目 が 痛い 片目。 目が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

涙が出る原因は?(ストレス・片目だけ・目が痛い・夜)勝手に涙が出る病気とは?

目 が 痛い 片目

コンタクトレンズのトラブル コンタクトを装着しているときに目を閉じると刺すように痛みを伴う場合は、コンタクトレンズに傷があったり、汚れが残っているときです。 また、コンタクトの装用期限を守らないと、目のトラブルの原因になります。 最近のコンタクトレンズは簡単なお手入れで装用感も良く、つい正しい用法を見逃してしまいがちですが、用法を守ることで予防にもなります。 使い捨てのコンタクトは特に注意が必要で、耐久性がないので、すぐに破れたり変形したりして、目に負担をかけてしまいます。 コンタクトをしていて、目を閉じると痛いのにそのまま装着していると、結膜や角膜に傷がつき、最後はウイルス、細菌に感染して充血や目やにを伴う結膜炎や角膜炎になってしまいます。 痛みを感じるときは、すぐにコンタクトの使用をやめましょう。 それでも痛むときは、眼科を受診しましょう。 なおコンタクトレンズが原因かもしれないときは下の記事も参考にしてください。 でもこれが、なかなか回復しないときは、眼精疲労の可能性が疑われます。 参考に眼精疲労の主な症状、特徴、原因を挙げておきますが、心当たりがある場合は、自分で判断せず眼科に行くことをお勧めします。 眼精疲労の主な症状 眼精疲労の症状は、眼はもちろんですが、目以外の場所にも表れることがあります。 目の症状には、目が痛い、充血する、目の疲れ、ぼやける、かすむ、まぶしい、涙が出る、目が重い、しょぼしょぼする、などがあります。 目以外の身体の症状には、頭痛、めまい、肩凝り、倦怠感、吐き気などがあります。 眼精疲労の主な原因 眼精疲労は下に挙げたように色々な原因が考えられますが、これらがいくつか重なって眼精疲労になると考えられています。 目の使いすぎ テレビ、パソコン、携帯電話・スマホなどの機器を長い時間にわたって使い続けるなど、現代社会は仕事でもプライベートでも目を酷使することが多くなってきています。 目を使いすぎると眼精疲労につながる場合があります。 精神的ストレス 心配、悩みごとなど精神的なストレスが強くなると、その影響は身体の様々な場所にも現れることことがあります。 胃潰瘍、高血圧、血行不良などとともに、眼精疲労もその影響の一つです。 目の障害や病気 下に挙げたような目の障害や病気も眼精疲労につながることがあります。 ドライアイ 目を酷使する人やコンタクトレンズを使っている人に多く、涙の量の不足により眼球の表面の膜(角膜や結膜)が乾燥します。 アレルギー性結膜炎 異物(アレルゲン)の刺激に反応して、かゆみ、充血、腫れなどを起こします。 近視、老眼、乱視 無意識に目のピントを合わせようとして目の疲れ、肩こりなどを起こします。 あるいはこれらを矯正するメガネやコンタクトレンズが合ってない場合も同様です。 緑内障 網膜の神経(視神経)に障害が起きて視野が狭くなる病気です。 眼圧が高い人は頭痛も起きやすいです。 急性の場合は症状が急に発生します。 眼瞼下垂 まぶたが垂れ下がってきて視野の上のほうが見えなくなり、物を見る際に無意識に頭を後ろへ反らすなど不自然な姿勢になりやすいです。 斜視、斜位 左右の視線が合わないことで物を見るときなど常に眼が疲労します。 身体の病気 風邪やインフルエンザ、虫歯、歯周病、耳や鼻の病気、更年期障害、自律神経失調症などでも眼精疲労が起こることがあると言われています。 まとめ いかがでしたか? 目を閉じると痛かったり違和感があると気になって、つい両目あるいは、どちらか片目をこすってしまうということがありますが、眼球に傷がついてしまう恐れがあります。 子供の場合はとくにそれが分からずに、たくさん瞬きしたり、こすってしまうので周りの大人が注意してみてあげる必要があります。 目にゴミが入るのが原因でも、硬い鉄くずのような物の場合にこすると大きく傷つけてしまうのでとても危険です。 ものもらいや、コンタクトトラブルに関しては、目を清潔にケアしてあげる事が大切です。 何か他の病気を伴っている場合は、放置はもちろん、清潔にするなど自分でケアするだけで治ることはありません。 そんなときは医師によるチェックが必要です。 視力、眼底、眼球運動、視野、眼圧などの検査の結果で病気が確認されたら治療や薬の処方を受けます。 細胞の新陳代謝を助けるビタミンB製剤の点眼薬を処方されることもあり、それを点眼することで、症状が改善することもあるようです。 目の違和感や異常を感じたら、悪化させて失明するような重大なトラブルになる前に、眼科を受診して適切な治療を受けることをおすすめします。 なお目の奥が痛い場合は別の原因かもしれません。 次の記事を参考にしてみてください。

次の

目頭・目の奥・眼球が痛い…

目 が 痛い 片目

瞬きすると目に痛みがする原因 瞬きをするときに目に痛みを感じる原因はさまざまな要因が考えられます。 この章では、我慢できないほどの痛みではなく、腫れやかゆみなどの他の症状もないときの原因についてお伝えしていきます。 目が乾燥している(ドライアイ) パソコンやスマホなどのディスプレイを長時間見続けていたり、空気が乾燥している環境にいると目が乾燥しやすくなり、いわゆるドライアイになってしまいます。 ドライアイとは、目の表面の涙の層が薄くなり、目の角膜がダメージを受けやすくなってしまうのです。 そして、これにより瞬きをするときの刺激で目に痛みを感じてしまいます。 瞬きのときの痛みの他にも以下のような症状があらわれる場合は、ドライアイを疑ってみましょう。 目が疲れやすく感じる• 目が充血している• 目にゴロゴロした違和感がある• 目やにが増える• まぶたが重く感じる ドライアイに対処するためには、しっかりと目を休めたり、定期的に目薬をさして目に潤いを与えることが大切です。 このような対処法に関して詳しくは後述していきますね。 目にゴミが入っている 目にまつ毛やホコリ、チリなどの異物が入ってしまうと、瞬きをするときに痛みを感じてしまいます。 特に砂埃が舞っているような環境にいると、すぐに目にゴミが入ってしまいます。 そして本来、目にゴミが入らないようにするためにあるまつ毛自体が目に入ってしまうこともよくありますよね。 目に異物が入ると、無意識に涙の分泌を促してゴミを除去しようとします。 しかし、まぶたの裏側まで入ってしまったり、まぶたに張り付いたりしてしまうと涙の作用だけでは外に押し出すことができず、痛みが長時間続いてしまうのです。 このようなときに、無理に目をこすったり、爪で取ろうとしてしまうと逆に目を傷つけて思わぬ眼病を引き起こしてしまうこともあります。 なので、指は使わずに洗面器に水をためて、その中で顔を浸けて瞬きを繰り返してみるなどの取り方がおすすめです。 また、目薬をさすことでゴミが取れることもあります。 目にゴミが入ったときの対処法に関してはこちらの記事でさらに詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: コンタクトレンズの影響 コンタクトレンズを使用している場合は、コンタクトが痛みの原因である可能性も高いです。 コンタクトが自分の目に合っていない• コンタクトの洗浄が十分に行われていない• コンタクトを長時間使用し続けている このようなことが原因で、瞬きのときの痛みを引き起こしていることがあるのです。 腫れている場合に考えられる2つの病気 瞬きをすると痛みがすることに加えて、目の周りやまぶたに腫れがある場合は目の病気の疑いがもたれます。 ただ、これらは失明につながるような重い病気ではなく正しい対処をすれば数日〜数週間で完治する病気です。 結膜炎 結膜炎は最も頻繁に起こる目の病気のひとつです。 白目とまぶたの裏側にある「結膜」という膜で炎症を起こしてしまう病気です。 結膜炎は発症する原因によって以下のように3種類に分けることができます。 アレルギー性結膜炎:花粉、コンタクトの汚れ、ダニなどのアレルゲンが結膜に付着することで起こる• 細菌性結膜炎:黄色ブドウ球菌などの細菌の感染によって起こる• ウイルス性結膜炎:アデノウイルスなどのウイルスの感染によって起こる これらのうち、ウイルス性結膜炎は感染力が高く、人にうつることが多いです。 流行性角結膜炎(はやり目)、咽頭結膜炎(プール熱)、急性出血結膜炎(アポロ熱)もこのウイルス性結膜炎に分類されます。 瞬きのときの目の痛みとともに、以下のような症状があらわれるようであれば結膜炎ではないか疑いましょう。 目やにが多く出る• 目が腫れる• 目が痛くなる• 目がかゆくなる• 目がゴロゴロ違和感がする• 喉が痛くなる• 発熱がある ものもらい ものもらいもよくある目の病気のひとつです。 目に痛みがうする• まぶた腫れる• 充血する• 涙が多くなる このような症状があらわれたら、ものもらいになっていることが可能性が高いです。 ものもらいは細菌による感染で発症しますが、 アイメイクをする人、疲労やストレスで免疫力が低下している人、コンタクトレンズの誤った使い方をしている人が特に発症しやすいです。 また、ものもらいは感染症ですが人から人に感染することはほとんどありません。 参考: 瞬きをするときに痛みがするときの対処法 目薬をさす 目にゴミが入っていたり、目が乾燥しているときは目薬をさすことが効果的です。 特に、清涼感があるタイプや粘性がありドライアイに効果的なタイプをおすすめします。 基本的には、ドラッグストアなどで市販されている目薬を使用すれば問題ありません。 ただ、眼科を受診したときに目薬をもらった場合はそちらを使用するようにしましょう。 ただ、目薬にも用法用量はあり、使いすぎには注意しなければなりません。 使いすぎると思わぬ副作用をまねいてしまう危険性もあります。 目薬をさしたときに、いつもよりしみたり、目の周りが赤くなったりしたときは逆に使用を控えた方がいいでしょう。 目を休める 目の疲れがたまると、目が痛くなったり、目が乾燥しやすくなってしまいます。 特にデスクワークなどでパソコンの画面を1時間以上連続して見ているようなときは、目の疲れがたまりやすくなっている状態です。 遠くの景色を見たり、目の周りを優しくマッサージするなどして、5分間でも目を休めてあげるだけで目の疲労度合いかなり違います。 しっかりと目を休める習慣をつけていくといいですね。 参考: コンタクトレンズの使い方を改める コンタクトを使用している方は、コンタクトが原因となって痛みを引き起こしている可能性が高いです。 コンタクトを最近使い始めたり、種類を変えた方はコンタクトがご自身の目と合っていないことが考えられます。 また、コンタクトは用法用量をしっかり守って使用しないと思わぬ目のトラブルを引き起こしてしまいます。 特に洗浄方法と連続使用時間は守るようにしましょう。 そして、コンタクトを使っていると目の乾燥もしやすくなり角膜を傷つけてしまうこともあります。 痛みが治らない場合は、眼科を受診しコンタクトの使用を控えるようにするなどの対処が必要になるでしょう。 病院へ行く 目の痛みが激しい場合、痛みが長期間続く場合、腫れやかゆみなど他の症状も伴う場合は眼科を受診するようにしましょう。 目は私たちが生きていくうえでとても大切なものです。 少しでも不安な症状があらわれたらしっかりと病院で検査してもらうといいですね。

次の

目つぶると痛い原因と対処はコレ!目をいたわりましょう

目 が 痛い 片目

日常的にコンタクトレンズを装用する人は、目が乾燥して痛みを感じることもあるでしょう。 目薬を点眼したり、レンズを外してゴミの付着や破損がないかチェックしたりして、痛みが治まらない場合は早めに眼科を受診しましょう。 よくある痛みのケース コンタクトレンズを初めて装用する人の場合、これまで何も入れていなかった目に異物を入れることになるため、最初のうちは目に違和感を持つことがあります。 特にの場合はレンズの素材が硬く小さいサイズのため、目がゴロゴロすると感じることもあります。 しかしこの場合、毎日定期的に使用していれば、長くても1週間~1か月ほどで慣れるので心配はいりません。 また、コンタクトレンズを装用して外出しているときにほこりやゴミなどが目のなかに入り、痛みを感じることがあります。 特に野外でスポーツをするときには、砂や土ぼこりなどが目に入りやすいので、痛みを感じやすくなります。 ハードレンズよりの方がサイズが大きいのでほこりやごみが入りにくく、レンズもずれにくいので、外出やスポーツをするときはを使用する方が良いでしょう。 空調が効いた部屋のなかにいたり、長時間パソコン画面を見たりすることも、レンズの乾燥から目に痛みを感じる原因になります。 空気が乾燥したり、まばたきの回数が少なくなったりして目が乾燥した結果、痛みを感じるのです。 また、目をこすってレンズがずれたり破損したりして、痛みを感じるという場合もあります。 レンズが破損した場合は、速やかに装用を中止してください。 考えられる痛みの原因とは? コンタクトレンズを装用しているときに目がいたくなる原因としていくつかの理由が考えられますが、レンズにゴミが入ってしまった場合に痛みが出ることが多いでしょう。 この場合は、一度レンズを外してゴミを取り除くことで、痛みもなくなることが多いです。 また、目が乾燥しているために目とレンズに摩擦が起きて痛みを感じるというケースも多いようです。 特にソフトコンタクトレンズの場合、涙も不足しやすいため乾燥しやすいのです。 この場合、目を休ませたり目にうるおいを与えたりすることが必要です。 そのほかに、角膜が傷ついてしまっている可能性もあります。 特に、コンタクトレンズの装用中以外、外した後も痛みがあるという場合、症状が重くなっている可能性が高いです。 目薬を持ち歩きましょう コンタクトレンズを装用していて目に痛みを感じるのは、目の乾燥が原因であることが多いです。 乾燥感をやわらげたりうるおいを与えたりするために効果的なのが、コンタクトレンズ用の目薬です。 特に、人間の涙と近い成分が配合された「人工涙液」は、乾燥などの症状を抑えるのに適しています。 会社や学校、お出かけには常に目薬を持ち歩き、乾燥が気になったら点眼するようにしましょう。 使い切りタイプの目薬は防腐剤が入っていないので眼にも安心です。 コンタクトレンズの上から目薬をさすときには必ず守ってほしい注意点があります。 それは、コンタクトレンズ用の目薬をさすことです。 目薬のなかには治療目的のタイプとコンタクトレンズ専用のタイプがあります。 病院などで処方されたり、薬局で市販されている治療目的のものは、場合によってはレンズが変形してしまったり、レンズをよごしてしまうことがあります。 購入時には、コンタクト用の目薬かどうかをきちんとチェックしましょう。 違和感を持ったら早めに眼科医へ! 一時的なものであればまだしも、コンタクトレンズを装用していて日常的に目の痛みを感じる場合や、コンタクトレンズを外しても痛みが続く場合などは、目に何らかの異常が出ている可能性もあります。 違和感を持ったら、早めに眼科を受診することをおすすめします。 眼科で診断を受けることで痛みの原因もわかり、症状に適した目薬などを処方してもらうこともできます。 目の痛みが続いているのに「大丈夫だろう」と勝手に判断し、そのまま放置しておくことは非常に危険です。 角膜が深く傷ついていたり炎症が起こっていたりして、痛みが悪化し目が開けにくくなってしまうなど、さまざまな症状が起きてしまう可能性があります。 痛みが続いて改善されない場合は一度コンタクトレンズの装用を中止し、眼科を受診しましょう。 今回は、コンタクトレンズ装用時の痛みについてご紹介しました。 痛みが続くときは無理をせず、早めに対策を取りましょう。 【関連記事】 ================================================== ==================================================.

次の