も ぺも ぺ と は。 もぺもぺ 作者 Optie とは どんな人 太鼓の達人 子供向け

【意味】『pH(ぺーはー)』とは

も ぺも ぺ と は

目次~もくじ~• 『pH(ぺーはー)』って? 水溶液の酸度のこと。 pH7. 0が中性。 正式名称は『ピーエッチ』。 すっぱいのが酸性で、苦いのがアルカリ性。 ヌメヌメするのもアルカリ性です。 一般的な植物が好む適正pHは、6. 0~7. 0の弱酸性~中性と言われています。 草花や植木用に販売されている培養土は、ほとんどがこのくらいに調整されていますので、一般的な植栽では、これらの培養土を既存土にすきこんでから植えます。 土壌の酸度は、現況が、雨や化成肥料の影響でよっぽど酸性だったり、コンクリートの近くでアルカリ性が強くなってしまっていたりしなければ、枯れてしまうなんてことはまずありませんので、野菜を育てるのでなければ、そこまで気にしなくても大丈夫です。 〔関連用語〕 ・植栽(しょくさい) ・ ・ ・ ・ 専門用語一覧へ戻る 以上、お読みいただきましてありがとうございました。 記事のシェアやトップページへ戻る方は、この記事の最下部からどうぞ。

次の

もぺもぺとは (モペモペとは) [単語記事]

も ぺも ぺ と は

ホラーというのは色々ありますが、こういった不気味な雰囲気を作り出すのはかなり難しく、下手すると陳腐さや、わざとらしさが出てしまうものだと思っています。 その点ここまでのインプレであったようにとても怖いと思うような人もかなり出てきており、これはそういった狙いのもとでは傑作といえる作品ではないのでしょうか。 また、「今年は気楽に、全力で。 」ということもあり、敢えてガチガチの音ゲー向きの曲ではなく、遊び心のある内容であり、逆に新鮮さが感じられました。 しかしながらサウンド自体は全くもって手を抜いたようなものには思えず、とてもクオリティの高いものに感じました。 総じて、「そうきましたか、一本取られました」という発想力に脱帽しました。 Using translator When I first heard the song, I was completely deceived. It started like the animation of the children watching, and the atmosphere of the suddenly changing song was enough to surprise me. Can I see Leaf's specialty? The chaos continued in the middle and the end, and it was calmed down at the end. Thank you Mr. Leaf for showing us his new attempt. I have a lot to say about BGA. In the early days, when the grass and balls came out to the calm atmosphere and suddenly came out with army and toothy monsters, I was surprised and disgusted, so I almost closed the notebook. I was surprised at the last hand. Thank you, Mr. Optie, for making the atmosphere of the song overwhelming. On my own terms, these kind of songs are a bit unusual for the current rhythm game. Please understand that your score is low. I wouldn't call it absolute garbage like people make it out to be, but the song felt very cheesy nevertheless. My biggest problem was just not having fun with the presented charts what the hell is that spread..? I understand the aesthetic you went for and you deserve respect for not being afraid to pull off experiments like these but I'm afraid that in the end it ends up not being very fun. 本イベントはbms またはbmson のイベントです。 インプレッション(感想)で評価を付ける際は、実際に音声や映像 またはその両方 のみの作品ではなく、音楽ゲームの一つの作品として実際に触れていただいた上で感想を書いていただきますようお願い申し上げます。 投稿したインプレッションの修正・削除は行えません。 必要な場合はに投稿するか、主催者へ直接連絡をお願いします。 のマークが付いた項目は入力必須ですが、 Gradeに限り、「評価を付けない」にチェックを入れると未記入でも投稿できます。 罵倒、中傷等を含んだ文章表現や 個人への攻撃的発言、その他一般良識に欠ける表現は削除することがあります。 文章 Impression を記入せず評価のみを投稿すると投票扱いとなります。 事務連絡等の評価を対象としないコメントを投稿する場合、「評価を付けない」のチェックボックスをオンにしてください、なおチェックした時点で得点の入力は無視されます。 また、評価が目的ではないコメントは宣誓に同意する必要はありません。 タイトルの気の抜けた感じとこのジャンル、まぁLeaFさんならこれ以外になんか仕込んでるんだろうなーと思ったら案の定、でしたねw 前回の作品ではくっそ長く色々書いてしまったので、今回は割と短めにしようと思います。 まず、賛否両論になるのはまぁ予想内ではあるかなーと思っていました。 そりゃ、ほのぼのとしたのかと思ったらいきなり雰囲気が180度変わってホラーになるんですしw 耐性の無い人には相当つらいものになったり、あるいはトラウマになってしまうかもしれないですね。 (一種のブラクラみたいな感じに近いものなんでしょう) ただ、個人的にはそういうのに慣れている上に、このくらいの崩壊具合ならまだそこまで恐怖を感じないので、「あ、やっぱりこうなるよね」と素直に受け入れて楽しむことが出来ました! まぁ、今回の曲展開だとほのぼのとした部分と狂気の部分でのミックスが1つの曲の中で大きく乖離している感じがあるので、混ぜる場合にしてももう少し聴きやすさを上げるか、あるいはもう完全に崩壊させてその世界を一瞬でも作り上げるか。 のどっちかに極振りしたほうがより混沌さが増していいかもしれないです! 譜面については、各難易度でそれぞれ差別化が上手く出来ていると思ったのでこれでいいと思いますw 映像については上記に書いたとおりです。 (最初見たとき、某放送局の某音楽教養番組を思い出したなんて言えない) ということで今回はこの点数にさせていただきました。 何だかんだあっても、LeaFさんの作りたいものをこうして自身で作っているんですから、私はそれを純粋に評価しようと思います! 製作お疲れ様でした!! 曲自体の発想は面白いのですが、如何せんその段階で止まってる感が否めません。 健全と狂気を行き来するだけ…でなくもう一押しが欲しかったです。 ただそうすると尺が冗長になる可能性もあるので、音ゲーとしてこの作品をまとめ上げるのはなかなか難しいような気がします。 完全に曲が変化する手前のグリッチのようなエグい音を瞬発的に入れるところ、あそこはかなり素晴らしいと思います。 他の曲ではなかなか聴けないエグさ、突き刺してくる音圧は特筆できるものがあります。 しかしその少し後の、ガバキックと共にメロディが復活するパートは純粋に音が軽く感じます。 ガバキックを使っているものの低音、重低音付近があまり強くなく盛り上がりに欠ける印象がありました。 「ドゥーンドゥーン」でなく「ヴァー!? ヴァー!? 」ぐらいの意味不明なテンションのガバキックなどがあればもっとバカを感じられて素敵だと思います。 メインメロディは聴いてる内に勝手に頭に浸透してくるのが良いですね。 それを脳内再生すると途中で勝手にバグったりして。 良いところも色々ありますが中盤で期待させた狂気をあと一歩越えられない印象です。 映像はほとんど文句がありません。 ドギツさを極めてて今まで見たこういう系の映像の中でもトップクラスに不愉快です。 曲が表現したいものに合ってて良いですね。 ただ映像も曲と同じく、バグった世界を更に侵食していくバグ、といった表現があれば尚良いですね。 譜面はSPHをメインに遊びました。 SPHが譜面構造的に一番しっかりしています。 が、それ以外の難易度なども遊ぶうちに「もしかして曲自体がBMSに合ってないのでは」というような印象を覚えました。 前年度がギミック盛々だったので控えているのかもしれませんが、この曲はギミックがあったほうが映えるような気がしますね。 地雷など。 SPAはクリアできませんが、発狂地帯がどの音を叩いているのかかなりわかりにくいように感じます。 わざとそうしているのかもしれませんが、そうするならば叩いていない後ろの音の音量を下げたほうが演奏感が出ると思います。 このキーの音量についてはSPNでも同じ感想です。 点数に反映する部分とは少し違いますが、beatoraja用にプレビュー音声を用意しているのは配慮が行き届いていてありがたかったです。 全体的にもう一押しの狂気と、バグ要素がもっと欲しかったこと。 あまり音ゲーで遊ぶ利点が感じられない作品になっている点が気になりました。 現在の私の考えはやや変わったので、内容を多少修正させて頂きます。 BMSで、プレイヤーを怖がらせる目的のBGAが存在する楽曲もいくらか存在しますが、 それらのほぼ全ては、コメントで非常に目立つように、 ホラーに対する注意喚起が書かれている物と思われます。 また、ドッキリ演出の存在するホラーゲームも無数に存在しますが、 そのような物は、事前にプレイヤーに「ホラーです」「ドッキリ演出があります」 のような注意書きがあるからこそ成立する物です。 したがって、私はこの楽曲を「作品」として評価する事ができません。 申し訳無いですが、0点とさせて頂きます。 …しかし、BMSでこういった「作品」として成立していない楽曲を製作する事そのものを否定するつもりはありませんし、 勿論、LeaFさん本人を否定するつもりもありません。 私はLeaFさんの『迷宮リリス』や『Aleph-0』が好きですが、 この『もぺもぺ』のような楽曲を好む方も居て良いのではないでしょうか。 プレイ前に各所で情報が出回っていたので初見ドッキリはなかったですが それでもムービーONで2度以上プレイしたいとはどうしても思えませんでした。 ムービーに関して。 通常部分を極めて普通に可愛く作ることでホラー部分とのギャップを引き立たせようとしているのかな?とは思いますが 個人的所感ではイルームとホラーはまったく別物だと思っており、言うなれば動画サイトでチートバグ動画を開いたと思ったら、ただのガチホラーだったという印象です。 なので「ドッキリホラー動画としてのクオリティは高いが、ジャンル違いで全くそぐわないBGA」として認識しています。 楽曲自体もホラー部分での崩し方が足りないというか、メインからは相対的に崩れているが、 それ単体でみれば音使いが歪んでいるだけで体裁がわりと整っているのでイルームっぽくないかなと。 譜面はもう1つ中間難易度が欲しかったなとは思います。 その点では良かったのですが、雰囲気が綺麗に澄み切っていたので ピコピコ音や、子供の笑い声など明るい感じの音をいい加減に乱用して 混沌成分を混ぜて不気味にするともっと雰囲気がまして、面白そうだなと感じました。 あとはホラー時にBPM欄をバグらせることは可能なのでしょうか。 このような豹変する演出や曲調、賛否両論分かれる曲を一度やってみたいことを 見事に詰め込んで体現したのは賞賛に値します。 お疲れさまでした。 これで完成されてる作品だ、と言うのは感じましたが、個人的にですが、もっとぶち壊せたんじゃないかなって思いました。 ダークな所でメインメロディをそのまま持ってきてる事に関しては「絶望のカーニバル」、みたいな感じで、 これはこれでアリだとは思いますが、狂気的な意味ではかなり物足りなく感じました。 これで楽曲は完成された感じはあったので、 BGAをホラー的にではなくもうちょっとライトにすればいいのかな、と思います。 BGAはかわいい世界からのぶち壊し具合、花のデザインがとても面白かったと思いました。 BMS版の手が出る演出がかなり凝ってて素敵でした。 あと譜面は普通に面白かったです。 こういった演出取り入れた楽曲は非常に興味があり作ろうかなとも思っていたので参考になりました。 何かしらの機会があればいっそのこと、この作品以上の低得点率を誇る狂気的な作品を期待したいです。 「ホラー要素についての警告が足りなかった」という指摘が多数見えるのは驚きですなあ。 ツイッターにちゃんと閲覧注意って書いてあるし、あからさまに何かのどんでん返しを暗示している説明文の文字化け。 しかもいきなり雰囲気ががらっと変わる訳でもなく、46秒辺から弱化したホラーを見せといて 事実上「苦手な人はここで逃げろ」って予告してるんじゃないですか? まあ人それぞれだけど不親切だとは絶対思えないんだけどなあ... ホラーというジャンルの宿命なのかと思えば仕方ないんですけどね。 ホラーには慣れているんで個人的にはすごくツボな一曲でしたが、一位に相応しいかといえばそれはまあ... メロディもBMSに相応しいというにはちょっと単調ですし、そもそもネタ曲のようなモノでエース曲のわけでもありませんし、 優勝するには少し物足りない所があるのは確かですが、BMSとしての要素はどれもしっかり用意されてる。 1000点とまでは言えないが、これからの活躍を期待しながら990点。 (機械翻訳) 私はこの作品のすべての憎しみを理解することはできません。 音楽はうまく生産され、BGAは気分に合っています。 While this entry does not deserve maximum scores i think scores under at least 700 are too low considering the overall work 他のインプレを見る限り、過去に類を見ないレベルでの賛否両論の作品となっていますが、自分は好きなタイプの作品でした。 「もぺもぺ」という妙に気抜けするタイトルを始めて見た時は流石に動揺しましたが、LeaFさんのことだからきっとこの雰囲気をぶっ壊してくるに違いないという期待もあり、自分は初見プレイ時でもある程度予想通りだったというか、むしろ流石LeaFさんだな〜〜と改めてLeaFさんの持っている感性に対して尊敬の意を抱きました。 また、この作品に欠けてはならないのはOptieさんによるBGAですね。 Optieさんはホラーな映像を作るイメージが無かったので、こちらはどうなるか予想できなかったのですが・・・ 正直、かなりエグかったですw 大量の腕が蠢いている所が特に精神にきました。 最後の演出は普通にビックリしました。 そういえばsm666のラストに似たような演出が有ったな〜と思いました。 譜面も良く出来ていたと思います。 中盤のグリッチビートを叩くところが楽しい。 しかし、自分は曲BGA譜面共にとても素晴らしい作品だと思ったのでこの点数ですが、既に他の方のインプレで多数指摘を受けているように、ホラー系の作品が苦手な方への配慮が足りていないと感じました。 まあLeaFさんの作品ですし、大半の人はある程度察する事は出来るのかもしれないですが、やはり一言だけでもホラー表現が含まれるという旨の文を書いた方が良かったと思います。 色々と書きましたが、自分は昨年のBOFU優勝者であるLeaFさんのBMSが今年も遊べて嬉しかったです。 制作お疲れ様でした。 次回の作品も楽しみにしています。 制作お疲れ様でした。 昨年のBOFU優勝者ということもあり今回はどのような楽曲が飛び出してくるのかとワクワクしておりましたが、 今回の作品は私の予想も大きく上回った作品で、流石に度肝を抜かれました。 色んな意味でこれはやべぇ。 楽曲、映像ともにマッチしており一つの作品としては素晴らしい物だとは思いますが、 音楽ゲームの一作品としてはちょっとなぁ……と思うのも否めず、複雑な心境でBMSをプレイさせていただきました。 「楽曲に合わせて特定のアクションをとる」という音楽ゲームの特性を加味した上で、 例えば最後の演出は音楽ゲームとしてはどうなんだろう?音楽ゲームとして楽しめるものであったかな?と深く考えさせられました。 前々よりホラーをテーマにしたBMSは存在していましたが、 ほとんどのそういった作品は「これはホラー作品だ!耐性のない人はやめとけ!」と注意喚起がありました。 が、今回のこの作品はそういった注意喚起が無いままで、このような演出は流石にちょっと酷くないかな?と思うこともあり、 今回このような点数にさせて頂きました。 かなり難しくないHYPERの方を選択したが、最後までプレーをしてリザルトを見ることさえできなかったです。 予想できると思いますが、動画のせいでした。 人によって怖いものを耐える程度についた差はありますが、私はその方面に特に弱いと恐怖映画と言うものを見ることさえもできません。 そんな私に、そして多くのプレーヤーに急に投げられた恐怖とは相当な衝撃になります。 それでもこれは私が今まで見た映像の中で最も聴覚と視覚を同時にいじめる映像でした。 このような演出を持ったゲームは沢山です。 しかしそのゲームらは、リズムゲームではなく、ホラーゲームというジャンルで発売されて出ます。 そんなゲームはジャンルでもそのような演出があるということを表現して、「耐性無しは逃げろ」と隠然中に教えてくれます。 だが、この曲にはそんな警告はどこにも存在しないんですね。 最低限このような内容を入れる予定であるならば、ジャンルとか投稿コメント、あるいはイムプレにも予め教えてあげるほうがよいのではないだろう思いました。 イルームというジャンルは「ホラーがある」と教えてくれません。 序盤30秒ほどの可愛い映像は「ホラーがある」と教えてくれません。 大会長にある8つのタグのうち、そのどれも「ホラーがある」と教えてくれませんね。 これにも述べたように、恐怖によって最後までプレーをしなかった私が評価するには資格がないと思いますが、このようにイムプレの形式でも残しておくことがよさそうだから残します。 プレーヤーとして他の人より特別に恐ろしいことをよくすることがありません。 ここにイムプレを残すような数百の人のうち一つでもそんな人がいられると、その一人に向けた表紙を残してあげるような些細な配慮でもお願いしたいです。 結局、映像は省いたまま曲だけ聞てしまいました。 プレーは二度とする勇気が出ませんね。 評価のために再びその曲を選曲すると言う選択をする勇気さえもありません。 もう評価はやはり不可能ですね。 製作に長い時間ご苦労をした思います。 しかし、0点というイムプレとしか答えできずこの状況、本当に申し訳ないと思います。 しかし、前の部分は本当にいいですね。 このようなLeaFさんの可愛い曲聞きたいです。 LeaFさん、あなたのBMSをうまくいって、相当な衝撃を受けました。 あなたのBMSについてはかなり多くの感情を乗せて言いたい部分があるが、様々な短い文章としてみようと思う言葉を伝えたいです。 先にBOFUはリズムゲームのための曲が出品されるところだと思います。 実験的な音楽はある程度いいが、いずれにせよ、これがBOFUの本分だと思います。 もちろん、BOFUにBGAも点数を受けることができる要素です。 しかし、ともかく、BOFUはBGAという要素は、音楽や採譜が評価の中心となるのが正しいと思います。 しかし、あなたのBMS"モペモペ"は単にBGAで何か恐怖を与えるために製作されたようです。 そのようなあなたのBMSはBOFUの本来の意味を忘れたように見えます。 あなたの昨年優勝作、"Aleph-0"はそのような要素を除外しても十分に点数をもらうこともできるBMSと思うが、今回は考えが大きく違います。 もう一度指示するのは、BOFUの本来の意義を記憶してくださることを望むことです。 そんな意味で、今回の0点のイムプレ点数を残して行きます。 次回はもっといい音楽を期待します。 2人そろって!壊れている… 付属txtを参照するに、その辺は承知の上での製作であった事と思います。 様々な種類があるものの、仰る通りバグってないものをバグらせて誕生するのがイルームであり その2つを1つにまとめてイルームbmsとして仕上げたのは見事でした。 !おまえ なかなかやる 今回、バグったパートの音・動画はバグってないパートの音・動画をモチーフにしてホラーテイストを混ぜ込み作られているように見えますが、 巷でイルームと呼ばれるものにおいてはバグ後の状態でもバグ前の面影がある程度残っていることが多いです。 (そうでもないけど) バグ前とバグ後があまりにもかけ離れている、という点が今回自分が覚えた違和感の原因なのでしょう。 まあ結局はチートコードが改変するのか、人の手で一から改変するのかの違いという所になるのでしょうが… とはいえ広い意味でバグっている音楽には違いなく、そもそも一般的に同意を得られたイルームの正確な定義なぞ存在しないのでまあまあ よかろう。 むしろそれを逆手に取って差分譜面の方で面白い動きができるのかもしれません。 音源定義入れ替えたり配置ずらしたりBPM弄ってエンツ化したり。 mpgなのでBGAはいじれませんが… このような先入観を取っ払って考察した時、真っ先に想起されたのはぴろぴと氏のFlash作品でした。 この曲、ニコニコのsm666よりいいすね。 意表を突くホラー作品としてはかなり面白いものになっていると思います。 ガムテープみたいにな。 バグってないパートのお遊戯会的な楽しさ、バグってるパートの打鍵感それぞれの完成度が高いのも評価点です。 040の素に戻るとこで何回やっても笑ってしまいます。 ほーっほほほいだぞほほ 最後の一音last. wavですが、個人的にはノイズだけにしておいた方がいいんじゃないかな、と思いました。 ホラーっぽい音を入れることによって「ホラーが はっせいしました」的なわざとらしさが出てしまったように感じます。 あとどうせなら譜面ギミックにももっとエグいかいめつ要素が欲しかったかもしれません。 ありがとうございましたしんでしまった!.

次の

もぺもぺ

も ぺも ぺ と は

分類:ホラー フォビック 危険度:2 コメント• 曲単体なら正直そこまでホラーでもない。 映像が問題なやつ。 -- 名無しさん 2020-05-06 15:34:23• あまり怖くないけど中毒性高いからめっちゃ好き -- ちむむむむ 2020-05-14 10:14:57• sm666と混ぜても違和感なさそう -- 名無しさん 2020-05-16 09:51:13• Youtubeのミスで、Youtube内で子供向け動画と判定されているらしい つまりYoutube Kidsでも検索に引っかかってしまう正真正銘のエルサゲート -- 名無しさん 2020-05-28 09:10:32• 子 供 向 け -- 名無しさん 2020-05-30 07:34:46• 普通に良曲だしこの人の作る曲はこういう変化球が多いから検索してはいけない言葉にする必要は無いと思うんですが… -- 名無しさん 2020-05-30 18:13:45• 絶対に子供向けにしてはいけない動画 -- 名無しさん 2020-06-01 13:04:11• ついにYoutubeも子供向けとして認定した模様 -- もべもべ 2020-06-01 13:19:50• ついさっきの1時間前ぐらいに直された模様 -- 名無しさん 2020-06-02 09:07:17• Muse dashに収録決定した模様。 やゔぁい -- 名無しさん 2020-06-11 09:16:50 名前: コメント:.

次の