アパレル 興亡 - 黒木亮『アパレル興亡』【著者に聞く】|文化|中央公論.jp

興亡 アパレル 『アパレル興亡』

80年代以前の業界を知るために「アパレル興亡」を読んでおいて損はない

興亡 アパレル 黒木亮『アパレル興亡』【著者に聞く】|文化|中央公論.jp

興亡 アパレル 私たちはどんな洋服を着てきたのだろうか? 『アパレル興亡』

興亡 アパレル アパレル興亡

アパレル興亡を読み終えて。

興亡 アパレル 80年代以前の業界を知るために「アパレル興亡」を読んでおいて損はない

興亡 アパレル アパレル興亡

興亡 アパレル 『アパレル興亡』著者の黒木亮さんが緊急提言 「気分を高揚させる服を」

興亡 アパレル ファッション業界の栄枯盛衰のドラマ 黒木亮「アパレル興亡」

『アパレル興亡』(黒木亮)の感想(28レビュー)

興亡 アパレル 東京スタイルとサンエーインターナショナル(「アパレル興亡」解説)

アパレル興亡を読み終えて。

興亡 アパレル 私たちはどんな洋服を着てきたのだろうか? 『アパレル興亡』

アパレル興亡を読み終えて。

でも、それでよかったとこの本を読んでつくづく 思う。

  • 「我々のライバルはオンワードだ。

  • 両者の争いは、ワンマン社長の高野義雄氏が率いる東京スタイルが、銀行や商社との株式持ち合いを強化して勝つには勝ったのですが、その後、村上氏が証券取引法違反で逮捕され、高野氏はがんで急死し、会社は別のアパレル・メーカーに経営権を奪われ、消滅してしまいました。

  • 今のように、そのシーズンが過ぎた服が全部売り物にならなくなる商習慣は、変えていく必要があるのではないでしょうか。

東京スタイルとサンエーインターナショナル(「アパレル興亡」解説)

しかし、ユニクロについても海外工場の労務の実態など低コストの裏側を暴く本の出版も続き、SDGsの観点から疑問を呈す声もある。

  • たとえば昭和61(1986)年、田谷の経営ミスによって稼ぎ頭である「ラルフローレン」(婦人服)の国内製造・販売権を競合企業に奪われてしまう場面だ。

  • 実話1 1986に就職活動をした レナウン・・なんかイメージがわかなくて行かなかった 樫山・・JRの駅からバスに乗って行った。

  • そんな華やかなアパレルはなぜ、衰退していったのか。

80年代以前の業界を知るために「アパレル興亡」を読んでおいて損はない

一方、新入社員の堀川は、生産中止になった商品の納入を約束し、百貨店に大損害を与える。

  • 小説の利点というのは、たくさんの人たちの経験を一人の登場人物に集約し、テーマや業界を最も効果的かつ分かりやすく表現できることです。

  • 今月末にはめでたく50歳を迎える当方なんて、若い人から見れば最早、数ある業界クソジジイの一人だろうが当方だって、実は80年代後半以前の業界のことはまったく体感がない。

  • 時給は、世間の2倍以上にする。

東京スタイルとサンエーインターナショナル(「アパレル興亡」解説)

今回の作品で言えば、アパレル・メーカーの営業マンからマーチャンダイザーになる堀川利幸、アパレル業界の変遷に応じて様々な業務を手がける総合商社マンの佐伯洋平などです。

  • この時の 教訓を生かし、自分が面接するときは、圧をかけない ようにしていた。

  • そんなわけで新シリーズの第1回である。

  • しかし、本書は経済小説、企業小説で知られる作家の黒木亮さんが、戦後のファッション業界の栄枯盛衰を描いた小説である。

ファッション業界の栄枯盛衰のドラマ 黒木亮「アパレル興亡」

高野氏のほうは、郷里の山梨県の人たちに話を聞きました。

  • 株主総会はガチンコ対決で、結果としては、東京スタイルが村上ファンドの要求を退けた。

  • あと価格が高いから買わない。

  • 黒木 亮 著 内容 経済小説の旗手が、大手婦人服メーカーを舞台に、焼け野原からのアパレル産業の復興、「ガチャマン」景気、百貨店の隆盛と高度経済成長、バブルの熱気、カテゴリーキラー台頭による平成の主役交代、会社とは何かを社会に問うた村上ファンドとの攻防、社長の死と競合他社による経営乗っ取りまでを描く。

アパレル興亡

1965年(昭和40年)の大手アパレル・メーカーの売上げランキングは次の通りである。

  • 1店舗で 17坪) 1か月間に、ボトムスを350本以上売れた数字は、未だに 私が、店長時代の数字が一番です。

  • 読み終えたら、また書評なりまとめなり、フィクション部分の解説なりを書いてみたいと思う。

  • どうしてKANSAIクリエーションがサンエーインターナショナルなのかというと、もう一つ核心的なことがこの小説には描かれてあって、それは「KANSAIクリエーションはもともとは大阪の生地の問屋からスタートした」というような意味の一節がある。




2021 cdn.snowboardermag.com