隠れ コロナ - 【新型コロナウイルス】食欲不振、下痢、嘔吐で…見過ごされる“隠れコロナ”リスク|日刊ゲンダイヘルスケア

コロナ 隠れ 「隠れコロナ疑惑」という不気味な数値 実はもっと死者が出ていた!?

コロナ 隠れ 検診控えで「隠れがん患者」4万人か 見逃し死がコロナ死を超える懸念も

コロナ 隠れ 【新型コロナウイルス】食欲不振、下痢、嘔吐で…見過ごされる“隠れコロナ”リスク|日刊ゲンダイヘルスケア

コロナ 隠れ 「隠れコロナ疑惑」という不気味な数値 実はもっと死者が出ていた!?

院内感染広げる「隠れコロナ患者」普通の風邪だと思って来院してウイルスばらまき: J

コロナ 隠れ 日本の低失業率背後に大量の「隠れ失業者」、コロナで休業者数急増

検診控えで「隠れがん患者」4万人か 見逃し死がコロナ死を超える懸念も

コロナ 隠れ 【新型コロナウイルス】食欲不振、下痢、嘔吐で…見過ごされる“隠れコロナ”リスク|日刊ゲンダイヘルスケア

院内感染広げる「隠れコロナ患者」普通の風邪だと思って来院してウイルスばらまき: J

コロナ 隠れ 隠れコロナ蔓延下で起きるもう1つの医療崩壊

コロナ 隠れ 日本の低失業率背後に大量の「隠れ失業者」、コロナで休業者数急増

コロナ 隠れ 「隠れコロナ患者」100万人!なぜか情報隠す安倍官邸・厚労省・・・実態バレると本当に東京オリンピック中止: J

コロナ 隠れ 「隠れコロナ患者」100万人!なぜか情報隠す安倍官邸・厚労省・・・実態バレると本当に東京オリンピック中止: J

院内感染広げる「隠れコロナ患者」普通の風邪だと思って来院してウイルスばらまき: J

日本の低失業率背後に大量の「隠れ失業者」、コロナで休業者数急増

アオサに多く含まれているラムナン硫酸という成分が、ウイルスの表面にあるたんぱく質を破壊する力を持ち、感染を予防すると、中部大学生命健康科学部の河原敏男教授がいっている。

  • 加えて、PCR検査には、国内の処理能力に限界があった。

  • レアケースだが、咳などの呼吸器系の症状が表れないのに消化器系の症状だけを発症している感染者もいたというから驚きだ。

  • 関連痛はそれまでに経験したことがない痛み(「ただ事ではない痛み」「死ぬかもしれないと思うほどの痛み」と表現されることが多い)で、冷や汗を伴うことなどが特徴です。

「コロナうつ」なってない?隠れコロナストレス度数チェック!

治療のタイミングを逃さないために知っておきたい受診の目安 日本では新型コロナウイルス感染症の流行前から、心筋梗塞が発症しても病院を受診せず治療を受けられずに亡くなってしまう方が30%程度いるといわれていました。

  • 混んだ電車の中で咳でもしようものなら、みんなで寄ってたかってぶん殴られるのではないか。

  • そしていま、その疑念をさらに膨らませる「あるデータ」が注目されています。

  • しかし胃がんはステージが1つ上がると2~3割も死亡率が上がるので、検診で早期に見つけることが大切です」(一石教授) 日本人男性死亡数3位の大腸がんも胃がんと同様、内視鏡検査が忌避される傾向がある。

コロナ禍で見えてきた「豊かな日本」の隠れた貧困 写真24枚 国際ニュース:AFPBB News

近年の高齢化が背景にあり、日本だけで毎年10万人以上の人が肺炎で亡くなっています。

  • 星野氏は、日本の休業者は米国では一時解雇にあたると説明した上で、「日本の場合は雇用を維持しながら休業することにしているので失業率の数字に出にくいが、実体としては米国と同じようなことが起こっていると考えた方が自然」と語った。

  • チェックが【10個以上】の方は、コロナによるストレスが非常に溜まっている状態です。

  • 50~60代に多い膵臓がんも進行するまで症状が出にくいがんですが、背中が凝った感じがするケースがある。

検診控えで「隠れがん患者」4万人か 見逃し死がコロナ死を超える懸念も

「肺炎で亡くなった人のことを、あとでCT検査をして、これでコロナウイルスなのかどうかというのは、いちいち判断しているんですよ」 そう論をぶったのは元時事通信社の解説委員長で、政治評論家の田崎史郎氏です。

  • 「心臓病の治療のタイミングを逃さないでほしい」と話す伊苅裕二先生(東海大学医学部循環器内科 教授)に、コロナ禍における心臓病患者さんの変化や病院を受診する目安などについてお話を伺いました。

  • あとで新型コロナウイルスの感染者とわかったとしても、責任を転嫁している。

  • 視聴者が大いに動揺しそうな疑惑だけに、厚労省の担当者に聞いた。

コロナ禍で「隠れた心臓病」が増加?―症状があれば適切な受診を

今年度は例年より3割検診が減ったとすると、実に4万人近くのがん患者を見逃す計算になります。

  • <これは信じられない。

  • また、全国の統計では、「実際の死亡者数」はここしばらくの水準で推移し、今年9週目(2月下旬)から激減しているのです。

  • また、治療後の心不全を予防する効果もあるといわれています。

【新型コロナウイルス】食欲不振、下痢、嘔吐で…見過ごされる“隠れコロナ”リスク|日刊ゲンダイヘルスケア

そんなことを気にしている場合か。

  • ストレスを感じたら初期段階で対処することで、悪影響を最小限に抑えられます。

  • 原因は、コロナによる検診控えだ。

  • テレ朝の富川アナが感染の衝撃 くしくも、この同じ日、テレビ朝日『報道ステーション』のキャスターを務める富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染していたことが判明。

【新型コロナウイルス】隠れコロナ患者がいた病院でクラスターが発生しなかった理由|日刊ゲンダイヘルスケア

それが、2月下旬になって突然、従来の予測範囲を超えた「異変」が起きているのです。

  • 同NPOの清野賢司(Kenji Seino)代表理事は、すでに困窮していた人々は綱渡りの状態にいたが、コロナ禍で「その綱が切れた」と言う。

  • このデータを見ると、東京都では、2020年の9週目(2月下旬)に実際の死亡者数が、予測上限から飛び出して増加していることが分かります。

  • 誰にでも福祉を利用する法的権利があるのに、社会がそれを認めるとは限らないのだと続けた。




2021 cdn.snowboardermag.com