キッズスマホ 月額。 [2020年]格安SIMのおすすめキッズ携帯!月額料金を大手キャリアと比較

[2020最新]キッズ携帯おすすめ7選|ドコモ・au・ソフトバンクの子供向け携帯

キッズスマホ 月額

NTTドコモは2020年1月17日に新発売した、スマホのような新型キッズケータイ「キッズケータイ SH-03M」用に、新料金プラン「キッズケータイプラン Xi 」の提供を開始しました。 このキッズケータイプランでは、家族と通話し放題が可能な 「家族間通話無料」を基本料金500円だけで利用出来ます。 このプランは新機種のキッズケータイ SH-03Mが、スマートフォンなどと同じ「Xi LTE サービス」のネットワークを利用できるようになったことから、旧モデルのキッズケータイとは契約の種別が異なっています。 もし旧モデルのドコモキッズケータイから新型 SH-03Mに交換する場合には、プラン・サービスが変更となりますので、契約前に良く内容を確認してください。 キッズプランは「通話・SMS専用の月額500円プラン」 ドコモの新型子供向け携帯 SH-03Mはシャープ製で、 見た目・操作方法はほぼ「小さなスマホ」です。 画面の操作やメールの作成も、タッチパネルで行うことになります。 最近では就学年齢未満でも親のスマホを触り、スマホ操作に馴染んでいる子供も多いと思いますので、操作自体はきっとすぐに覚えられるでしょう。 2020年の新料金プラン「キッズケータイプラン(Xi)」は 基本料金月額500円(税別)です。 2年縛り(定期契約)の解約金はありません。 基本料金(500円)のみで、ドコモの家族間通話無料が利用可能です。 家族以外への通話は30秒あたり20円の従量式(使った分だけ料金が発生)となります。 また、SMS(ショートメッセージ・サービス)によるメッセージ交換も可能で、国内送信は1回あたり3円~・受信だけなら無料です。 もちろん、モバイル通信が出来ないということはアプリやゲームをすることもキッズケータイでは出来ないということになりますので、 キッズケータイ SH-03Mのプランならネットを使いすぎて料金が高くなることはありえません(通話料金に関しては、無料のドコモの家族間以外に長電話をしてしまうと料金が発生しえます)。 キッズケータイプラン(Xi)は利用者の年齢が12歳以下の場合にのみ契約できる専用プランです(申込時に12歳以下であれば、利用中に12歳を超えてもキッズケータイプランを継続して利用可能)。 ドコモの通常スマホは月額500円プランで利用することは出来ませんが、 本体価格だけなら新規契約に使える「端末購入割引」を適用してキッズケータイ SH-03Mより安い負担で買える機種すらあります。 ・ ・ それぞれの料金プランは下記公式シミュレーション機能を使って計算出来ます。 参考: キッズケータイプラン契約「ドコモの親回線」が必要 NTTドコモのキッズケータイプラン(Xi)は、月額500円で契約できる専用のプランであり、追加のパケットプランやオプション加入は必要ありません。 しかし、この キッズケータイプランを契約する事ができるのは、NTTドコモでスマホ・ケータイ回線を契約している家族がいる場合に限ります。 (ウェブ手続きの場合)【キッズケータイプラン2をお申込み希望のお客様】:ご利用者 お子様 の登録および確認のため、健康保険証などの書類にて年齢を確認させていただきますのでご用意ください。 12歳以下の方は、親権者名義でのお申込みとなります。 ご利用者 お子様 の年齢と、ご契約者様と同一名字、同一住所であることが確認できる書類をご用意ください。 例えば、家族(ドコモが規定する「三親等の範囲」まで)がドコモで「ギガホ」や「ギガライト」のスマホプランを契約している場合や、ケータイプランを契約している場合に、その回線を「ファミリー割引の代表回線」として、キッズケータイを「副回線」として紐付けることで申し込みが出来るようになります。 ファミリー割引が利用できる組み合わせ対象のプランは、ドコモの新しいスマホ・ケータイプランだけでなく、旧プラン(現在は新規受付はしていない)カケホーダイ系・シンプルプラン・タイプXiにねん、といったプランでもOKです。 月額500円のキッズケータイプラン(Xi)を使いたい場合は、商品到着後にプラン変更手続きを行うようアナウンスが出ています。 ドコモオンラインショップで、キッズケータイ SH-03Mへの機種変更・契約変更のお手続きをされる回線が、シェアパックもしくは2台目プラスをご契約中のお客さまは、カケホーダイプラン(ケータイ)でのご契約となります。 <シェアパックをご契約中の場合>:商品到着後にキッズケータイプラン(Xi)へプラン変更手続きをお願いいたします。 <2台目プラスをご契約中の場合>:事前にカケホーダイプラン(ケータイ)へプラン変更を行っていただいた後にキッズケータイをご購入いただき、商品到着後にキッズケータイプラン(Xi)へプラン変更手続きをお願いいたします。 この場合、カケホーダイプラン(ケータイ)の高い料金が初月に掛かってしまう事になりえますが、 この損失についてはドコモが後日返金対応をアナウンスしています。 開通(利用開始の手続き)された月と同月内にキッズケータイプラン(Xi)へご契約プランを変更され、翌月1日時点でキッズケータイプラン(Xi)をご契約のお客さまについては、後日ドコモから差額を返還 オンラインショップではなく店頭でキッズケータイを買えば、その場で料金プランを変更出来る見込みですが、オンラインショップでキッズケータイを ウェブ購入する場合に限り機種変更の事務手数料(2,000円または3,000円)が無料になりますので、差額返金の手間を考慮してもオンラインショップ注文のほうがお得です。 「」 キッズケータイデビューキャンペーン キッズケータイ SH-03Mを購入する場合にのみ使える、「イマドコサーチ キッズケータイデビューキャンペーン」が2020年2月29日まで期間限定で実施されています。 「イマドコサーチ」とは、キッズケータイに搭載されているGPS(位置情報)を利用して、キッズケータイの現在地(つまり子供のいる場所)を地図で確認できるサービスです。 「今こどもがいる場所」を即座に検索することが出来る他、移動中の子供を追跡する「移動みまもり検索」や、キッズケータイの防犯ブザーが利用されたタイミングで居場所をメールで通知する「ブザー検索」機能もあります。 通常この「イマドコサーチ」は月額200円(税別)、1回の検索料金 5円が掛かるサービスですが、キッズケータイ SH-03Mの購入と同時にイマドコサーチに申し込みをすることで、200円分のdポイントが貰えます。 以下1~4すべて満たした場合が対象となります。 キャンペーン詳細およびイマドコサーチのサービスについてはドコモのサイトを参照ください。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 198• 165• 133• 132• 1,062• 323• 266• 118• 2 最近の投稿• 2020年7月21日• 2020年7月18日• 2020年7月17日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に 一括 より• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

[2020年]格安SIMのおすすめキッズ携帯!月額料金を大手キャリアと比較

キッズスマホ 月額

auのキッズスマホ、基本はミライエf(フォルテ)• auが販売するキッズスマホが、ミライエf(フォルテ)です。 特徴は、子ども(小学生、中学生)に渡しても安心な、制限機能を備えていることです。 ミライエf(フォルテ)はLINEに対応 ミライエfは、キッズ携帯でなく、スマートフォンです。 GooglePlayストアに対応しているので、LINEの使用は可能です。 ただし、まだLINEは使用させたくないという段階なら、 アプリ LINE・動画などの制限機能により、時期が来るまで使用を止めることもできます。 ミライエf(フォルテ)の制限機能は非常に高い 子どもにスマホを与える上で重要なのが、使い過ぎやトラブルを防ぐための、制限機能です。 auのミライエf(フォルテ)は、子ども向け格安スマホのTONEモバイルと、1、2位を争う制限機能を持っています。 ミライエf(フォルテ) TONE ゲームの利用と管理 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。 ゲーム1つ1つの使用許可を親が決定できる。 さらに ゲームごとに、利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。 LINEの利用と管理 利用の可否を親が決定できる。 利用の可否と、 利用可能時間帯・総利用時間を親が設定できる。 音声通話 1分40円(または1回5分以内かけ放題プラン) 1回10分以内かけ放題(または1分20円) 現在地把握 保護者のスマホから可能(有料) 保護者のスマホ・PCから可能(ファミリーオプション200円に含む)。 防犯ブザー あり。 ブザー利用時に、自動でカメラを起動し、写真と位置を保護者にメール。 なし インターネットへのアクセス制限 有害サイトのブロック機能(無料) 有害サイトのブロック機能。 全国の公教育と同じ「ALSI」のシステムを利用(100円/月)。 歩きスマホ対策 警告画面が出て、一時的に操作できない。 警告画面が出て、一時的に操作できない。 親のメールにも通報。 利用可能時間帯・総利用時間管理 利用可能時間帯・総利用時間管理を設定可能。 利用可能時間帯・総利用時間管理を、アプリごとに設定可能。 その他 人を傷つける言葉を入力すると警告が出る。 防犯ブザーは、セコムへの連絡も可能(有料)。 現在の居場所だけでなく、当日の行動経路も確認可能。 登録した場所(学校・塾・駅など)への出入りを把握し、自動通知も可能。 ミライエf(フォルテ)の月額料金は、4480円 ミライエf(フォルテ)の月額料金は、家族2人がauを使用していて3人目の場合、月額4980円となります。 家族外へ月15分と試算) 600円 機種代(2年で分割) 900円 月額合計 4480円 (学割適用の場合1年目) (3480円) (3年目以降の月額) (3580円) が4724円(らくらくスマートフォンMe)、ソフトバンクが5000円(シンプルスマホ4)ですので、大手キャリアとしては、横並びの料金となります。 月1000~2000円の追加料金が発生し、4GBプランとほぼ同額です。 ミライエf(フォルテ)は、機種が古くなり、中3くらいからは使いにくいデザイン• 現在、キッズスマホを発売している大手キャリアは、auだけです。 au … ミライエf(フォルテ)を発売中。 ドコモ … ジュニアスマホを製造中止。 が子ども向け。 ソフトバンク … 発売歴なし。 代理店では、シンプルスマホか普及機を勧めることが多い。 auのミライエf(フォルテ)は、2017年1月の発売で、すでに3年もたっています。 auは、ライバルのドコモの商品展開を意識する会社ですので、ドコモが子ども向けスマホの発売をやめた現在、ミライエのバージョンアップへの熱意は薄いとみます。 また、デザインから、中3あたりになると、子どもっぽい、まわりの友達と違うと言い出す可能性もあります。 ミライエf(フォルテ)は、制限機能がすぐれてはいるのですが、小3か小4で与えて、中2までといったスパンが適しているかも知れません。 その理由として、auは通常のスマホにもあんしんフィルターを搭載していることもあります(下で説明)。 auの普及機(ミッドレンジスマホ)にも、制限機能がある 現在、auはiPhoneを除くすべてのスマホに、上のようなあんしんフィルターを設定することができます。 使用時間制限 … 使用時間帯は制限できる。 総使用時間は制限できない。 アプリごとのきめ細かい制限はできない。 アプリの制限 … 小学生、中学生、高校生の段階別に アプリ LINE、動画などを一括制限できる。 一括制限への例外として、特別に許可したり、特別に制限したりも可能。 居場所の確認 … おおまかなエリアのみ。 ネットのフィルター … 段階別。 例外設定も可能。 歩きスマホ制限 … あんしんフィルターとは別に、アプリ導入で制限可能。 ただし、親への報告の機能はない。 心配な歩きスマホは、別のアプリ導入で制限できますので、ミライエとの差は少なくなっていると言えます。 一方、 iPhoneの場合、外部の干渉を受け付けない設計のため、あんしんフィルターは十分に機能しません。 iPhoneのお下がりを子どもに譲るなら、TONEモバイル同等の制限機能が利用できる、TONE SIMがおすすめです。 申し込んで送られてきたSIMカードを、お下がりのiPhoneに差し込むだけです。 ネットが中速無制限となり動画の閲覧に制約が出ますが、制限機能は突出して優れたものになります。 例えば、LINEは夕方まで、パズルゲームは1日1時間以内、学習アプリは24時間OKのような設定も可能です。 auの普及機(ミッドレンジスマホ)のおすすめ• 左:Galaxy 中:Xperia 右;AQUOS 人気機種 説明 Galaxy A20 SCV46 定番の Galaxy の入門機種。 性能はやや低めも格安。 簡単モード搭載で子ども向け。 デザインは、中学でも使える。 ストラップホールがありネックストラップ装着可能で、置き忘れる小学生におすすめ。 5.8インチは、歩きスマホがしづらいサイズ。 2万円弱。 (注)ネックストラップは、エレベーターや電車のドアに挟まることがあります。 安全装置付きのものを選んでください。 Xperia 8 SOV42 Xperia の普及機。 ワンセグ(テレビ)は映らず、高度なゲームまでは厳しい。 写真がンまずまずきれいに撮れる。 自撮りの補正機能があり、中高生の女子に受けそう。 6インチは、歩きスマホがしづらいサイズ。 5万円弱。 AQUOS sense3 アクオスブランドの特徴はディスプレイが見やすいこと。 電池持ちがよく(4000mAh)、連絡がつかない心配が少ない。 値段の割に高性能でかなりお買い得。 専門家が勧めることが多い。 広角カメラも搭載。 中学生に上がってからはもちろん、高校生になっての使用にも十分耐えるモデル。 5.5インチは、歩きスマホがややしづらいサイズ。 3万円弱。

次の

[2020最新]キッズ携帯おすすめ7選|ドコモ・au・ソフトバンクの子供向け携帯

キッズスマホ 月額

スマホを使用するには、毎月通信料がかかります。 料金は購入する機種や契約内容、使い方で変わるため、人によって異なります。 しかし、契約会社が同じ場合は、料金はある程度共通していることが多く、自分が多く払いすぎてはいないか、疑問に思うこともあるでしょう。 スマホの料金は高い場合だと1万円近くにもなるため、これを毎月続けるとなると、かなりの出費になります。 年間の支出を削減するには、固定費の見直しが大切であり、スマホ料金は最も削減しやすい固定費と言えます。 スマホ料金の平均を知って、平均以上に払いすぎていないか、また料金を下げるにはどうすべきかを知りましょう。 スマホ料金の1カ月の平均金額 スマホをお得に使うには、まずは1カ月でどれくらいの料金が平均なのかを知ることが大切です。 平均は契約会社や男女によっても違うため、それぞれのデータと自身の使用状況を比較する必要があります。 平均より高いなら使い方を見直して、料金の削減を図りましょう。 また、平均以下の料金でも、そこからさらに下げられる可能性はあるため、見直しは必要です。 平均額から自身のスマホ料金を見直し、現時点での支払い状況を確認しましょう。 キャリア利用の場合の平均金額 ドコモやau、ソフトバンクなど、大手キャリアを利用している場合の平均金額は、月々9,000円程度です。 これは端末の支払いが残っている場合であり、支払い終了後は7,000円程度が平均です。 大手キャリアはどうしても通信料そのものが高い傾向にあるため、月々の料金も上がりやすいでしょう。 格安SIM利用の場合の平均金額 格安SIM利用の場合の平均金額は、端末の支払いが残っている場合で、4,600円程度です。 支払いが終わっている場合は、半額の2,300円程度が平均であり、端末代金に月々の料金が大きく影響されます。 格安SIMなら、大手キャリアよりも通信料が格段に抑えられるため、節約したい人にはおすすめです。 ただし、キャリアと比べると、通信スピードが遅かったり、エリアによっては電波接続が不安定になりやすいため、注意しなければなりません。 もちろん、環境次第では問題なく使えるため、安いながらもキャリア契約とほとんど同じ状態で使える場合もあります。 男女別の平均金額 男女別でもスマホ料金の平均金額は違い、男性は5,700円程度、女性は7,500円程度です。 女性の方が平均金額が高いのは、アプリの使用時間の長さが関係しています。 アプリの使用時間が長いため、課金する機会も多い、あるいは通信量をオーバーするため容量の多いプランに加入しているなど、理由は1つではありません。 もちろん、男性でも平均以上の料金を使っている人は当然いるため、男女差よりも使い方に目を向けたほうが賢明でしょう。 スマホの月額料金の平均を下げる方法 スマホを使用するなら、当然毎月料金を支払わなければなりません。 しかし、必ずしも平均、あるいはそれ以上の金額がかかるわけではなく、契約の仕方や使い方次第で料金は下げられます。 スマホの契約の方法は選択肢が多いため、どの方法が良いのか悩むことも多いでしょうが、1つ1つを見直すと大幅に料金が下げられる場合もあります。 1,000円でも料金が違うと、年間で12,000円の違いになり、長く使うほどお得になるでしょう。 スマホは契約の更新や機種変更はするものの、継続して使用することは確かなため、少しでも料金を下げて使うことが大切です。 プランの見直しをする 料金を下げるには、まずはプランの見直しが大切です。 人によって加入しているプランは違うため、ネットや店舗で確認して、不要なプランがあるなら外しましょう。 プランによっては、契約時に加入して、後から外せない、あるいは再加入ができないものもあるため注意が必要です。 契約担当者の話に乗せられないように、1つ1つのプランはしっかり確認して、本当に必要か吟味することが大切です。 また、契約会社によってはセット割引もあり、一見不要なプランに加入することで、料金が安くなる場合もあります。 不要なプランを外すだけではなく、まとめて割引を得るのもポイントのため、店舗で確認しながら相談してみると良いでしょう。 端末代金は選ぶ機種はもちろん、購入方法によっても異なります。 SIMフリーの機種なら、キャリアを通さず購入できますが、キャリアの割引特典が使えないため、場合によっては割高になる可能性もあります。 また、一括と分割の支払い方法によっても、料金が変わることもあるため、契約時に確認しておくとよいでしょう。 スマホの端末代金の割引サービスは契約会社によって異なるため、セット特典も含めて利用できる割引はないか聞いておくことが大切です。 機種変更の場合は、持っているスマホを下取りに出すことで、その分の金額を月々の料金から差し引いてもらえる場合もあります。 機種の状態によって下取りの可否や金額は異なりますが、画面割れや目立つ傷もなく、普通に使えるなら問題なく下取りしてもらえるでしょう。 無料通話アプリを活用する 月々の料金で意外に使っていることが多いのが電話料金であり、これを減らすことも大切です。 キャリアの回線を使って電話をすると、お金がかかるため、無料通話アプリを使うことを心がけましょう。 LINEやSkypeなら何時間話しても無料で使えるため、電話利用が多い人なら、これだけでも費用を抑えられます。 電話かけ放題のプランも用意されていますが、これは別途加入でお金が必要です。 電話をすべて無料通話アプリで行うなら、かけ放題のプランは不要であり、これを外すだけでも料金は抑えられます。 通常の電話に比べると電波が不安定になることもありますが、エリアによっては全く問題なく使えることも多いです。 WiFiを上手に使う 自宅でWiFiが使えるなら、家にいる間は必ず接続しておきましょう。 WiFiに接続している間は、通信量がかからないため、どれだけ使っても通信制限に引っかかることはありません。 通信量をそれほど必要としないなら、データ容量の小さいプランに変更することも可能です。 通信量を抑えるにはWiFiの活用は欠かせないため、自宅はもちろん、外出先でもWiFiがあるなら積極的に使うことが大切です。 している場合、月々の費用は固定のため、使わないと損をします。 また、ポケットWiFiの料金を見直すこともおすすめです。 こちらの記事はしましたので、ぜひご参考ください 中古のスマホを利用する スマホの端末は中古でも購入が可能です。 中古なら端末の購入金額は非常に安く、場合によっては半額程度に抑えられることもあります。 もちろん、安すぎる場合は故障や不良品の危険性もあるため注意が必要ですが、選び方さえ間違えないなら問題はありません。 また、中古の端末だとキャリアでの2年縛りがないため、自由に解約ができます。 通常なら契約更新のタイミング以外での解約は高額な違約金が発生しますが、中古ならその心配がありません。 料金を抑え、かつ自由に使えるため、金銭面以外のメリットも大きいでしょう。 キャンペーンを利用する キャンペーンを利用して契約するのも、料金を下げるには大切なことです。 契約会社ごとにキャンペーンの内容や打ち出す時期は違い、利用できる条件も異なります。 例えば学生限定の学割や機種変更や乗り換えだけに適用できるプランなどがあり、まずは適用条件を満たしているか確認が必要です。 キャンペーンを適用すると、通常よりもお得に契約できる場合が多いため、念入りにチェックしておきましょう。 キャンペーンは期間限定で行われるのが基本ですが、終了後は別のキャンペーンが始まる場合も多いです。 キャンペーン中だからと焦って契約せずに、内容をしっかり確認して、本当にお得に使えるか吟味して選ぶことが大切です。 平均を下げるためのポイントはまとめること スマホ料金を平均以下の金額に下げるポイントは、各種料金をまとめることです。 スマホ料金は別の費用とも合算することができ、まとめることで特別な割引を適用してもらえることも多いです。 各種料金のひとつにまとめることで、支払先も限定され、よりスムーズに料金支払いができます。 お金の流れも把握しやすくなるため、出費の管理にも役立つでしょう。 自宅の固定電話をまとめる 自宅に固定電話を引いている場合は、固定電話をスマホとまとめることが可能です。 2つの電話料金を1つの会社にまとめることで、割引が適用されることがあるため、店頭で詳しく確認しておきましょう。 これらをまとめると、スマホの料金はもちろん、固定電話の料金も安くなる場合があるため、ダブルでお得です。 仮に固定電話の料金が上がる場合でも、スマホ料金の割引と差し引きすると、実質お得になるケースもあります。 また、固定電話だけではなく、自宅のインターネット回線をまとめることも可能です。 スマホ、固定電話、インターネットの3つをまとめると、さらなる割引が期待できます。 電気料金をまとめる auやソフトバンクなら、スマホと電気料金をまとめることも可能です。 まとめることで割引が適用されるのはもちろん、ポイントが付く場合もあるため、よりお得に利用できるでしょう。 電気料金は店頭に検針票を持ち込むことで、手続きができます。 電気料金自体も安くなる場合があり、これも絶対に必要な固定費のため、割引されるなら、なおお得でしょう。 家族でまとめる 家族割を行う契約会社は多いため、家族でまとめて同じ会社と契約するのもおすすめです。 家族割だと基本的な料金が割引されたり、家族間での通話がし放題だったりと、金銭面以外のメリットが得られる場合もあります。 また、他社乗り換えならキャッシュバックによてさらにお得な場合もあります。 キャッシュバックがある場合は、それも含めて月々の料金を計算すると、さらにお得に使えるでしょう。 まとめて乗り換えをする場合は、違約金がっても乗り換え先の会社が負担してくれる場合もあるため、割引内容は細かく確認することが大切です。 さらにスマホは長期間にわたって使用するため、10年、20年と考えると、スマホ料金だけでも膨大な金額になるでしょう。 スマホ料金は生活に必須な固定費とも言えるため、少しでも安く抑えることが大切です。 料金を削減するには、まずは平均を知って、現状の金額を見直しましょう。 平均以下の場合でも、契約内容や使い方を見直すことで、さらに料金を下げられる場合はあります。 工夫次第で料金は大幅に変動するため、自分に合った方法で契約して、平均よりも安い金額でスマホを使いましょう。

次の