キャンプ 簡単レシピ。 キャンプならではのカレーレシピ9選!成功のコツと隠し味も伝授!

ソロキャンプの簡単レシピ19選|3つの料理のコツとお役立ち道具とは

キャンプ 簡単レシピ

道具も限られたり、火加減が難しかったり、材料も制限されたり。 特に初心者キャンパーさんにはハードルが高いと思います。 5 ・カットトマト:1箱 ・塩:少々 ・オリーブオイル:適量 詳しいレシピはこちら: ビーフストロガノフ 出典: 初めてのキャンプでは、いろんなところに気が散って、普段ならしないような失敗をしてしまうこともあります。 ホットドッグ 出典: キャンプではさっぱりしたサラダも食べたくなりますが、野菜だけでは味気ない料理になってしまいます。 ホットサンド 出典: キャンプでもあったかいご飯が食べたいですよね。 玉ねぎとにんにくをみじん切りにしたものをいれた器にラップをして、レンジで1分30秒加熱し、しばらく置いて冷ましておきましょう。 その間にベーコンを切り、表面がカリカリになるまで炒めます。 2つが冷めたら、フリーザーバックなどに入れて、下準備は完了です! 当日は、鍋に材料を入れ軽く炒めながら水を入れ、水が煮立ったらご飯を加えます。 ご飯をほぐしながらコンソメ等の万能調味料を加えます。 クスクスピラフ 出典: キャンプ場での主食と言ったら、飯ごうで炊くご飯やバーベキュー後の焼きそばが定番ですが、hinata編集部では変わり種を紹介します!なんとパスタで作るピラフ! クスクスというパスタは世界一小さなパスタで、お米そっくり。 焼きおにぎり キャンプらしく豪快に!肉のキャンプ料理おすすめ3選 10. 火加減に自信がないという方は、温度計付きの調理器具をおすすめします! 材料 4人分 : ・牛もも肉 かたまり :500g ・塩こしょう:少々 ・すりおろしにんにく:少々 詳しいレシピはこちら: 12. 焼豚 こちらもhinata編集部おすすめ料理!下準備は材料と調味料をアルミホイルで包むだけ。 カレー鍋 キャンプのど定番といえばカレー!そして、冬といえば鍋!そんな、2つを組み合わせた変わり種料理です。 エビのアヒージョ オリーブオイルとニンニクと一緒に具材をじっくり弱火で煮込むアヒージョ。 簡単に作れるのに、見た目も華やかなおしゃれな料理。 味つけは塩コショウなどシンプルなものが多く、ご飯と数種類の野菜で作ります。 スタッフドチキン キャンプ料理の動画が盛りだくさん! キャンプ料理で注意するポイントは? 初めてのキャンプでは張り切って手の凝ったキャンプ料理をつくろうとするものの何かとうまくいかないもの。 そういった経験ありませんか?キャンプ場でも料理は料理。 最初から難しい料理は作れません!初心忘るべからずです!経験を積んで慣れてきてから難しい料理にチャレンジしていくようにしましょう。 自前の調理器具で調理可能か把握しておけば、キャンプ場で道具がなくて困る事もありません。 そんな中、料理の準備もしていたらせっかくのキャンプも慌ただしいものに。 キャンプ場から帰るとき、撤収がうまくできないと来る時よりも帰る時の方が荷物がかさばってトランクがパンパンなんてこともしばしば。 そんな時にゴミが多いと大変ですよね?そうならないためにも準備の段階でゴミを少なくしちゃいましょう!例えばお肉のトレーを外して、ポリ袋に入れるだけでかさばるゴミは少なくなりますよ! コツ3 保冷剤は焼肉のタレ!? The Camp Blog このブログでは、すぐに真似できる簡単なキャンプ料理が紹介されています。

次の

初めてでも簡単!キャンプで作れる華やか レシピ♪

キャンプ 簡単レシピ

出典: まずは、キャンプならでは!具材を炭火でこんがり焼いた「炭火グリルのまるごと野菜カレー」です。 玉ねぎや人参・じゃがいもの他にも、ナスやかぼちゃ、オクラなど旬の野菜も交えて、見た目も彩り豊かなカレーを作りましょう! 【材料】 肉 牛肉・鶏肉・豚肉などお好みで 、野菜 玉ねぎ、人参、じゃがいも、ナス、かぼちゃ、オクラなどお好みで 、カレー粉 、ご飯 【作り方】 1. 炭火で焼く野菜と、カレーに入れる野菜を分ける。 カレーに入れる野菜は、火が通りやすいよう、細かく切ったり、すりおろしたりする。 鍋で細かく切った野菜を炒め、しばらく煮込む。 炭火を起こし、肉や野菜をこんがりと焼く。 お鍋の野菜が煮えてくったりとしてきたらルーを加える。 ごはんをよそい、カレー粉、炭火野菜をのせて完成! 豚肉が合う「トマトカレー」 出典: キャンプでも野菜をしっかり摂りたい方におすすめ!リコピンたっぷりの「トマトカレー」。 アウトドアで日焼けしてしまった肌にも、遊び疲れたカラダにも、トマトたっぷりの爽やかカレーが効きます!トマトや野菜の水分がたっぷり出るから水は少なめでOK。 野菜パワーで栄養をチャージしてキャンプを楽しみましょう。 【材料】 カレー粉、豚肉 薄切り 、玉ねぎ、トマト、プチトマト、ピーマン、パプリカ 黄 、サラダ油、水 【作り方】 1. 豚肉と玉ねぎは一口大、トマトはくし形、なす・ピーマン・パプリカは2cm角切りにする 2. トマト以外 3. 水を加え、沸騰したらあくを取る。 弱火~中火で約10分煮込み、材料が柔らかくなったらルーを入れて溶かし再び弱火で10分煮込む。 詳しいレシピはこちら: 子供にも人気「バターチキンカレー」 出典: バターのコクが効いた、大人も子供も美味しく食べられるバターチキンカレー。 辛さは控えめだけど旨味たっぷりのメニューです。 カットトマト缶を使うので調理もカンタン!包丁を使うのはお肉を切るときだけ!という楽ちんさも魅力です。 【材料】 鶏もも肉、カットトマト缶詰、バター、鶏ガラスープ顆粒、生クリーム、塩• こしょう、はちみつ、プレーンヨーグルト、おろししょうが チューブ可 大、おろしにんにく チューブ可 、カレー粉 【作り方】 1. 鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、プレーンヨーグルト、おろししょうが、おろしにんしく、カレー粉とともに袋に入れ揉みこみ、30分寝かせる。 生クリームを流し込みさらに5分煮込み、塩・こしょうで味を整える。 詳しいレシピはこちら: 豪華に見える「骨付きチキンカレー」 出典: リーズナブルなのに豪華に見える骨付きチキンを使ってリッチなカレーに!見た目もゴージャスだし、さらに美味しい出汁もでます。 先に鶏肉をこんがり炒めることで、香ばしく煮崩れもしにくくなります。 【材料】 カレー粉、骨付き鶏肉、たまねぎ、パプリカ 赤・黄・緑 、サラダ油、塩こしょう、水 【作り方】 1. 鍋にサラダ油を熱し、塩・こしょうをした鶏肉と、薄切りのたまねぎを炒める。 水を加え、中火で煮込みます。 材料がやわらかくなったらルーを加える。 詳しいレシピはこちら: 玉ねぎの甘みが美味しい「キーマカレー」 出典: みじん切りにした野菜と合いびき肉を使うから調理時間15分!本格的なキーマカレーが作れます。 玉ねぎ、にんじん、ピーマン、セロリをみじん切りにする。 フライパンで油を熱し、玉ねぎがしんなりしたら合いびき肉を加えてほぐしながら炒める。 にんじんとセロリ、ピーマンを加えて炒め、水を加える。 沸騰したら、アクを取り除いて火を弱め、5分ほど煮込む。 ルーを溶かし入れ、とろみがつくまで焦がさないように炒める。 詳しいレシピはこちら: スパイス香る本格派「スープカレー」 出典: スパイス香る本格的なスープカレーはいかが?野菜もたっぷり入ってヘルシーです。 スープの味付けが難しいのではと思いがちですが、カレー粉を使ってできるレシピもあるので大丈夫ですよ! 【材料】 鶏もも肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、なす、キャベツ、ゆで卵、ホールトマト缶、水、コンソメキューブ、塩、カレー粉、サラダ油 【作り方】 1. 玉ねぎをみじん切りにする。 鶏肉、じゃがいも、にんじん、なす、キャベツ、ゆで卵は食べやすい大きさに切る。 鍋に油大さじ1を熱しみじん切りにした玉ねぎを炒める。 鶏肉を加えて炒め、ホールトマトをつぶしながら加え、水、コンソメを入れる。 煮立ったらじゃがいも・にんじんを加え、中火で15分煮る。 ルー、塩を加え、さらに5分煮る。 フライパンで炒めたなす、キャベツとカットしたゆで卵をのせる。 詳しいレシピはこちら: 美味しいのに簡単「インド風チキンカレー」 出典: スパイスの風味豊かなインド風チキンカレー。 ご紹介するレシピは焙煎したクミンやコリアンダーをはじめとした8種類のスパイスをミックスしたシーズニングパウダーを使うもの。 スパイシーで本格的な味わいが簡単にできてしまいます。 【材料】 カレーシーズニング、鶏もも肉、玉ねぎ、カットトマト缶詰、プレーンヨーグルト、水、サラダ油 【作り方】 1. 鶏肉を一口大、玉ねぎをみじん切りにする。 鍋にサラダ油を熱し、鶏肉・玉ねぎに色がつくまで中火で炒める。 トマト缶・ヨーグルト・水・GABANシーズニングを加え、時々かき混ぜながら弱火で25~30分煮込む。 詳しいレシピはこちら 食べ方が珍しい「スリランカ風カレー」 出典: カレーと数種類の副菜を混ぜ合わせながら食べるスリランカスタイルのカレー。 本格的な味わいもカレー粉を使用することでキャンプでも簡単に作ることができます。 スリランカ料理はスパイスや、ココナッツ、モルディブフィッシュと呼ばれる日本のかつお節に似たものを使ったものが多いそう。 ご紹介するレシピでもかつお節やココナッツオイルを使うことでその味を再現しています。 【材料】 カレー粉、鶏もも肉、ホットガラムマサラスパイス、黒酢、玉ねぎ、ししとう、かつお節 厚削り 、にんにく、しょうが、ココナッツオイル、水 【作り方】 1. 鶏肉を大きめの一口大にカット、ビニール袋に入れ、ガラムマサラ、黒酢を加えてよくもみ込む。 玉ねぎは薄切り、ししとうは斜め薄切りにする。 かつお節は細かく刻む。 水を加えて沸騰したらあくを取り、かつお節を加えて、ふたをして弱火で約20分煮込む。 ルーを加え、弱火で時々かき混ぜながら10分煮込む。 冬キャンプでは鍋量りが人気ですが、カレー鍋もラインナップに加えたい一品。 鍋にお湯を沸かしてダシ汁を作り、カレー粉を溶かしてカレースープを作る。 食べやすい大きさに切った具材を投入して一煮立ちさせる。 詳しいレシピはこちら: キャンプで美味しいカレーを簡単に作るコツ 野菜は炭火でまるごと焼く 出典: キャンプエクスプレスは、野菜を食べるカレーcampというカレー屋さんが元となってできたお店です。 キャンプエクスプレスと野菜を食べるカレーcampの店舗を一覧にまとめました。

次の

キャンプレシピおすすめ16選!おしゃれで簡単!人気のアウトドア料理はこれ!

キャンプ 簡単レシピ

黄色いご飯が印象的なスペイン料理 「パエリア」。 見た目も美しく、ご飯が入っているのでお腹も満たされます。 フライパンやダッチオーブンで一度にたくさん作れるので、まさにアウトドアにぴったりのメニュー。 ただ、作るの難しそうと思われがちで、なかなか挑戦しにくいみたいです。 そこで今回はパエリアのレシピと、初心者でも簡単においしく作れる3つのコツをご紹介します。 パエリアの基本レシピ パエリアは、日本の炊き込みご飯とは違って、 お米を油で炒めてからスープで炊いていきます。 具材は海老やアサリ、イカ、白身魚などのシーフード、あとは鶏肉やソーセージなどがメジャーです。 いろいろな食材が合うので、慣れてきたら自分なりにアレンジしてみてください。 今回は鶏肉とシーフードを使ったパエリアの作り方をご紹介します。 5g 塩こしょう 適量 ブイヨン 1個 作り方 1. フライパン(パエリア鍋)を熱し、オリーブオイルを広げます 2. 鶏肉を入れて塩コショウし、色が付く程度に炒めたら取り出します 3. 海老を入れて塩コショウし、色が付く程度に炒めたら取り出します 4. オリーブオイルを足し、にんにくを入れて焦がさない程度の弱火で炒めます 5. たまねぎ、にんじんを入れて、中火で炒めます 6. お米を入れて炒めます 7. ホールトマト缶、水、ブイヨンを加えます 8. 沸騰してきたら焦げないようにかき混ぜながら、サフランを加えます 9. お米が半透明になったら、海老・鶏肉・あさり・イカ・パプリカを並べます 10. 15〜20分ほど様子を見ながら、スープが無くなるまで中火にかけます 11. 火を止めてアルミホイルやフタをかぶせ、5分ほど蒸らしたら出来上がり よくある失敗例から学ぶ、たった3つの上手に作るコツ パエリアでよくある失敗が、 「前に作ったとき、べちゃべちゃになってしまった・・・」 「お米が固くて、おいしくなかった・・・」 「焦げついてしまった・・・」 この3つです。 ここで失敗別に、上手につくる簡単なコツをご紹介します。 この3つを守れば、初めての方でもちゃんとおいしく作れます。 1 べちゃっとなるなら、お米をとがないで使う べちゃっとした仕上がりになってしまうのは、お米が水を吸ってしまっているからです。 そこで、次の2つに気をつけましょう。 ・ お米はとがないで使う ・お米をしっかり炒める といでいる間にお米が水を吸収してしまうので、お米はとがないで使いましょう。 ぬかが気になる場合は、無洗米を使ってください。 また、 お米を炒めるときは油としっかり混ぜてください。 これでお米の表面がコーティングされて、スープを余計に吸わなくなります。 ちなみに、日本のお米ではなく 海外の長細いお米(インディカ米)を使うと、パラパラになりやすいです。 2 ご飯が固くてもそもそするなら、油多めでお米を炒める 油でお米をコーティングすると、お米がもそっとするのも防げます。 本来はお米に芯が残っている状態が理想の仕上がりですが、ふっくら炊いたご飯に慣れている日本人にとっては、ちょっと違和感があるかもしれません。 芯が残っているのが気になる場合は、 最後の蒸らす時間を少し長めにしましょう。 これでやわらかい仕上がりになります。 3 底が焦げるなら、火力の安定している道具を使う パエリアはおこげを作る料理なので(作り方10のところです)、お米が底にこびりつくのは仕方ありません。 ただ、うまくやらないとガッツリ焦げついてしまうので注意しましょう。 コツとしては、 火力が安定している道具を使うこと。 焚き火で作ると火力調整が難しいので、初めての人は屋外用のバーナーやコンロなどで作りましょう。 ただ、焦げないようにと思って弱火にしても上手に仕上がりません。 強めの中火で、時折状態を確認するようにしましょう。 また炊きあがってないのにスープが無くなると焦げてしまうので、その場合はスープを足して様子を見てください。 パエリアにおすすめの具材 色々な具で作れるパエリアですが、特にオススメの具材をご紹介します。 なお、食材ごとの下準備は、上の作り方の2〜3のところで行ってください。 1 あさり 材料(3〜4人分) あさり 10〜20個 白ワイン 適量 あさりの蒸し汁には魚介のうまみがたっぷり凝縮されているので、より濃厚なおいしいパエリアになります。 あさりは砂抜きして洗い、フライパンへ。 白ワインをふりかけて火を通してください。 口が開いたらいったん取り出しましょう。 仕上げにグリーンピースで緑を添えると、鮮やかになりますよ。 2 ムール貝 材料(3〜4人分) ムール貝 6〜8個 パエリアの定番の具材の一つ・ムール貝です。 まず殻どうしをこすり合わせるようにして洗い、足糸を取ってください。 あとは他の食材と一緒にお米の上に並べるだけです(作り方9のところです) 注意点としては、貝が開くまで火にかけてください。 もしパエリアが完成しても開かない貝があったら、除けておきましょう。 3 エビ 材料(3〜4人分) エビ 8尾 エビもパエリア定番の具材です。 頭と殻を取って使いましょう。 あとは他の食材と一緒に並べて、赤く色が変わったら完成です。 イカと一緒に炒めると、さらに味が深まるのでおすすめです。 4 骨つきチキン 材料(3〜4人分) 骨つき鶏もも肉 400g 骨つき鶏もも肉を入れるのも、インパクトがあっておすすめです。 塩コショウをふって味をつけたら、皮に焼き色がつくまでしっかり焼きましょう。 盛り上がるおすすめのパエリア鍋 フライパンでも作れるパエリアですが、パエリア鍋(パエリアパン)があるとぐっと本格的な見栄えになります。 慣れてきたら、ぜひ挑戦してみてください。 いくつかおすすめのパエリア鍋をご紹介します。 赤い取っ手がかわいいです。 4人用だと32cmくらいがちょうど良いです。 通常、パエリア鍋はフライパンより薄くできており、それで一気に加熱するため "ぱらっ" とした美味しいパエリアが出来上がります。 その一方で、薄いため焦げやすいです。 初めてパエリア鍋で作るときは焦がさないように注意くださいね。 * お肉や魚介類のスープを吸ったお米は味わい深くて、大人も子どもも美味しく食べられるメニューです。 底にできたおこげも美味しいですよ! 次のキャンプやバーベキューでぜひ試してみてくださいね!.

次の