マスター マム 当たり。 【MHWアイスボーン】マスターマムタロトのおすすめ対策装備【モンハンワールド】|ゲームエイト

【アイスボーン】覚醒武器のおすすめ当たりと性能一覧【モンハンワールド(MHW)】

マスター マム 当たり

装備 貫通ヘビィを担いでいきました。 ライト雷氷や近接も試してみたのですが、私はヘビィが一番楽でした。 全ての攻撃がガード出来たうえ、HPが全く削られませんでした。 ガードはたまに裏を取られたので少し注意が必要かなと思います。 見切り7…必須• ガード性能5…必須• 体力増強3…必須• 装填拡張3…必須• 超会心3…火力盛り• 精霊の加護3…おまけ• 貫通弾強化2…必須• 弱点特効1…おまけ• 心眼1…必須• ガード強化1…必須• 弾丸節約1…必須 特に対策もしていない会心率が素で88%、弱点98%の貫通ヘビィです。 ボウガンカスタムは近距離付けていますけど、結構遠くなることが多かったので遠距離やスコープをつけたほうがよさそうに感じました。 一応初めはライトで対策していたんですけど、やっているうちにヘビィの方がしっくりきたんで最後の方の周回はずっとヘビィ担いでいました。 そんなに強くなかったのですが、以下、ちょっとした立ち回りを述べようかと思います。 立ち回り 前提として角と尻尾は部位破壊報酬に響いた感じがしたので、角と尻尾はなるべく破壊しておきたいです。 結構固めですがなんとかなります。 特に角はなるべく破壊したいので常に傷つけておきたいところです。 第一フェーズ 開幕装衣を着て胸を傷つけてぶっ飛ばします。 装衣着ないとブレスしてくるので大ダメージを負いました。 2回ほど連続でぶっ飛ばせるので誰かぶっ飛ばしたのを見たらすぐ張り付いてぶっ飛ばしたら効率がいいです。 2回ぶっ飛ばした後はさすがにオコになるので角と尻尾を大まかに狙いつつ脳死で攻撃。 角の破片みたいなよく分からない物が落ち、剥ぎ取りが出来ます。 第二フェーズ 移動後、またぶっ飛ばし。 ここは連続で入りませんでした。 ぶっ飛ばしの後オコになるので、落石ポイントに誘導して落石。 角を中心に攻撃します。 早いPTだとここでもう角が完全に折れます。 この段階で角が折れると討伐後の落とし物やら剥ぎ取り時間に余裕ができるので非常に楽でした。 第三フェーズ 移動後、また即ぶっ飛ばし。 するとマムさんが力を解放するので睡眠を入れて爆弾+壁ドン。 その後は麻痺やら乗りやら状態異常をお好きにどうぞといった流れ。 PTの空気を読んで、麻痺、乗り、睡眠あたりを被らないように入れたらいいと思います。 また、マムさんが覚醒するまでは状態異常はとっておいたほうがよさそうです。 後は死なないように立ち回って角を折ったり尻尾破壊したりすればいいかと思います。 討伐後は角、落とし物、マム本体と明らかに剥ぎ取り時間が足りないので速攻で剥ぎ取る必要性がありました。 かといって、戦闘中に落とし物拾ったり角を剥ぎ取ると死ぬ可能性が結構あるので、こういうところの調整に関してカプコンさんどうなんって甚だ疑問に思います。 落とし物も各フェーズで結構消えますし、相変わらず痒い仕様です。 マスターマムの感想 あまり強くはないのですが、タゲがしつこい感じがしますし、野良でやった感じ結構事故りやすいです。 余裕があればネコの生命保険や報酬金保険を食べておいてもいいかもしれません。 武器に関してはまだどれほどのものになるのか分かりませんが、とりあえず防具で玉が4つ必要だったので4つ集め終えた今、次のアプデが来るまでモンハンは放置しておこうと思います。

次の

【MHW:I】マスターマム武器の初見評価・ガンナー編|のげ|note

マスター マム 当たり

前回の記事の続きです。 今回はガンナー編です。 ・弓 今回大きな影響を受けた武器その3。 皇金武器の場合、覚醒能力を属性に全振りした赤龍武器に若干劣る性能ですが、パーツ強化でその差は埋まります。 そしてなんといってもデフォルトで会心撃【属性】を持つ(そしてちょっと会心率が高い)事が大きく、武器スロットがない(少ない)ことを補って余りあるスキル自由度をもたらしています。 ただでさえスキル枠が足りない弓においてこれは革新的であり、弓使いなら全属性集めて装備更新を目指したいところ。 特に皇金の弓・風漂は属性値が高く、今回の当たり枠といえるでしょう。 また、麻痺ビンが水・飛雷(飛雷は強化付き)、睡眠ビンが屍套・風漂にそれぞれ対応している点も嬉しいポイントです。 なお、皇金の弓・水は強撃ビン非対応なので少し注意。 それでも強いが。 ガイラ武器に関しては属性解放がスキル事情的に厳しいのもあり、あまり気にしなくて良いでしょう。 ・ライトボウガン 結論から言うと、 ボウガンの仕様に精通している人以外は無視して大丈夫です。 いりません。 強いと聞いたから・YouTubeで見たから・人にテンプレを勧められて…という形でライトボウガンを使っている人には必要な武器は存在しません。 以上です。 つまり 攻撃力が対して伸びない上に装填数も一切変化なしという状態なので、赤龍武器にはもちろん生産武器にすら負けかねない性能です。 期待されていた属性速射も、皇金武器なら会心撃【属性】はあるものの攻撃力と装填数の両方で赤龍武器に大きく劣るため、出番はありません。 ライトボウガンでの会心撃【属性】の倍率が唯一他武器種より控えめなのもあり、実用は厳しいでしょう(おそらく弾一発分の威力は皇金武器での速射のほうが強くなるが、装填数が違いすぎてDPSで劣るはずです)。 一応、運用に値するものとして、皇金の弩・雷による氷結弾単発運用があります。 運用方法としてはバル=ジャナールによる火炎弾単発運用と同じであり、弾持ちを無視すれば赤龍武器で氷結弾を速射するよりも強力になります。 極めたい人はがんばってください。 また、アイスボーンではごく一部での需要ですが、ガイラブリッツ・援撃によるlv2通常弾速射はとりあえず復活しています。 攻撃力は325(基礎攻撃力で250)なので、マスターランク武器としては平均かちょっと下程度ですが、反動小リロード速い装填数6発(装填拡張で8発)のlv2通常弾速射は健在です。 マスターランク武器では唯一の性能であり、今まで泣きながら防衛隊武器を使っていた人は今度は喜びの涙を流していると思います。 赤龍ノ狙ウ弩・龍のほうが攻撃力がずっと高く強いのでは?と考える方もいるかも知れませんが、実は上位武器の防衛隊武器にすらDPSで迫られていた(というか下手すると負ける)ことを考えると、反動小リロード速いの価値は極めて重いです。 ・ヘビィボウガン ライトボウガン同様、 ボウガンの仕様に詳しくなければ無理に作る必要はありません。 強化幅がライトボウガンと同様(カスタマイズパーツは2つ追加されますが)であり、物理弾の運用においてはもはや生産未満で絶望的です。 ワールドで活躍したガイラアサルト・賊や援撃ももはやゴミです。 忘れましょう。 そんなヘビィボウガンですが、実は皇金武器に関しては属性ヘビィとしての運用なら既存武器よりも強力です。 会心撃【属性】の倍率がヘビィボウガンは高いため(ライトボウガンだと1. 25倍、ヘビィボウガンだと1. 5倍)、デフォルトで発動しているおかげでムフェト一式+会心撃【属性】という運用が可能となり、火力が上昇しています。 飛雷・蛮顎も氷には若干劣るもののそれぞれ電撃弾、火炎弾を運用するなら検討する必要があるでしょう。 ただし、皇金の砲筒・水に関してはライトボウガンでの水冷弾速射という大きな壁が存在するためやや厳しいでしょうか。 いかがでしたか?(まとめブログ風) とりあえず弓は全属性揃えたい、ボウガンは基本無視で構わない、と思っていただければあまり間違いないです。

次の

【MHW:アイスボーン】マスターマムを攻略(装備や立ち回り)

マスター マム 当たり

前回の記事の続きです。 今回はガンナー編です。 ・弓 今回大きな影響を受けた武器その3。 皇金武器の場合、覚醒能力を属性に全振りした赤龍武器に若干劣る性能ですが、パーツ強化でその差は埋まります。 そしてなんといってもデフォルトで会心撃【属性】を持つ(そしてちょっと会心率が高い)事が大きく、武器スロットがない(少ない)ことを補って余りあるスキル自由度をもたらしています。 ただでさえスキル枠が足りない弓においてこれは革新的であり、弓使いなら全属性集めて装備更新を目指したいところ。 特に皇金の弓・風漂は属性値が高く、今回の当たり枠といえるでしょう。 また、麻痺ビンが水・飛雷(飛雷は強化付き)、睡眠ビンが屍套・風漂にそれぞれ対応している点も嬉しいポイントです。 なお、皇金の弓・水は強撃ビン非対応なので少し注意。 それでも強いが。 ガイラ武器に関しては属性解放がスキル事情的に厳しいのもあり、あまり気にしなくて良いでしょう。 ・ライトボウガン 結論から言うと、 ボウガンの仕様に精通している人以外は無視して大丈夫です。 いりません。 強いと聞いたから・YouTubeで見たから・人にテンプレを勧められて…という形でライトボウガンを使っている人には必要な武器は存在しません。 以上です。 つまり 攻撃力が対して伸びない上に装填数も一切変化なしという状態なので、赤龍武器にはもちろん生産武器にすら負けかねない性能です。 期待されていた属性速射も、皇金武器なら会心撃【属性】はあるものの攻撃力と装填数の両方で赤龍武器に大きく劣るため、出番はありません。 ライトボウガンでの会心撃【属性】の倍率が唯一他武器種より控えめなのもあり、実用は厳しいでしょう(おそらく弾一発分の威力は皇金武器での速射のほうが強くなるが、装填数が違いすぎてDPSで劣るはずです)。 一応、運用に値するものとして、皇金の弩・雷による氷結弾単発運用があります。 運用方法としてはバル=ジャナールによる火炎弾単発運用と同じであり、弾持ちを無視すれば赤龍武器で氷結弾を速射するよりも強力になります。 極めたい人はがんばってください。 また、アイスボーンではごく一部での需要ですが、ガイラブリッツ・援撃によるlv2通常弾速射はとりあえず復活しています。 攻撃力は325(基礎攻撃力で250)なので、マスターランク武器としては平均かちょっと下程度ですが、反動小リロード速い装填数6発(装填拡張で8発)のlv2通常弾速射は健在です。 マスターランク武器では唯一の性能であり、今まで泣きながら防衛隊武器を使っていた人は今度は喜びの涙を流していると思います。 赤龍ノ狙ウ弩・龍のほうが攻撃力がずっと高く強いのでは?と考える方もいるかも知れませんが、実は上位武器の防衛隊武器にすらDPSで迫られていた(というか下手すると負ける)ことを考えると、反動小リロード速いの価値は極めて重いです。 ・ヘビィボウガン ライトボウガン同様、 ボウガンの仕様に詳しくなければ無理に作る必要はありません。 強化幅がライトボウガンと同様(カスタマイズパーツは2つ追加されますが)であり、物理弾の運用においてはもはや生産未満で絶望的です。 ワールドで活躍したガイラアサルト・賊や援撃ももはやゴミです。 忘れましょう。 そんなヘビィボウガンですが、実は皇金武器に関しては属性ヘビィとしての運用なら既存武器よりも強力です。 会心撃【属性】の倍率がヘビィボウガンは高いため(ライトボウガンだと1. 25倍、ヘビィボウガンだと1. 5倍)、デフォルトで発動しているおかげでムフェト一式+会心撃【属性】という運用が可能となり、火力が上昇しています。 飛雷・蛮顎も氷には若干劣るもののそれぞれ電撃弾、火炎弾を運用するなら検討する必要があるでしょう。 ただし、皇金の砲筒・水に関してはライトボウガンでの水冷弾速射という大きな壁が存在するためやや厳しいでしょうか。 いかがでしたか?(まとめブログ風) とりあえず弓は全属性揃えたい、ボウガンは基本無視で構わない、と思っていただければあまり間違いないです。

次の