無せいあいしゃ 診断。 私は、無性愛者なのでしょうか?

無性愛

無せいあいしゃ 診断

アセクシャルかもしれない?と悩む若者が増加 以前から恋愛に消極的な男性を「草食系男子」という言葉で表現したり、TVでもそういう人達がいることは取り上げられてきていましたが、最近は「アセクシャル」 エース、Aセクシャル という単語で紹介されることもあるようです。 そのような影響を受けてか、最近、自分はアセクシャルかもしれない・・・と悩む若者が以前にも増している気がします。 しかし、自己診断で「自分はアセクシャルだ」と決め付けるのは大変危険です。 ホルモン異常や精神的疾患が原因である場合があります。 また20歳以下の方は、半分以上が「経験不足による思い込み」なのです。 何かのきっかけで、人格が変わった様に性に積極的になることもあるので心配しないで下さい。 自分で勝手に判断せず専門医に相談診断を まずは「性」に対する心構えを変える努力をしてみてください。 20歳を超えてもどうしても自分の性的指向、恋愛価値観に疑問があるのであれば、その時にちゃんと専門の方に相談し、診断してもらいましょう。 また、ストレスフルな社会構造や、環境ホルモンなどによる性ホルモンの減少なども関係しているのではないかと考えられています。 遺伝などが関係してると指摘する方もいますが、実際ははっきりした根拠はなく確実な答えは世界でも発表されていません。 自称アセクシャルが増えた背景には、 「偏った性知識」が少なからず影響している気がします。 性はやましいもの、いやらしいもの、過剰なまでの性表現の規制、にもかかわらず簡単に手に入る環境。 こうしたものから、無意識な性嫌悪、性に興味を持つことはいけない事、という思考へ誘導された結果ではないでしょうか。 それに加えて、社会に出れば低賃金長時間労働、しかし託児所は不足のため、子供を産んで育てる余裕が持てない。 そうなると、少子化が加速し、そんな中で少ない子どもを健全に育成しようとし、更に性規制となってしまう。 これでは悪循環です。 この環境を変えるためにも、政府に性的指向に関心を持ってほしいものです。 「結婚願望はなく、子どもも産みたいとは思わない」と聞くと、「誰も愛せない冷たい人」と誤解されがちですが、友人や家族を大事にする気持ちはあるのです。 また親密で持続的な感情を他者に抱いている無性愛者で、性的関係を持たずに、体外受精を利用して子供を持つことを望んでいる人もいると言われています。 こうした人たちと接する周囲の人も、まずは理解することが重要なのではないでしょうか。 生物の大半は、子孫を残すことを目的として生きているのかもしれませんが、無性愛の人たちにとっては、別の生きる意味があるのかもしれません。 <追記> ちなみに、今大ブレーク中のジェンダーレス男子ゆうたろうくんは アセクシャルではないかと言う人もいます。 真偽は定かではありませんが、どうなんでしょうね。 コチラの記事もどうぞ!.

次の

政治的シンクレティズム

無せいあいしゃ 診断

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2008年4月) ペドフィリア(: pedophilia)とは、幼児・小児(一般に10歳以下)を対象とした性愛・性的嗜好のこと。 略して俗に ペドと呼ばれる。 類義語には 小児性愛(しょうにせいあい)・ 小児愛(しょうにあい)・ 児童性愛(じどうせいあい)がある。 の子どもへの性的嗜好は (: ephebophilia)という。 ペドフィリアの性向を持つ人を、 ペドファイルもしくは ペドフィル(: paedophile)という。 医学的疾患(性嗜好障害)を指して使われるが、一般に障害とまでは言えない小児への性的嗜好全般を指す場合もある。 (児童性虐待者についてはを参照)また小児性愛の性指向を持つ事と、小児性愛障害を抱く事は必ずしも同一では無く、小児性愛の性指向を持つだけでは要治療の対象になる訳では無い。 本記事では、一般的な概念としてのペドフィリア(小児性愛)を説明する。 現在における上の障害としての小児性愛も、DSM 及び ICD における「記述」規準において触れている。 ペドフィリア差別 [ ] 子どもに対し性的な夢想を抱く人間を小児性愛者(ペドフィリア)といい、子どもに対して性的な虐待を行う犯罪者を小児性犯罪者()という。 子どもに性的虐待を行う者はの傾向があると思われがちだが、実際はそのような性向のない者が性的虐待を行うことも多くある。 研究者でアルフレッド大学コミュニケーション学助教授のパメラ・D・シュルツ『9人の児童性虐待者』 には、実害を及ぼしている者()の7割はペドフィリアの傾向がないという調査結果が記載されている。 日本でもやによる・の関与、身近な知人などが実害に関与している割合が高い。 の調査「児童虐待の現状 」では、虐待者は実母が57. 3%と最も多く、次いで実父が29. 0%となっている。 厚生労働省「社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」の報告書でも、死亡した児童の虐待者は、~にかけて実母がつねにトップである。 また、NPO法人の調査によれば、圧倒的多数の加害者が実の父親となっている。 ペドフィリアとが混同されることで、子供に性的魅力を感じると自覚しながらも、虐待するのはいけないと分かっている多くの人たちは、普通でないことに苦悩と不安を抱え、「自分は誰にも何もひどいことはしてないのに、どうしてこんなひどい目に遭うんだろう」とを考えることもある。 ペドフィリアとして一番つらいのは、自分が「だれからも目のかたきにされる集団の一員」だと自覚することだという。 これは以前ので行為が犯罪だったこと、で同性愛者に強制的に手術を施していた例などから、差別と関連付けて述べられている。 アメリカ [ ] 特にでは、ペドフィリアは単なる性的な異常者として見られているだけではない。 実際に子供への性犯罪を犯したかどうかを問わず、その性的嗜好を持っているだけで「絶対的な悪」として見られ、極めて強い嫌悪感を向けられている。 「ペドファイル」という怪物が、無垢で純粋な子供たちを喰らうゴシック物語として社会から認識されており、絶対的な悪と絶対的な無垢しかそこでは存在しない。 戦時中の日系アメリカ人・赤狩り時代の共産主義支持者・現代のテロリスト支持者を連想させるように、実際の行動を問わず、ただ存在するだけで敵であり、それを庇うような発言をする者も敵として見なされている。 合理的な判断は無く、「ペドファイル」の嗜好・思想・存在自体が悪であり、罪として扱われている。 、性犯罪の前科がある者が引っ越してくる場合、周辺住民にその情報が知らされるがで施行された。 さらにな措置として、刑期を終えた未成年強姦者や小児猥褻犯を強制収容する施設がある。 正しくは収容所だが、ペドフィリア収容所と広く誤解されている。 、3人の心理学者がの学術雑誌『Psychological Bulletin』に、「大人との未成年者の性行為は必ずしも害にはならない。 強要・ 強制される行為とそうでないものとを分けて考える必要がある」という内容の論文を発表したことに対して、連邦議会の両院がその論文を強く非難する決議案を可決した事実がある。 この決議案では「子供は神からの授かり物」で 「その保護は親と社会の神聖なる義務である」 と述べられ、独立した調査により論文に学術的な問題はないと判断されたにもかかわらず、その内容は連邦議会によって否定・批判された。 下院での票数は賛成355票反対0票、上院では100対0であった。 教授のブライアン・キムバトラー Bryan Kim-Butler は、これがアメリカの歴史上で連邦議会が科学を否定する初めての異例の事態であり、アメリカでの子供と性についての議論が、社会的にも政治的にも合理性を失い、単なる感情論と化していることの表れであると指摘している。 はそもそも社会の一員として見られていないため、憲法上の権利も当然有さないかのごとくである。 ペドフィリアの概念 [ ] 言葉と概念の由来 [ ] 古典における paidophilia(パイドピリア=)が、キリスト教的近代において否定的意味を与えられ、精神医学の用語とされた。 成人による、児童・小児への持続する性的関心をもって特徴とする。 精神医学上の概念としては、精神病理に対し深い識見を備えていたウィーン大学教授が、著書 Psychopathia Sexualis(性的精神病理,1886年)において最初に提唱したとされる。 より派生した形として、paedophilia とも表記する。 その後、異常心理学では、「性の異常心理」として「性対象異常」の下位範疇において児童・小児を性愛の対象とする性倒錯として位置付けられた。 20世紀半ばまで、精神医学においても性倒錯として把握されたが、今日の精神医学においては、性嗜好障害とされる。 現在の精神医学での概念 [ ] 小児性愛障害 Pedophilic Disorder 分類および外部参照情報 , - - 「」も参照 現在、 APA の診断・統計マニュアルでは小児性愛障害 Pedophilic Disorder に関して以下の記述がある。 以前では小児性愛 pedophilia の診断名が使われていた。 規準A : 少なくとも6ヶ月間にわたり、思春期前の子どもまたは複数の子ども 通常10歳以下 との性行為に関する強烈な性的に興奮する空想、性的衝動、または行動が反復する。 規準B : これらの性的衝動を実行に移したことがある、またはその性的衝動や空想のために著しい苦痛、または対人関係上の困難を引き起こしている。 規準C : その人は少なくとも16歳で、基準Aに該当する子どもより少なくとも5歳は年長である。 注記 : 青年期後期の人が12-13歳の子どもと性的関係をもっている場合は含めないこと。 また、WHOの国際疾患分類改定第10版であるICD-10 では、ペドフィリアに関して以下の記述がある。 F65. 4 小児性愛 Paedophilia 小児、通常は思春期前あるいは思春期早期の年齢の小児への性的愛好で、ある者はただ少女だけに引きつけられるが、またある者は少年にだけ、またある者は両性に興味をもつ。 成人と性的に成熟した青年との接触は、とくに両者が同性の場合は社会的に承認されていないが、しかし必ずしも小児性愛と関連するものではない。 ただ1回の出来事は、特に加害者自身が青年の場合には、診断にとって必要な持続的あるいは支配的な傾向の存在を証明するものではない。 しかしながら、小児性愛者のうちには、成人の性的パートナーを愛好し続けながらも適切な接触を得るのに慢性的に挫折しているため、習慣的にその代理として小児に向かう者が含まれている。 思春期以前の自分の子供を性的にからかう者は、時に他の子供たちにも同様な近づき方をするが、いずれの場合も彼らの行動は小児性愛を示唆するものである。 (注:は「このマニュアルにはの分類を提示しているが、「精神障害」の概念に対して、正確な境界を設定するに十分な定義は与えていない」と述べている通り、DSM-IV-TRの記述を単純に厳密な定義と捉えてはならない。 診断の実際については、 や の項目を参照のこと。 診断規準の提示はあくまで参考の為で、資格のない一般人が診断を行う為ではない。 なお、日本では医学上18歳未満(17歳以下)の者を小児に含めているが、18歳未満への性的愛好のすべてが小児性愛とみられるわけではない。 日本のでは、13歳に達するのは中学校1年生~2年生、5歳年長の18歳に達するのは高等学校3年生~大学1年生。 11歳に達するのは小学校5年生~6年生、5歳年長の16歳に達するのは高等学校1年生~2年生。 16歳以上の人と年齢差が4歳の場合は規準に含まないため、12歳~13歳の人と16歳の人、13歳の人と17歳の人、また16歳未満の人と13歳以下の人の関係はペドフィリアの定義に含まない。 性的に成熟する平均年齢をめぐっては男女共に低下傾向にあり、の約18歳から、には12. 5歳にまで低下している。 性交渉を初めて経験する年齢と38個の遺伝子変異との間には関連性があり、遺伝子的な要因により「人が性交を始める年齢差の約25%を説明できる」。 総合的臨床見地によって診断が行われるのは前述の通りであるが、16 - 17歳の者への性的愛好が小児性愛とされるのはむしろまれである。 年齢・学齢早見表 児童満年齢 学年 満年齢 学年 11歳以下 小学校5年~小学校6年以下 16歳以上 高等学校1年~高等学校2年以上 12歳以下 小学校6年~中学校1年以下 17歳以上 高等学校2年~高等学校3年以上 13歳以下 中学校1年~中学校2年以下 18歳以上 高等学校3年~大学1年以上 日常語としての用法 [ ] ペドフィリア(pedophilia)は、精神医学的疾患分類とは別に、日常語として強く未成年へ惹きつけられる性的嗜好を表す言葉として用いられることがあり、特に欧米諸国では日常語としての使用頻度が比較的高い。 日本の場合、(ロリコン)とペドフィリアが混同され、日常語としての「ペドフィリア」は、ロリコンに比べて病的・犯罪的ニュアンスを伴って使用される場合が多い。 また、いわゆる的社会風俗場面においては、「少女」の中でも特に幼い「」(未就学児を含む、おおむね1歳から9歳の女児)に対する性的嗜好を「ペドフィリア」として呼び分けることがあるが、この場合「ペドフィリア」「ロリコン」共に通俗的な使用であり、恣意的な使い分けである場合が多い。 なお日本国内において、13歳未満(12歳以下)の児童に対する行為は、176条により強制わいせつ罪と定められている。 また、13歳未満(12歳以下)の児童はに達しておらず、性的合意能力が認定されていないことから、13歳未満(12歳以下)の児童との性行為には、刑法177条により強制性交等罪が適用されるなど、法的には13歳未満(12歳以下)の子供との性行為が禁止されている。 また後述のペドフィリア認知の経緯などもあって、「ペドフィリア」には者に対する蔑称のニュアンスを含む場合が多い。 小児性犯罪者 [ ] 「」も参照 子供への性的虐待の犯人は医学的診断にかかわらず一般社会から小児性愛症者であるとみなされ、そしてそういうものとして言及される。 近年の精神医学診断は疾病の原因には言及しない傾向にある。 しかし社会一般では逆に、犯罪の動機・原因に強い関心を持って語られることが多い。 社会一般では、犯罪の動機が「子供に限定された強い性的興味」にあると信じられている場合が多い。 しかしながら、ストレス、の問題、成人パートナーと接触不能など他の動機がある可能性がある。 犯人の大部分は、実際には子供に主に興味があるわけではないとの説もある。 子供への性的虐待は必ずしも(粗暴なという意味での)暴力を伴うものではなくむしろ少数とも言われる。 しかしながら、(粗暴な)暴力を伴う性的虐待の例では重篤な被害をもたらす場合が多く、それまで(粗暴な)暴力的手段を用いなかった小児性犯罪者が今後も(粗暴な)暴力的手段を用いない保証はない。 女性から男児への性的虐待も存在し、虐待者は実母、代母、母親の友人などである。 少年への性的虐待で女性が加害者である率はおよそ20%という調査結果がある。 被害者の男女比は同程度である。 また、女性の虐待加害者の66%以上は自らも性的虐待被害者であるという調査結果がある。 男性の共犯者に従うこともある。 ペドフィリア性向者の割合 [ ] 幼児・小児に対し性的興味・嗜好を持つ人の割合に関していくつかの研究や調査報告がある。 ただし、幼児・小児に対する性的興味・嗜好がただちに、小児性愛(またはその傾向)を意味するわけではない。 以下の報告は、精神医学上の小児性愛者(pedophile) ではなく、広義のペドフィリア「小児への性的嗜好」に関する調査報告である。 日本では唯一による調査が存在する。 『日本人の性行動・性意識』 では13歳未満の相手とのセックスについて、「してみたい」、「どちらかといえばしてみたい」、 「どちらかといえばしたくない」 、「したくない」 、「実際にしたことがある」、「無回答」の選択肢でアンケートを行った。 これらについて、10代-40代では「どちらかといえばしてみたい」の消極的肯定も、積極的肯定とほぼ同数かそれ以上あった。 「無回答」は30代以下では1割以下だが、年齢と共に大きく増加し、60代では半数に迫った。 「無回答」の比率は、各年代とも男女間に大きな差は見られない。 警察庁の調べでは、2005年の1月から11月までの小学生の犯罪被害件数は、強姦41件、強制猥褻1110件、公然猥褻112件である(ただし、犯罪記録は直接小児性愛者の数とは結びつかない)。 ペドフィリア(小児性愛)が異常あるいは(Mental Disorder)かどうかについては、議論の余地がある。 註:最近のでは、平均との「乖離性」よりも、その「適応性」(主体の孤立・苦悩・経済的破綻)や「価値的基準」(社会規範の遵守等)を重視する傾向がある。 そのため、小児性愛(pedophilia)を医学上正常の範疇とする考えは少数派に留まる。 この(「乖離性」より「適応性」や「価値的基準」を重視する)観点から近年「」は、性嗜好障害から除外された。 ペドフィリアの類型 [ ] 一般に報告されている事例では、男性の小児性愛者のケースが、女性のそれを明らかに圧倒的に上回っている。 また、DSM-IVは、診断における補足項目として、次のような三つのポイントについて留意し記載するよう奨めている。 小児性愛者が対象とする児童について:a)女児のみを対象とするか、b)男児のみを対象とするか、c)男女に関係なく対象として性的に誘引されるか。 対象児童との関係が、「」となるか否か。 性愛対象におけるヴァリエーション:つまり、a)もっぱら児童のみを対象として、成人や若い青年、少年・少女に性的嗜好を持たないか、b)性的嗜好対象が、児童のみではなく、広がりを持つか。 小児性愛の類型は明らかに存在すると思われている。 しかし現在、その素因や他の性嗜好との相関等について、実証的に確認できるものはないに等しく、定まった説はない。 ペドフィリアになる原因 [ ] 現在までの間で、ペドフィリアになる(ペドフィリアに至る)原因については諸説ある。 一説には脳内のセロトニンの異常によるという [ ]。 また一説には児童期の虐待などが原因とされる [ ]。 自身が児童であった時のイメージを、そのまま対象の児童に投影してしまうためという説 [ ]、他に、成人との性的接触に挫折した代償(前述ICD)であるという説 [ ]。 幼少期にふさわしくない性的刺激を体験した者(親の性交を見る等)は児童性愛者になりやすいと唱える者 [ ]もいる。 また近年の研究では、チャイルドマレスターを含む性犯罪者の中には一部脳の欠損や機能障害(遺伝的なものを含む)が認められる場合が報告され、原因のひとつと考えられる [ ]。 司法心理学コンサルタントのデレク・パーキンス教授は、「小児性愛は精神障害と認定されている。 本人の意志で選ぶものではない。 や注意欠陥多動性障害 の人と同じこと」「小児性愛を行動に移さずにやっていける人も多い」としている。 また、の臨床心理学者であるジェームズ・カンター博士は、脳内の「混線」が原因だとし、妊娠初期の段階で胎児の脳がどのように形成されるかが鍵だと主張している。 ペドフィリアと宗教 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2018年9月) かつては、すべての伝統的なの社会において、オスの生殖上の利益を最大にするため 、妊娠・出産が可能になる下限までのメスを性の対象とし強要した。 そのため [ ]10歳前後の少女との結婚・セックスもまかり通り、ペドフィリアの一部は、社会的に存在を容認さられる事態となった。 かつて伝統的社会の規範であった宗教において、ペドフィリアに対する「寛容性」が見られていたが、現代では低年齢での妊娠・出産には多くの身体的危険が伴うことも明白となり、 多くの宗教・宗派はペドフィリア的性向を人権侵害につながるとして認めていない。 [ ] ユダヤ教 [ ] のによると、少女は3歳と1日を経れば結婚をすることができた。 の『』44bと『』55bによると、父親が許可した場合は、3歳と1日の少女は相手と性交することによって婚約が遂行される。 また、『』によると、星辰崇拝者の少女は3歳と1日で性行為をすることができるという。 3歳以下の少女の処女膜は何度破られても再生すると考えられていたため、3歳以下の少女と性行為をした成人男性は、木片で自ら処女膜を傷つけた女性と同じ200ヅヅの結婚契約額に値すると『』は記述している。 ミシュナーでは「乳首が縮む」という言葉を「乳房が出る」という意味で用いており 、12歳半と1日以後の少女は「乳首が縮む」時期と考えられ、そのような少女はボゲレトと呼ばれた。 12歳と1日から12歳半と1日までの少女は陰毛が2本生えるとされ、そのような少女はナアラーと呼ばれる。 12歳半と1日以下の少女はクタンナーという。 結婚相手としての女性はこの3つの年齢帯に区分され、それぞれの区分に応じて結婚の際に結ぶ契約の内容が変化した。 キリスト教 [ ] イスラーム [ ]• 犯罪からの子供の安全 子供を守る防犯ボランティア スキルアップ教材. 高橋猛、松井順子、佐藤一美、西江真由美、石原一彦らプロジェクトメンバー. 2019年2月23日閲覧。 高橋猛、松井順子、佐藤一美、西江真由美、石原一彦らプロジェクトメンバー. 2019年2月26日閲覧。 厚生労働省. 2019年3月20日閲覧。 社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会 第14次報告より. こども虐待防止オレンジリボン運動. 2019年3月20日閲覧。 厚生労働省 2018年10月. 2019年3月20日閲覧。 治部れんげ 2015年9月9日. 東洋経済オンライン. 東洋経済新聞社. 2019年2月23日閲覧。 治部れんげ 2015年7月8日. 東洋経済オンライン. 東洋経済新聞社. 2019年2月23日閲覧。 BBCニュース. 英国放送協会 BBC 2017年10月31日. 2019年2月23日閲覧。 BBC News. 英国放送協会 BBC. 2019年2月23日閲覧。 2019年2月23日閲覧。 リアルライブ. 2019年2月23日閲覧。 2019年4月3日閲覧。 BBC 2019年4月17日. 2019年2月26日閲覧。 好きになった 2010年9月3日. 2019年2月26日閲覧。 American Psychiatric Association :DSM-IV-TR [Text-Revised] :Diagnostic criteria for 302. 2 Pedophilia. - Newly translated into Japanese by a present writer of the Wikipedia Japan. International Classification of Disease, 10th revision• World Health Organization 1992 The ICD-10, F65. 4 Paedophilia• :編『「若者の性」白書 青少年の性行動全国調査報告 第7回』(、2013年8月)• Fergusson,D. 1999. Childhood sexual abuse: An evidence based perspective. Sage Publishing,Inc. Saradjian, J. 2001 "The Extent of the Problem" article distributed at lecture in Linkoping. Saradjian, J. 1996 Women who Sexually Abuse Children. Chichester. 2002年:• 1995• Archives of Sexual Behavior Vol. 31, No. 6 2002年• 相手のオスにとって、平均的な性的快楽の面で利益が最大となる10代後半から20代前半ではなく、初潮が来る下限年齢の10代前半から中盤にメスの結婚・セックスのピークが来ていたことから、かつての結婚・セックスではオスの生殖上の利益が、オスのセックスの快楽の利益より平均して上位に位置づけられていたとされる。 [ ]• 『タルムード トホロートの巻 ニッダー篇』訳、、2007年、184頁。 2019年12月18日閲覧。 『タルムード ネズィキーンの巻 アヴォダー・ザラー篇』宇佐美公史訳、、2006年、157頁。 , p. , p. 114. , p. 参考文献 [ ]• 『タルムード ナシームの巻 ケトゥボート篇』訳、、1994年。 関連項目 [ ]• (チャイルドポルノ)-•

次の

アセクシャル(無性愛者)とは?その原因と診断法

無せいあいしゃ 診断

記事の目次• アセクシャルとは何か アセクシュアルとは、恋愛感情が全くなく、性的な欲求もない人のことです。 見た目はごく普通の人であり、女性にも男性にもいます。 性格も、優しい人も多く存在しています。 恋愛することが一切ない人 アセクシャルは、全く恋愛をしない人のことを言います。 日本では、「無性愛者」と呼ばれることもあります。 ある調査によると、世界のおよそ1~2パーセント程度の方が、このアセクシャルであるとも言われています。 誰かを恋愛対象としてみることができないのはもちろん、性的な関係を求めることもありません。 もちろん、見た目はご普通の方と同じなので、全くそれが分かりません。 容姿を見ても、普通の方もいますし普通よりもかなり上の方もいます。 また、若い方に増えていると聞くこともあります。 恋愛対象として誰かを見ることが難しいと言うと、なんだか冷たい人のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 恋愛感情や性的欲求がないだけで、後は一般的な人と同じです。 思いやりがある人、優しい人もたくさんいます。 アセクシュアルの診断セルフチェック10項目 恋愛に興味がないと思っている人の中には、単にまだ理想の人に出会ってないだけの人もいます。 また、恋愛よりももっと興味がある事があるため、そちらに注目しているだけの人もいます。 ここでは、アセクシュアルの診断セルフチェックについて紹介します。 異性に対する恋愛感情が湧かない 好きなものや好きだなと人はたくさん想像できるかと思いますが、恋愛感情だけは別物です。 心の中は、いつもその人で埋め尽くされてしまいます。 アセクシュアルの場合、誰かを思い胸がキュッとなるようなことがありません。 誰かと特別な関係になりたい、誰かの特別な人になりたいなどの欲求もなし。 誰かを思い、会いたくて会いたくて辛く感じるようなこともありません。 異性に憧れることもありません。 友人の恋愛話に興味がない ある程度の年齢になると、いわゆる「コイバナ」に花を咲かせることが多いものですが、そういった内容の話に全く興味がありません。 コイバナで盛り上がっている友達を目のまえにして、何がそんなに楽しいのか全く理解できません。 好きな人から好きになってもらうために、メイクやヘアスタイルを工夫して綺麗だと思ってほしいなどの気持ちも理解できません。 どうしてそんなに、恋愛の憧れるのか理解することも難しく感じます。 他人に対して性的な興味が芽生えない 魅力的な人を目に前にした時に、キスやハグ、セックスなどをしたいと思ったことが全くありません。 また、好きな人と、肉体関係を結びたいとも思いません。 しかしながら、性的な欲求がなくても、一つの貴重な体験として自分で実際に経験してみたいといった興味を持つ人はいます。 恋愛ドラマや映画に共感できない ロマンチックな場面や、甘く切ないストーリーに涙している仲間を横目に、なぜそんなに感動しているのか全く分かりません。 何が面白いのかさっぱり分からない。 好きな人のために、自分を犠牲して助けたいとか、好きな人の幸せのために、自分が身を引くといった行動のどこに感動するのかさっぱり理解できません。 恋愛ドラマやや映画よりも、他のジャンルのドラマや映画の方が楽しいと思います。 恋愛感情を説明されても理解できない 恋愛感情を上手く説明するのは、誰が話すとしてもなかなか難しいことです。 これは、実際に自分が経験して初めて分かるようになるものです。 しかし、なんとなくならイメージすることができるもの。 ところが、誰かに恋愛感情についての説明をされても、全く理解できません。 四六時中、頭の中に好きな人が存在し、その人をいつも意識してしまうといったことも分からない。 好きな人が他の人と仲良くしているところを見ると、悲しくなったり嫉妬したりするといったことも理解することができません。 LGBTの恋愛観にも違和感がある 恋愛の形は様々です、最近は、LGBTの方が自身のそれについて告白することも多くなってきたように感じます。 アセクシュアルの場合、こういった恋愛観についても違和感があります。 過去に性的なトラウマはない かつて、性的なことで嫌なことを体験したことがある人は、恋愛に対して否定的になったり距離を置きたがったりすることがあります。 また、異性に対して怖いと感じる場合もあります。 しかし、生まれてからこれまで、そういったトラウマになるような経験がありません。 異性に対する恐怖も感じません。 それでも、特別恋愛に憧れるようなことがありません。 恋人がいなくてもつらく感じることはない 恋人がいなくても、全くつらいと感じることがありません。 また、寂しいとか誰でも良いから恋人がほしいといった焦りも感じません。 家族への愛情は理解できる 恋愛感情が今一つ分からなくても、家族への愛情を理解することができます。 自分にとって家族の存在が特別なものであり、大切なものであることをよく理解しています。 恋愛恐怖症と聞かれて違和感があった 恋愛に興味がない人や、恋愛したいと思わない人がいる場合、恋愛に対して嫌な思い出があったり不愉快な経験があったりするのではないかとおもわれることもあります。 その為、中には恋愛恐怖症なのかと聞いてくるような人がいます。 恋愛恐怖症とは、恋愛に興味がないわけではなく、何かしらの理由があって恋愛することに恐怖を感じている状態です。 しかし、質問されても恋愛が怖いと思っているわけではありませんので、答えはノーになります。 恋愛が、怖いとも嬉しい楽しいとも思わないのです。 アセクシャルが快適に過ごす方法 信頼できる相手なら性的マイノリティへの理解を促す 本当は色々なタイプや価値観があって良いはずなのに、どうしても多数決で多い方が常識とされやすい傾向があります。 アセクシャルは、わずか2パーセント程度しかいない為、人に理解されるのがなかなか難しいようです。 しかしながら、最近は様々な性的マイノリティがあることを多くの人が知り始めているので、必ず理解してくれる人がいるはずです。 あなたに、もし心から信頼できるような人がいるのであれば、打ち明けてみても良いかもしれません。 相談が難しい相手なら恋愛話は適当に受け流す 中には、自分の意見や価値観以外の全てを受け入れたり、ありのまま受け入れたりすることができない人もいます。 そして、上からご指導してくることもあります。 相手がこういったタイプであることを知っているのであれば、無理して告白する必要はありません。 話が面倒くさくなるだけだからです。 性的マイノリティについての相談が難しい相手なら、恋愛話は適当に受け流すのが一番です。 肯定も否定もしないで、「そうなんですね」と言って、さらりと流してしまいましょう。 まとめ アセクシュアルは、およそ2パーセントいると言われています。 性的マイノリティについて理解できる人ばかりではありませんので、相手を見てから告白したり相談したりするようにするのがオススメです。 アセクシュアルの特徴は、恋愛感情が理解できなかったり、全く興味がなかったりすること。 性的な欲求もありません。 過去に、恋愛野性的なことで不快なことがあったわけではないのに、恋愛に興味がないのです。 もちろん、恋愛恐怖症でもありません。

次の