新型 コロナ 中国 兵器 - コロナは生物兵器であり、これで中国はアメリカに勝利した! 北京大学教授の陳平氏が誇らしげに語る!(朝香 豊)

中国 新型 兵器 コロナ 中国がカナダから盗み出した「生物兵器コロナウイルス」|NOGI|note

中国 新型 兵器 コロナ 新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

中国 新型 兵器 コロナ 「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

中国がカナダから盗み出した「生物兵器コロナウイルス」|NOGI|note

中国 新型 兵器 コロナ 人民解放軍はコロナ生物兵器をこう作っていた!

中国 新型 兵器 コロナ 新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る

新型コロナは中国の生物兵器とするアメリカ国務省文書!?

中国 新型 兵器 コロナ 新型コロナウイルスが人口削減のための生物兵器の可能性高まる

中国 新型 兵器 コロナ 新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る

中国 新型 兵器 コロナ 次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

中国 新型 兵器 コロナ 【新型コロナ】中国の生物兵器完成を許すな(ニューズウィーク日本版)

人民解放軍はコロナ生物兵器をこう作っていた!

中国 新型 兵器 コロナ 【新型コロナ】中国の生物兵器完成を許すな(ニューズウィーク日本版)

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

前政権下の1月に国務省が公表した報告書によると、中国・武漢で最初に新型コロナ感染者が見つかったとされる前の2019年秋に、WIVで数人の研究者が新型コロナに近い症状を示した。

  • 2つ目は、ウイルスにまつわる大規模な組織的科学的不正行為、及び新型コロナウイルスを人工的に作り出すための技術的プロセスを暴露した。

  • 天津で生まれた邱香果は、傑出した中国人科学者だった。

  • ショッピングサイトで普通に買える本としては、チョット怖いですね。

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

周氏はさまざまな免疫経路を遺伝子工学的に操作して、コウモリが感染しやすくなるようにし、その過程で潜在的に超耐性の病原体を作成した。

  • 人類を抹殺する目的で設計されたので、治療は存在しない。

  • それと怪しいことに、後者の試験で使用された薬剤であるは中国軍事医科学アカデミーによって、エボラウイルスおよびその他のウイルスに対して使用するRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤、通称JK-05 もともとは日本の特許だが、2006年に中国では登録された と命名され、それ以前の使用試験も成功している。

  • 新中華連邦(New Federal State of China)やアメリカの対中制裁は、原田武夫氏が言っていたように動いていくかもしれない。

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

モルガン家はアメリカにおけるロスチャイルド家の番頭格であり、ロスチャイルドやイギリス王室など含め全体として中国・中華文明圏の形をどのように変えていくかということになってくる。

  • 11月中旬の時点で、周氏の研究室は、スーパーコロナウイルスとコウモリの感染症に関する研究の実施を支援するために、経験のない研究員たちを積極的に採用していた。

  • 流行の中心地がたまたま中国で唯一のレベル4の研究所がある、人口1100万人の都市だというのはいかがなものか。

  • その代わり、夜や夜明け、日が暮れる頃、または曇った天気の日に風向きが安定した状態で使用してこそ、エアロゾールを目標地域に向かわせることができるという。

閻麗夢氏、第3弾報告書を発表 コロナは生物兵器

アメリカ国務省から、新型コロナウイルスの武漢ウイルス研究所起源説が出てきたことを、イギリスのデイリー・メール紙が報じた。

  • これにより、中国共産党に生物兵器を開発する意図があったという証拠に疑う余地はない。

  • 一つ目は、新型コロナが初めて見つかった中国・武漢に、ウイルス研究所があることだ。

  • なぜウイルスを人に伝えた病原体、つまり中間媒介に当たる宿主が見つからないのか。

中国がカナダから盗み出した「生物兵器コロナウイルス」|NOGI|note

新型コロナの発生源をめぐっては、世界保健機関(WHO)調査団が先月、ウイルスが中国・武漢の研究所から流出した可能性は「極めて小さい」との見解を表明。

  • 2016年、中国政府は遺伝工学の軍事的有望性に着目し、また世界最大の遺伝情報の宝庫となることを目指して、 National Genebank を設立しました。

  • Weaponizing Biotech - China's War for Biological Dominance— GreatGameIndia GreatGameIndia 人民解放軍は生物学の軍事的応用を追求しており、脳科学、スーパーコンピューティング、人工知能など他の分野との有望な融合を模索している。

  • 現在、日本で感染拡大している新型コロナがこの研究対象のウイルスと同じものなのかは分かりません。

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

ウイルスのもともとの宿主はコウモリであり、そして石正麗の実験施設はまさにコウモリに関するウイルス研究における学術的な権威なのだ。

  • 主な作者は中国科学院武漢ウイルス研究所、武漢大学のウイルス研究所の石正麗研究員です。

  • アッシャー氏はこれについて「3人が重い症状で同じ週に入院した」とし、新型コロナが「間違いなく研究所内から広まったように思える」との見解を示した。

  • 情報機関による評価はその後でいい。

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

米国立衛生研究所の一部資金が武漢ウイルス研究所に 問題がより深刻なのは(2)のほうである。

  • そのような科学者であるリーバー博士が、 「武漢にウイルスを密輸しようとして逮捕・起訴」されていたのでした。

  • 技術と設備に加えて、生体材料も必要だ。

  • これにより、生物工学戦争の分野で「中国の貴重な遺伝資源の開発・利用、生物学情報戦における国家安全保障の確保、戦略的優位性を獲得するための中国の能力強化」をすることを目指している。




2021 cdn.snowboardermag.com