イルミナティカード 東京オリンピック。 【イルミナティカード】テロで東京五輪の危機!銀座和光時計台襲撃の未来

【都市伝説】2020年東京オリンピックで大災害発生!?イルミナティカードの予言まとめ!

イルミナティカード 東京オリンピック

イルミナティカードとは? 1995年にスティーブ・ジャクソン・ゲームスという会社が発売したトレーディングカードゲームが 「イルミナティカード」です。 このイルミナティカードは陰謀論でよく語られる秘密結社 「イルミナティ」をモチーフにしていて、実際にイルミナティが発売に関わっていると言われています。 このカードには多数の予言、実行する陰謀の計画が描かれていると噂されています。 カードに書かれていることが未来で実際に起こっていると都市伝説好きの間で騒がれている。 このイルミナティカードの中に近い将来東京で起こる災害を予言しているカードがあると話題になっているので、紹介してみようと思う。 予言され、的中したカードの中でもっとも有名なカードは「東日本大震災」と「911同時多発テロ」 今までに起きた出来事が予言されたカードで有名なのは 「東日本大震災」と 「911同時多発テロ」である。 「Tidal Wave」津波のカードと 「Nuclear Accident」原子力事故のカード このカードをひっくり返すと、隠された文字が浮かび上がる。 2枚のカードから東日本を津波が襲い、原子力発電所の事故が起こった3月11日を現す 311の文字が出てくるのである。 「Pentagon」ペンタゴンが爆発炎上するカードと 「Terrorist Nuke」テロリストの核攻撃カード これらのカードは 「911同時多発テロ」でテロリストにハイジャックされた飛行機がペンタゴンと世界貿易センタービルに衝突し爆発炎上した事件を予言したものだと思われる。 「Terrorist Nuke」のカードを左に傾けると 911の文字が浮かび上がる。 未来人 東京オリンピックの年に大地震が起こる? 東京オリンピックの年に大地震、又はテロなどの大きな災害が起こるの事を示しているかもしれないカードも存在する。 それがこの 「Combined Disasters」複合災害のカード なぜこの爆発に巻き込まれる人達が描かれているカードが日本の東京を示しているかというと、逃げている人達の服のカラーがオリンピックの5倫マークと同じで、崩れている時計台の形が東京の 「銀座和光」にそっくりな事から、オリンピックのある年に東京で大地震、又はカードの絵柄のような大爆発が起こるテロなどが起こるのではないかと推測されている。 五輪の色と同じ服と銀座和光の時計台… やはり東京オリンピックを示しているのだろうか? 2020年東京で災害が起きる正確な日付も示されている? 逃げている人達の服が秋から冬にかけての服装というのと、カードに見える113の文字から大災害が起きるのは2020年11月3日なのではないかと推測されている。 さらに、2020年11月3日をバラシて足してみると 2+0+2+0+11+3=18 18=6+6+6 悪魔の数字666が浮かび上がるのである。

次の

イルミナティカードが示すXデー 2020年東京オリンピックに人工地震と複合災害が起こる?

イルミナティカード 東京オリンピック

アメリカのゲーム製作会社スティーブ・ジャクソン・ゲームズが1995年に発売した『イルミナティカード』。 正式名称は『イルミナティ・ニューワールドオーダー』といい、このカードには世界中で起こる数々の事件が予言されていると、まことしやかに囁かれているが、現在、地球上に感染が広まっている新型コロナウイルスも予言されていたと、オカルトマニアの間で話題になっている。 「研究室が爆発している絵柄の『Lab Explosion(研究室の爆発)』というカードがあるのですが、このカードの爆発の広がる形が中国の武漢経済圏や武漢市の形と酷似していると話題になっています。 また、SNS上では、『新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所の実験施設から流出した生物兵器じゃないか』という疑惑も流れており、そうなると、カードそのものが今回のコロナ禍を予言していたと言ってもいいでしょう。 さらに、『GOAL Population Reduction(終焉 人口削減)』というカードでは戦争や疫病で人口が削減されることが暗示されており、これも新型コロナのことを指しているのではないかといわれています」(オカルトライター) 『イルミナティカード』が予言している厄災は数知れず 3月24日には、東京オリンピック・パラリンピックの開催が約1年程度延期されることが発表されたが、オリンピックに関してもイルミナティカードが予言していたという。 「『Combined Disasters(複合災害)』のカードには、時計台が崩れ落ち、炎が上がる中を逃げる人たちの姿が描かれていますが、その時計台が東京・銀座にある和光の時計台とそっくりなのです。 逃げる人たちの服装が五輪のシンボルマークと同色なことから、東京オリンピックの中止を予言していたんじゃないかといわれていますね」(同・ライター) オリンピックに関しては、ネット上で『AKIRAの予言』も話題になっている。 『AKIRA』は、1982年から『週刊ヤングマガジン』で連載が始まったSF漫画。 第3次世界大戦終了後の2020年、〝ネオ東京〟として復興の道を歩みだした東京で、オリンピックが開催されようとするシーンが描かれている。 単行本第2巻では、オリンピック競技場の建設現場で、「開催まであと413日」という看板とともに「中止だ 中止」という落書きがなされているが、38年も前の漫画で、今現在起こっているかのような描写があるのだ。 これらは果たして〝偶然〟と言えるのだろうか…。

次の

イルミナティカード東京オリンピックが延期なのはガバール逮捕が原因!?メンバーや日本人は誰!?

イルミナティカード 東京オリンピック

イルミナティカードの2020年予言 東京五輪中止? 2020年7月に開催される東京五輪。 新型肺炎が出ているものの、今のところ開催予定とされています。 しかし、イルミナティカードに 東京五輪は中止になるんじゃないかと思わせるカードがあるんですよ。 時計台が崩れて逃げ惑う人々の絵。 この崩れ落ちた時計台が 銀座和光の屋上にあるあの時計にそっくり。 意味は複合災害。 例えば地震が起こったらその後建物が倒壊したり火災が起きたり、さらには津波が起きたり…など一つの災害がさらに複数の災害に見舞われるっていう意味ですね。 なんで東京オリンピックの年だと分かるのかっていうと、逃げてる人々の服がそれぞれ 黒、緑、黄、青、赤になっているから。 一番左の人の服装はちょっとこじつけ感はありますが、確かにオリンピックカラーです。 何かが落っこちてる図を見るとやっぱり地震で建物崩壊かって思うけど… イルミナティカードの2020年予言 横浜崩壊のピンチ? もうひとつ気になるカードが存在しています。 赤い壁に写る親子の影と瓦礫の絵。 壁にぶち当たる、逃げられないっていう意味です。 遠くに見える半円のような建物があの有名な ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルに見えるし、赤い壁はその周辺にある遊園地、 みなとみらいの建物の色合いを思わせる。 あ、遊園地って親子が利用する施設じゃん…鳥肌立ってきた! 地面に落ちてるマークは病院のレントゲン室でよく見かける 放射線のマークとよく似てます。 横浜って実は近くに原子力発電所はありませんが、米軍基地があります。 と言ってもそれは横須賀になるんですけど…そこには空母の「ロナルド・レーガン」っていうのがあるんですって。 しかもこれ、普通の空母じゃないの、原子炉があるんです。 そんな本格的なものが米軍基地にあるとは知らなかった〜。 しかも壁の形が東京・横浜・千葉の 海岸の形と似てるというのは偶然なのかどうなのか? もしアメリカが敵国に狙われてロナルド・レーガンがある基地を攻撃されたらイラストのよあな展開になってもおかしくはないですよね… でも私、思ったのがちょうど新型コロナウイルスの影響で横浜港に停泊している ダイヤモンド・プリンセス号のことなのかなと思ったり。 放射線ではないけど危険を現すマークを抽象的に意味してるのかもしれません。 Sponsored Link イルミナティカードはこじつけなのか? ということでこれだけイルミナティカードの怖さがわかったと思いますが、実はこのカードってトランプみたいな枚数の多さを遥かに超えた 500枚もあるんです。 これだけ枚数があったらカードゲームでやっても1日で終わらなさそう 笑 だから、500枚もあれば偶然が重なるってことはあるんじゃないの?っていう意見もあります。 でも、それにしてはイラストが酷似してるし、具体的な事象も当たってるんですよ。 これが話題になる前から知っていれば今まで起きた歴史的なトラブルや災害による被害は最小限に抑えられたかもしれませんし。 テレビで見る霊能者の予言よりよほどリアルです。 …信じるか信じないかはあなた次第です、なお話でした〜。

次の