ダーリンアイウォンチュー 歌詞。 歌の曲名検索 歌い出しメロディーから

【歌詞カタカナ】Stand by Me

ダーリンアイウォンチュー 歌詞

みなさんこんにちは!台湾留学中の黒さんです 今日はJackson5の『I Want You Back』の歌詞を和訳して歌詞の解説もしていきます! この曲は1969年に、マイケルジャクソンを含めたマイケル家によって結成されました。 50年も前の曲ですが、もともと人気なのと、韓国の人気アイドルグループ「Twice」に2018年にカバーされたので、知っている方も多いかと思います。 リズミカルな曲調と、幼い頃のマイケルジャクソンのキレイな歌声が世界中の人の心を魅了し、いくつかのヒットチャートで1位を取るなど、このバンド・マイケルジャクソンにとってもっとも売れた歌の1つでしょう。 それではこの名曲の歌詞を和訳していきましょう! Let me tell you now When I had you to myself, I didn't want you around Those pretty faces always made you stand out in a crowd この気持ちを伝えたいんだ。 僕が君と付き合ってた頃はめんどくさかったんだ。 その可愛い顔はいつも飛び抜けていたよ But someone picked you from the bunch, One glance was all it took Now it's much too late for me to take a second look でもアイツが君をあっという間に奪って行ったんだ。 今はもう遅すぎてとり戻せないんだ Oh baby, give me one more chance, To show you that I love you Won't you please let me back in your heart もう一度だけ君に愛を見せるチャンスが欲しいんだ。 もう一度君の心に僕を取り戻してくれないか? Oh, darling, I was blind to let you go But now since I see you in his arms I want you back , Yes I do now, I want you back , Ooh ooh baby I want you back , Yeah yeah yeah yeah, I want you back , Now now now now ねぇ、君を手放したのは本当にバカだったよ。 でも今彼の腕の中にある君を欲しているんだ。 君が欲しいんだ、そう今だよ Trying to live without your love is one long sleepless night Let me show you, girl, that I know wrong from right 君の愛なしで過ごすのは眠れない長い夜のようだよ。 何が間違いで何が正しいのかを君に見せたいんだ Every street you walk on, I leave tear stains on the ground Following the girls I didn't even want around 君が歩く全ての道を僕は涙をな流しながら歩いている。 僕は昔あんなにうざがっていた女性を必死に追いかけているんだ Let me tell you now Oh baby, all I need is one more chance Won't you please let me back in your heart 今言わせて欲しいんだ。 僕に必要なのはたった1つのチャンスなんだ。 君の心に僕をもう一度取り戻して欲しいんだ Oh darling, I was blind to let you go, But now since I see you in his All I want, All I need, All I want, All I need ねぇダーリン、君を手放したのは僕の間違いだった。 君な今彼の腕の中にいるんだ。 僕が欲しいのは。。。 僕が必要なものは。。。 Oh just one more chance to show you that I love you Baby baby baby baby baby baby! あと一回だけのチャンスでいいんだ。 君に僕の愛を見せたいんだ Forget what happened then and let me live again Oh darling, I was blind to let you go, But now since I see you in his arms 過去のことは忘れてもう一度僕と一緒に過ごして欲しいんだ。 君を手放した僕はバカだったよ、でももう君はすでに彼の腕の中にいるんだ Spare me of this cause, Give me back what I lost Oh baby, I need one more chance, hah I tell you that I love you, Baby, oh, baby, oh, baby, oh I want you back 原因なんて聞きたくない、勘弁してくれ。 僕が失ったものを返して欲しい。 もう一度だけチャンスが欲しいんだ。 君が好きだって伝えるんだ、君に戻ってきて欲しいんだ 勉強用英単語• want around phr …そばにいる• stand out phr …目立つ• glance v,n …チラッと見る、チラ見• blind adj …目が見えない• tear n …涙• darling n …恋人 男・女関係なし 『I Want You Back』の歌詞の意味 和訳とタイトル見ていただければ簡単に想像できる歌詞になっていますね。 『I Want You Back』は、別れた彼女に対して「戻ってきてほしい」という男性の気持ちを歌にしています。 もっと掘りさげていくために、気になる歌詞の内容を見ていくことにしましょう! fa-arrow-circle-right彼は彼女に飽き飽きしていた? 「When I had you to myself, I didn't want you around」=君と付き合っていた頃はめんどくさかった。 この歌詞を見てわかるように、彼は彼女と付き合っていた頃は彼女に対していい思いを持っていなかったのではないでしょうか? 今までめんどくさがっていたけど、離れてはじめてわかることってありますよね。 あなたもこのようなことを体験したことがあるのではないでしょうか? fa-arrow-circle-right今度は彼が追いかける側に 「 Oh baby, give me one more chance」=もう一度チャンスが欲しいんだ。 付き合っていた頃はうっとしく思っていいたのが、今度は自分がチャンスを求めるようになります。 「 Following the girls I didn't even want around」=うざがっていた女性を追いかけている。 この歌詞も上のものと全く同じ意味ですね。 どんな内容でも彼が歌うとなんだかすごくポップに聞こえるというかなんというか。 これが彼がキング・オブ・ポップと呼ばれる所以なのでしょうか。。。 マイケルの他の記事はこちらもあるのでもしよければご覧ください!.

次の

【歌詞カタカナ】I Want You Back

ダーリンアイウォンチュー 歌詞

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 「アイ・ウォント・ユー 」 の 収録アルバム 『 』 リリース 録音 トライデント・スタジオ(1969年2月22日) (1969年4月18日 - 8月11日) 時間 7分47秒 『 』 収録曲 A面• 「 アイ・ウォント・ユー」 B面• 「」 ミュージックビデオ - 「 アイ・ウォント・ユー」( I Want You She's So Heavy )は、に発表されたの『』に収録された曲。 概要 [ ] 作詞、作曲、リード・ヴォーカルは。 ビートルズの公式発表曲中、歌詞のあるものに限れば一番長い曲でもある(7分44秒)。 タイトルは「She's So Heavy(シーズ・ソー・ヘヴィ)」と表記されることもある。 ジョンは1968年頃から後に妻となるに捧げた曲を作っているが、本作も彼女にささげたもの。 単純な歌詞がひたすら繰り返されることから、発表当時「ジョンの作詞能力は枯渇した」と非難する向きもあった。 ジョン自身は「アイ・ウォント・ユーこそが、一番、大切な言葉なんだ。 それを繰り返しただけ」と語っている。 1969年2月22日、トライデント・スタジオで演奏のベーシック・トラックとレノンのガイド・ボーカルが録音された。 同日のレコーディング・セッションにはが参加した(ジョンズの名義をプロデューサーとする資料もあれば、エンジニアとする資料もある)。 その後、4月18日から8月11日にかけてでオーバーダビングが行われた。 ラストではジョンによるによる演奏()が延々と続く。 この曲はアナログアルバムではA面最後の曲だが、いきなり止まって終わる。 実際の演奏時間は8分4秒あったのだが、ミックスを聴いていたジョンが「そこでテープを切れ! 」と叫び、のが7分44秒の位置でテープを切ったことから今のような形になった。 にリリースされた『』にて「」や「」とコラージュされた音源が収録されており、本作のラストのギター・コードが使用されている。 - 、、()、• - ハーモニー・ボーカル、• - ハーモニー・ボーカル、、リードギター(マルチトラック)• - 、、• - 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• "the most convincing exploration of blues and progressive rock the Beatles ever attempted, "I Want You She's So Heavy ""• Perone, James E. 2012. 213. Sander, Ellen 1969-10-25. 52: 69. 100 Greatest Beatles Songs. Rolling Stone. 2012年6月18日閲覧。 ジョニー・ディーン編『ザ・ベスト・オブ・ザ・ビートルズ・ブック 日本語翻訳版』平林祥・新井崇嗣・上西園誠訳、リットーミュージック、2005年、p. 228• 、新井崇嗣訳 『サウンド・マン』 、2016年2月22日、157頁。 Willman, Chris 2006年12月26日. Entertainment Weekly. 2018年10月14日閲覧。 2006年11月20日. 2018年10月14日閲覧。 2005. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties Second Revised ed. London: Pimlico Rand. 342. この項目は、に関連した です。

次の

ダーリン←これに続く歌詞で年代が分かる

ダーリンアイウォンチュー 歌詞

CHiCO with HoneyWorksは、女性ソロシンガー「CHiCO」 ミュージックレイン所属 とクリエイターチーム「Honey Works」 インクストゥエンター所属 とのコラボユニットである。 CHiCOは、2013年、ソニー・ミュージックエンタテイメントSD主催の、ボカロとアニソンに特化した全国区歌手オーディション「第1回ウタカツ!」でグランプリを獲得。 その後、2012年からニコニコ動画などで活動し、関連動画再生回数が4億回を超える人気クリエイターチーム「Honey Works」とのコラボが決定。 「CHiCO with Honey Works」が結成された。 2014年、人気漫画「アオハライド」のアニメ版OPテーマとして採用された「世界は恋に落ちている」を発売。 この楽曲のYouTubeでの動画再生回数は4500万回を超えた。 2015年、アニメ「まじっく快斗」OPテーマとして採用された「アイのシナリオ」を発売。 こちら動画再生回数は3500万回を突破。 YouTubeなどで公開したCHiCO with HoneyWorksとしての関連動画の総再生回数は2億回を超えている。 2019年には、初のアリーナワンマン2daysの開催が決定している。

次の