誘う 類語。 「行う」の類語は10個以上!?その使い方とは?

いざなうの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

誘う 類語

する原因; 指定された方法で行う理由 の意• 誘いだす• 突動かす• 誘出す• さそい出す 約束や説得(しばしば間違ってまたは大袈裟な言葉で)を通じて人に何かを誘発する の意• 誘いだす• 引付る• 落し掛ける• 落し掛る• 誘いよせる• 誘いかける• 落とし掛ける• 誘い寄せる• 誘いこむ• 誘出す• 仕向る• さそい出す 無遠慮に試みる の意• したいと思わせる、心を向けさせる、あるいは誘惑する の意• 引付る• 誘いかける• 魅力的な、または誘惑する様子によって欲望を生み出す の意• 誘いだす• 誘いよせる• 誘いかける• 誘い掛ける• 誘い寄せる• 誘いこむ• 誘出す• さそい出す 誘惑しようとする の意• 唆る 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「誘引」の類義語や言い換え

誘う 類語

「行う」の意味とは? まずは「行う」について 見てみましょう。 行うには 行動や動作を実践する という意味があります。 使用する際には• 「する」• 「行う」• 「やる」 の3つに分類されます。 「する」 サ行変格活用に属しており 一般的に様々な動作や行為 について表現する際に使われます。 例)仕事をする どうすればいい? こうしたらどう? 「行う」 ワ行五段活用に属しており 決まった事柄を改まった表現で 表す際に使われます。 例)改革を行う 協議は行われなかった 避難訓練を行います。 「やる」 ラ行五段活用に属しており 漠然とした動作や行為を 口語的な表現を用いて使われます。 例)さあ、やるぞ! 僕にやらせてください 今やっておく やればできるんだ 「行う」の類語は? 「する」「行う」「やる」の言葉それぞれに 類語が存在しています。 その中の「行う」の類語を 細かく見て行きましょう。 類語にもどのような目的で 使うかによって類語も変わってきます。 実施する 全うする、果たす、終える、為す• 実行、遂行する 成し遂げる、やり遂げる、致す• 集める、点火する 仕立てる、手掛ける、成す• 横断する 為す、手掛ける、成す• 機能を実行する 執り行う、営む、挙行する、成す• 従事する 為す、やる、致す、行なう 他にも様々な類語がありますが その中でも代表的な物を それぞれに挙げてみました。 見てもわかる通り、 重複している物も多々あります。 目的別と言っても元の言葉は どれもが「行う」なので 重なる部分も多いのです。 上に挙げた「行う」の類語を見ていると 実際にどの言葉を選んだら良いのか 悩んでしまいそうです。 ですが、そんな場合でも 「行う」の意味を知り、 数種類の類語を覚えていれば ほぼ大丈夫です。 ポイントは 「重複する類語を覚えておく事」 です。 「為す」や「成す」などは 行うを違う意味合いで使っていても 比較的類語としての 役割を果たしやすい言葉です。 海外の人がよく 「日本語は難しい」と口にしています。 日本で生まれ育った日本人でも 言葉の使い方には 迷いが生じる場合があります。 特に類語や対義語などは その代表的なものです。 「もっと詳しく知りたい!!」と思った人は 一度さらにご自身で調べてみると 気付かないことが見つかるかも知れません。

次の

いざなうの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

誘う 類語

「お声がけ」の意味 「お声がけ」の一般的な意味は「声をかける」 一般的な「お声がけ」の意味は 「声をかけること、話しかけること」です。 「順番が来たらお声がけしますね」などと使われています。 「お声がけ」はビジネスでは「ご質問」「ご用命」 ビジネスシーンになると「お声がけ」は一般的な意味とは異なり、 「ご質問」「ご用命」といった意味で使われます。 「何かありましたら私にお声がけください」と使われた場合「何かあれば私に質問してください」「何かあれば私にご用命ください」といった意味になります。 これは 相手に働きかけてその反応で相手の意向や様子をうかがっています。 実際に質問や用命をしたくても出来ずにいる人に対する打診となります。 「お声がけ」と「お誘い」の違い 「お誘い」は「参加するように誘うこと、何かしようと勧めること」 「お誘い」は 「一緒に何かへ参加するように誘うこと「何かするよう勧めること」です。 ビジネスシーンでは会食やイベントが行われることがあります。 この際に使う「お声がけ」と「お誘い」では大きな違いがあります。 「お声がけ」の場合は、「声を掛けること」ですので「会食やイベントがあることを伝える行為」になります。 しかし「お誘い」の場合は、「一緒に参加するように誘うこと、するように勧めること」ですので「会食やイベントに誘う行為」となります。 「お誘い」の例文 例文 ・明日の会食、彼もお誘いしておいて。 ・先日は出席できずに申し訳ございませんでした。 また次回ありましたお誘いいただきたく存じます。 ・この度はお誘いいただきありがとうございます。 ・今月末に予定している飲み会のお誘いです。 ぜひいらしてください。 「お声がけ」の敬語と漢字 「お声がけ」の「お」は尊敬語または謙譲語 「お声がけ」の「お」は誰が声をかけたのかによって、尊敬語になるか謙譲語になるか異なります。 相手が「お声がけ」をしてくれた場合は相手の行為に敬意を払うため「尊敬語」になります。 自分が相手に「お声がけ」をした場合は自分の行為を謙って相手への敬意を示すため「謙譲語」となります。 「お声がけ」の語源は慣用句「声を掛ける」 「声を掛ける」といった慣用句をがあります。 意味は 「呼びかける」「話しかける」「誘う」「あらかじめ約束する」です。 また「声援を送る」「注意を呼びかける」といった意味もあります。 その「声を掛ける」が体言形にしたものが「お声がけ」となります。 「お声がけ」と「お声かけ」で正しいのはどっち? 和語の組み合わせは「連濁(れんだく)」が起こる 和語と和語が組み合わさった言葉では「連濁」が起こります。 和語は主に訓読みされている言葉を指します。 連濁は、二つの語が結びついて一語にする複合語で、後ろの語の最初の清音が濁音に変化することです。 例えば「取り皿」は「とりざら」となりますが、本来「皿」は「ざら」とは読まずに「さら」と読みます。 「お声がけ」も「こえ」と「かけ」の複合語になるため、「かけ」が「がけ」と変化するため「お声がけ」となります。 厳密には「お声かけ」は誤用 そのため、連濁を受けることを考えると「お声かけ」は誤用となります。 しかし、一般的によく用いられているため「お声がけ」よりも「お声かけ」の方が耳馴染みのある方も多くいます。 声がけを求める時は「お声がけください」など 相手から「声がけ」をしてほしい場合は ・お声がけくださいせ ・お声掛けいただければと存じます ・お声掛けくださいますようお願い申し上げます ・お声掛けいただければ幸いです ・お声掛けいただけましたら幸甚に存じます などの言い回しがあります。 相手に対して「質問や用命があれば言ってください」「また何かあれば教えてください」といった意味で使われています。 例文 ・ご不明なことがありましたら、いつでもお声がけください。 ・質問がございましたら私にお声がけいただければと存じます。 ・次回もお声がけいただけましたら幸甚に存じます。 自分が声がけをする時は「お声がけします」「お声がけいたします」 自分から「声がけ」をすることを伝えておく場合は、「お声がけします」「お声がけいたします」と使います。 特に、すぐに声をかけられない状況や待ってもらおうときに使われています。 例文 ・担当者が戻りましたらすぐにお声がけしますので、少々お待ちください。 ・準備が整い次第お声がけいたします。 「声をおかけいたします」「声をかけさせていただきます」がより丁寧 自分から声を掛けることを伝える場合「声をおかけいたします」「声をかけさせていただきます」がより丁寧な表現となります。 敬意をより払うべき相手には使うようにしましょう。 例文 ・時間になりましたら、私より声をおかけいたします。 ・また何かありましたら声をかけさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。 「お声がけ」をスマートに断るポイント ますは「お声がけ」に対する感謝 相手からの「お声がけ」を断る際、まずは「お声がけ」してくれたことに対する感謝を述べましょう。 申し訳なさから「すみません」と使ってしまいがちですが、感謝の言葉を使いましょう。 「お声がけいただき、ありがとうございます」などをクッション言葉として用いると相手への印象もいいでしょう。 断る理由を明確にすぐ伝える 次に大切なのは、断る理由を明確に相手にすぐに伝えることです。 理由を曖昧にしたり、断りづらいからと返事を先延ばしにするのは相手に対してとても失礼です。 ただ、「嫌だから出来ません」「気持ちが乗りません」などといった理由はビジネスではNGです。 「日程的に」「人手不足のため」など、ビジネス的な理由をしっかりと述べましょう。 断るだけではなく、代替案や次回の対応の意思を伝える また断るだけで終わるのではなく、他の案を出したり次回があれば対応する旨を伝えるといいでしょう。 「今週の対応はいたしかねますが、来週以降であれば対応いたしかねます」や「次回はぜひとも参加したいので」などと使うと良いでしょう。 例文 ・この度は会食のお誘いありがとうございます。 せっかくお声をかけていただきましたが、その日は先約があり今回は参加できません。 次回は必ず参加したいと思いますので、またお誘いいただければ幸いです。 ・お声がけいただきありがとうございます。 大変残念ではございますが、本日より明日まで大阪へ出張となっており、伺うことができません。 明後日の10時以降であればいつでもお伺いできますので、ご都合がつく時間を教えていただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

次の