アンチ大渕。 大渕愛子氏、長女が友達に「顔をひっかかれた」と明かし物議 「冤罪だったらどうするの」の声も

大渕愛子弁護士 入院前日「子供たちを想うと胸がキュンと切なく…」→ふなっしーと共に消えてくれ。

アンチ大渕

閉じる 弁護士の大渕愛子氏が23日、自身のブログを更新し、子供たちの写真を投稿したことで物議を醸している。 「最高の3ショット!」というタイトルでブログを投稿した大渕氏は、長男、次男、そして昨年生まれた長女の写真を掲載。 「みんなニコニコ、最高の3ショット、嬉しいです」と綴り、幸せな様子をうかがわせた。 しかし、ネット上では「出た!幸せの押し売り」という声や、「顔隠すくらいなら、写真載せるな」「男の子は名前公開して顔隠し、女の子は 愛称だけで 名前伏せて顔出す…。 ちょっと理解できない。 スタンプとか付けてまで出す必要はない」と息子たちだけスタンプで目元を隠していることに関する疑問、さらには、「本業がだめだからブログで頑張ってるんだろうな」「タレント気取りな一般人」などの声も多く、大渕氏が最近何をしているのか気になる人も多く見受けられた。 「大渕氏は、2016年に東京弁護士会から1か月の業務停止処分を受けたことがきっかけでテレビから姿を消しています。 この処分は弁護士としての信頼を失っただけではなく、タレントとしてのイメージを低下させ、テレビ関係者の間では、もう彼女の復帰は無理だなという雰囲気でしたよ。 しかし、レギュラーを務めていた『行列のできる法律相談所』 日本テレビ系 だけは、番組で座っていた彼女の席をわざわざ空席の状態で残し、大渕氏の復帰を待ってあげていたんです。 それにも関わらず、大渕氏はブログで『育児を中心とする生活の中で、限られた仕事の時間は、まず弁護士業務や講演活動に充てるべき』と考えたことを理由にレギュラー番組への復帰はしないと報告。 『復帰を待っていてくれていた番組もあり』などと、恩を売るような文面も並び、『プライドが高すぎ』『ふざけるな』と思った関係者も多いと聞きます。 もう以前のように、タレントとしての仕事を持つことは難しいでしょうね」 芸能記者 一方で、本業のほうはそれなりに順調なようだ。 「知名度があるので、過去に処分を受けていても、仕事を依頼する人はいるようです。 俳優で夫の金山一彦さんは育児休暇を取って、忙しい大渕さんを支えているくらいです」 前出・同 ブログを更新するたびに叩かれることも、ある意味いい宣伝になっているのかもしれない。

次の

大渕愛子氏、根強いアンチの声? 家族の“最高のショット”を公開するも、子供の扱いに猛批判(リアルライブ)

アンチ大渕

大渕愛子弁護士はどう対応したか 何気なくネットに投稿した一言に思わぬ悪質なコメントが返ってくることも…。 誰もがネットで誹謗中傷を受ける可能性があるいま、悪意ある言葉に「負けまい」と闘っている人がいる。 2013年1月にブログを始めたという弁護士でタレントの大渕愛子さん(42才)。 日常のひとコマを切り取った写真やコメントに対する読者からの反応が仕事や育児への励みになっているという。 ただ、なかには悪質なコメントも…。 「建設的な意見については、耳が痛いものであっても勉強になると思いますし、的外れな意見でも、そういう受け止め方をする人もいるのだなと、受け入れます。 「2018年7月のブログに対しての投稿は、私のことを差別用語を用いて長々と罵倒していました。 ひどい偏見だと思いますし、これは許されないことと、怒りを感じました」 そこには「不妊症高齢出産帝王切開でしか産めない障害者お婆ちゃんwww」「どうしても異性が欲しくて3人目はいいと言われているのに無理矢理求められてご愁傷な旦那ww」などの前置きに続き、2人の息子に対する中傷もあった。 このコメントについて大渕さんは、2018年9月17日に、ログを保存する仮処分を東京地裁に申し立て、その決定を得た。 ログを保存しておけば、発信者情報が消える心配がないので、育児と仕事が落ち着いてから、次の行動に移そうと考えたという。 「忙しさもあってしばらくそのままにしていたのですが、この4月に緊急事態宣言が出たのを機に新規の受任をストップさせ、このコメントの投稿者に対して法的措置を取ろうと決めました」•

次の

大渕愛子弁護士 入院前日「子供たちを想うと胸がキュンと切なく…」→ふなっしーと共に消えてくれ。

アンチ大渕

閉じる 弁護士の大渕愛子氏が23日、自身のブログを更新し、子供たちの写真を投稿したことで物議を醸している。 「最高の3ショット!」というタイトルでブログを投稿した大渕氏は、長男、次男、そして昨年生まれた長女の写真を掲載。 「みんなニコニコ、最高の3ショット、嬉しいです」と綴り、幸せな様子をうかがわせた。 しかし、ネット上では「出た!幸せの押し売り」という声や、「顔隠すくらいなら、写真載せるな」「男の子は名前公開して顔隠し、女の子は 愛称だけで 名前伏せて顔出す…。 ちょっと理解できない。 スタンプとか付けてまで出す必要はない」と息子たちだけスタンプで目元を隠していることに関する疑問、さらには、「本業がだめだからブログで頑張ってるんだろうな」「タレント気取りな一般人」などの声も多く、大渕氏が最近何をしているのか気になる人も多く見受けられた。 「大渕氏は、2016年に東京弁護士会から1か月の業務停止処分を受けたことがきっかけでテレビから姿を消しています。 この処分は弁護士としての信頼を失っただけではなく、タレントとしてのイメージを低下させ、テレビ関係者の間では、もう彼女の復帰は無理だなという雰囲気でしたよ。 しかし、レギュラーを務めていた『行列のできる法律相談所』 日本テレビ系 だけは、番組で座っていた彼女の席をわざわざ空席の状態で残し、大渕氏の復帰を待ってあげていたんです。 それにも関わらず、大渕氏はブログで『育児を中心とする生活の中で、限られた仕事の時間は、まず弁護士業務や講演活動に充てるべき』と考えたことを理由にレギュラー番組への復帰はしないと報告。 『復帰を待っていてくれていた番組もあり』などと、恩を売るような文面も並び、『プライドが高すぎ』『ふざけるな』と思った関係者も多いと聞きます。 もう以前のように、タレントとしての仕事を持つことは難しいでしょうね」 芸能記者 一方で、本業のほうはそれなりに順調なようだ。 「知名度があるので、過去に処分を受けていても、仕事を依頼する人はいるようです。 俳優で夫の金山一彦さんは育児休暇を取って、忙しい大渕さんを支えているくらいです」 前出・同 ブログを更新するたびに叩かれることも、ある意味いい宣伝になっているのかもしれない。

次の