楽天モバイル データ制限モード。 楽天モバイルでテザリングをやってみた

楽天モバイル、ユーザー用アプリの「データ制限モード」を名称変更

楽天モバイル データ制限モード

Contents• 楽天アンリミットにはデータ制限モードがある! こんにちは!チチ猫です。 楽天モバイルが新プラン『UN-LIMIT』を発表し、第四のキャリアとして歩みだしました。 そこで気になるのが、 『データ制限モード』。 これをもってデータ使い放題を謳ってる部分もあり、どんなサービスなのか? 本当に使えるのか?疑問に思われている方も多いようです。 今回はデータ制限モードにフォーカスを当てていきたいと思います。 データ制限モードとは? MVNO(格安SIM)に興味のある方、すでに乗り換えたことがある方ならご存知かもしれませんが、データ制限モードとは一体どんなものでしょう? キャリアによって呼び方が データ制限モードや、節約モード、低速モードなど異なります。 要は速度が遅く制限される代わりに、そのモードで行った通信はデータを消費しません。 実質の使い放題ともいえますが、大事なのは速度です。 使い放題といっても速度が遅くて使い物にならなければ意味がありません。 楽天アンリミットってデータ無制限なのでは? あれ?楽天アンリミットってデータ無制限だったのでは? と思った方もいるかもしれません。 しかし、それはあくまで楽天エリアでの話。 現状の楽天エリアはまだ非常に狭く、主に都市部のみ整備されている形です。 そのエリアに住んでいるかたなら、より高速な通信を制限なくまさに使い放題になるわけですが、そのエリアの恩恵を受けられる方はまだまだ少ない状況です。 ではエリア外の人はどうなるのか? エリア外ではパートナーエリアとしてauの回線を利用することになります。 しかし、こちらはデータ無制限の対象外。 月5GBまでの制限があります。 なので、パートナーエリアにいる場合はデータ制限モードを活用しながら5GBを上手く利用するのが賢い方法といえます。 データ制限モードの速度 次の表は主なキャリアの制限モードの速度についての表です。 キャリア 通信速度 楽天UN-LIMIT 1Mbps UQモバイル 300Kbps OCNモバイルONE 200Kbps イオンモバイル 200Kbps iijmio 200Kbps mineo 200Kbps スーパーホーダイの1Mbpsからの流れを汲んで、楽天アンリミットのデータ制限モードの速度も最大1Mbpsと高速で通信が可能です。 その他主要な格安SIMキャリアの節約モード通信は200Kbpsかそれ以下なので、楽天モバイルはこの部分については以前から力をいれていることがわかります。 比較的速いUQモバイルの節約モードの速度の、実に3倍以上の速度がでます。 混雑時間帯の速度は? ひとつ気になっていたのは、混雑時間帯のデータ制限モードの速度。 以前のプラン『スーパーホーダイ』では、混雑時間帯のデータ制限モードの速度が300Kbpsに制限されていました。 混雑時間帯とはお昼12:00~13:00。 夕方17:00~18:00。 混雑時間帯なので、いたし方ない部分もあったのですがこれが以前は残念なポイントでした。 今回の楽天アンリミットになってから夕方17:30ごろ速度を測定してみると・・ 1Mbps出ていました! これは嬉しいサービスの進歩です! 混雑時間帯も含めて一日中節約モードでも1Mbpsで通信できるとなれば、快適な通信環境が整うことになります。 通信の質には今後期待! そもそも楽天エリアがもう少し広がってくれれば、節約モードが必要なくなる人も多くなるでしょう。 さらにちょっと専門的な話になりますが、楽天エリアの対応バンドは現状band3のみです。 LTE周波数帯なので、高速通信が可能ですが直進性が高く干渉を受けやすく、障害物にも弱く建物などでは繋がりにくい特性があります。 楽天エリアにいるからといっても油断はできません。 気づいたらサポート回線に切り替わっている場合もあるようです。 対応バンドも含めて通信回線の拡充・安定化は今後の楽天モバイルの課題といえるでしょう。 データ制限モードの利用方法 データ制限モードの利用方法はカンタンです。 利用はmy楽天モバイルから行います。 ここをタップすることで切り替えることが出来ます。 カンタンですね! 上の画像だとデータ制限モードがONになっている状態です。 ちょっとわかりづらいかもしれません。 注意してよく確認するようにしましょう。 データ制限モードでどんな通信ができる? 制限モードの中でも最大1Mbpsで通信ができる『データ制限モード』なら、ほとんどの通信ができるといっても過言ではありません。 私自身もそんなに重い通信をするほうではないのですが、YouTube動画なんかは日中ほぼ垂れ流し状態(笑)で利用しています。 YouTube動画:高画質は不可。 標準動画なら止まることなく視聴可能。 Web検索:テキスト中心ならストレスなく閲覧可能。 Amazonや楽天市場など画像がふんだんに利用されているサイトの閲覧には時間がかかる。 rajiko:止まることなく聴くことが可能。 ゲーム:ポケモンGoとフォートナイトくらいしかやらないのですが、やってるときに止まってしまったり、不便を感じることはありません。 私の使い方はきっとそんなにハードじゃないんだと思いますが、仕事柄音楽聞きながらだったりラジオ聞きながらできるので、その点はとっても重宝しています。 感覚的にはまさに使い放題。 データ容量を気にしないで使うことが出来るってのは非常に良いですよね! スーパーホーダイで出来る通信について以前に調べた記事がありますので、参考にしてください。 まとめ 楽天アンリミットにプラン変更をして半月ほど経ちました。 スーパーホーダイの時からデータ制限モードは多様していましたので、とりあえず最大1Mbpsのメリットは以前と変わっていないので一安心しています。 さらに 混雑時間帯でも1Mbpsでるようになりましたので、その点では非常に満足しています。 楽天アンリミットには賛否両論あるようですが、ひとまず1年間無料で使えるのであれば試しに使ってみるのも良いかなと思っています。 300万人契約までは1年間無料キャンペーン継続されるようなので、興味がある人はお早めに!.

次の

楽天モバイル、ユーザー用アプリの「データ制限モード」を名称変更

楽天モバイル データ制限モード

[2020年7月15日 更新] データ制限モードが『データ高速モード』に名称変更しています。 データ高速モードは初期状態でオン(高速通信を利用する設定)となっており、データ量を消費しない低速通信に切り替えたい場合は、これまでとは逆で手動でオフにする必要があります。 ついにスタートした第4のキャリア 「楽天モバイル(UN-LIMIT)」 楽天モバイル(UN-LIMIT)の特徴の1つに「日本全国データ使い放題」というものがあります。 これはそのままですが、月間の高速データ容量が無制限というものです。 「無制限」は楽天エリア内のみが対象。 エリア外では「データ高速モードをオフ」でデータ節約 が、これはまだまだエリアの狭い「楽天ネットワーク」内でのみ適用されます。 このパートナーエリアで高速データ通信量を節約することができる「データ高速モードをオフにする」という機能が楽天モバイルには用意されています。 ダウンロード、アップロードともちゃんと1Mbps出ています。 通信規制時(低速通信時)は128kbpsというプランが多いですが、楽天モバイルUN-LIMITはこのようにデータ高速モードをオフにした時や通信規制時も1Mbpsという速度で通信できます。 1Mbps出れば、画質低めのYoutubeくらいであれば、なんとか視聴可能です。 TwitterやLINEなどは普通のやり取りくらいであればノーストレスで使うことができました。 my楽天モバイルアプリは、契約状況や利用状況を一発で確認できるアプリです。 my楽天モバイルアプリを起動します。 ホーム画面を開き、データ量表示の下にある「データ高速モードをモード」の設定を確認します。 初期状態だとオン(高速通信ができる状態)になっています。 次にiPhoneやPCから楽天モバイルUN-LIMITのデータ高速モードをオンにする方法を紹介します。 表示されるメニュー内の「my楽天モバイル」をタップします。 楽天モバイル回線が紐づいている楽天IDでログインします。 右上のメニューボタンをタップします。 表示されるメニュー内の「ホーム」をタップします。 楽天モバイル回線の現在の利用状況が表示されます。 データ使用量の下に表示されている「データ高速モード」の設定を確認します。 初期状態だとオン(高速通信ができる状態)になっています。 パートナーエリアでも月間5GBは使える楽天モバイル それじゃ足りないという人はデータ高速モードを活用してみて 楽天エリアでの通信は「使い放題」のRakuten UN-LIMIT。 ただ楽天エリアはまだ広いとはいえば、パートナーエリアを使う機会も多いと思います。 が、月間5GBじゃ足りないという人は、この記事で紹介したデータ高速モード(旧:データ制限モード)を使ってデータ通信量を節約してみてください。 あわせてチェックしてみてください。 新規入会特典として2,000ポイント(通常ポイント)が、カード利用特典として3,000ポイント(期間限定ポイント)がもらえます。 そして、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を申し込みするとさらに1,000ポイント(期間限定ポイント)がもらえます。 my楽天モバイルアプリは、契約状況や利用状況を一発で確認できるアプリです。 ホーム画面を開きます。 データ量表示の下にある「データ制限モード」をオンにします。 次にiPhoneやPCから楽天モバイルのデータ制限モードをオンにする方法を紹介します。 表示されるメニュー内の「my楽天モバイル」をタップします。 楽天モバイル回線が紐づいている楽天IDでログインします。 右上のメニューボタンをタップします。 表示されるメニュー内の「ホーム」をタップします。 楽天モバイル回線の現在の利用状況が表示されます。 データ使用量の下にある「データ制限モード」をオンにすればOKです。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

楽天モバイル データ制限(低速)モード

楽天モバイル データ制限モード

Contents• そもそもデータ通信容量とは? スマホでインターネットを利用していると、急に通信速度が遅くなった経験はないでしょうか? 色んなアプリを立ち上げ過ぎたかと思って、電源を落として再起動しても、戻らなかった場合、 月々のデータ通信量用をオーバーしていることが考えられます。 docomo、au、ソフトバンクでも、格安スマホ MVNO でも、月々インターネットを使える上限というのが、1GB、2GB、3GB、5GB、8GB、10GBなどと、決まっています。 たとえば、格安スマホ MVNO の利用者の多くが選んでいる3GBプランの場合、大体、動画を10時間程度見ると、通信規制に引っかかり、インターネットの速度が低速状態になります。 利用している格安スマホ MVNO にもよるのですが、楽天モバイルの場合、通信速度は、200kbpsに制限されてしまいます。 200kbpsってどのくらいの通信速度? 低速状態の200kbpsがどのくらいの通信速度かを確認するために、何個かアプリを開いてみて、体感速度を確認してみました。 試してみたこと 体感速度 LINE、SMS、メール メッセージやスタンプは普段と変わらず送受信できる Googleの検索 検索結果が表示されるまでにかかる時間が、 低速状態になる前の5倍程度がかかります ラジオ radiko. jp 最初の読み込みに時間がかかりますが、一度繋がると、 普段通り聴けます YouTube 再生されるまでに時間がかかる、一度繋がってもすぐ に途切れる Twitterの読み込み 低速状態になる前の10倍程度時間がかかります。 通信規制を受けたことのある方にとっては、当たり前の結果ですが、まともに使えるのは、LINE、SMS、メールといったメッセージの送受信くらいです。 動画、画像はもちろん、Googleの検索結果やTwitterのツイートの読み込みも、待ち時間がめちゃくちゃ長くなり、「家に帰ってWi-Fiに繋いで、確認した方が速いな」と、途中で諦める程、使いモノになりませんでした。 楽天モバイルの低速モードが優れている3つのポイント ところが、楽天モバイルの低速モードを使うと、こうした通信規制を回避して、快適にインターネットが使えるようになります。 そもそも低速モードというのは、 月々のデータ通信容量をオーバーする前に、自分で通信速度を200kbpの低速状態にして、月々のデータ通信容量を節約する機能のことです。 「200kbpsでは、使いモノにならないと言ったばかりじゃないか」と思われるかもしれませんが、楽天モバイルの低速モードは、他の格安スマホ MVNO の低速モードより優れているポイントがいくつかあるので、見ていきましょう。 バースト転送機能とは、ウェブページを開いてから、最初の2〜3秒間のみ、ページを高速で読み込んで表示して、ページを読み込み終わると、元の低速状態に戻る機能です。 実際に通信速度を測定してみると、最初の2〜3秒は1Mbps程度の通信速度が出ており、低速状態の5倍もの通信速度で、ページを読み込んでくれます。 動画再生や画像が多いInstagramやGoogleフォトを使うにはあまり効果がありませんが、 Twitterやテキスト中心のブログであれば、低速モードでも、十分快適に閲覧することが出来ます。 ニュースサイトやTwitterやLINEなど、情報収集や友達との連絡のやり取りにスマホを使う方にとっては、データ通信容量を気にせず、無制限にスマホを快適に利用できるので、バースト転送機能は、かなり便利な機能だと思います。 他の格安スマホ MVNO の場合、こうしたアプリを提供していないこともあり、毎回マイページにアクセスして、ID、パスワードを入力して、ページを辿って、低速モードに切り替えないといけないんです。 データ通信容量を節約しようと思っている方は、普段は低速モードで、ウェブサイトを見て、画像や動画が多くて「ちょっと通信速度が遅いな」と思ったら、低速モードを解除して、といった使い方をすると思います。 そんな時にわざわざ、マイページにアクセスして、ID、パスワードを入力して…とするのは、面倒ですよね。 小まめに確認すれば、月々のデータ通信容量をオーバーさせずに、コントロールすることが出来ますし、月末でデータ通信容量が余っているようであれば、低速モードを解除して、使ってもいいでしょう。 なお、楽天モバイルSIMアプリに「直近3日間」というタブがありますが、こちらは、直近72時間以内に消費したデータ通信容量を表示しています。 なぜ、1ヶ月のデータ通信容量以外に、3日間のデータ通信容量を表示しているのかというと、楽天モバイルは「3日制限」と言って、直近3日間で利用できるデータ通信容量が以下のように制限されているからです。 プラン名 音声SIMの月額料金 3日間の速度制限 ベーシックプラン 1,250円 なし 3. 1GBプラン 1,600円 540MB 動画1時間半程度 5GBプラン 2,150円 1GB 動画3時間程度 10GBプラン 2,960円 1. 7GB 動画5時間程度 正直、3日制限は、楽天モバイルの弱点で、OCNモバイルONE、フリーテル、mineo マイネオ 、ぷららモバイルなどは、3日制限がありません。 でも、たとえ、3日制限がなくても、スマホで、オンラインにuploadされているドラマや映画を視聴すると、月々のデータ通信容量を一気に消費し切ってしまいます。 そもそも、動画視聴やアプリのダウンロードなど、データ通信容量を沢山消費するコンテンツを、スマホで見る場合は、Wi-Fiを利用した方が、データ通信容量を節約出来ますよね。 「スマホで、動画を長時間視聴する場合は、Wi-Fiを利用する」と決めておけば、3日制限は、それほど大きなデメリットにはならないという、考え方もあります。 この上限を超えると、通信規制がかかり、たとえば楽天モバイルの場合、200kbpsという低速状態になってしまいます。 通常通り利用できるのは、LINE、SMS、メールなどのメッセージの送受信程度です。 特に、バースト転送機能は、メッセージと情報収集を目的に、スマホを利用している方にとっては、無制限に快適にインターネットが利用できるため、めちゃくちゃ便利な機能です。 低速モードは、無制限にインターネットを利用できる便利な機能です。 楽天モバイルの低速モードは、「バースト転送機能」によって、メッセージや情報収集をするために十分な通信速度でスマホを利用できる点が、特に良いですよね。 データ通信容量を気にせず、スマホを利用したい方には、楽天モバイルの低速モードを使ってみてはいかがでしょうか。

次の