トロッコ 列車。 トロッコ列車について

トロッコ列車について

トロッコ 列車

のコーナー「」とは異なります。 トロッコ問題(トロッコもんだい、: trolley problem)あるいは トロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という形で功利主義と義務論の対立を扱った上の問題・課題。 がに提起し、 () 、 ()、 ()などが考察を行った。 人間は一体どのように・的なを解決するかについて知りたい場合は、この問題は有用な手がかりとなると考えられており、、では重要な論題として扱われている。 また(によるが実現しつつある現在)自動運転車(公共交通の自動運転車両も含む)のAIは衝突が避けられない状況にも遭遇するであろうし、そうなれば何らかの判断もしなければなくなるわけだが、このトロッコ問題は、そうした自動運転車のAIを設計する際に、どのような判断基準を持つように我々は設計すべきなのか、ということの(かなり現実的、実際的な)議論も提起している、との研究者は言う。 なお、以下で登場する「トロッコ」はを指しており、と混同しないように注意されたい。 そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。 1 この時たまたまA氏は線路ののすぐ側にいた。 A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。 しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。 A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか? なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。 また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。 あなたは道徳的に見て「許される」あるいは「許されない」で答えよ、という課題である。 つまり単純化すれば「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」という問題である。 に基づくなら一人を犠牲にして五人を助けるべきである。 しかしに従えば、誰かを他の目的のために利用すべきではなく、何もするべきではない。 派生問題 [ ] では次のような派生問題ではどうだろうか。 A氏はやはり a の状態にあるが、 1 ではなく次の 2 の状況に置かれている。 2 A氏は線路の上にある橋に立っており、A氏の横にC氏がいる。 C氏はかなり体重があり、もし彼を線路上につき落として障害物にすればトロッコは確実に止まり5人は助かる。 だがそうするとC氏がトロッコに轢かれて死ぬのも確実である。 C氏は状況に気づいておらず自らは何も行動しないが、A氏に対し警戒もしていないので突き落とすのに失敗するおそれは無い。 C氏をつき落とすべきか? 前述の問題と同様、A氏にはつき落とすかつき落とさないかの選択肢以外は無いものとする。 C氏ほど体重の無いA氏が自ら飛び降りてもトロッコを止められず、またその事実をA氏は理解している。 功利主義に基づけば、トロッコを分岐させることも、一人を突き落として脱線させることも一人を積極的に死に追いやり五人を助けるという点で等しい。 しかし多くの人が、1番目の質問では一人を犠牲にすることは 許されると答えるのに対し、2番目の質問では一人を犠牲にすることは 許されないと答える。 この二つの質問で異なる点は、最初の質問では行為者の行動自体は「分岐の切り替え」に過ぎず、一人の死は(たとえ結果を承知の上でも)その意図の直接の結果ではなく副次的な出来事(つまり巻き添え)と考えることが可能であるのに対し、次の質問でははっきりと「狙ってC氏をトロッコに激突させる」という行動をとっており、行為者の直接の意図と行動によって死ぬということである。 ループした路線 [ ] 1 、 2 以外にも以下の問題を考える事ができる。 3 1 の場合と同様、A氏はトロッコを別路線に引き込む事ができるが、 1 とは違いこの別路線は5人の手前で再び本線に合流している。 今度の問題ではこの別路線には前述のC氏がおり、トロッコを別路線に引き込めば、トロッコはC氏にぶつかって止まるので、5人は確実に助かる。 ただしその結果としてC氏は確実に死ぬ。 トロッコを別路線に引き込むべきか? 4 A氏はトロッコを別路線に引き込む事ができるが、この別路線は5人の手前で再び本線に合流している ここまでは 3 と同じ。 別路線には大きな鉄の塊がある為、トロッコを別路線に引き込めば、トロッコはその鉄の塊にぶつかって止まるので、5人は確実に助かる。 しかし鉄の塊の手前には前述のB氏がいて、B氏は確実に死ぬ。 トロッコを別路線に引き込むべきか? 3番目の問題は、最初の質問と同じようにA氏の行動は分岐の切り替えのみで、他者を直接自分の手で死に追いやるわけではない。 しかし2番目の質問と同じようにトロッコが止まるのはC氏に激突するからこそであり、その死は副産物(巻き添え)ではなく行為者の意図の結果である。 4番目の問題は3番目とあまり変化が無いようでいて、実は鉄の塊が線路を塞いでいる以上その先で路線が再び合流していようと意味は無く、本質的には 1 と完全に同じ状況を表現を変えて再度出題にしているに過ぎない(トロッコが止まるのはB氏に激突するからではなく、あくまでその後の鉄の塊との激突によってである)。 どの質問にも一貫して合理的な判断を下すのなら、同じ回答が導きだせる。 つまり一人を犠牲にして5人を助けるか、5人を犠牲にして一人を助けるかのどちらかである。 またはに従って判断するなら(誰かの命を他の目的のために利用すべきではないと考えるなら)すくなくとも 2 と 3 には反対しているはずである。 もし判断が一貫しないのであればそれは何故だろうか。 何故ある場合は誰かを犠牲にすることが許されて、他の場合には許されないと感じるのかを、合理的に説明できるだろうか。 少なくともこれらのようなジレンマを一貫して合理的に解決できる倫理学の指針はない。 倫理学以外の分析 [ ] 生物学者の分析 倫理学者ではないが、はネット上でこれに類する30以上の質問を行い、何故そのような判断を行ったかの理由を聞いた。 回答した500人の内3割ほどしか自分の判断を正当化できなかった(質問と他の質問との違いを正しく認識し、それが自分の判断の基礎となっていることを示せた場合に「正当化に成功した」と判断された)。 この傾向には教育の程度、宗教的背景、民族などの影響がほとんど無かった。 意図的な行動の結果の害には責任を問われ、ただ単にその結果が予見されたに過ぎないときには責任を問われないことをと呼ぶ。 1と4を許されると回答している人の割合が大きいのは、直観的に人がダブルエフェクトを考慮している事で説明できるかも知れない。 ハウザーの主張は、人の道徳的判断は理性と理論よりも、直観と感情の影響を受けていると言うことである。 そしてどのような要因が非道徳的と判断されるのかを次の三つにまとめた。 行動の原理:行動による害(例えば誰かが死ぬような出来事)は行動しなかったことによる危害よりも、非道徳的だと判断される• 意図の原理:意図を持ってとった行動は、意図を持たずにとった行動よりも非道徳的だと判断される• 接触の原理:肉体的な接触を伴う危害は、肉体的な接触のない危害よりも非道徳的だと判断される 神経学者の分析 者ジョシュア・グリーンによれば、特に二番目の質問では他の質問と異なるの部位が反応する。 人を直接死に追いやるとき、強く否定的な反応を示すようである。 タイム誌の分析 米誌の記事 [ ]によれば調査対象の実に85パーセントが5人を救うためでも1人を突き落とさないとした、とのことである [ ]。 類似したジレンマ [ ] トロッコ問題と類似した以下のようなを考える事ができる。 こうしたジレンマは、功利主義か義務論かと言う議論ではトロッコ問題と大きな違いがない。 しかし人の道徳判断にどのようなパラメータが関与しているのかを明らかにしようとしている道徳心理学と神経倫理学では重要な違いである。 あなたはボートで5人の溺れた人を助けに向かっている。 しかし途中で溺れている一人の人を発見した。 その人を助けていれば5人はその間に溺れ死んでしまう。 その人を助けて5人を諦めるべきか?• 病院に5人の患者がいて、それぞれが異なる臓器の移植を必要としている。 そこに臓器はいずれも健康な患者が現れた。 彼を殺して臓器を移植すれば5人を助けることができる。 彼を殺して内臓を取り出すべきか?() また、自動運転車の実現可能性が高まってることもあり、自動運転車とトロッコ問題を絡めた研究が行われている。 脚注 [ ]• Lim, Hazel Si Min; Taeihagh, Araz 2019. Sustainability 11 20 : 5791. et al. Science 2001 Vol. 293. 5537, pp. 2105 - 2108• Cushman, F. , Young, L. Psychological Science. 17 12 :1082-1089. 2006. Hauser, M. D et. 22 1 :1-21. 2007. Fiery Cushman et al. AIG総研. 2019年10月13日閲覧。 参考文献 [ ]• Philippa Foot, The Problem of Abortion and the Doctrine of the Double Effect in Virtues and Vices Oxford: Basil Blackwell, 1978. This is the essay that introduced the original trolley problem. Shelly Kagan, The Limits of Morality Oxford: Oxford University Press, 1989. Francis Myrna Kamm, Harming Some to Save Others, 57 Philosophical Studies 227-60 1989. Judith Jarvis Thomson, Killing, Letting Die, and the Trolley Problem, 59 The Monist 204-17 1976. Judith Jarvis Thomson, The Trolley Problem, 94 Yale Law Journal 1395-1415 1985. Peter Unger, Living High and Letting Die Oxford: Oxford University Press, 1996. Joshua D. 3: The Neuroscience of Morality, W. Sinnott-Armstrong, Ed. , Cambridge, MA: MIT Press 関連文献 [ ] 日本語のオープンアクセス文献• 川合伸幸「」『認知科学』第14巻第3号、、2007年9月、 455-461頁、 :。 ・北村智・「」 2017年 社会情報学会 SSI 学会大会 関連項目 [ ]• - 人を殺さねば生きられない時、人を殺してよいか?• - くじに当たった人を殺し、その人の臓器を移植して他の複数人を助けるのは良い行いか?• 、、の対策 法学• 、、、 経済学• - ある選択をする代わりに放棄される選択肢によって得られるはずの利益のうち、最大のもの。 における概念。 関連学問• 、学 外部リンク [ ]• - (2005年秋期) の講義シリーズの初回。 トロッコ問題についての学生への問いかけから講義がスタートする。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

時刻表・運行スケジュール・運行情報│黒部峡谷鉄道トロッコ電車

トロッコ 列車

歴史 [ ] ののベルニナ線でから無蓋車を改造した車両を使用したトロッコ列車が運行されている。 日本では(59年)に(国鉄)がので()に簡易なと()を設置した車両をにし、「トロッコ清流しまんと号」として運行したのが始まりで、以降こうした列車が各地で運転されるようになるにつれ、それ以前から運転されていたなどの類似例も含めて「トロッコ列車」という呼称が一般的になっていった。 当初はほとんどが貨車であったが、貨車であるという性格上、乗り心地や面に問題があり、以降ではやも見られる。 また、上の要請から、客車に設置したからを()が可能な機能を備えたものがある。 ではが輸送用の貨車をした車両をやで牽引している。 特徴 [ ] 瀬戸大橋トロッコ車内 トロッコ列車の特色は、乗客が外気に直接触れることができることにあり、一般にが美しい、豊かなで運行され、への集客の目玉として定期的に運転される例も多い。 風景を楽しむという意味では、広義のの一種と見ることができるが、トロッコ列車は貨車を起源としており、旅客用車両の改造車であっても、あえて内装材を取り払ったり、座席を簡易な風にして貨車的な雰囲気を演出している例が多い。 そのため、までなどで運行されていたに連結されるとは、全く系譜を異にする存在である。 一般に、景色の良い路線の観光シーズンや休日に運行されている。 設備の制約上(上)あまり高速では走らせていない。 車両 [ ] にあるように新規に製作された車両は少なく、ほとんどが改造車である。 また、についても、時や乗客の安全確保対策のために自車をとしたり、別に控車を連結していることが多い。 運行事例 [ ] 日本 [ ] 運営組織、路線などを以下に記載する。 トロッコわっしー号• :「トロッコわたらせ渓谷号」「トロッコわっしー号」 「トロッコわたわせ渓谷号」は、1998年(平成10年)に登場したトロッコ列車で、 - 間の運転である。 から購入したの車体を利用した(わ99-5070「やませみ」、5020「かわせみ」)を、JR東日本から購入したの控車(わ99-5080、5010)が挟んだ編成。 牽引機はこれもJR東日本から購入したで、2両が交代で使用されている。 春の桜や秋の紅葉シーズンになると、「トロッコわたらせ渓谷号」のみでは対応しきれなくなったことから、2012年(平成24年)に「トロッコわっしー号」の自走式トロッコ車両が導入された。 控車としてと組む。 トロッコファミリー号用車両• (JR東海):「」(運転終了) (昭和63年)ごろにの - 間で運転を開始したトロッコ列車。 当初はから転用された3両 91388, 91402, 91818 を、控車の2両 2009, 2027 がはさむ編成であったが、(平成5年)にパレット輸送用荷物車を改造したオハフ17形 1 を投入するとともに控車を(スハフ12 31、オハ12 178)に置き換えた。 (平成8年)には老朽化したトラ90000形に代わってオハフ17形 11 が増備され、控車がスハフ12形2両 31, 104 に替わるとともに、青地に窓まわりをクリーム色とした外板色へ変更した。 牽引機は運転当初DE10形ディーゼル機関車であったが、1989年(平成元年)からは、からはといった旧形電気機関車が牽引機となり、その点でも人気を集めていたが、ED18形が故障で運用を離脱。 さらに予備機のEF58形2両のうち1両が老朽化で離脱し、残る1両では運用できないため、(平成18年)に運転を終了した。 飯田線では、改造の「」が2010年(平成22年)夏季から運行されていたが、2011年(平成23年)に運転を終了した。 :「トロッコ列車」(運転終了) 国鉄の時代に「清流ながら号」として運転されていたものを引き継いだともいえる。 :「トロッコ電車」 (旧・)にある湯ノ口温泉には、かつてののを利用したトロッコ列車が走っている。 線沿いにある「瀞流荘駅」と湯元である「湯ノ口温泉駅」の約1 kmを結んでおり、旧紀和町が観光客誘致のために旧鉱山鉄道を観光鉄道として再生させたものである。 列車は1日に6往復が運行されている。 車両はかつて坑内軌道で使われたが、5両程度の客車を牽引する。 客車は観光鉄道として復活時に新造したものであるが、かつての鉱山鉄道時代の人車を忠実に模している。 路線の大半がトンネルのため客車は密閉型。 鉱山鉄道の乗車が体験できるという意味で、貴重な存在である。 の専用鉄道を一般開放した路線で、「トロッコ電車」の通称で親しまれる。 日本を代表する観光鉄道であるが、今なお関係の輸送にも使われている。 嵯峨野観光鉄道 嵯峨野号1号車• :「嵯峨野号」 () - 間のに伴う線路の付け替えによって廃止された沿いの旧線を利用して、(平成3年)に運転を開始したトロッコ列車。 - 間の運転である。 車両はの改造車5両編成 で、トロッコ嵯峨寄りに を連結する。 機関車次位のSK300形は、「ザ・リッチ」と称する側板や床まで素通しとした「特別車」である。 トロッコ亀岡寄りのSK200形には機関車をするを装備する。 トロッコ亀岡駅から乗船場までバスが直通運行している。 嵯峨野駅からトロッコ列車で亀岡駅に行き、そこからで保津川を下って戻ってくるのは京都の観光ルートの一つになっている。 5号車(「ザ・リッチ」)以外は、窓にガラスがはまっている。 奥出雲おろち号• (JR西日本):「」 (平成10年)、の - 間で運転を開始したトロッコ列車。 沿線付近の伝説や、構内の三段式、またこの路線の代替道路として整備された()を逆に観光資源として利用し、観光客に人気の列車となっている。 トロッコ車両のスハフ13形には折り返し駅でのの手間を省くために運転台が設置してあり、機関車の遠隔制御が可能である。 なお沿線は雪が多い地域のため、冬季(12月 - 翌年3月)は運行されていない。 :「とことこトレイン」 開業することなく放棄された国鉄ののうち - 駅(周防深川駅)間(約6 km)の路盤を整備し、2002年(平成14年)7月7日に運転開始。 上の列車ではなくされた専用道路上のオープン形形式による日本では他で例を見ないトロッコ列車。 法律上は公園上の扱い。 ユニークな点として、沿線にはかつて「宝くじ桜若木植栽事業」の一環で植樹されたによる春先の花のトンネルやを使用した連続620 mにも及ぶ光るトンネル壁画が挙げられる。 この壁画はトロッコ列車に乗車しない限り見ることはできない。 この未成線活用策に対し2004年10月にから地域活性化への貢献部門で「日本鉄道賞」を受賞している。 四国 キクハ32形「アンパンマントロッコ」2015年5月4日 宇多津駅• (JR四国)• ・など気動車の牽引により運行されていたが、2013年(平成25年)にのデザインにより牽引車のキハ54形とともにリニューアルされ、「しまんトロッコ」として運行されている。 ・():「トロッコ」「トロッコ」など と称し、トロッコ列車用車両としてはグループ唯一の新製車である。 ただし、は廃車となった車両から再利用され、金属バネのとなっている。 1997年(平成9年)に1両 501 が登場し、当初は予土線の「清流しまんと」の増発( - 間)で使用が開始されたが、2011年(平成23年)現在は土讃線の「おおぼけトロッコ」などで使用されている。 2003年(平成15年)には増備車 502 が登場したが、腰板や床面の一部がガラス張りとなるなど、より開放的な構造となっている。 同車は2006年(平成18年)にリニューアル工事を受けており、も52名から48名に変更され、「トロッコ」となった。 牽引車(控車)としてはがその任に当たっている。 九州 TORO-Q• (JR九州):「」(トロキュー、運転終了) (昭和61年)に3両 74858, 72792, 74391 を改造したものであった。 2002年(平成14年)に(現・)で開催された「全国トロッコ列車サミット」にあわせて再整備を受け、「TORO-Q」と命名され、外板塗色は濃緑色に改められた。 同時におよびが専用牽引車として貨車と同色に塗装されている。 2003年(平成15年)から(平成21年)まで - 間で運転されていた。 「赤村トロッコ油須原線」 開業することなく放棄された国鉄の未成部分のうちを敷設し道路化した周辺1. 7 kmを整備して、610 mmのミニトロッコを2003年(平成15年)10月5日に運転開始。 法律上は遊具扱い。 定員は少なめ。 ゆうすげ号• :「ゆうすげ号」 1986年(昭和61年)に2両を改造、とし、同年に運転開始。 2007年(平成19年)に機関車を交換し、客車1両を増強した。 退役した機関車2台はに売却された。 :「島鉄ハッピートレイン観光トロッコ列車」(運転終了、車両は北九州市に譲渡) 1997年(平成9年)、島原外港駅(現在の) - 間の化完成後に運転開始。 3月末から11月末まで運行。 - 深江駅間を1日3往復(多客期は4往復)していた。 、の間にトラ70000形無蓋貨車改造のトロッコ車両を2両連結する形で運転されていたが、2008年(平成20年)4月1日に島原外港駅 - 間が廃止されたため、同年3月29日・30日の臨時運行をもって運転終了となった。 車両は北九州市に売却された。 売却後についてはを参照。

次の

★★★ 絶景! 『 全国のトロッコ列車 』一覧 ★★★

トロッコ 列車

全国のトロッコ列車を一覧にしました。 列車名をクリックすると、運転日・料金・予約方法・空席状況など詳細ページへジャンプします! 広告 北海道地方• 絶景の連続「」• 2020年開催!会津鉄道『』 その他の季節限定のトロッコ列車• トロッコ列車でお祭りへ!『』• 渓谷の絶景! 『』『』• のんびりのどかで懐かしい『』• 6〜9月限定の夜のトロッコ!小湊鉄道『』• 4月限定!乗車料金のみでOK! 2kmの短距離トロッコです その他の季節限定のトロッコ列車• 大井川鐵道井川線の絶景トロッコ「」 (静岡)• 絶景トロッコ『』 (富山)• 絶景の夜空!『』 広告 関西地方• 嵐山から保津峡の絶景まで「」 (京都)• 子どもに大人気「」• 四万十川の清流をながめて「」• 復活!『』• 高千穂あまてらす鉄道『』.

次の