岡本 なんj。 岡本篤志161キロwwwwwwwwwwww : オリックス速報@なんJまとめ

岡本篤志161キロwwwwwwwwwwww : オリックス速報@なんJまとめ

岡本 なんj

ダウンタウン・松本人志 7月21日、吉本興業所属の松本人志と東野幸治がMCを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)が、一部生中継を行う。 吉本芸人を中心とした闇営業騒動が波紋を広げている中、吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が20日、都内で謝罪会見を行ったことを受けての対応とみられている。 20日、2時間半近く続いた会見では、吉本興業の岡本昭彦社長が謝罪会見の開催を求める田村に対して、「お前ら、(録音)テープを回していないだろうな? 」と確認したうえで、「(田村が)辞めて1人で会見したらええわ。 やってもええけど、(騒動の渦中の芸人)全員連帯責任でクビにする。 俺には全員クビにする力がある」などと恫喝。 さらに、2人が正直にすべてを洗いざらい告白するため、謝罪会見はインターネットなどでの生配信にも対応した形にしてほしい旨を岡本社長に伝えた際には、「それはこっちで決める」とし、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」などと発言したことも明らかにされ、大きな波紋を広げている。 スポーツ紙の芸能デスクはこう語る。 「2人が会見で話した内容が事実ならパワハラ以外の何物でもない。 いずれにせよ、吉本の企業イメージは地に堕ちましたね」 そのうえで、「まあ、あの人ならそのくらいのパワハラ発言はしていてもおかしくない。 業界内でもかなりのコワモテで知られていましたからね」と岡本社長について言及する。 岡本社長といえば、「ダウンダウン」のマネジャーを務めていた当時は、日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」にもたびたび出演し、松本や浜田雅功から番組内でイジられていたことはファンの間では広く知られている。 そのことでも分るように、かつての吉本ではダウンタウンのマネジャーを務めることは出世への登竜門だったわけですが、そのぶんプレッシャーも大きく、仕事もハードで、長く務められた者はほんの一握り。 そういう意味では、岡本さんは確かにスタッフとして優秀だったと思います」とは他の芸能事務所の幹部。 だが、その一方でこんな声も……。 「ダウンタウンを守ろうという意識の強さの裏返しか、マネジャー時代からとにかく現場では細かい注文が多く、幹部になってからは高圧的な態度も目立っていました。 『ウチの松本を何だと思っているんだ』、『おたくはダウンタウンを潰すつもりか』など、よくスタッフを怒鳴りつけている姿を目にしましたね。 幹部になってからも、ダウンタウンの現場には時々姿を現していましたが、部下にあたるダウンタウンの現役マネジャーらは戦々恐々といった感じで、周囲のスタッフも腫れ物に触るように扱っていました」 放送作家 さらに、その矛先はあの人気アイドルグループにも。 「ある番組に吉本所属のNMB48のメンバーが出演した際、大崎会長と岡本社長が現場に視察に来ていたことがある。 番組収録後、メンバーたちが番組内で披露したお手製のデザートを手に『もし良かった食べてください』とスタッフに配る中、現場にいた岡本社長にも声を掛けたら、『いらん』と不機嫌そうに拒み、『俺は秋元(康)は嫌いや。 信用ならん』って吐き捨てたことも。 それを隣で見ていた大崎会長は苦笑いを浮かべていましたね」(前出・放送作家) 今でこそ、吉本坂46を展開するなど吉本と秋元は良好な関係だが、当時は微妙な距離感にあったという。 「NMB48が始動した際はAKB48グループをバックアップしている京楽が『沖縄国際映画祭』のスポンサーをするなどの関係性はあったとはいえ、今ほどの友好頼関係にはありませんでした。 とくに若い頃にダウンタウンのマネジャーを務めていた岡本社長は、当時しのぎを削っていた、とんねるずと縁の深い秋元さんに対して、思うところもあったのでしょう。 自分の会社のお偉いさんにデザートを差し出したら、あからさまに不機嫌な態度で拒絶されたわけですから、さぞかし驚いたことでしょうね」(前出・放送作家) 元所属タレント2人の告発でパワハラ疑惑も浮上している岡本社長だが、果たしてその剛腕で窮地の吉本興業を立て直すことができるのだろうか。

次の

岡本太郎「自分の好きなプロ野球チームが勝つと偉くなったような気分になるやつはバカ」

岡本 なんj

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの2回戦。 巨人は2点を追う六回、4番岡本のソロ本塁打で1点差に迫ると、パーラが右翼席に逆転の2点本塁打を放ち、試合をひっくり返した。 しかし、その裏に救援陣が捕まり、山田哲に満塁本塁打を浴びるなど一挙7失点で再逆転を許した。 巨人は岡本が本塁打を含む4安打を放つなど計13安打を打ったが、六回の大量失点が響きヤクルトに連勝とはならなかった。 巨人打線は初回、ヤクルト先発の小川から丸が四球で出塁すると、岡本が左翼線二塁打を放ちチャンスを広げる。 亀井も四球を選び満塁としたが、陽が二ゴロに倒れ先制点を挙げることができない。 巨人の先発は田口。 初回に先頭の坂口、続く山田哲に連続二塁打を浴び、早々に先制点を献上してしまう。 さらに西浦、村上にも連打を許し、初回に2点を失った。 その後田口は尻上がりに調子を上げ、三、四、五回は三者凡退に抑え、打線の反撃を待った。 五回まで無得点に抑えられていた巨人打線だったが、六回に小川を捉える。 先頭の岡本が反撃の口火を切る中越えソロ本塁打を放つと、陽が四球を選び一死一塁。 ここでパーラにライトスタンドに飛び込む逆転2点本塁打が飛び出し、試合をひっくり返す。 さらに大城が左越え二塁打でチャンスメイクをすると、田口が左中間適時二塁打を放ち自らのバットで点差を2点に広げた。 しかしその裏、救援陣がヤクルト打線に捕まる。 2番手の高木がこの回先頭の村上に右越えソロ本塁打を浴びると、その後も連打を許し降板。 このピンチでマウンドに上がった3番手の宮國だったが、代打の荒木に四球を与え一死満塁とすると、続く代打の青木に左中間適時二塁打を打たれて逆転を許してしまう。 さらに4番手の藤岡も四球から再び一死満塁とされると、山田哲に左越え満塁本塁打を打たれた。 なんとか追いつきたい巨人打線は、最終回にヤクルト4番手の長谷川を攻める。 一死から丸が中前打で出塁すると、岡本がこの日4安打目となる左前打で続きチャンスを広げる。 このチャンスに亀井の代打石川が右前適時打で応え5対9。 さらに二死一、二塁から鍬原の代打岸田がプロ初安打、初打点となる左越え適時打を放ち3点差まで詰め寄る。 一発が出れば同点の場面だったが、大城が空振り三振に倒れ6対9で試合終了。 巨人打線は岡本の4安打、岸田のプロ初安打など合計13安打を放ったが、救援陣の大量失点で逆転負け。 ヤクルトに連勝とはならなかった。

次の

[B!] なんJ PRIDE : 岡本和真(巨)の完成形wwwwwwwwww

岡本 なんj

東京ドームで行われた阪神タイガースとの3回戦。 巨人は1点を追う四回、4番岡本の今季1号となる逆転2点本塁打など、打者10人で5点を挙げ逆転、五回にもパーラの2試合連続となる2点本塁打が飛び出し主導権を握る。 先発の来日初登板のサンチェスは初回に先頭打者本塁打を浴び先制を許すが、その後は六回途中で降板するまで阪神打線を封じ、継投で逃げ切って7対1で勝利。 巨人は3年ぶりの開幕3連勝を飾るとともに、開幕カードの対阪神戦に限っては史上初の3連勝となった。 巨人先発のサンチェスは初回、近本に先頭打者本塁打を浴び先制点を許すが、その後は阪神打線を無安打に抑え、序盤を最少失点に抑える。 対する打線は二回に岡本・中島の連打で得点圏に走者を進めるが、後続が倒れ無得点に終わる。 1点ビハインドのまま迎えた四回、サンチェスは二死ながら一、二塁と得点圏に走者を背負うが、ボーアを打ち取りピンチを脱する。 その裏、先頭の丸が今季初安打となる中前打を放つと、続く岡本が右中間への2点本塁打を放ち逆転に成功。 さらに一死から陽の右中間二塁打でチャンスメイクすると、パーラの中前適時打、北村のプロ初安打となる左前適時打、坂本の中前適時打でこの回に5得点を挙げビッグイニングを作り上げる。 巨人打線は五回にも二死二塁からパーラの2試合連続となる右越え2点本塁打で差を6点に広げる。 大量の援護点をもらったサンチェスは六回、二死満塁のピンチを招き、ボーアを打席に迎えたところで降板。 昨日に続きピンチで高木にスイッチ。 高木は、ボーアを二ゴロに抑え無得点でこの場面を切り抜ける。 七回には澤村が登板。 阪神打線を三者凡退に抑えると、八回を中川、九回を宮國と繋ぎ相手打線を無得点に抑え7対1で逃げ切る。 先発サンチェスは六回途中1失点で来日初登板初勝利。 巨人は3年ぶりの開幕3連勝とともに、開幕カードの対阪神戦としては初の3連勝となった。

次の