土井 きり 小説 - 小説

小説 土井 きり TINAMI

小説 土井 きり 拍手小説 携帯ホームページ

RKRN

小説 土井 きり RKRN

TINAMI

小説 土井 きり 土井きりの検索結果 フォレストページ

小説 土井 きり 土井きりの検索結果 フォレストページ

小説 土井 きり 土井きりの検索結果 フォレストページ

土井きりの検索結果 フォレストページ

小説 土井 きり TINAMI

小説

小説 土井 きり 危険なバイトにご注意の段

落乱(小説) 携帯ホームページ フォレスト

小説 土井 きり ×きり丸RANK!

小説 土井 きり 書庫・秘密の穴ぼこ

小説

心底驚いて少し目が輝いた。

  • 「っはぁ、は…はぁ……」 気配が感じられなくなるまで走った。

  • 」 何かに操られているかのように自分の意志とは関係なくつむがれる言葉。

  • うっすらと桃色に変化したお尻を、もう片方の手が叩く。

小説

「きり丸、土間の方へ行ってかまどに手をつくんだ」 「まさか、それで・・・」 「お仕置きだ!!!」 「うそっしょ!?それで?ねー、止めましょうよ」 「嘘じゃない。

  • 「土井先生」 きり丸の甘えた声が鼓膜に張り付いている。

  • 悔しさに唇を噛みしめると血の味が広がり、その匂いに気付いた妖に顔を無理矢理引き寄せられ唇を奪われる。

  • 「ただいま。

土井きりの検索結果 フォレストページ

酔いがさめたならこの子が送る必要もないですよね」 「ああ、必要ないよ・・・それじゃな」 ばつの悪そうな顔をしてこそこそと男たちは人ごみに消えた。

  • 見間違うはずなど、無かった。

  • こんなことをしてすまない。

  • 思ったより遅くなった。

書庫・秘密の穴ぼこ

カップリングやキャラ設定に強いこだわりのある方も、お読みにならないでください。

  • 「夏っつったら一番の書き入れ時でしょ?そこでバイトしないでいつするんすか!稼げるときに稼いでおかないと、いざというときに困りますよー。

  • 「ったく、しっかり夏休み中に終わらせておけばこんなことにはならないのに・・・きり丸、お前は夏休みをバイトに割きすぎだぞ」 「なーに言ってんすか!」 半助の言葉に、きり丸が前のめりになって抗議の声をあげる。

  • 「お酒は・・・ほどほどにしないと、皆に迷惑がかかりますよ?」 「う・・・」 「そろそろ酔いを醒ましましょうね・・・」 丁寧な口調ながら怒気をはらんで、ゆっくりと近づくと二人の男たちは完全に音を上げた。

拍手小説 携帯ホームページ フォレスト

ひそかに機会をねらうことにしたきり丸である。

  • と思ったんだけれど。

  • 背中に片手を置かれ身動きが取れなくなった。

  • ふわふわとした明るい茶色、整った顔立ち、口元に浮かべる微笑は優しげで本当に耳さえ人と同じならば道行く人という人が頬を染めて溜め息を吐くだろう。

小説

**** そして待望の夜。

  • その姿は獣耳が付いている以外は殆ど人と変わりがない。

  • WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• きり丸がトモミに語る、ある決意。

  • 主の不在によるものだった。




2021 cdn.snowboardermag.com