ユースケ 脱退。 超特急、治療で休養中のユースケが2月いっぱいで脱退

休養中の超特急ユースケ脱退発表、所属事務所も退所

ユースケ 脱退

サイトでは『ユースケ脱退のお知らせ』と題し、「超特急メンバー6人と事務所スタッフ一同で幾度となく話し合いを重ねてきました結果、ユースケ自身が『超特急』から離れ、フラットな状態で治療を継続して行くことが最良の選択だとの結論に至り、2月29日を持ちまして、これまでの活動に区切りを付ける判断に至りました」と今回の決断に至った経緯を説明した。 続けて「2011年12月に『超特急』を結成してから約9年間、メンバーと8号車の皆様と苦楽を共にしながら目標である東京ドーム公演に向けて走り続けて参りました」と振り返りつつ、「今後はユースケの想いも背負い、超特急は8号車の皆様との夢に向かって、これまで以上の挑戦と、夢へのレールを全力で走って参りますので、応援のほどよろしくお願い申し上げます」とファンらに呼び掛けた。 一方、ユースケは「休養に入ってから、復帰をするために自分なりに色々とチャレンジしてみましたが、どうしても心と体がついていかず、毎日自分と向き合い続けました」とこれまでの葛藤を吐露。 改めて自身の言葉で脱退を報告し、「ただ一つ言えるのは『超特急のことが大好き』ということ。 メンバーも8号車のことも『ずっとずっと大好き』ということ。 「一緒に歩んできたメンバーには、家族のように自分を支えてくれたことに感謝しています。 僕がここまで歩んでこれたのは、メンバーに出会うことができたからです」と述べ、謝意を示した。 また「8号車さん、待っていてくれたのに戻れなくて本当にごめんなさい。 そして今まで応援してくれて、ありがとうございました。 わがままですが、これから一緒に超特急を応援させてもらえたらうれしいです。 本当に、本当にありがとうございました」と復帰を待ち望んだファンに謝罪と感謝をつづった。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

超特急ユースケ、脱退日にブログ更新「戻れなくて本当にごめんなさい」

ユースケ 脱退

超特急ユースケがグループ脱退となった原因は? 【超特急 休養中のユースケ脱退】 超特急のユースケがグループを脱退することが発表された。 心身の治療のため2019年6月より休養していたが、超特急を離れ、フラットな状態で治療を継続していくことが最良の選択という結論に至ったという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 超特急のユースケがグループ脱退と所属事務所退所を発表しました。 超特急のファンの間ではお疲れ様と言った声が多数上がっています。 1人のお仕事も超特急ユースケとして 超特急の入り口として体張ってめっちゃ頑張ってくれてたもんね。 ありがとうユースケ。 元々心の治療と膝の治療を行なっていました。 その治療の具合があまり良くない状態であり、なかなか改善が見られないための脱退と思われます。 心の病は簡単には治らないものです。 今後は治療優先での生活が始まるので少しでも改善に向かうことを祈るばかりです。 まとめ ユースケの脱退の原因は心の治療と膝の治療に専念するためとのことです。 脱退後は治療に専念した生活になるため少しでも早く改善に向かってくれることを祈ります。

次の

【速報】ユースケ、脱退 ::ぱぴぷ速報

ユースケ 脱退

サイトでは『ユースケ脱退のお知らせ』と題し、「超特急メンバー6人と事務所スタッフ一同で幾度となく話し合いを重ねてきました結果、ユースケ自身が『超特急』から離れ、フラットな状態で治療を継続して行くことが最良の選択だとの結論に至り、2月29日を持ちまして、これまでの活動に区切りを付ける判断に至りました」と今回の決断に至った経緯を説明した。 続けて「2011年12月に『超特急』を結成してから約9年間、メンバーと8号車の皆様と苦楽を共にしながら目標である東京ドーム公演に向けて走り続けて参りました」と振り返りつつ、「今後はユースケの想いも背負い、超特急は8号車の皆様との夢に向かって、これまで以上の挑戦と、夢へのレールを全力で走って参りますので、応援のほどよろしくお願い申し上げます」とファンらに呼び掛けた。 一方、ユースケは「休養に入ってから、復帰をするために自分なりに色々とチャレンジしてみましたが、どうしても心と体がついていかず、毎日自分と向き合い続けました」とこれまでの葛藤を吐露。 改めて自身の言葉で脱退を報告し、「ただ一つ言えるのは『超特急のことが大好き』ということ。 メンバーも8号車のことも『ずっとずっと大好き』ということ。 「一緒に歩んできたメンバーには、家族のように自分を支えてくれたことに感謝しています。 僕がここまで歩んでこれたのは、メンバーに出会うことができたからです」と述べ、謝意を示した。 また「8号車さん、待っていてくれたのに戻れなくて本当にごめんなさい。 そして今まで応援してくれて、ありがとうございました。 わがままですが、これから一緒に超特急を応援させてもらえたらうれしいです。 本当に、本当にありがとうございました」と復帰を待ち望んだファンに謝罪と感謝をつづった。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の