バッドエンド アニメ。 バッドエンドで終わるアニメのおすすめ20選!悲しい結末になる作品をご紹介!

アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング

バッドエンド アニメ

「魔法少女・オブ・ジ・エンド」の佐藤健太郎さんの最新作として、Webコミック配信サイト・Championタップ!にて連載が開始され、2017年10月より「週刊少年チャンピオン」に移籍、現在も好評連載中の、魔法少女シリーズとして320万部を超える人気コミックスが、TVアニメ「魔法少女サイト」として2018年4月より放送開始となる。 本作の主人公は、学校でクラスメイトからのいじめを受け、家では実の兄からの虐待に耐える日々を送る中学生の朝霧 彩(あさぎり あや)。 歪で、どこまでも濃い黒。 黒が全てを飲み込み、全てを奪い去ったその場所は、無明領域 むみょうりょういき と呼ばれるようになる。 人間の絶望と混沌をそっくり引き写したかのような異形のものたち。 彼らはこう呼ばれた。 テレビ画面で動きが視認しにくいほど。 あと、キャラクターデザインが好きじゃない。 みんなして病的な感じ。 (40代前半 男性) ボードレールに心酔する少年、春日高男。 抗いきれぬ衝動のままに、密かに想いを寄せる佐伯奈々子の体操着に手を掛けたその時から、彼の運命は大きく揺れ動くことになる。 その行為の一部始終を目撃した、仲村佐和の手によって……。 閉鎖的な小さな街のなかで鬱積してゆ... スローな展開もあえての演出であって、そーすることでより話に深みがでているし、毎回驚きの連続で、放送日が楽しみでしかたなかったです。 サクサクとストーリーだけ楽しみたいなら原作で充分ですが、あの世界観にどっぷり浸かるにはやはりアニメ!!!(男性) 似たり寄ったりな印象を受けてしまう作品があるなかで、唯一無二の雰囲気を醸し出している傑作。 ロトスコープという手法も作品に大変マッチしていて、人間だからこその動きやストーリイの生々しさをうまく描いていた。 コミックスを普通にアニメ化していたら別物になっていただろう。 それぐらい、確固たる世界観を構築できている作品。 コミックスはコミックスで楽しめばよい。 しかし、このアニメの持つ昏さやいたたまれない感じ、思春期ならではの葛藤に、多くの人に触れていただきたく思う。 続編を強く望みます。 (非公開) ロトスコープで作られた独特なビジュアルに、とんがったストーリーと世界観。 ニコニコ動画で配信されていたのをコメントを付けながら見ていた時はとても面白かったです。 改めて作品だけ見たら、どうなのかなぁ?とは思ってしまいますが。 作品は尖ってますが、演出的にはとても見やすい感じに作ってあると思います。 (非公開) 「未来の出来事が書かれた携帯日記=未来日記」の所有者間で繰り広げられる殺人ゲームに巻き込まれてしまった中学生・天野雪輝が主人公のサスペンス・アクション。 内向的で冷めている雪輝の成長、雪輝を盲目的に愛する最強のヒロイン・我妻由乃の動向、そして個性的な... 一言でいえばこんな感じで、中学生の天野雪輝が主人公とあって、かなり思考や行動がカオス。 ミステリー、サスペンス、バトル、恋愛、サイコ、SFなどなど色々詰め込みすぎた感は否めない。 ヒロインの我妻由乃がヤンデレというのはわかるがぶっ飛びすぎてて少し興醒め。 物語を盛り上げるために、キャラがぶっとびすぎてていまいち魅力が感じられなかった。 中高生などには人気があるだろうと思う作品でした。 (30代前半 男性) 記憶のデータ化ができるようになり、肉体の死がもはや死とは呼べなくなった世界。 記憶はデータバンクに保存され、新しい身体への「乗り換え」や、記憶の売買といったことが可能になり、違法に記憶を改ざん、記憶を盗むことも行われていた。 社会は混沌とし、力を失い停... 絵本を想起させるような丸みのあるキャラクターデザインとは裏腹に、倫理にも触れるようなテーマゆえに、内容は非常にシリアスで、とても気軽に見るような作品ではないが、昨今の日常的な作品に物足りなさを感じる方には、オススメの一作と言えるかもしれない。 言葉は誠の隣のクラスで、同じ沿線から通っていて、毎日同じ時刻の電車に乗り本を読んでいる。 気にはなるけど、遠くから眺めているだけ…。 ただ、それだけの存... キャラクターは可愛らしいのでそこで捕まったら、後は落ちていくだけかも?(非公開) 何の前知識も持たずに見ました。 最初は三角関係の学園ラブストーリーなのかなと思って見ていました。 しかし、徐々にドロドロとした人間関係の昼ドラのような展開になってゆき、物語の後半ではサスペンスのような重い内容でした。 最後の最後は軽くホラーです。 ゾクッと鳥肌が立ちました。 (30代前半 男性) ベクターと呼ばれる目に見えない複数の腕を駆使して、暴虐の限りを尽くす突然変異体の少女ルーシーと、それを追う者達の人智を越えた闘い。 脱走時の怪我によって幼児化してしまい、にゅうと名付けられたルーシーのちょっとアブナイ可愛らしさ。 にゅうを拾ったために... 国内での知名度が低いが、フランスで受賞し、OPは世界の教会で歌われた。 冒頭から残虐なので、お勧めはできないが、実は純愛物である。 原作はまだあるが、いい所で切ったと思う。 映像はリマスターしてある。 (男性) あたりまえですが「良い子のアニメ」としてはおすすめできない作品です。 しかし、スプラッタ&グロ感がないとこのお話は成立しなかったでしょう。 SF要素や謀略も絡んできますが、全エピソードを通じて、素直にキャラに共感できる、意外にベタなお話だったと思います。 (非公開) 舞台はヨーロッパ。 その少女たちは「条件付け」を施され「義体」として「暗殺」などの仕事に利用されていた。 少女たちにはそれぞれを管理する諜報官の男たちいて、少... キャスト ヘンリエッタ(南里侑香) ジョゼッフォ・クローチェ(木内秀信) リコ(三橋加奈子) ジャン・クローチェ(宮本充) トリエラ(仙台エリ) ヴィクトル・ヒルシャー(江原正士) クラエス(小清水亜美) クラウディオ・ラバロ(堀内賢雄) アンジェリカ(寺門仁美) マルコー・トーニ(井上倫宏) ロレンツォ・ピエリ(家中宏) フェッロ(中川里江) アルフォンソ(岩崎征実) 「鳴海孝之」は、受験を控えた高校3年生。 しかし、勉強に身も入らず、他にやりたい何かを見つけることもできないままに日々を過ごしていた。 親友である「平慎二」や「速瀬水月」は勉強や水泳に打ち込んでおり、軽い疎外感を感じずにはいられなかった。 そんな彼の前に... それを教えてくれた貴重な作品だったと思います。 (非公開)• シュウジとちせは、北海道の田舎町に住む高校3年生。 のろまで内気なちせは、前から憧れていた陸上部のシュウジにやっとの思いで告白。 付き合うことに。 気弱で「ごめんなさい」が口癖のちせ、それをつい邪険に扱っては1人で後悔するシュウジ。 2人はどうやって付き合... しかし、中々ヒロインを面白く見られる性格にしてるので、楽しめる作品になっていました。 また機会があればみたい。 (非公開) 22世紀初頭。 人類はその居住地域を太陽系全体へと広げ、各惑星圏は経済的に独立した地域として繁栄していた。 ここで描かれる暴力などは現実(学校など)で感じる事のある残酷さ日常の中で隣にある暴力という感覚に近いものがあります(非公開) 「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん。 ただのセールスマンじゃございません。 私の取り扱う品物は心、人間の心でございます。 」 「この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり、そんな皆さんの心のスキマをお埋め致します。 いいえ、お金は一銭もい... 人間の本質を垣間見ることができるような感じで、喪黒福造野お決まりのセリフの「ドーン」というセリフも印象的です。 (非公開) 人間の醜い部分を描いたドキッとするアニメです。 喪黒福蔵という不気味なキャラの主人公が人間の本質を語ります。 大人の世界のどろどろした部分をアニメで表すというユニークさが不思議な魅力を醸し出しています。 (50代後半 男性).

次の

【ネタバレ注意】最終回が衝撃的だったバッドエンドのアニメ・映画・ドラマは? 「主人公の死」「主役の2人が付き合わない」

バッドエンド アニメ

【最終回の展開】 父親から最強の霊獣を託された神楽は、仲間の援護を受けて殺生石に乗っ取られた黄泉と対峙し、能力を使い黄泉を止めようとします。 しかし、黄泉を倒す覚悟が出来ておらず返り討ちに合い瀕死の目に遭います。 そして覚悟を決めた神楽は、再び黄泉と戦いを繰り広げ、今までの二人の楽しかった思い出が走馬灯のように流れます。 最後に大好きだと告げて黄泉に短刀を刺し、刺された黄泉も自分の想いを伝えてから倒れます。 その後は、2年後の後日談が流れ、残った登場人物たちはどうなったのか明かされていきますが、やはり姉妹のように仲のいい二人がお互いにすれ違い、最後には命を賭けて戦うのは。 とてもハッピーエンドとは言えないエンディングでした。 【最終回の展開】 言葉と誠はクリスマスイブに二人で過ごしていましたが、次の日、世界が誠の家を訪れ誠の腹に包丁を突き立てます。 そして言葉が誠の家を訪れると、血だらけになった彼の遺体を発見します。 学校の屋上に呼び出された世界は、鉈を手にした言葉に襲い掛かります。 世界は応戦しようとするも一撃で絶命し、次の日の朝にヨットの上で、言葉が誠の生首を抱きしめながら流れていくところで終わります。 ドロドロになった人間関係から生まれた一つの壮絶な結末と言える最終回です。 ただ、最初から最後まで視聴すると主人公である誠がかなりのクズなので、そんな彼に翻弄された言葉と世界はむしろ被害者だったのではないかと感じます。 【最終回の展開】 最強の魔女であるワルプルギスの夜に対して立ち向かうほむらですが、何度戦っても勝てません。 さらに時間を巻き戻せば巻き戻すほど、まどかの因果が増えていくことをキュウベイから知らされます。 そんな絶望に涙するほむらのもとにまどかが現れ、まどかは魔法少女となって過去・未来にも干渉してすべての魔女を消し去ると願います。 そうして彼女はすべての魔女を消し去り、魔女となるはずだった自身も消滅してまどかの存在は人々の記憶から消え去ってしまいます。 そして魔女の代わりに魔獣という存在と戦う魔法少女たちが描かれて終わります。 まどかの犠牲によって他の魔法少女たちは生き返るので、感動的な終わり方のように見えますが、まどかのことを唯一覚えているほむらを考えると、とても悲しくなります。 【最終回の展開】 かつてレッドドラゴンに所属していたスパイクですが、愛し合う関係だったジュリアとともに逃げ出し暮らそうと考えます。 しかし、ジュリアの元恋人であるビシャスの部下たちに狙われてしまいます。 そしてついにジュリアは組織の追っ手によって命を落とし、スパイクはレッドドラゴンの本部に単身で乗り込む事を決めます。 組織に行く手を阻まれつつも、なんとか本部の最上階にたどり着き、ビシャスと一騎打ちに。 激しい攻防の中、最後は相打ちとなります。 最後にぼろぼろになった彼は駆けつけてきたビシャスの部下たちの前でカッコ良く事切れます。 主人公であるスパイクが最後には亡くなるという悲しい結末ではありますが、最後の最後までスパイクの生き様はとても漢らしく、ハードボイルドな雰囲気を残し続けた感動的な作品でした。 【最終回の展開】 壮大な茶番劇に気づき、記憶が戻り始める小夜が本来の姿を取り戻しつつある一方で、文人は小夜の記憶を戻してしまった原因を作った人物たちを、古きものを使って次々と静粛します。 力も記憶もすべて戻た小夜は文人を倒そうとしますが古きものの集団に阻まれます。 町がたくさんの古きものたちに襲われている惨状の中、彼女は文人に何とか追いつきますが彼の銃弾によって左眼を撃ち抜かれてしまいます。 最後に誰もいなくなった町の中で再生した小夜は、文人たちが乗ったヘリコプターの方へ駆け出していきます。 映画に続くとはいえ、物語に登場する町がまるごと壊滅するという壮絶な最終回にはかなり驚きましたし、その壊滅する過程のグロテスクな描写が悲惨すぎました。

次の

バッドエンドで終わるアニメある?:MAG速

バッドエンド アニメ

ただ、中には想像もしていなかったような、衝撃のを迎える作品も。 そこで今回はに、印象に残っている「な・漫画・」について聞いてみました。 何も殺さなくても良いと思った。 後味が悪い。 納得いかない(女性/30歳/小売店) ・『相棒13』。 相棒が容疑者で逮捕されて終わる。 も無期限停職になる。 もう続編はないのだろうか(女性/23歳/団体・公益法人・官公庁) まだ記憶に新しいでもが見られるようですね。 結末に衝撃を受けた人は多いようです。 の二人がくっつかなかったのが印象的だった(男性/33歳/機械・精密機器) こちらは、少し懐かしい。 リカとカンチの恋は、思いもよらぬ結末を迎えます。 最後に、が死んだようなで終わるので(女性/23歳/その他) ・『』。 もも無残な姿で終わってしまったので、のころ読んでいて何とも悲しい思いになった(男性/25歳/関連) 昔のは、こういった悲しいのものが多かった気がします。 最後に天国へ旅立つ姿が悲しく、気分が落ち込む(男性/28歳/警備・) ネロの最後のが泣けます。 絵柄とは裏腹に、ドロドロした内容で最後は救いがないばかりだったから(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁) からは「青春系」という印象を受けますが、実はかなりドロドロ。 これから見る人は、覚悟しておいたほいかも。 ・『縞模様のの少年』。 の感じだとっぽくて、そういう展開を予想していたが、まさかの救いのないでその落差が今でも(女性/27歳/金融・証券) と内容にギャップを感じる作品もありますよね。 実際に起こりそうなことで、で怖かった(女性/28歳/・旅行・メント) 痴漢冤罪を題材とした映画。 に感情移入して見ていると、最後にとても怖い思いをすることになります。 に当時、と一緒に『ウワアアアアアアアア!!!』と叫んでしまった(女性/28歳/医療・福祉) ・『』。 最後のが見えたときは、衝撃だった(男性/27歳/情報・IT) 見た人なら誰もが、「アレは衝撃だったよね!」と言いたくなる作品。 救いようのない結末に絶望しました(女性/32歳/医療・福祉) ・『』。 善良なが最後までまったく幸せになれなかったところ。 映画から受けた絶望感がなかなか離れなかった(女性/32歳/情報・IT) が救われない結末というのは、しばらく引きずってしまいそう。 が死んでしまう、恋が成就しないといったな・映画・作品でも、前向きなとなっている場合もあります。 今回紹介した作品も、見る人によって感想が異なる場合もあるでしょう。 気になった作品を鑑賞して、「衝撃の」を味わってみてはいかがでしょうか? 文・-GA 森川ほしの 調査時期:6月 :フレッシャーズ調べ 集計対象数:497人(式) 関連ニュース•

次の