ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ。 シルヴァディ育成論 : 環境対応特殊シルヴァディ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】シルヴァディの育成論と対策【自分流にカスタマイズ】

ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ

攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 どの状態異常になるかはランダム。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍の効果もさらに加わる。 『グラスフィールド』の時は『くさ』タイプ、『ミストフィールド』の時は『フェアリー』タイプ、『エレキフィールド』の時は『でんき』タイプ、『サイコフィールド』の時は『エスパー』タイプの技となる。 また、威力が150になる。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 [Lv. 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 [Lv. [タイプ:ヌル:Lv. 5ターンの間、相手は回復系の技『あさのひざし』『いやしのねがい』『いやしのはどう』『ウッドホーン』『かいふくしれい』『ギガドレイン』『きゅうけつ』『こうごうせい』『じこさいせい』『じょうか』『すいとる』『すなあつめ』『タマゴうみ』『ちからをすいとる』『つきのひかり』『デスウイング』『ドレインキッス』『ドレインパンチ』『なまける』『ねがいごと』『ねむる』『のみこむ』『はねやすめ』『パラボラチャージ』『フラワーヒール』『みかづきのまい』『ミルクのみ』『メガドレイン』『ゆめくい』『いのちのしずく』が使えなくなり、また特性や道具、場の状態などでHPが回復しなくなる。 [Lv. 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の

シルヴァディ

ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ

他の特殊アタッカーと比べると特攻種族値は高いわけではないため、シルヴァディで相手をしたいポケモンを明確にして、覚えさせる技と持ち物を決める必要があります。 受けとして多い水タイプへの打点、特にヌオーやトリトドンに強い。 高火力の鋼技。 HPを最大HPの半分減らす効果があるため連発しにくいものの、威力は十分。 氷タイプの特殊技。 打ちたい相手が減ったため優先度は低い。 自分のパーティのバランス次第では十分候補になる。 交代技。 シルヴァディで対応しない相手と対面した時に、ダメージを与えつつ交代できる。 持たせたメモリに応じてマルチアタックのタイプは変わるため、パーティのタイプバランスを考慮して持ち物や覚えさせる技を決める必要があります。 持ち物はフェアリータイプになる「フェアリーメモリ」や、飛行タイプになる「フライングメモリ」が使いやすくおすすめです。 持たせたメモリに応じて技のタイプが変化する、「シルヴァディ」の専用技です。 特性によってシルヴァディ自身のタイプもメモリに合わせて変化しているため、常にタイプ一致の高火力物理技として放つことができます。 ダイマックス技になった際も、「マルチアタック」同様に技のタイプは変化しています。 耐久能力は低くないため積みやすく、アタッカーとしての能力を上げられる。 ノーマルタイプの最高火力技。 半減されなければポケモンを1体倒せる事が多い。 ダイマックス時の使用がメイン。 技そのものの威力は決して高くない。 飛行以外のメモリを持たせた上で飛行技が欲しい場合。 水や飛行タイプに対する攻撃技。 単体では威力が低いため、つるぎのまいとの併用が必要。 鋼タイプに対する攻撃技。 単体では威力が低いため、つるぎのまいとの併用が必要。 シルヴァディの役割と立ち回り 幅広い選択肢を持ち多くの役割を担える 「シルヴァディ」は全ての種族値が95という、バランス良く高めの種族値を持っているポケモンです。 覚える技のタイプも非常に豊富で、 良く言えば「多くの役割を担えるポケモン」、悪く言えば「器用貧乏なポケモン」となっています。 「何をするのか」を明確にすることが重要 良くも悪くも多くの事ができる「シルヴァディ」を育てる際に重要なのは、 シルヴァディの役割を明確にすることです。 アタッカーにしたいのかサポーターにしたいのか、アタッカーならどんなタイプの相手を対応できるようにしたいのかなど、自分のパーティを踏まえてシルヴァディに何をやらせたいのかを考えるようにしましょう。 シルヴァディの対策 見た目でタイプを見極めよう 「シルヴァディ」は持っているメモリによってタイプが変わります。 耐久種族値は高めであることから、半減になるタイプの技は避けて戦いたいため、見た目からタイプを見極められると戦う際に少し楽になります。 見た目以外にも、 Yボタンで開ける「じょうきょう」からシルヴァディを見るとタイプを確認できるため、見た目でわかりにくい際にははそちらで確認しましょう。 弱点が少なかったり半減が多いポケモンであればシルヴァデイがこちらへの有効打を持っていない場合もあるため、より動きやすいです。

次の

道具リスト (剣盾)

ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ

ページ:• 投稿者:みるて• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:憂歌• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:こまいぬといなり• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:micro• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:きらめきさま• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:うれい• コメント 4 みんなの評価 :.

次の