シュー メーカー スツール。 シューメーカー スツール

シューメーカーチェア Werner

シュー メーカー スツール

SHOEMAKER STOOL シューメーカー スツール 15世紀デンマーク、農民達が牛の乳絞りの際に使っていた3本脚のスツールがはじまりと言われています。 (現代のように床がフラットではなく、石畳の床や外での作業に用いられることが多かった作業用の椅子は、3点で支えることでガタツキを抑えることが重要でした。 ) その後17世紀に木靴の生産が盛んになりましたが、靴職人たちが毎日朝から晩まで仕事をする際にも3本脚のスツールを使用していたところ、磨耗でそれぞれのお尻の形に。 その座り心地の良さに気づいた職人達が、より長く快適に座れるように座面を削り、自分の身体にぴったり合うスツールを作るようになったそうです。 こうして「シューメーカースツール」が誕生しました。 詳しくはオンラインショップへお問い合わせください。 詳しくは各店舗へお問い合せください。 ABOUT SHOEMAKER STOOL シューメーカーは、デンマークのオーデンセにあるWerner社でつくられています。 1970年代初めに製作を始めたのは、現在のオーナーであるラース・ワーナーの父親でした。 この3本脚のスツールの歴史は、15世紀にさかのぼり何世紀にもわたって、 わずかにそのカタチを変えたものの、平らな座面の牛の乳搾り用のスツールとして使われてきました。 というのも、デンマーク国内の人件費などの問題により、生産拠点を東欧・アジアに移し、 自国内での家具製造がどんどん減ってきています。 その中でも、自国内でしかもハンドメイドによる家具製造を行うWerner社は、 非常に貴重なメーカーの一つです。 現在シューメーカーは、木取りから断裁、加工、組み上げ、梱包までの一連の製造過程を なんと、オーナーであるラース・ワーナーがほぼ一人でつくっています。 Werner社は、デンマーク家具メーカーに部材を供給する会社としての役割もあります。 年々自国での家具製造業が縮小していく中で、Werner社のような木工加工に関する知識や技術が 豊富な企業は貴重な存在なのです。

次の

北欧のスツール/シューメーカーチェア

シュー メーカー スツール

SHOEMAKER STOOL シューメーカー スツール 15世紀デンマーク、農民達が牛の乳絞りの際に使っていた3本脚のスツールがはじまりと言われています。 (現代のように床がフラットではなく、石畳の床や外での作業に用いられることが多かった作業用の椅子は、3点で支えることでガタツキを抑えることが重要でした。 ) その後17世紀に木靴の生産が盛んになりましたが、靴職人たちが毎日朝から晩まで仕事をする際にも3本脚のスツールを使用していたところ、磨耗でそれぞれのお尻の形に。 その座り心地の良さに気づいた職人達が、より長く快適に座れるように座面を削り、自分の身体にぴったり合うスツールを作るようになったそうです。 こうして「シューメーカースツール」が誕生しました。 詳しくはオンラインショップへお問い合わせください。 詳しくは各店舗へお問い合せください。 ABOUT SHOEMAKER STOOL シューメーカーは、デンマークのオーデンセにあるWerner社でつくられています。 1970年代初めに製作を始めたのは、現在のオーナーであるラース・ワーナーの父親でした。 この3本脚のスツールの歴史は、15世紀にさかのぼり何世紀にもわたって、 わずかにそのカタチを変えたものの、平らな座面の牛の乳搾り用のスツールとして使われてきました。 というのも、デンマーク国内の人件費などの問題により、生産拠点を東欧・アジアに移し、 自国内での家具製造がどんどん減ってきています。 その中でも、自国内でしかもハンドメイドによる家具製造を行うWerner社は、 非常に貴重なメーカーの一つです。 現在シューメーカーは、木取りから断裁、加工、組み上げ、梱包までの一連の製造過程を なんと、オーナーであるラース・ワーナーがほぼ一人でつくっています。 Werner社は、デンマーク家具メーカーに部材を供給する会社としての役割もあります。 年々自国での家具製造業が縮小していく中で、Werner社のような木工加工に関する知識や技術が 豊富な企業は貴重な存在なのです。

次の

スツール シューメーカーチェアNO.42 チェア|家具・インテリア雑貨 通販|ブリジア

シュー メーカー スツール

SHOEMAKER STOOL シューメーカー スツール 15世紀デンマーク、農民達が牛の乳絞りの際に使っていた3本脚のスツールがはじまりと言われています。 (現代のように床がフラットではなく、石畳の床や外での作業に用いられることが多かった作業用の椅子は、3点で支えることでガタツキを抑えることが重要でした。 ) その後17世紀に木靴の生産が盛んになりましたが、靴職人たちが毎日朝から晩まで仕事をする際にも3本脚のスツールを使用していたところ、磨耗でそれぞれのお尻の形に。 その座り心地の良さに気づいた職人達が、より長く快適に座れるように座面を削り、自分の身体にぴったり合うスツールを作るようになったそうです。 こうして「シューメーカースツール」が誕生しました。 詳しくはオンラインショップへお問い合わせください。 詳しくは各店舗へお問い合せください。 ABOUT SHOEMAKER STOOL シューメーカーは、デンマークのオーデンセにあるWerner社でつくられています。 1970年代初めに製作を始めたのは、現在のオーナーであるラース・ワーナーの父親でした。 この3本脚のスツールの歴史は、15世紀にさかのぼり何世紀にもわたって、 わずかにそのカタチを変えたものの、平らな座面の牛の乳搾り用のスツールとして使われてきました。 というのも、デンマーク国内の人件費などの問題により、生産拠点を東欧・アジアに移し、 自国内での家具製造がどんどん減ってきています。 その中でも、自国内でしかもハンドメイドによる家具製造を行うWerner社は、 非常に貴重なメーカーの一つです。 現在シューメーカーは、木取りから断裁、加工、組み上げ、梱包までの一連の製造過程を なんと、オーナーであるラース・ワーナーがほぼ一人でつくっています。 Werner社は、デンマーク家具メーカーに部材を供給する会社としての役割もあります。 年々自国での家具製造業が縮小していく中で、Werner社のような木工加工に関する知識や技術が 豊富な企業は貴重な存在なのです。

次の