コスダック。 コスダック指数 4.80ポイント▲ 758.62(終値)│韓国経済│wowKora(ワウコリア)

韓国総合8%安、コスダックはストップ安で売買停止

コスダック

韓国株コスダック市場が7%暴落…サイドカー発動へ 韓国取引所は5日、新興企業向け株式市場コスダック(KOSDAQ)150先物価格および現物指数(コスダック150)の急激な変動をうけ、サイドカーを発動した。 サイドカーは先物価格が急騰または急落するときに発動される制度で、プログラム売買を5分間停止する。 韓国取引所がサイドカー発動を取ったのは、昨年1月12日と2月8日以降初め。 当時は株価の急騰による措置だったが、今回は7%を超える暴落による発動。 下落の影響でサイドカーが発動されたのは2016年以来となる。 5日午後3時27分現時点でコスダック指数は571を記録中。 前日より44. 70(7. 26%)下落した数値で、600ラインを下回ったのは2017年3月10日以来、約1年5ヶ月ぶりだ。 All rights reserved.

次の

コスダック指数 4.80ポイント▲ 758.62(終値)│韓国経済│wowKora(ワウコリア)

コスダック

KOSDAQ(コスダック・코스닥)指数とは KOSDAQ KOSDAQ, KOrea Securities Dealers Automated Quotation 指数は韓国の取引所であるKOSDAQに上場している銘柄を対象とした時価総額加重平均型の株価指数です。 1996年7月1日を基準日として、該当日を100として算出したのち、2004年1月26日に基準値を1000に変更されました。 対象となるKOSDAQ市場はその名前の通りアメリカの新興企業を対象とした株式市場であるNASDAQを倣って作られており、上場銘柄も中小企業・ベンチャー企業が対象の市場です。 当初は韓国証券取引所とは別の市場として存在していましたが、2005年に法令により韓国取引所(KRX)が誕生する際に統合され現在では韓国取引所のコスダック部門となり運営されています。 KOSDAQに上場している株式銘柄 KOSDAQに上場を行うためには一定の自己資本や純利益などの要件をクリアした後、審査を経て上場が決定されます。 現在上場している主な構成銘柄は以下の通りです。 セルトリオンヘルスケア• 新羅ジェン• CJ ENM• ポスコケムテック• ヘリックスミス• メディトクス リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の

KOSDAQ チャート

コスダック

『地獄に直面韓国経済!? 1週間で223兆ウォン消滅!!』 感染症の影響で、経済は世界的な混乱を見せることになりました。 韓国でも連日サーキットブレーカーが発動するなど下落の底が見えません。 そして、この一週間で失った額はなんとも驚きの額となりました。 「地獄に会った」コスピ・コスダック1週間で223兆ウォンが飛ぶ こんな地獄はなかった。 この日一日だけで、コスピ・コスダック合わせて、 時価総額56兆750億ウォンが飛んでいった。 一週間の間に223兆3,740億ウォンが消えたのだ。 株式市場は、歴史を新たに塗り替えた。 コスピ・コスダック市場に同時にサーキットブレーカー、 サイドカーがかかったのは、この日が初めてだ。 コスダック指数は、取引中に13. 国際原油価格の急落が景気の萎縮を超えて 金融危機に向かうとの恐怖が、証券市場を押さえ付けている。 取引後半、年金基金が5,700億ウォンを買い越し、 ピンチヒッターとして登板したうえ、カナダでワクチンを生産したという ニュースが伝えられながら、下げ幅を狭めたが、 コスピ・コスダック指数は6〜8年前のレベルに後戻りした。 実際、この状況では下げない方が異常な状況なのですが、 これまでずっと他の国が好況だっただけに、その分の負債もあるという事でしょう。 しかし、この流れは文大統領の政策を続けていれば いずれこうなると予想もできていた事なので、今更感がありますね。 コメントを見ていると、空売り禁止を連呼しいていますが、 確かに、これ以上下がっていくのは恐怖なのはわかるのですが、 ここで言われている様に禁止してしまうと、下げ幅は少なくなるかもですが 魅力も0になって取り返しのつかないことになるのではないでしょうか?.

次の