クラシック ネガ。 【FUJIFILMのJPEG撮って出し】X

新製品レビュー:FUJIFILM X

クラシック ネガ

富士フイルムから新しく発売されるX-Pro3にはクラシックネガというフィルムシミュレーションが搭載されるということで話題になっています。 これが一番の目玉っぽい感じありますよね。 僕はX-Pro3のデモ機を使ったことはないんですが、というサイトで このサイトはどういう立ち位置なんですかね?個人ブログ?)クラシックネガっぽいカスタマイズが発表されているらしいということを下のお二方のブログから知りました。 ガジェットTouch! クラシッククローム• グレイン・エフェクトを「強」に• ホワイトバランスを「AUTO R-2・B4」に• ハイライトトーンは0• カラーを-1• シャープネスを-4• ノイズリダクションを-4 てか僕が撮ったわけではなくて、X-Pro2とX100Fに仕込んでいたら、僕が仕事に行っている間に奥さんがX100 Fを使ってくれてたんですよね。 ラッキーでした。 笑 一応思ったことを書くと、あえていうなら グレイン・エフェクトを「強」にしている影響はかなり出ていると思いました。 グレイン・エフェクトは粒子を増やすのでノイズに見えんこともない感じ。 ただ、この機能ってあえてあんまり使ってないので僕的にはありよりのあり。 クラシックネガ風じゃなくて、本家に対して感じてた不安は• 子どもを撮ったときにこってりすぎて変にならないか• ストリートスナップ向きじゃないか• 青はめっちゃ綺麗だけど自分で見たときに「濃すぎん?」って思わないか だったんですが、以外とどれもオッケーって感想。 全然問題ないっぽいです。 あとはハイで撮るかローで撮るかでめちゃめちゃ変わりすぎなほど変わる感じ。 人を撮るときは気をつけないと黒がかなり潰れるかもなので、お子さんを撮るときは帽子撮っちゃった方がいいかも。 クラシックネガ風フィルムシミュレーションの感想 正直めちゃめちゃいいと思いました。 どれぐらい良いと思ったかというと、普段奥さんが撮ってきた写真に対しては 「めっちゃいいじゃん!(使ってくれて)あざす!!!」 くらいの感じなんですけど今回の場合は 「え、やばくない?めっちゃ良くない?めっちゃいいじゃん。 やば、。 え!まじ?」 って感じ。 めちゃくちゃ本音をいうと、X-Pro3めっちゃ良いじゃんって思ってましたけど、かっこよさではPro2が勝るし買うまではいかんかなーって思ってたんですよね。 でもこのフィルムシミュレーションは良いなって思いました。 ネガティブな意見も結構見ましたけどクラシックネガだけで価値あるよね。 今まで僕はX-Pro3について特に何も言ってきてなかったんですが、ぶっちゃけそこまで興味はなかったってのが本音です。 (レンズのほうがほしいから)正直X-Pro3が最初からいきなりめちゃめちゃ売れるとは思っていないんですけど、長く長く売れるようなすごい愛されるカメラになるんじゃないかなって思います。 プロシリーズっていつ見てもずっとかっこいいじゃん。 多分誰かがレビューを書いていけばいくほど「めっちゃいいんじゃないこれ」って語られると思うんで。 んでその連鎖でどんどん売れそうな気がします。 でも僕は今X100Fにクラシックネガ風カスタマイズを入れてさらにX100Fが好きになりました。 僕撮ってないけど。

次の

クラシックネガの色味をクラシッククロームと比較

クラシック ネガ

昨年末からフジが賑わいを見せていますね!昨今のフィルムブームでX-PRO3が気になっている方も多いのではないでしょうか?僕もその一人です。 その理由の一つでもある「フィルムシュミレーション」で今回から新しく加わった「クラシックネガ」です。 今までのフィルムシュミレーションにはないくらいネガフィルムに自然に寄せているような気がします。 実際にデモ機などで使っていても楽しく撮影できます。 X-PRO3以外のカメラでもクラシックネガが適用できるというお話。 先日フジフイルムのメーカーさんから直接商品説明を聞く機会があったのですが、そこでのお話で他の機種でも使えるのか?という質問に対して同じセンサーなら物理的に適用できなくはないという回答でした。 もしかするともう少し時期を見ればアップデートのタイミングでクラシックネガが追加されるかも知れませんね!ただ今すぐ使いたい!って方もいるかと思いますのでそんな方向けに裏技を見つけたのでご紹介します。 予め試した結果としてLightroom系などはいくつかのフィルムシュミレーションはあったのですが、肝心の クラシックネガはまだ非対応でした。 これも今後は追加されるかも??そして、さっき書いた通り同じセンサーの機種に限りますのでご注意ください。 この記事の目次• Capture One Express for Fujifilmダウンロード Capture Oneという有名は現像ソフトですね!フジとソニーは無償版は配布されています。 扱える機種はそれぞれ限られていますが無償でキャプチャーワンが使えるってすごいことですね!注意する点は今回ダウンロードするのは「Express」がついた無償版です。 赤く囲っている方を選択します。 右はソニー版です。 簡単なアンケートなどがありますので入力後ダウンロードが開始されます。 登録したメールアドレスにもライセンスコードなど送られます。 しかしやってみて分かったのですが、なぜかCapture One20だとどんだけやってもダメでした。。 結果辿りついた答えは一つ前の旧バージョンなら行けたということです。 今回やりたいクラシックネガは旧バージョンでも行けましたのでご案しください。 やり方は、その後に「マイアカウント」にログインして「download Capture One」という項目がありますのでそれをクリックします。 上記画面のようになりましたら赤丸で囲った旧バージョンのダウンロードへとクリックします。 そしてCapture One12をクリックします。 WindowsかMacかはそれぞれ環境に合わせてダウンロードください。 Capture One Express for Fujifilmインストール ダウンロードが完了したら続けてインストールに入ります。 ここで「 Express Fujifilm」を選択してください。 そこまでできれば基本画面に切り替わります。 クラシックネガを適用してみる 早速、RAWで撮影した写真にクラシックネガを適用してみましょう!現像項目の「カラー」を選択して「カーブ」を選択します。 すると一覧画面に「Fujifilm CLASSIC NEGATIVE」が現れていると思います。 あとは簡単。 それを選択するだけでフィルムシュミレーションが適用されます。 もともとのjpgとExpress Fujifilmを使ったものを見比べるように参考写真の載せておきます。 X-PRO3でカメラ撮って出しのクラシックネガ Capture One Express for Fujifilmでクラシックネガを適用 ホワイトバランスなのか色味が異なっているようにも見えますが、X-PRO3のボディ内の設定の色味を少し変更しておりますが、全体的な雰囲気は公式だけあってかなりクラシックネガに見えますね。 確かにフジといえば撮って出しで十分自然な色味やフィルムのように仕上がるのでRAW現像要らずが強みで趣味カメラとして人気があるようなのですが、あとからじっくりどのフィルムシュミレーションを楽しもうかという方でもデジタルカメラのいいところなので全然ありだと思います! まとめ 今回、話題のX-PRO3以外の機種でもフィルムシュミレーションを楽しみたいって方向けの記事を書きました。 フジの綺麗な色味はいいですね。 そういえば冒頭に出てきたメーカーさんは昔のフィルムカメラでいろんなカメラメーカーさんがフィルムカメラを出していましたが中身のフィルムはウチが作っていたので写真の色味のデーターに関しては強いですとおっしゃっていました。 いろんなところからフィルム風プリセット やフィルム風現像など目にする機会が多いですが、フィルムはフィルムで撮るからいいのであってデジタルカメラもデジタルの良さがあると思いますのでその強みを前面に活かせたらもっと楽しいと思います。 今回のフィルムシュミレーションも風かもですが、ちょっとフィルムで撮影しているように慣れればと思います。

次の

クラシックネガの色味をクラシッククロームと比較

クラシック ネガ

タグ 富士フィルム カメラ レビュー 富士フィルム レビュー レンズ XF16-55mm F2. 0 本土寺 検証 買ってよかった カメラ 2019年 三脚 スカイツリー 12-100mm F4 pro X100V 梅 熱海 聖地巡礼 ダイヤモンド富士 河津桜 X-T4 3月 野島崎灯台 ソニー 桜 夜桜 フリーソフト 星景写真 フィギュア lightroom 現像 ティール&オレンジ photohito RAW現像 Luminar3 月• どうも、海苔ぴんです。 () 富士フィルムから X-pro3が新しく発売になります。 X-pro3は液晶画面が隠れているとか 色々尖ったカメラになっていますが、 目玉機能は新フィルムシミュレーション「 クラシックネガ」では無いでしょうか。 X-pro3のデモ機 クラシックネガを使用 私は丸の内にある 富士フィルムイメージングプラザで実機を触ったときに少し使ってみました。 見た感じは 黒が強い、緑強め、クラシック風。 とクラシッククロームをもっとネガっぽくした感じかなと思いました。 個人的にかなり好みの色だったので是非ともX-T3にも実装してくれ!と願っていますが エテルナの時は他の機種に実装されなかったので今回も無理目かなと思っています。 だけどクラシックネガほしぃ・・・。 そんな人のためにクラシックネガ風のカスタム設定がネットには転がっていました。 そのカスタム設定を元に私風にアレンジしたものを紹介したいと思います。 本家のクラシックネガに近いような遠いような感じですね。 本家のクラシックネガはポートレートも綺麗に撮れるみたいなので人物撮影したかったのですが 撮らせてくれる人がいないので検証できずです。 誰かモデルになってくれませんか?募集中です。 クラシックネガ風設定の感想 結構似せられたと思っていますが、正直本家クラシックネガのパチもん感は拭えません。 だけど個人的に楽しむ分には似せられていると思うので、いいなと思った方は使ってみてください。 フィルムシミュレーションはデフォルトをそのまま使っても良い感じに撮影できますけど、カスタム性が高くて好みを反映できるのもいいですよね。 改めて良い機能だなーと思いました。 それにしてもX-pro3はやってくれましたね。 個人的にXシリーズのカメラの方が見た目も機能も好きなのでX-proシリーズには興味無いんですが、新フィルムシミュレーションには大いに興味ありますよね。 X-T3もエテルナ欲しさに購入した感ありますし。 (だけどエテルナあんまり使ってない・・・) Xシリーズにも実装されることを切に願います。 富士フィルムさんお願いします!! それでは。

次の