としても使われており、 日常的に「お疲れ様」と声を掛け合うような、カジュアルな職場もあります。 「お疲れ様」は「ご苦労様」と同様に、 労いの気持ちから発せられる言葉ですが、 「ありがとうございます」や 「お先に失礼します」などのような挨拶として使われることが多い言葉です。 たとえば社内メールの書き出しや、 社内電話の冒頭に「お疲れ様」はよく使われています。 「お疲れ様」は社外では使わない 「お疲れ様」は社内で気軽に交わされる言葉で、 同僚や部下だけではなく、 上司に対して使用してもよく使われています。 しかし、取引先や顧客など社外の相手に対しては使いません。 「お疲れ様」という言葉には、 労いの意味合いが含まれています。 加えて気軽な挨拶として使われているため、 社外のような公式な場面で用いると失礼にあたるためです。 ひとつは(1) 他人が何らかの労働や作業に従事したのを労う用法です。 もうひとつは (2)共同で労働や作業を行った人同士が互いを労う用法です。 (1)「お父さん、今日も一日お仕事お疲れ様でした」 (2)「じゃ、どうもお疲れ様です」「あ、お疲れ様」 「ご苦労様です」は自分に対して直接・間接的に益をもたらす労働や作業に従事した人を労うときに用いられます。 「ご注文の品をお届けに上がりました」「どうもご苦労様です」 どちらも労いの言葉ではありますが、 「お疲れ様です」が比較的身分に中立的に用いられるのに対して、 「ご苦労様です」は「奉仕」というニュアンスが伴って、 目上から目下に対して用いられる傾向が強くなっています。 特に会社などではこれを目上に対して 用いないことがマナーとして確立しているようです。 「疲れ」も「苦労」も類似した言葉ですが、 「お疲れ様」「ご苦労様」と表現が固定して慣用的に用いられるようになり、 本来の意味に別のニュアンスが伴うようになったと考えられます。 香典返しや、法事・法要返しの専門オンラインショップ。 一度にたくさんの方へのお返しに便利な、お好きなものをお贈り先に選んでいただける カタログギフトをはじめ、仏事の返礼にふさわしいタオル、食品等を多数ラインナップしています。 文例でみる「お疲れ様です」の正しい使い方 具体的にどんなシーンで使われるのか、例文で見ていきましょう。 ありがとうございました」 いずれも社内の人への挨拶やねぎらいの言葉として使います。 慣用的に使われることが多く、 「お疲れ様」にはフランクな挨拶の意味合いが強いことが分かります。 目上の人にねぎらいの気持ちを表したい時には 「ご苦労をおかけしました」「大変でしたね」 「ご無理されませんように」「お身体にお気をつけください」など、 違う言葉の方が無難です。 社外の人に対しては、メールや電話の場合は「お世話になっております」、 遠くから来たお客さまには「ありがとうございます」「ご足労おかけ致しました」など、 より丁寧な言葉が適しています。 ご苦労様」 「暑い中、外回りご苦労様」「遅くまでご苦労様でした」 香典返しや、法事・法要返しの専門オンラインショップ。 一度にたくさんの方へのお返しに便利な、お好きなものをお贈り先に選んでいただける カタログギフトをはじめ、仏事の返礼にふさわしいタオル、食品等を多数ラインナップしています。 最後に 「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いをまとめます。 「ご苦労様」も「お疲れ様」もねぎらいの言葉 「ご苦労様」は目上から目下にかける言葉 「お疲れ様」は挨拶などでも使われるが、社外には使えない 「お疲れ様」も目上には失礼になる場合がある 2つの言葉は似た意味をもつ言葉ですが、 使うシーンを間違えないように注意しましょう。

次の

「お疲れ様です」は失礼な敬語?「ご苦労様です」との違いやメールでの使い方・言い換え・英語表現まで徹底解説

お疲れ様 ご苦労様

「お疲れ様」と「ご苦労様」の意味とは? 「お疲れ様」と「ご苦労様」は、どちらも相手の苦労をねぎらう言葉で、何かの作業をしている人に対して用いたり、共同作業を終えた人たち同士が用いることが多いです。 「お疲れ様」と「ご苦労様」は、明治時代(1868年~1912年)ごろには使われていたと考えられており、「ご苦労様」のほうが古く、方言が由来ともいわれていますが、語源などはわかっていません。 敬語として目上の人に用いる場合は「お疲れ様です」や「ご苦労様です」というふうに「です」を付けます。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと使い分け お疲れ様 取引先や上司など目上の人にも用いますし、目上の人から目下に対しても用います。 また、社内などですれ違う時に「お疲れ様です」とお互いに声を掛け合う挨拶として用いることもあります。 ご苦労様 上から目線のニュアンスが含まれているため、取引先や上司など目上の人に対しては失礼にあたり、後輩や年下などに用いる言葉です。 「お疲れ様」のように、挨拶として用いることはありません。 「お疲れ様」と「ご苦労様」のマナー 昔は目上の人に対して「ご苦労様」と言ってもマナー違反ではなかったのですが、時代の流れとともに考え方が変わってきたようです。 江戸時代(1603年~1868年)ごろの「ご苦労」は、家来(目下の人)から主君(目上の人)に対して使われ、主君が家来の苦労をねぎらう際は 「大儀(たいぎ)であった」という言葉を使っており、このころは目上の人が目下の人に「ご苦労」とは言わなかったそうです。 目上の人が「ご苦労」と言うようになったのは明治時代(1868年~1912年)になってからで、軍隊の中で目上から目下へは「ご苦労」、目下から目上へは「ご苦労様です」と、 上下関係なく使われていたそうです。 平成(1989年~2019年)になったころから「目上の人に対してご苦労様は失礼」という認識が少しずつ広まったようですが、なぜそのような認識になったのかなどは不明です。 今は「目上から目下には、お疲れ様・ご苦労様、どちらでもOK」ですが、「目下から目上には、お疲れ様がOKでご苦労様はNG」というのがマナーですので使い分けたほうが無難ですね。 「お世話様」 「ご苦労様」の類語として「お世話様」という言葉があります。 「お世話様」も相手をねぎらう言葉で、お世話になった人に感謝を表す言葉ですが、目上の人に対して用いるのは失礼とされています。 「お世話様」はビジネスシーンで用いることは少なく、会社以外で何かの作業をしてくれた人に対して「お世話様です」と用いることが多いです。 例えば、宅配便を届けてくれた配達員や、マンションの清掃作業をしてくれた清掃員などに用いることが多いです。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い分けがわかりましたね。 「ご苦労様を目上の人に使ってはいけないというのは嘘だ」という意見もあるようですが、確かに、昔は目上の人にも「ご苦労様」と言っていました。 しかし、時代の流れとともに言葉の使い方が変化することは珍しくありません。 「ご苦労様」と言われて気分を害する人もいますので、「昔はOKだったのに」と思わずに上手に使い分けてくださいね! -.

次の