十 四 カ条 の 平和 原則 - 14 カ条の平和原則(1918 年)|About THE USA|アメリカンセンターJAPAN

四 平和 十 カ条 原則 の 2 ヴェルサイユ体制下の欧米

四 平和 十 カ条 原則 の 十四カ条/14ヵ条の原則

四 平和 十 カ条 原則 の 2 ヴェルサイユ体制下の欧米

ウィルソンの「十四か条」とは

四 平和 十 カ条 原則 の 2 ヴェルサイユ体制下の欧米

四 平和 十 カ条 原則 の ウィルソンの「十四か条」とは

14 カ条の平和原則(1918 年)|About THE USA|アメリカンセンターJAPAN

四 平和 十 カ条 原則 の 十四か条(じゅうしかじょう)とは

四 平和 十 カ条 原則 の 十四ヶ条の講和原則とは何ですか?

四 平和 十 カ条 原則 の 十四カ条

四 平和 十 カ条 原則 の ようやく世界が『世界平和』という一つの理想に目を向けられるようになり始めた!『国際連盟』の誕生

四 平和 十 カ条 原則 の ようやく世界が『世界平和』という一つの理想に目を向けられるようになり始めた!『国際連盟』の誕生

ウィルソンの「十四か条」とは

十四ヶ条の講和原則とは何ですか?

第一次世界大戦の講和問題ですね。

  • X われわれは、オーストリア・ハンガリー国民の諸国間における地位が保護され確保されることを望 む。

  • ムガル帝国 のような多様性を無視した連合体でも、• 国連憲章による単独または集団的な自国防衛権を尊重する。

  • 但し、ヴェルサイユ条約では総額や支払い方式は決定されず、1921年4月のロンドン会議で総額が1320億金マルク(天文学的数字といわれた)に決定された。

ウィルソンの「十四か条」とは

第一次世界大戦を停止させるために、連合国(協商国)側の一員・アメリカのウィルソン大統領が提案したものです(ソヴィエトのレーニンの「平和についての布告」に対抗するためのもの)。

  • 上の記事にあるように、そうして 1918年、『第一次世界大戦』は終わった。

  • 且その国家の政治的経済的独立及び領土保全は国際的協約によって保障されねばならない。

  • 第10条: の民族自決 オーストリア=ハンガリー統治下の諸民族の自治の保障。

十四カ条/14ヵ条の原則

ポーランド回廊とはドイツ本土と東プロイセンの中間地帯で、ポーランドに海への出口を与えるためにポーランド領としたので、ドイツは本土と東プロイセンが分断されることとなった。

  • われわれは、ドイツが世界の人民の間において、すなわちわれわれの現在住む新しい世界の人民の間において、支配者の地位でなく平等なる地位を受け容れること、それのみを欲するのである。

  • それは、世界が生存するために適し且安全なるものになるということである。

  • 第10条から第13条を見てほしい。

十四か条の平和原則

又、他のすべての自由なる国家と同様、その享有する主権を制限しようとすることなしに、その領土は回復されねばならない。

  • [1939年に定められた半公式紋章] MEMO国際連盟はのちの『国際連合(1945年)』に受け継がれ、『国連』と言われるが、この時点では『国連=国際連盟』ということになる。

  • 十四カ条は、慎重に、注意深く練られていた。

  • ポーランドの独立• 第1条: 講和の公開、秘密外交の廃止 列強中心の「旧外交」の温床となっていた秘密外交の廃止と、外交における公開原則を提唱した。

十四か条の平和原則

バルカン諸国に対しては、それぞれの政治的経済的独立及び領土保全の国際的保障が取極められなければならない。

  • 第六条、〔ロシアの回復〕 すべての国の軍隊は、全ロシア地域から撤退しなければならない。

  • そのため、第1条によって旧来の西欧列強の支配層による秘密外交を批判し、民衆に開かれた「新外交」を提示しようとした。

  • 相互の利益と協力を促進する。

ようやく世界が『世界平和』という一つの理想に目を向けられるようになり始めた!『国際連盟』の誕生

その国家には、明かにポーランド人の居住する地域が含まれねばならず、又、自由にして確実なる海への出口が保障されねばならない。

  • The evacuation of all Russian territory and such a settlement of all questions affecting Russia as will secure the best and freest cooperation of the other nations of the world in obtaining for her an unhampered and unembarrassed opportunity for the independent determination of her own political development and national policy and assure her of a sincere welcome into the society of free nations under institutions of her own choosing; and, more than a welcome, assistance also of every kind that she may need and may herself desire. の精神にもなった。

  • 集団的防衛を大国の特定の利益のために利用しない。

  • パリ講和会議の翌年、アメリカの大統領ウッドロー・ウィルソンは『 国際連盟』として、国際平和維持機関を設けました。

十四カ条/14ヵ条の原則

三国同盟(ドイツ、イタリア、オーストリア)• トルコは、イラク・ヨルダン・パレスチナをイギリスの、そしてシリア・レバノンをフランスの委任統治領とすること、ボスフォラス・ダーダネルス両海峡の開放・国際管理・非武装、極端な軍備制限、治外法権の承認などを規定した屈辱的なセーヴル条約を承認した。

  • 第3条: 平等な通商関係の樹立• 第一次世界大戦末期の 1918年1月、アメリカの ウッドロー=ウィルソン大統領が 「十四カ条の平和原則」で唱えた 「民族自決」は、アジア・アフリカの人々にも希望を与えた。

  • また、第2、第3条に示されるように、大戦を通じて経済力を拡大したアメリカの優位を確保しようとする意図も込められていた。

  • そして侵害が是正され、その再発に対して世界の安全が最終的に確保されない限り、わが国民の生活が不可能になったのである。




2021 cdn.snowboardermag.com