アニマル サポート 高知 家 - 高知市で多頭飼育崩壊から犬22匹救出 愛護団体が12/1譲渡会|高知新聞

家 アニマル サポート 高知 保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

家 アニマル サポート 高知 NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

家 アニマル サポート 高知 保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

家 アニマル サポート 高知 保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

家 アニマル サポート 高知 保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

家 アニマル サポート 高知 保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

家 アニマル サポート 高知 保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

家 アニマル サポート 高知 保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

家 アニマル サポート 高知 高知市で多頭飼育崩壊から犬22匹救出 愛護団体が12/1譲渡会|高知新聞

保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

家 アニマル サポート 高知 NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

問い合わせは電話090・1323・9874へ。

  • アニマルサポート高知家の活動 NPO法人アニマルサポート高知家は 2019年6月に法人として活動を開始しました。

  • 保護ボランティア預かりボランティア個人の皆様が保護した犬猫を里親さんに繋ぐ活動をしています。

  • 近隣から苦情も出ていたという。

NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

70代の独居女性宅。

  • 施設や病院にお世話になる場合の愛犬愛猫の問題 高知県には動物愛護センターがありません 管理センターに入るという事は殺処分対象を意味します 動物の問題は人の問題です 継続的なご支援をよろしくお願いします•。

  • 動物愛護担当の高知市生活食品課につなぎ、問題化した。

  • 日々の活動をブログでご紹介しています。

高知市で多頭飼育崩壊から犬22匹救出 愛護団体が12/1譲渡会|高知新聞

会員や知人が数匹ずつ一時預かりしている。

  • (掛水雅彦). 2日がかりで捕まえ、アリスペットクリニックで各種検査や注射を行い、雄犬6匹は去勢手術。

  • NPO法人アニマルサポート高知家 人と動物が幸せに暮らせる社会。

  • 高知市内で発生した多頭飼育崩壊の現場。

高知市で多頭飼育崩壊から犬22匹救出 愛護団体が12/1譲渡会|高知新聞

夫(故人)が10年以上前にチワワ1匹を購入したのが始まりで、一時は30匹以上に。

  • ご寄付の使い道 皆様のご寄付の使い道は以下の通りです よろしくお願い致します *保護犬、猫の治療費、手術代 *預かりをしている犬猫の餌、おやつ、砂、シート 消耗品 *地域猫や餌やりボランティアさんへの補助 *TNR(外猫の去勢・避妊手術) *TNR前の風邪薬 *譲渡会開催費用 *交通費用 *啓蒙活動の講師への謝礼 *事務局の運営費 【多頭飼育崩壊医療費基金】以外に使わせていただきます• ペットと暮らす環境を整える事が殺処分ゼロへの近道だと思っています。

  • 犬はチワワやミニチュアピンシャー系雑種などで推定5~7歳。

  • 高知市の愛護団体「NPO法人・アニマルサポート高知家」(アニサポ=吉本由美代表、約30人)が救出に入っている。

NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

*保護犬・猫のお預かりはしていません。

  • 女性の了解を得て屋内に入ると荒れ放題。

  • 悪環境にいただけに病気の犬もおり治療費が発生。

  • 人なれの遅い犬については、社会経験を積ませた方が良いという専門家のアドバイスで、12月1日の譲渡会に6匹を参加させる。

高知市で多頭飼育崩壊から犬22匹救出 愛護団体が12/1譲渡会|高知新聞

多頭飼育崩壊 ネグレクト 集団TNR これ以上不幸な命が増えないように避妊、去勢手術) 地域猫問題 ミルクボランティアの必要な乳飲み子の遺棄の保護 餌やりボランティアさんの高齢化 高知県は3人に1人が65歳以上の県です。

  • 12月1日、南国市篠原のペット店「アシストファーム」で譲渡会を開催、新たな飼い主を探す。

  • 犬の爪は伸び放題。

  • 支援はできない代わり、ご自由にやってくださいという前提なので」と距離を置く。

保護犬、保護猫の為に継続的なご寄付をお願いします|特定非営利活動法人アニマルサポート高知家

人も動物も大切な命。

  • そしてより多くの方々に動物と暮らして頂く事を推進し犬や猫も社会の一員になる事を願っています。

  • 活動するほどに 困難と思われるような案件が持ち込まれる事が多くなりました。

  • 群れて走り、鳴き声もすごかったという(11月初め、アニマルサポート高知家提供) 9月半ば、高知市内で犬22匹の多頭飼育崩壊が発生。

NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

譲渡会を月1回程度開いているが、今回は小型犬であること、最終的に中央小動物管理センターへ収容され、収容中の犬が押し出される格好で殺処分宣告されることから救出を決めたという。

  • 夫の死後、関係者が高知市の高齢者支援センターに相談。

  • 素人の捕獲は危険なため、動物シェルターを運営する高知市朝倉甲、アリスペットクリニックに協力要請。

  • アニサポは猫主体の愛護団体。




2021 cdn.snowboardermag.com