逃げる 類語。 「逃げるが勝ち」の意味や類語とは?人生教訓としての使い方も

擬音語・擬態語―歩く、走る、逃げる

逃げる 類語

「逃げる」というと、卑怯な印象を持ってしまうかもしれません。 しかし、状況によっては、戦略的撤退も必要ではないでしょうか。 「逃げるが勝ち」は、 勝てないと分かっている相手ならば、先に「勝ち」を譲ってしまった方が良い結果に繋がるという意味になります。 たとえば、他者からケンカを売られたとしましょう。 体格の差から勝てそうにありません。 あなたは悪くありませんが、謝って逃げることにしました。 これも「逃げるが勝ち」といえます。 ケンカを買ったとしても、自分は怪我をするだけ。 さらに、余計な面倒事に巻き込まれてしまう危険性があります。 そんな事に労力を使うくらいなら、自分の将来のために力を有効活用すべきではないでしょうか。 逃げる時は恥ずかしくても、長い人生からみれば一瞬の出来事。 限りある時間を有意義に使った者が、最終的には「勝ち」となるのです。 幸せな人生を送るために必要な考え方の一つといえますね。

次の

「泥船に乗る」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

逃げる 類語

(工夫して新しいものを作り出す) それぞれの例文を見てみると、 普段何気なく、いろんなニュアンスの「考える」を使っていることが分かりますよね。 2.「考える」の類語を意味ごとに紹介! 「考える」と同じ様な意味を持つ類語を、以下の意味ごとに紹介していきます。 考慮する 思いやる 人の身になって考える (気持ちを)汲(く)む 相手の気持を好意的に解釈する 推察する 物事の事情や、他人の心中を考えて思いやる (〜と)見受ける 見て、判断する 位置づける 物事の程度・能力などを見極めるて階級を付けること (〜であると)にらむ 見当をつける 思念する 心に思うこと• また、よく使われる言葉で 「考える」に近い意味を持つものとして、「感じる」や「思う」があります。 「考える」と「感じる」「思う」との違いが分かりますか? 感覚的にはなんとなく分かるけど、言葉で説明するのは難しいですよね。 そこで、「考える」と「感じる」や「思う」との違いを、簡単に解説します。• 考える:(論理的に)頭を使って考える• 感じる:(実体験を元に)自然と気持ちや感情が生じること• 思う:(考えた結果、または感じた結果)想像する。 思うこと 「考える」が連続してしまう時は、適度に「感じる」や「思う」を使うと良いですね。 しかし、「感じる」や「思う」「考える」は、とても主観的な表現です。 主観的な表現も時には大事ですが、文章は読み手に読んでもらうものなので、客観性も大事です。 そこで、次では「考える」や「思う」「感じる」という言葉を使わずに表現する方法を解説します。 3-2.「考える」や「思う」「感じる」を使わずに表現する方法 同じ様な意味を表現する場合は、類語を使えば良いのですが、 類語を使わずに表現する方法があります。 難しい類語であれば、読み手にも負担を与えてしまいますからね。 ここでは、例文を元に解説していきます。 例文1.「考える」を使わずに表現する.

次の

【慣用句】「逃げるが勝ち」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

逃げる 類語

Last update December 14, 2019 擬態語/擬音語 意味 あてもなく歩き回る様子。 蒸気機関車などが走る音。 意気消沈した様子。 急いで動く様子。 なめらかで身軽な様子。 長い距離を歩き続ける様子。 大勢の人が急に入ってくる様子。 小またで足早に歩く様子。 足音などの荒々しい音。 元気のない足取りで歩く様子。 騒がしく出入りする様子。 急に姿をくらます様子。 動作が鈍くゆっくりしている様子。 重いものがゆっくり動く様子。 「のそのそ」よりも重い感がある。 動作が鈍く、ゆっくりしている様子。 軽く音を立てる様子。 安定せず揺れ動く様子。 特別な目的がなく歩く様子。 平らな面が連続して接触する様子。 蒸気機関車などの音。 もつれるように歩く様子。 幼児などが、危なっかしく歩く様子。 足どりがしっかりせず、よろめく様子。

次の