新生児 体温。 赤ちゃんの体温計は必要?ママも測りやすい人気のおすすめ13選|Milly ミリー

新生児の低体温(2)

新生児 体温

出典元:• 秋山こどもクリニック「子どもの微熱」秋山こどもクリニック()• せき内科小児科クリニック「子供の平熱って変わるものなの?」せき内科小児クリニック() 新生児や乳児の平熱の測り方 熱を測る時は、わきの下で問題ありません。 肛門で測る方法もありますが、脇で測るより約0. 5~1. 0度高く表示されます。 その他、首で測ることもできますよ。 1番正確に体温を表示してくれるのは水銀体温計ですが、5分間の検温が必要になります。 しかし、乳幼児だと5分じっとするのはなかなか難しいですよね。 電子体温計だと1分もかからず検温してくれますが、水銀体温計よりも少し低く もしくは高く 表示されることがあり、正確さは劣ります。 関連記事: 新生児期に熱が出てしまった場合、赤ちゃんの身体では何が起こっているので… 乳幼児期に合った体温計の選び方とおすすめの体温計 新生児や乳児に合った体温計はどのように選べばいいのでしょうか?選び方とおすすめの商品をご紹介します。 乳幼児期に合った体温計の選び方 新生児や乳児に合った体温計は、いくつか種類があります。 大人用だと計測が完了するまでに時間がかかってしまう場合もあるので、赤ちゃん用を使ってみてください。 赤ちゃんに合ったサイズが小さいもの• 短時間で測定できるもの• 検温部分が柔らかくなっているもの• 温度の表示が見やすいもの 私は上記の基準で選びました。 脇に挟むタイプだけでなく、耳に当てたり、おでこに当てて測るものもあります。 ママが使いやすいものを選んでくださいね。 保育園に預ける場合など、毎日検温するようになった場合でも「これなら毎日できる」と思えるものが良いと思いますよ。 片手で持ちやすく、ママの手にフィットしたデザインになっているのが嬉しいですね。 測定終了を光と優しい音でお知らせするので、寝ている赤ちゃんにも気兼ねなく使用できます。 一度使うと他の体温計がとても長く感じてしまいます。 1ヶ月の乳児に使っていますが、泣くこともなくスムーズにできます。 出典: 一歳になった子どものために購入。 0歳の時は大人用体温計で90秒抱っこで我慢させられていたのですが、さすがに一歳になると暴れ方も激しくなり、熱が出ても元気なので、大人用体温計を諦めて購入を決意。 ピッと起動しておでこにピッとつけるだけで、簡単に測れました!親も子もストレスなく測れます。 出典: お子さんもママもストレスを感じずに測定できるのがいいですね。 おでこで測れるので服を脱がしたりといった手間がないのもママとしては使い勝手がいいでしょう。 検温時間が選べる!耳式体温計 脇で測定するタイプの体温計です。 計測時間も30秒と短めなのでささっと測れます。 またライトが付いているので、就寝中の暗闇の中でも測定しやすいのが嬉しいですね。 生後三か月まで、私の婦人用体温計で子供の体温を測っていましたが、やはり赤ちゃん専用のを用意しようと思い、こちらを注文。 脇に挟みやすい形で、計測時間も早いので使いやすいです。 出典: 耳で計る体温計と間違えて購入してしまいましたが、子供の脇で試して計ってみると、意外と使いやすかったので、逆によい買い物になりました! それまでは大人用の体温計で首に挟んで計っていたので 出典: 検温部分が新生児や乳児の脇のサイズに合わせてあるので、ママとしても使いやすいでしょう。 ライトが付いているのも、育児の様子をしっかり把握しているピジョンならではの工夫ですね。 出典元一覧• すずき小児科「子供の発熱」すずぎ小児科()• テルモ「乳幼児の体温の特徴」TERUMO()• 秋山こどもクリニック「子どもの微熱」秋山こどもクリニック()• せき内科小児科クリニック「子供の平熱って変わるものなの?」せき内科小児クリニック()• はっとりこどもクリニック「熱の測り方」はっとりこどもクリニック()• 小児科・内科桑原病院「こどもの健康と救急」小児科・内科桑原病院()• すずき小児科「子供の発熱」すずき小児科()• テルモ「知っておきたい体温の話」テルモ体温研究所() 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

新生児・赤ちゃんの平熱は月齢で変わる?体温が高いと言えるのは何度から?

新生児 体温

赤ちゃんの体温計についてアンケートを取りました! 赤ちゃん体温計は必要ですか? 約60%のママが、赤ちゃんの体温計は必要と答えました。 「いいえ」と答えたママたちに多かったのが、「家族共有の体温計で十分」という意見。 すでに体温計を持っている家庭の場合、赤ちゃん用の体温計を新たに購入するという必要性を感じないのかもしれませんね。 使って良かった赤ちゃん体温計のタイプは? 一番評価が高かった体温計のタイプは、オーソドックスな「わきに挟むタイプ」。 昔から使用しているタイプなので、使いやすいのかもしれませんね。 二番目に評価が高かったのは「耳で測るタイプ」、三番目は「おでこで測るタイプ」でした。 どちらの体温計も比較的新しいタイプなので、持っていない人も多いのではないでしょうか。 「非接触式タイプ」の体温計はとても便利ですが、他のタイプの体温計と比べると少し値段が張るということもあり、使用している人が少なめのようです。 赤ちゃん専用体温計の必要性は? 大人の場合、熱っぽいときや体がだるいときなどに検温しますよね。 赤ちゃんの場合、体温が変化しやすいので、ほとんどの産院は赤ちゃんの体温を1日3回程度検温します。 ママにも、赤ちゃんの体温を1日に2回程度検温するよう指示するところが多いようです。 また、赤ちゃんの平熱を調べておくのも重要なポイント。 大人の体温に個人差があるように、赤ちゃんの体温にも個人差があるので、自分の赤ちゃんの平熱を知っておくというのも大切です。 これらの理由から、赤ちゃん専用の体温計を持っているママが多いよう。 ママたちの中には、自宅用と持ち歩き用など複数持ちをしている人もいるようです。 赤ちゃんの体温計の特徴は? 赤ちゃんの体温計は、一般的なタイプと比べると検温時間が短い、ママが持ちやすい形状、赤ちゃんが嫌がりにくい柔らかい素材などの特徴があります。 一般的な体温計は検温が完了するまでに1分以上かかるものが大半ですが、赤ちゃん向けの体温計は30秒以内に検温が完了するものが多くなっています。 形状・素材も使いやすさ、肌当たりにこだわっているため、ママも赤ちゃんも使用感がいいようですよ。 一般的な体温計を兼用してもいいですが、刺激に敏感な赤ちゃんのために専用の体温計を購入するのもおすすめです。 赤ちゃんの体温計の種類が知りたい! 赤ちゃんの体温計は、大きく分けて4種類あります。 それぞれの特徴をチェックしてみましょう。 わきに挟むタイプ わきの下で検温する体温計です。 昔からあるタイプの体温計なので、ママも使いやすいのではないでしょうか。 大人用タイプや赤ちゃん専用のタイプなど種類も豊富で、価格もさまざま。 市販でも気軽に購入できます。 おでこで測るタイプ おでこの正面やこめかみなどで検温する体温計です。 最短1秒で検温できるものもあります。 軽量タイプが多いので、持ち運びにも便利です。 耳で測るタイプ 耳の鼓膜周辺の温度を測る体温計です。 赤ちゃんを寝かせたままササっと検温することができるので、ママも使いやすいでしょう。 非接触式タイプ 赤ちゃんの体に機械を当てることなく、表面温度で検温する体温計です。 おでこやこめかみで検温します。 体に接触しないので皮膚からの感染症を予防することが可能。 寝ている赤ちゃんに触れて起こしてしまう心配もありません。 簡易的な検温に向いています。 赤ちゃんの体温計の選び方 赤ちゃんの体温計は「電子体温計」と「赤外線体温計」にも分けることができます。 その選び方もご紹介しますね。 電子体温計 電子体温計は、わきに挟むタイプの体温計です。 体温計の先端にあるセンサーで体温を計測し、デジタルで表示します。 さらに、細かく分けると「実測式体温計」と「予測式体温計」に分かれます。 短時間でスピード検温できるのは予測式体温計の方なので、じっとしているのが苦手な赤ちゃんにおすすめです。 赤外線式体温計 赤外線式体温計は、皮膚表面の赤外線熱量をセンサーで検温するもの。 おでこや耳で測るタイプ、非接触式タイプがこれに分類されます。 わずか1~2秒適度で検温できるのが魅力ですが、測定値に誤差が生じる場合があるので、計測のコツを覚える必要があります。 赤ちゃん用の体温計を使う時の注意点は? 赤ちゃん用の体温計には、タイプによって使う時の注意点があります。 赤ちゃんにおすすめの体温計をタイプ別に厳選! 赤ちゃんにも使いやすい体温計をタイプ別に厳選してご紹介します。 わきに挟むタイプ オムロン 電子体温計 けんおんくん わき専用 オムロン 参考価格:¥6,200 『オムロン』のわき専用体温計です。 検温時間は約15秒と短めなので、動き回るのが大好きな赤ちゃんやキッズも素早く検温することができるでしょう。 わきに挟む柄の部分は、ソフトなゴム素材を使用。 肌に優しく当たるので、痛くなりにくいです。 また、暗い場所での検温に便利なバックライト機能付き!夜間の急な検温に役立ちます。 持ちやすさにもこだわって作られています。 また、こちらの体温計はスピード検温も実測検温もできるタイプです。 検温開始から10分程度わきに挟み続けると、再び電子音が鳴り実測検温が完了するので、医療機関でも多く採用されているようですよ。 電子音で告知。 約4分30秒後実測表示に自動切替。 5g 材質:ABS アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン 樹脂 タニタ 電子体温計 BT-471-WH ホワイト 測定器のメーカーとして有名な『タニタ』の体温計です。 大きなディスプレイで、見やすいのでとても便利!赤ちゃんだけでなく、年配の人にもピッタリです。 また、こちらの体温計は、測定部を直接水洗いできるのも嬉しいポイント!衛生的に使い続けることができるでしょう。 先端に向かって滑らかに細くなるので、赤ちゃんのわきに挟みやすいでしょう。 また、こちらの体温計は抗菌樹脂素材を使用。 ケース付きなので、雑菌やほこりをブロックすることが可能です。 起動時に、前回測った体温が表示されるのも魅力。 9g 測定方法:予測検温 検温時間:約30秒 オムロン 電子体温計 【15秒予測検温】 オムロン OMRON 『オムロン』のシンプルな体温計です。 約15秒で予測検温できるので、じっとしているのが苦手な赤ちゃんにピッタリ。 検温終了時は、電子音だけでなく光でもお知らせ。 音を聴き逃しても目で見て判断できるので、とても便利です。 8 mm 内容量:14g おでこで測るタイプ エーアンドデイ おでこで測る体温計 「でこピッと」 エー・アンド・デイ 室内温度表示、温度計モード、体温計モード付きの便利な体温計です。 おでこの表面温度を赤外線で計測して、舌下温を表示します。 こちらの体温計は画面が大きめなのも嬉しいポイントですね。 ボタンも大きめで押しやすいので、ママも使いやすいです。 最短1秒で検温終了!活発な赤ちゃんの体温も瞬時に検温できるでしょう。 適度な大きさで手にすっぽりと収まるので、持ちやすい!どんな耳にもフィットするので、家族全員で兼用することができます。 こちらの体温計は、測定や操作をしない状態が10秒以上続くと、オートで電源が切れるので省エネも叶いますよ。 また、過去20回分の測定記録もチェックできるので、育児ノートをつけるときにも便利です。 耳だけでなく、おでこでも検温することができます。 全体的にフォルムが丸いのもかわいくていいですね。 使い心地や持ちやすさもいいので、長く活用できるでしょう。 体温計としての機能だけでなく、物体表面温度を測る機能付き。 赤ちゃんのミルクや離乳食などの温度を測るときにも便利です。 また、こちらの体温計は握りやすく、こめかみで測りやすい形状。 5度以上発熱している場合は、アラームを連続して通知してくれます。 画面表示だけでなく、音でも確認できるのが嬉しいポイントです。 使用電池:単4形アルカリ乾電池2個 梱包サイズ:約17. 8 x 6. 8 x 5. 2 cm 梱包重量:18. 1g AngeSmile(アンジュスマイル) 非接触赤外線デジタル温度計 AngeSmile(アンジュスマイル) 『AngeSmile(アンジュスマイル)』の体温計は、ピッとスイッチを押して1秒で測定できる非接触体温計。 画面表示はバックライト機能を搭載しているので、暗い場所でも体温確認が簡単にできるでしょう。 さらに、過去20回分の測定をメモリーとして残すことができるので、記録にも便利です。 距離センサーが付いているので、ジャストな位置で検温できます。 こちらの体温計は、サイレントモードが付いているのがおすすめポイント。 寝ている赤ちゃんを音で起こさず検温できます。 プロジェクション型の体温計で、温度を体に映すという最新機能が搭載されています。 さらにわき下、直腸、口内のだいたいの温度もチェック可能。 毎日の検温におすすめです。 使用電池:単4形アルカリ乾電池2個 梱包サイズ:約4. 3 x 2. 1 x 9. 4 cm 梱包重量:59g 先輩ママたちに聞いてみました。 赤ちゃんの体温計を選んだポイントは?【体験談】 赤ちゃんの体温計を購入する時の選ぶポイントを教えてください! 「使いやすさを考えて、オーソドックスなわきに挟むタイプの体温計を購入しました。 今までに何度も使用したことがあるし、産院でも使っていたので測りやすかったです」(1歳の女の子ママ) 「我が子はじっとしているのが苦手だったので、スピードを重視しておでこで測るタイプの体温計を購入しました。 1秒でピッと測れると、本当に楽ですよ」(3歳の男の子ママ) 「外出先で体温が高いなと感じることがあったので、携帯用の体温計を購入。 持ち運びに便利で軽量のわきに挟むタイプを選びました」(2歳の女の子ママ) 「赤ちゃんが寝ているときに起こさず検温したかったので、非接触体温計を購入しました。

次の

基礎データ編

新生児 体温

赤ちゃんの体温計についてアンケートを取りました! 赤ちゃん体温計は必要ですか? 約60%のママが、赤ちゃんの体温計は必要と答えました。 「いいえ」と答えたママたちに多かったのが、「家族共有の体温計で十分」という意見。 すでに体温計を持っている家庭の場合、赤ちゃん用の体温計を新たに購入するという必要性を感じないのかもしれませんね。 使って良かった赤ちゃん体温計のタイプは? 一番評価が高かった体温計のタイプは、オーソドックスな「わきに挟むタイプ」。 昔から使用しているタイプなので、使いやすいのかもしれませんね。 二番目に評価が高かったのは「耳で測るタイプ」、三番目は「おでこで測るタイプ」でした。 どちらの体温計も比較的新しいタイプなので、持っていない人も多いのではないでしょうか。 「非接触式タイプ」の体温計はとても便利ですが、他のタイプの体温計と比べると少し値段が張るということもあり、使用している人が少なめのようです。 赤ちゃん専用体温計の必要性は? 大人の場合、熱っぽいときや体がだるいときなどに検温しますよね。 赤ちゃんの場合、体温が変化しやすいので、ほとんどの産院は赤ちゃんの体温を1日3回程度検温します。 ママにも、赤ちゃんの体温を1日に2回程度検温するよう指示するところが多いようです。 また、赤ちゃんの平熱を調べておくのも重要なポイント。 大人の体温に個人差があるように、赤ちゃんの体温にも個人差があるので、自分の赤ちゃんの平熱を知っておくというのも大切です。 これらの理由から、赤ちゃん専用の体温計を持っているママが多いよう。 ママたちの中には、自宅用と持ち歩き用など複数持ちをしている人もいるようです。 赤ちゃんの体温計の特徴は? 赤ちゃんの体温計は、一般的なタイプと比べると検温時間が短い、ママが持ちやすい形状、赤ちゃんが嫌がりにくい柔らかい素材などの特徴があります。 一般的な体温計は検温が完了するまでに1分以上かかるものが大半ですが、赤ちゃん向けの体温計は30秒以内に検温が完了するものが多くなっています。 形状・素材も使いやすさ、肌当たりにこだわっているため、ママも赤ちゃんも使用感がいいようですよ。 一般的な体温計を兼用してもいいですが、刺激に敏感な赤ちゃんのために専用の体温計を購入するのもおすすめです。 赤ちゃんの体温計の種類が知りたい! 赤ちゃんの体温計は、大きく分けて4種類あります。 それぞれの特徴をチェックしてみましょう。 わきに挟むタイプ わきの下で検温する体温計です。 昔からあるタイプの体温計なので、ママも使いやすいのではないでしょうか。 大人用タイプや赤ちゃん専用のタイプなど種類も豊富で、価格もさまざま。 市販でも気軽に購入できます。 おでこで測るタイプ おでこの正面やこめかみなどで検温する体温計です。 最短1秒で検温できるものもあります。 軽量タイプが多いので、持ち運びにも便利です。 耳で測るタイプ 耳の鼓膜周辺の温度を測る体温計です。 赤ちゃんを寝かせたままササっと検温することができるので、ママも使いやすいでしょう。 非接触式タイプ 赤ちゃんの体に機械を当てることなく、表面温度で検温する体温計です。 おでこやこめかみで検温します。 体に接触しないので皮膚からの感染症を予防することが可能。 寝ている赤ちゃんに触れて起こしてしまう心配もありません。 簡易的な検温に向いています。 赤ちゃんの体温計の選び方 赤ちゃんの体温計は「電子体温計」と「赤外線体温計」にも分けることができます。 その選び方もご紹介しますね。 電子体温計 電子体温計は、わきに挟むタイプの体温計です。 体温計の先端にあるセンサーで体温を計測し、デジタルで表示します。 さらに、細かく分けると「実測式体温計」と「予測式体温計」に分かれます。 短時間でスピード検温できるのは予測式体温計の方なので、じっとしているのが苦手な赤ちゃんにおすすめです。 赤外線式体温計 赤外線式体温計は、皮膚表面の赤外線熱量をセンサーで検温するもの。 おでこや耳で測るタイプ、非接触式タイプがこれに分類されます。 わずか1~2秒適度で検温できるのが魅力ですが、測定値に誤差が生じる場合があるので、計測のコツを覚える必要があります。 赤ちゃん用の体温計を使う時の注意点は? 赤ちゃん用の体温計には、タイプによって使う時の注意点があります。 赤ちゃんにおすすめの体温計をタイプ別に厳選! 赤ちゃんにも使いやすい体温計をタイプ別に厳選してご紹介します。 わきに挟むタイプ オムロン 電子体温計 けんおんくん わき専用 オムロン 参考価格:¥6,200 『オムロン』のわき専用体温計です。 検温時間は約15秒と短めなので、動き回るのが大好きな赤ちゃんやキッズも素早く検温することができるでしょう。 わきに挟む柄の部分は、ソフトなゴム素材を使用。 肌に優しく当たるので、痛くなりにくいです。 また、暗い場所での検温に便利なバックライト機能付き!夜間の急な検温に役立ちます。 持ちやすさにもこだわって作られています。 また、こちらの体温計はスピード検温も実測検温もできるタイプです。 検温開始から10分程度わきに挟み続けると、再び電子音が鳴り実測検温が完了するので、医療機関でも多く採用されているようですよ。 電子音で告知。 約4分30秒後実測表示に自動切替。 5g 材質:ABS アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン 樹脂 タニタ 電子体温計 BT-471-WH ホワイト 測定器のメーカーとして有名な『タニタ』の体温計です。 大きなディスプレイで、見やすいのでとても便利!赤ちゃんだけでなく、年配の人にもピッタリです。 また、こちらの体温計は、測定部を直接水洗いできるのも嬉しいポイント!衛生的に使い続けることができるでしょう。 先端に向かって滑らかに細くなるので、赤ちゃんのわきに挟みやすいでしょう。 また、こちらの体温計は抗菌樹脂素材を使用。 ケース付きなので、雑菌やほこりをブロックすることが可能です。 起動時に、前回測った体温が表示されるのも魅力。 9g 測定方法:予測検温 検温時間:約30秒 オムロン 電子体温計 【15秒予測検温】 オムロン OMRON 『オムロン』のシンプルな体温計です。 約15秒で予測検温できるので、じっとしているのが苦手な赤ちゃんにピッタリ。 検温終了時は、電子音だけでなく光でもお知らせ。 音を聴き逃しても目で見て判断できるので、とても便利です。 8 mm 内容量:14g おでこで測るタイプ エーアンドデイ おでこで測る体温計 「でこピッと」 エー・アンド・デイ 室内温度表示、温度計モード、体温計モード付きの便利な体温計です。 おでこの表面温度を赤外線で計測して、舌下温を表示します。 こちらの体温計は画面が大きめなのも嬉しいポイントですね。 ボタンも大きめで押しやすいので、ママも使いやすいです。 最短1秒で検温終了!活発な赤ちゃんの体温も瞬時に検温できるでしょう。 適度な大きさで手にすっぽりと収まるので、持ちやすい!どんな耳にもフィットするので、家族全員で兼用することができます。 こちらの体温計は、測定や操作をしない状態が10秒以上続くと、オートで電源が切れるので省エネも叶いますよ。 また、過去20回分の測定記録もチェックできるので、育児ノートをつけるときにも便利です。 耳だけでなく、おでこでも検温することができます。 全体的にフォルムが丸いのもかわいくていいですね。 使い心地や持ちやすさもいいので、長く活用できるでしょう。 体温計としての機能だけでなく、物体表面温度を測る機能付き。 赤ちゃんのミルクや離乳食などの温度を測るときにも便利です。 また、こちらの体温計は握りやすく、こめかみで測りやすい形状。 5度以上発熱している場合は、アラームを連続して通知してくれます。 画面表示だけでなく、音でも確認できるのが嬉しいポイントです。 使用電池:単4形アルカリ乾電池2個 梱包サイズ:約17. 8 x 6. 8 x 5. 2 cm 梱包重量:18. 1g AngeSmile(アンジュスマイル) 非接触赤外線デジタル温度計 AngeSmile(アンジュスマイル) 『AngeSmile(アンジュスマイル)』の体温計は、ピッとスイッチを押して1秒で測定できる非接触体温計。 画面表示はバックライト機能を搭載しているので、暗い場所でも体温確認が簡単にできるでしょう。 さらに、過去20回分の測定をメモリーとして残すことができるので、記録にも便利です。 距離センサーが付いているので、ジャストな位置で検温できます。 こちらの体温計は、サイレントモードが付いているのがおすすめポイント。 寝ている赤ちゃんを音で起こさず検温できます。 プロジェクション型の体温計で、温度を体に映すという最新機能が搭載されています。 さらにわき下、直腸、口内のだいたいの温度もチェック可能。 毎日の検温におすすめです。 使用電池:単4形アルカリ乾電池2個 梱包サイズ:約4. 3 x 2. 1 x 9. 4 cm 梱包重量:59g 先輩ママたちに聞いてみました。 赤ちゃんの体温計を選んだポイントは?【体験談】 赤ちゃんの体温計を購入する時の選ぶポイントを教えてください! 「使いやすさを考えて、オーソドックスなわきに挟むタイプの体温計を購入しました。 今までに何度も使用したことがあるし、産院でも使っていたので測りやすかったです」(1歳の女の子ママ) 「我が子はじっとしているのが苦手だったので、スピードを重視しておでこで測るタイプの体温計を購入しました。 1秒でピッと測れると、本当に楽ですよ」(3歳の男の子ママ) 「外出先で体温が高いなと感じることがあったので、携帯用の体温計を購入。 持ち運びに便利で軽量のわきに挟むタイプを選びました」(2歳の女の子ママ) 「赤ちゃんが寝ているときに起こさず検温したかったので、非接触体温計を購入しました。

次の