航空自衛隊 基地服務規則。 航空自衛隊はどんな規則がありますか?

営舎内に居住する自衛官が居室内で使用する電気器具に係る電気料金を当該自衛官に負担させるなどして、基地等における電気料金の支払を適切なものとするよう是正改善の処置を求めたもの

航空自衛隊 基地服務規則

昨年、数人の知り合いから噂に聞いていた、元自衛官の再任用制度が、海上・航空でも始まったようですね。 数人の同期から戻らないの?みたいなメールも受けましたが、 戻るわけないでしょ、普通。 せっかく得た限りない自由な資本主義社会での生活から、共産社会に誰が入りたいんでしょう…。 現役時代は、アホなバ幹部に振り回され、船頭多く船沈むというのに、言うこと全員ばらばら、責任取らないバ幹部と上級海曹にいいように使われる下級海曹でした。 退職後、何度か呼ばれて同期会などに参加しましたが、年々話は噛み合わなくなり、最近はほぼ絶縁状態に近いものです。 そりゃそう、資本主義に生きる人間と世間知らずの競争しらずの共産社会に生きる人間とでは話は合うわけありません。 昨今の求人倍率の改善により、優秀な人材は民間に流れ、資本主義で生きられない人間が自衛隊にながれます。 不景気には公務員、好景気には民間に優秀な人材は流れるのは昔から。 なかでも自衛隊は最終終着点と言ったところでしょうか…。 軍人なんて各国、基本、社会不適格者の集まりのような連中ばかりで、ヨーロッパでは職業軍人は蔑まれます…。 ましてや海上自衛隊…。 伝統墨守の古くさい組織は小生が現役の頃から不人気の人材不足でした…。 現在は船の大型化により、更に人材不足が進んでいることでしょう。 だから、募集項目みると、陸自は他からの転属採用なしなのに対し、海上は陸・空からの転属採用を認めたようですね。 上記リンクのfacebookのコメントには気持ち悪い奴等が大勢います。 別れた女と寄りを戻したくてたまらない男達です。 任期で若くして辞めていった連中は、やれ訓練キツいだの、出航嫌だの、給料安いだのと騒ぎ、隣の芝生の青さに勘違いし民間に飛びだしてみたら、民間のほうがきつくて、自衛隊のキツかった嫌だった所はすっかり忘れて、戻りたいなどと未練たらたら、恥ずかしい人達です。 この制度で戻る人間はおそらくろくな人間はいません。 戻るやつは自衛隊で使えず辞めて、社会でも使えず戻るやつばかりでしょう。 この制度で、例えば40歳3曹で元のマーク 特技 に戻って、どうなりますか? 同期は早ければ曹長、1曹で各部署の員長をやってるはずです。 階級序列は一番下スタート、定年まであと14年。 民間での経験、経歴は何も加味されず、号棒も辞めた時点からの引き継ぎとあっては何もいいことがありません。 人材、人員不足を補うための場当たり的制度で戻してやるよなんて足元見られて戻った日には超負け組です。 自衛隊組織、海上自衛隊はやはり世間知らずですね。 今は売り手市場の世の中に、優秀な人材は、そんな上から目線の制度では誰も入らないということ。 優秀な人材を得たければ頭を垂れることです。 ま、いまだに防大出なけりゃ、トップに立てない制度で、自分より優秀な大学出には嫉妬で人事をきつくするような狭量な連中には無理なことでしょう。 最近、中国の台頭もあり、ホントに不安になります…。 海上自衛隊に守られていることが…。

次の

営舎内に居住する自衛官が居室内で使用する電気器具に係る電気料金を当該自衛官に負担させるなどして、基地等における電気料金の支払を適切なものとするよう是正改善の処置を求めたもの

航空自衛隊 基地服務規則

1. 鏑木健夫空将 の創設期に席を置いたもので、鏑木健夫空将、新郷英城空将の名前を知らないものはいないであろう。 私の手元にも新郷・鏑木両空将将軍追想録刊行会が昭和61年12月に発行した「空将新郷英城追想録」と「鏑木健夫将軍追想録」(非売品)がある。 新郷英城空将については、第1期操縦学生でパイロットとして戦闘航空団に勤務した者は豪傑の謦咳に接したが、私は残念ながら直接ご指導を受けたことがなかった。 鏑木健夫空将については、「鏑木健夫将軍追想録」の刊行の辞で「故鏑木健夫空将は、前大戦中、陸軍の戦闘機隊長として圧倒的に強大な米支合同の空軍と中南支の航空戦場で勇戦敢闘し、戦後は創設以降多くの要職に就き、豪放磊落、難局に処しても自若たる統率ぶりを発揮してその発展に多大の貢献をされました。 」と認められている。 昭和41年5月、私が入間基地で中警団司令の副官をした時、鏑木将補は上級司令部である中空幕僚長(将補)をしておられ、職務柄しばしば中空副官室に出入りしていた関係からご指導いただいていた。 双方の副官室が鏑木幕僚長を囲んで一緒に花見を楽しんだこともあった。 日ごろの勤務に対する慰労をしていただいたように記憶している。 豪傑のようで大胆にして、且つ下々のことに細心の配慮をされていることを体感しており、尊敬するであられた。 《「鏑木健夫将軍追想録」から 》 2.鏑木監察 は、昭和48年2月、で起きた燃料漏れ事故を始め、最近の飛行事故の原因に、過去の技術偏重主義から幹部の指揮統率力、隊員のにやや欠ける面があるのではないかとして、安全対策にとどまらず、指揮統率の基本を究明するという従来とは異なった角度で、昭和48年5月7日から1か月間,航空総官鏑木健夫空将を団長とする「特命監察」を行った。 世にいう「鏑木監察」であった。 今日、創立60周年が過ぎ、新時代へ向かって進んでいる精強なを見るとき、創立間もないころから勤務してきた者としては、こうした先達の「鏑木監察」に基づく改善などの基盤づくりが営々として行われた結果であることに注目するものである。 「鏑木監察報告書」にある指摘事項は部隊運営上の反省・教訓・示唆がいっぱいである。 いつの時代でも、原点にかえって組織を総点検することを怠ってはならないであろう。 当時、私は、同年7月14日に1年間の指揮幕僚課程を卒業し、西部航空方面部に着任したばかりであった。 報告書の内容は、創隊20周年を迎えるに対する厳しい指摘であり、指揮統率、各種教育、服務等に対する体質改善と積極的な施策が求められた。 人事幕僚の 一人として、どのように対処したらよいか、報告書の内容を自分なりに掘り下げ、幹部学校記事に取り上げられた「鏑木語録」を自分の反省の資としたものであった。 一方、初級幹部時代から実践してきた現場における青年隊員に対する指導、内務班との関わり、自主積極的な隊務への参加や人事幹部に転進した時に課した命題など進むべき方向性に間違いはなかったと自信を強くしたものであった。 こうした背景のもとで第6航空団における服務指導研究会、内務班長を中心とた内務班運営、営内衛隊員による納涼祭の運営などはその一環であった。 また、人事担当はややもすると幕僚組織の一幕僚としての勤務が多くなることから、指揮官に対しは幕僚であるが、少数精鋭なりといえども班・部においては指揮官という強烈な意識と立場を保持した。 管理者というより指揮官という立場・考え方で万事に対処したものである。 在隊間、事あるたびに読み返し、自らの日常のありように照らし反省と向上の資とした。 いつの時代にも通じる示唆に富んだ鏑木語録である。

次の

フクム キソク【服務規則】の例文集・使い方辞典

航空自衛隊 基地服務規則

概要 [ ] 駐屯地における入出門者の警戒監視と駐屯地内の規律の維持を目的に設けられており、主に駐屯部隊が持ち回りでその任務に就く。 部隊規模は数名から十数名で各部隊に割り振られており、そのに関しては駐屯地だけでなく駐屯地に隷属する分屯地やそれに準ずる施設等多岐に渉る。 上番する隊員は、またはを装備して駐屯地内を巡回し、要所に設置してある等を使って巡回したことを証明する。 彼らは、万一の際はを駆使して対処しなければならない。 ただし、駐屯地内に設置されている弾薬庫の警備に上番する隊員に関しては、95条に基づく武器弾薬の防護のため、平素より実弾を込めたと銃剣を身につけ、を装備することが認められている。 基本的に駐屯部隊がその任に就くものの、小規模駐屯地に関しては近隣の部隊からの支援 を受ける場合の他に外部 に委託し警備幹部や警衛司令等管理する者のみ自衛官という場合も存在する。 編成の基準 [ ] 陸上自衛隊服務規則第55条に定めがあるものの、細部は各(実際は警備幹部が立案)が定めており、必ずしもこの編成・階級通りとは限らない。 警衛司令:原則2等陸曹以上の陸曹または准尉・陸尉• 営舎係(分哨長):2等陸曹または3等陸曹• 歩哨係:2等陸曹若しくは3等陸曹• 歩哨:2曹~陸士• らつぱ手:3曹若しくは陸士• 操縦手:3曹若しくは陸士長(通常歩哨との兼務) 上記の他に、駐屯地所在部隊には増加警衛用の待機人員が指定されており、平時は課業終了時から約2時間と起床時から1時間程度の時間において登退庁時における営門の開門・入出門者の警戒等の任務が付与される場合がある。 なおや、に関しては88式鉄帽、、小銃等を装備した状態で正門の警備をしていることが確認できる。 注釈 [ ]• 但し、1個中隊規模の駐屯地であるが警備会社への委託が行われていない駐屯地においては防衛事務官による警備が行われており、役職に関してもその指定級により定められている場合もある。 陸上自衛隊服務規則56条3項は「弾薬庫の歩哨には弾薬を携行させるものとする。 」と定めている。 近隣の中規模駐屯地より人員の派遣を受けて編成されている。 例としては普通科連隊や特科連隊や施設大隊等から数名から10名程度の人員派遣を受けて、交代で警衛勤務に就く場合もある• この場合の外部とはや警備担当として採用されたである。 常時開放の営門を複数有する駐屯地においては警衛司令の指揮を受けを歩哨を直接指揮するほか、営門が一つの場合は警衛司令と同地に位置し、警衛司令不在時における司令業務を担任。 (朝霞駐屯地は総監部庁舎側(通称大泉門)が正門で警衛司令、広報センター側(通称朝霞門)が副門で分哨長がそれぞれ指揮を執る)• 駐屯地内に弾薬庫を備えている場合、弾薬庫歩哨は陸士長以上の階級を付けた隊員が任に就く• 通常は歩哨との兼務であり、将官が所在、または日課号音を生ラッパで吹奏する駐・分屯地の警衛において編成される(送迎ラッパは原則として将官車が営門を通過する際に吹奏される)•

次の