ガイ シュー イッ ショク ネタバレ。 エロ要素どっぷりのマンガ「ガイシューイッショク」2巻のエロシーン集※ネタバレ、画像多め

約束のネバーランドの12話の感想

ガイ シュー イッ ショク ネタバレ

同居人がラスボス! Hなバトルコメディ!! 不動産会社に勤める真面目な男・広海 ひろみ はある日、家出少女・みちるに弱みを握られ、自宅に転がりこまれてしまう。 傍若無人な彼女に言うことを聞いてもらうために出された条件は「先に感じたら負け」の触れ合いゲームに勝つこと!? 果たして広海の運命は……アンラッキースケベ同棲、開幕!! 【編集担当からのおすすめ情報】 実写化もされたNTR ネトラレ 漫画の金字塔『ネトラセラレ』など、単なるエロに収まらない挑発的な作品を描く色白好 しきしろ このみ。 そんな異才が次に挑戦するのは、ラブコメ!!? 愛してない、でも触れる、感じたら負け、だから耐える。 エロスとストレスが入り混じる新境地です!! しかし、この可愛さ、評価が割れる。 というのも、ヒロイン・みちるは、かなりの子悪魔ちゃんだからだ。 だから、以下の男性や女性にオススメしたい。 「おっぱいの大きい美少女にめちゃくちゃ振り回されたい」 「おっぱいの大きい美少女に尽くしたい。 クリティカルヒットだ。 ただし、ワガママで偉そうな女の子が好きじゃない人にとって、この作品はイラつくだけだろう。 新しい扉を開いてみたいと言う人、思い切って飛び込んでみるのもアリだと思う。 ウェルカム。 焦らしプレイって、やっぱり素晴らしかった。 いつ彼女が陥落するのか……続きが気になりすぎる。 住むところがない女の子が自宅に転がり込んできて……という、ちょっとエッチな漫画にはよくあるパターンの話。 しかし王道ラブコメ展開を期待していると裏切られる。 このヒロイン、ずっとツンツン冷たいままである。 わがままで傍若無人で自分勝手で生意気で傲慢で上から目線。 男を小ばかにした態度で自信満々に妙な賭けを挑んでくる。 「10分間私の体のどこをマッサージしてもいい。 私が喘ぎ声を出したらあんたの勝ち。 あんたが勃起したら私の勝ち」 こういう漫画でネタバレを気にする人もそうそういないと思うので書いてしまうのだが、この賭け、何度も行われるのだが毎回男が勃起してしまって負けるんである。 そのへんは、いつまでたってもくっつかないじれったいラブコメ漫画のスタイルを踏襲しているといえるかもしれない。 一応、彼女は駆け出しの漫画家で、男に対する職業的探究心?みたいなものがあるというような設定がある。 しかしそれで彼女の行動に納得がいくかというとまったくそんなことはない。 理不尽でわけわかんない女としかいいようがない。 ところが男というのはちょろいもので、そんな女でも恥ずかし気に顔を赤らめているのを見たら、アレなんだコイツ可愛いじゃないか、と思ってしまう。 そういう男の性を描くのが本題なのかもしれない、というか、それだけで1巻持たせている漫画である。 貶しているようだが、実はそこそこ面白い。 男にはスケベ心があり意地があり、女にも多分違う意味でのスケベ心と意地がある。 そういう二人のコミカルな関係を素直に笑っておくべきタイプの漫画だろう。 しかし以降の巻はどうなるんだろうか。 二人の行く末が気になるので続きを読みたい気もするし、でもこのまま似たような展開が延々続くだけならもういいか、という気持ちもある。 2巻を買うかどうか、本気で迷っている。 ヒロインの境みちるちゃん、、 大きなおっぱいがとても魅力的な女の子ですが、 なんと言っても表情がとても可愛い。 すました顔、真剣な顔、怒った顔、我慢してる顔、感じてる顔…そして不意に見せる笑顔、どれも最高。 ツリ目にエロい熱を感じます。 この顔・この表情は好きな人はとても好きでしょう。 ストーリーについては、主人公 男 がみちるちゃんの胸を揉んだり乳首を弄ったりして喘がせたら勝ち、勃起したら負けというものw そして毎回勃起してしまって負けます。 みちるちゃんは非常に生意気な性格をしてらっしゃるので、負けるのがとても悔しい!というもの。 まぁ女の子の体のエロさに男はどうしても勝てませんよね。 胸だけという縛りはないので、この先色んなところを愛撫するでしょう… しかし良い勝負は出来ているようで、みちるちゃんも感じてるのをギリギリと我慢しているようです。 ただし今のところその快感は主人公に対してではなく、ひたすら漫画家 職業 としてのエロスを追求したいだけにも見えます。 そんな彼女の内面が今後どう変化していくのでしょうか。 思うにこの作品は、深いところまでイキそうでイカない2人の関係をじっくり味わうのが正しい楽しみ方なんじゃないかと思いました。 このまま生殺し状態で続いても個人的には良いと思いますよ。 それはそれでムラムラして好きです。 しかし勝負の形式上、過激なところまでエスカレートしていくんでしょうねぇ。 イライラしがちな2人の、性の真剣勝負は良いものです。 まぁグダクダ描きましたが、まだ1巻なのでどうなるかわかりませんね。 2巻待ってます。

次の

ガイシューイッショク! (1) (ビッグコミックス)

ガイ シュー イッ ショク ネタバレ

【ガイシューイッショク!:22話】最新話ネタバレ ミチル「じゃあ私もう寝るね。 」 その一言を広海に伝え、ぐっすりと眠ろうとする。 広海は延長戦のためにタイマーをセットして準備完了。 眠っているミチルのタオルを少しずつめくり、太ももを丹念にマッサージしていく。 はずだったのですが、いきなり太ももの根本どころか、ほぼお尻の部分にクイッと指先を入れ込んだのです。 これには眠ろうとしていたミチルも瞳孔が開き、血走った目をしていました。 広海「どうかした?」 何も悪意は無い。 そのような顔で言われてしまっては、ミチルも強く言い出せません。 引き続き広海からマッサージを受け続けることとなりました。 ひたすら続く広海のアロマオイルマッサージ 広海は改めてアロマオイルを適量手に塗りたくり、ミチルの足へ少しずつ慣らしていきます。 眠いミチルは何一つ反応を示さず、広海からなされるままマッサージを続けられていきます。 足先とふくらはぎは丹念にされたので、今度は太ももからスタートです。 しかし、今までとは違って力に緩急を加え、さらにスピードにも早さと遅さを混じらせ、焦らしていく形で揉み込んでいきます。 ミチルの太ももはぐにゃぐにゃと形を変え、マッサージしている側を変な気持ちにさせるような魅惑を秘めています。 並の男なら欲情を抑え切れないのですが、広海は眉一つ動かさずに引き続きマッサージを続けていくのでした。 その気持ちよさに負けているのか、ミチルの耳はほんのり赤くなり、何かを我慢しているようです。 もちろん、その姿は広海も確認済み。 しかし、意に介さずマッサージをひたすら無心で続けていくのでした。 延長線のマッサージも終盤戦 左側の太ももを丹念にマッサージして、次は股関節周りのマッサージです。 寝そべらせたまま腰だけを浮かせ、そこを起点に太ももに手を上下させて、改めて腰をソファに落ち着かせる。 その一連の動作を行ったとき、広海は何か様子を伺う素振りを見せます。 ミチルは怒るだろうか、それとも素直に従い続けるだろうか。 最初にお尻付近を触ったときのことを思い出し、今さっきの行動により逆鱗に触れるのではないか。 その考えが一瞬だけ頭の中によぎったのでしょう。 しかし、意外なことにミチルは全く意に介していなかったのです。 むしろ、ミチルは耳を真っ赤にしていたので、顔を上げられなかった可能性まであった。 これ以上、同じことをされたらミチルは堕ちると感じていました。 再び繰り返される広海のルーチンワーク お尻から手を引いてタオルを被せ、改めて足先、指、足裏を丹念にマッサージしていきます。 今までと同じルーチンワークです。 しかし、今のミチルにはルーチンワークですら有効的に効いてしまっています。 今までは左足でしたが、それが今度は右足です。 快楽に溺れることは間違いなかった。 その快楽に溺れるために必要だった、太もも付近に取り掛かろうとしたときです。 無常にも延長戦のタイマーが知らせを告げます。 ミチル「ん〜〜〜〜〜ッ!!!」 大きく背伸びをしたミチルはわざとらしい表現と声を使い、広海に自分が寝ていたことを証明しようとしていました。 広海(背伸び・・・?) そして、今日はこの編で終わりにしようと言いかけたミチルの目に飛び込んできたのは、広海のパンツでしなしなになっているバナナです。 ミチルはこれだけやったのだから、広海のバナナはギンギンになっていておかしくないと思っていました。 しかし現実は真逆で、バナナはしなしなに萎れて使い物にならない状態だったのです。 ミチル「やっぱりもう一回、延長で。 」 悔しいミチルは再び延長させるのでした。 無料かつリスクなしで画バレを楽しみたくないですか? もしもそう思ってしまったなら、U-NEXTの無料登録特典を使えばあなたの希望が叶います。 U-NEXTは登録時に31日間無料+600円分のポイントプレゼントキャンペーンがあり、それで ビッグコミックスペリオール2019年13号or好きな単行本1冊が無料で読めます。 さらに話題の最新アニメ作品等も見放題で最新話を配信中です。 ぜひ、こちらで無料登録してお楽しみください。 感想 今回こそ広海に勝機がやってきました!!!!笑 ここまでやって勝てなかったらどうするんでしょうね。 しかし、この展開は読んでるこっち側の気持ちがムラムラさせられるので良くないです笑 表現も生々しくて、どうしても読み続ける内に変な気持ちになるし、誰かにやってあげたくなってしまいます。 困ったものですね。 さて、次回は2度目の延長戦です。 これで勝てなかったら広海は、一体どうやったら勝てるのでしょうね? 本当に聞いてみたいものです。

次の

【ガイシューイッショク!:22話】最新話ネタバレ|アロママッサージの倍プッシュ|漫画サイコー!

ガイ シュー イッ ショク ネタバレ

ビッグスペリオール 2017. 09 「ビッグコミックスペリオール」12号からスタートした 新連載『ガイシューイッショク!』。 アニメ化もされた『ネトラセラレ』等で知られる、 エロ漫画界の奇才・色白 好(しきしろ・このみ)氏による 〈ちょっとエッチな同棲コメディー〉は、「可愛い!」「エロい!」「ヤバそうな新連載始まった... 」と、早くも評判となっています!! タイトルの『ガイシューイッショク!』という聞きなれない言葉、漢字で書くと 【鎧袖一触】という四字熟語です。 新明解四字熟語辞典によれば、【鎧袖一触】とは「弱い敵をたやすく打ち負かしてしまう」という意味で、「鎧の袖がわずかに触れただけで、敵が即座に倒れる」ことに由来しているとか。 うだつの上がらない不動産屋職員・小森の前に客として現れた、 おっぱいも態度も大きい謎の美少女・みちる。 彼女の正体とは? そして、タイトル【ガイシューイッショク!】の意味するものとは......。 6月9日(金)頃発売の「スペリオール」13号に注目の第2話が掲載されるのに合わせて、コミスンでは第1話をまるごと無料試し読み掲載!! お楽しみください!! 色白 好『ガイシューイッショク!』第1話「満員電車」 こうして始まるみちるとの強制同棲生活。 これは「甘い」のか、「辛い」のか? 気になる続きは6月9日(金)頃発売「ビッグコミックスペリオール」13号掲載の第2話にて!! (スペリオール編集部) 関連リンク 【初出:コミスン 2017. 09】 ガイシューイッショク!,スペリオール,色白好,試し読み.

次の