リクルートコミュニケーションズ 面接。 リクルートコミュニケーションズの転職情報を紹介。口コミや難易度を解説

リクルートコミュニケーションズの転職情報を紹介。口コミや難易度を解説

リクルートコミュニケーションズ 面接

今までで1番印象に残っている出来事・頑張ったと思えることはなんですか?• 今まで取り組んできたことで、自分なりに工夫し、成果に繋げた経験があれば教えてください。 入社して未経験の仕事をされる中で、壁にぶちあたった際、どのように対応しますか?なぜそう考えるのですか? 人によって聞かれることは違うので、必ずしも上記の事項が聞かれるというわけではありませんが、参考にしてみてください。 リクルートコミュニケーションズに対する口コミ 実際に、リクルートコミュニケーションズへ正社員として転職した方に、リクルートコミュニケーションズの仕事についてインタビューしてみました。 リクルートコミュニケーションズで実際に働いている人たちの声を聞くと、仕事に関してかなり意識の高い人が多く「成長」することを重視して働いているようですね。 「成長」を常に意識する会社です。 自分から提案し、意識高く仕事に取り組んで、どんどん成長していかないと、取り残されていってしまう感じがします。 意思表明をしっかりとしないと、自分はこんな仕事がしたいんじゃない!と思ってしまうかもしれませんね。 仕事に対して提案力のある人の方が、どんどん成長しています。 リクルートコミュニケーションズに転職後のキャリア形成は? リクルートコミュニケーションズを転職したあとは、大手広告代理店や、マーケティングコンサル会社、デジタルマーケティング代理店などが挙げられます。 転職先 大手広告代理店 電通、博報堂など マーケティングコンサル会社 デロイト、アクセンチュアなど デジタルマーケティング代理店 サイバーエージェント、アイレップなど エンジニアの場合は本人の志向に応じて、技術を極めたスペシャリストになるか、サービス企画を担うゼネラリストになるか、キャリアプランを選ぶことができます。 事業分野が様々な会社ですから「自分は何をやりたいのか、どのように成長したいのか」を常に意識することが重要です。 以下の記事でリクルートに転職した後のキャリアについて詳しく書いていますので、あわせて参考にしてください。 ディレクター• プロダクトマネジメント• 企画統括• 事業戦略 ディレクター ディレクターは顧客ごとに解決すべき課題を設定し、コミュニケーションプランニングの企画・実行指揮により、広報戦略やブランド形成を支援します。 クライアントの抱える課題を踏まえて、マッチングすべきターゲットは誰か、何を伝えるべきか、どうやって伝えるべきかをあらゆる角度から考え、コミュニケーションプランを形にしていきます。 また、ブレーンと呼ばれるコピーライター・デザイナー・カメラマンなどは、社外の専門家と具体的な制作物などを作成していく役割があります。 プロダクトマネジメント プロダクトマネジメントは、メディア制作フロー設計・組織構築・運用支援をし、商品企画~営業~制作まで、一連の流れがスムーズになるように業務を組み立てていきます。 こんなメディアをつくりたい、もっと効果を向上させたいといった要望に対して、仕組みや業務の設計・構築などを通して改善していきます。 メディア設計では、コストは適性なのか?など、様々なケースを考え、最善の方法を提案します。 企画統括 企画統括は、組織が掲げている事業目標達成に向けた各種戦略を立案・運用することが役目です。 部門の業績推移判断のために指標を定めたり、組織として新たな価値を発揮できるよう、半期や年間という単位でテーマ設定や管理を行います。 組織運営の方針を固めながら、経営に対して提言・起案できる機会もあります。 事業戦略 事業戦略では、リクルートの事業会社と二人三脚となり、クライアントとカスタマーのマッチングを生み出す最適な仕組みを設計していく役割があります。 リクルートのビジネスにおける「未来の基盤」を創り出すポジションとして活躍できます。 電話やメールのみの非対面の営業モデルや、その他サービス提供内容・領域は様々です。 リクルートコミュニケーションズの平均年収 リクルートコミュニケーションズに中途で入社すると、約540万円からスタートします。 入社後、活躍していくと約600〜700万円くらいに上がります。 マネージャーに昇格すると、約1000万〜1200万円ほどになります。 リクルートコミュニケーションズだけでなく、リクルートホールディングス全体の年収をまとめたので、参考にしてみてください。 残業時間• 福利厚生 社風 リクルートは大手企業でベンチャー的な社風なので、どこの企業へ行っても馴染みやすいです。 上下関係があまりなく、学生サークルのようなノリで、皆さんが思っているよりもかなりフラットな組織です。 一般企業と比較して、リクルートは特殊なカルチャー・社風と言われています。 残業時間 広告代理業ということもあり、開発・制作物があるため、リクルートグループの中では忙しくなりがちな業態ではあります。 納期前後は特に忙しいですが、家に帰れないということはなく、22時頃には帰宅できるという感覚です。 福利厚生 雇用形態によって福利厚生は異なりますが、リクルートコミュニケーションズには、一般的な企業とは少し違う福利厚生があります。 サンクス休暇• 産休・育休制度• 在宅勤務制度• 育児・介護短時間勤務制度• 事業内保育園• 子育てサポート制度• 女性活躍推進制度 サンクス休暇 サンクス休暇は、従業員本人や家族の誕生日、結婚記念日などに年1回休暇を取得でき、サンクスファミリーギフトという手当を支給してもらえます。 産休・育休制度 仕事と育児を両方充実させながら、安心して出産・育児ができるよう休暇・休職制度があります。 産前6週間〜産後8週間の産前産後休暇はもちろん、子どもが1歳になる月まで育児休職を取得することができます。 在宅勤務制度 仕事と育児・介護などを両立させたいと考える社員を応援するため、在宅勤務制度を用意しています。 育児中の社員を中心に、多様な働き方が増えています。 育児・介護短時間勤務制度 育児や介護をしながらも、仕事を充実させたいと考える従業員を支援するために、短時間で勤務できる制度を用意しています。 事業内保育園 高い成長意欲を持ちながらも、保育環境が整っていない社員が安心して職場復帰を行えるよう、本社のグラントウキョウサウスタワー内には事業内保育園を併設しております。 子育てサポート制度 厚生労働省が制定している、次世代育成支援対策推進法に基づく認定制度です。 行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たしていると認定された会社が使用を許可されている「くるみん」マークを取得しています。 女性活躍推進制度 厚生労働省が制定している、女性活躍推進法に基づく認定制度です。 一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する実施状況等が優良な企業が認定される「えるぼし」にて、最高ランクの「3段階目」の認定を受けています。 リクルートコミュニケーションズへの転職を希望している方へ リクルートコミュニケーションズの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲などの人物面を非常に大切にしております。 なんでなんで?と人生の価値観レベルに深掘りしてきたり、格好つけずに腹を割って本音を話せるかなど、他の会社の面接とは大きく異なるため、対策が必須です。 弊社では、キャリアコンサルタントが転職者一人一人にヒアリングをしたり、自社で作成したオリジナルの質問シート を活用して、面接前にご本人の志向性の言語化をお手伝いしています。 「転職したいけどどうしたらいいのか分からない」とお悩みの方、まずは弊社に今後のキャリアについて相談してみませんか? 年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント.

次の

リクルートコミュニケーションズへの転職|面接難易度や年収をプロが解説

リクルートコミュニケーションズ 面接

福利厚生:今は福利厚生はほとんどありません。 せいぜい出張か、社内イベントのため全国から東京に社員を集めるときに、交通費と宿泊費が出るくらいです。 あとは何もありません。 昔はスポーツクラブや社内割などがあったと聞きますが、そもそも休日もないほど激務のため、利用されないものばかりだったようです。 1か月の有休か有休買取かを選べる制度も、いまではありません。 残業代すら実質ゼロになっているので、そんな余裕は、体力のなくなった今のリクルートにはないのかもしれません。 飲み会費も割り勘になっていますし、そのうち毎日の通勤費も見直されるのではないかと思います。 そのため遠方から通っている社員は、転職を早めに考えているようです。 業務量は減らず社員が減るのであれば、福利厚生もないさらに激務な労働環境になると思います。 口コミ投稿日:2017年02月26日 勤務時間・休日休暇:有給も時短勤務もリモートも積極的にとるがゆえに、連絡が取りづらく、お互いの状況が分からないことが多く、ミスのフォローに入れていない。 いつも事後対応上司から部下に仕事を教えるというのが普通の会社だと思うのだが、上記の通り居ないため自力でやることが常。 人材の長期育成に関して0点に近いと思う。 驚いたのが長期休暇で、正社員、契約社員はバンバン周りも気にせず休みをとるが、派遣社員は来ないと仕事が溜まるのを分かっているため長期休暇では無いその付近の平日に関しては黙々と派遣社員のみ出勤して仕事をする。 社員は助けてくれないので。 雇用形態や、仕事内容によってかなり残業も変わってくるイメージ 口コミ投稿日:2020年04月11日 働きがい:毎期の評価基準は一見明確でも、達成基準が不可能レベルなので、頑張ってもいつまでも給与もスキルも上がりません。 例えば、1本当たりの工数が60時間かかる原稿があったとして、「毎月20本作る」という本数での目標設定ではなく、「毎月20万円分作る」という金額での目標を課せられたとします。 この目標自体は一見おかしく見えませんが、フタを開けると、達成不可能な要素が組まれています。 なぜかというと、この目標を承諾すると「原稿単価を20円とする。 これで20万円分作れ」と言われるのです。 もし1本あたりの単価が2万円ぐらいであれば、10本程度で済みますが、20円では1万本作らなければなりません。 とても一人で作れる量ではありません。 目標設定を本数や工数で出すのではなく、金額で出すため、実際の業務量が見えないことにあります。 さらに目標はこれ1つではなく、同じような業務量のものが平均7つぐらい一度に課せられます。 全部達成してやっと給与が1万程度上がります。 ちなみに一度目標を全部達成して給与が上がっても、次の目標を達成できなければ給与は元に戻ります。 口コミ投稿日:2018年10月17日 評価制度:会社の方針が、「とにかく利益を上げられる人を評価する」というものなので、制作とはかけ離れた業務ばかりが評価の対象になっています。 デザインやライティングの仕事や、何かを作る仕事がしたいと思って入っても、毎日売上成績を上げるため、受注するための営業業務か企画書作成・提案ばかりでそれに失望して辞めていく人が多いです。 むしろ今のリクルートにいる職種は営業だけです。 また、経理や事務職などのベースの仕事をする人も要らないという方針なので、それが得意な人も評価がどんどん下げられ、次々辞めていきます。 現在、非正規雇用が9割を超え、正社員はバブル時代に入社した役職者のみという環境です。 実際の制作の仕事や事務をしているのは、外部の下請け業者なので、クリエイティブな仕事をしたいという人にはお勧めできません。 逆に営業をやりたいという人にはお勧めです。 口コミ投稿日:2017年02月26日 多様な働き方支援:実質月300時間働いている状況でも、会社側から働き方改革の一つとして「年間2440時間以内に労働時間を納めなさい、これ以上になると管理能力なしとみなして給与下げます。 」という基準を設けられているため、労働者側は過少申告をせざるを得ない労働環境で働かされています。 時間内に帰ろうと思っても、課される業務量が多すぎるため帰宅できません。 では、手をぬけばいいのかと言われると、非正規社員も毎期ミッションという目標が設定され、それを達成しないと給料が減らされていきます。 そのため、課される業務量はどれだけ働いても終わらず、実際の労働時間を申告すれば給与が減らされ、かといって業務をこなさなければミッションが達成できず、やはり給料が減るという、がんじがらめの状況です。 実際、自分は入社時手取り10万でしたが、実際の労働時間を申告し、かつ7つあるミッションのうち1つ達成できなかっただけで、2万給与が減りました。 5年働きましたが、その後給与はあがっていません。 口コミ投稿日:2018年10月17日 多様な働き方支援:契約社員でも、実質月300時間働いている状況ですが、会社側から働き方改革の一つとして「年間2440時間以内に労働時間を納めなさい、これ以上になると管理能力なしとみなして給与下げます。 」という基準をもうけられています。 なので、どれだけ働いていても、申告できる労働時間が200時間以内になっています。 この制度が一応あるため、労働基準監督署に誰かが訴えても、「労働基準法では、労働時間を管理する仕組みがあるかないかを取り締まっているので、それを労働者側が自主的に過少申告させていることについては管轄外です。 」と言われて、法で取り締まられることがありません。 会社側の体制としては、法律に引っかからないようしっかりしていると思います。 口コミ投稿日:2018年10月17日 女性の働きやすさ:ゼクシイを作っている会社ですが、結婚・出産する人がほとんどいません。 なぜなら、激務すぎて結婚のチャンスが全くなく、また家庭と仕事を両立できないからです。 毎日朝7時から夜24時近くまで業務があります。 なので、夜遅く帰るわけにもいかず、会社に泊まる人が多くいます。 毎週土日は2日間とも休日出勤もあり、休みが実質ありません。 もちろんそんな生活では、出会いがなく、また結婚しても家庭と両立できる働き方ができないため、すぐ辞めていきます。 少し前までは20代が中心の職場でしたが、そんな事情から結婚もできず、転職もできず、残るしかない女性が増え、今では28名の女性の中、全員が独身、22名が独身・非正規雇用の30~40代です。 口コミ投稿日:2018年10月17日.

次の

リクルートコミュニケーションズの選考内容(選考フロー・面接質問事例)

リクルートコミュニケーションズ 面接

退職後の主な転職先LINEなどのWeb系事業会社やGoogleなどの外資系テクノロジー企業、ベンチャー企業、独立などが挙げられる リクルートコミュニケーションズは2012年にリクルートグループのガバナンス変更によって生まれた会社です。 本社は東京都中央区勝どきのイヌイビル・カチドキにあります。 従業員数は1,071名で、正社員は774名となっており(2018年4月時点)、資本金は1億円です。 主な事業内容は、クライアントの集客ソリューションから、Webマーケティング、メディアの制作・流通・宣伝、カスタマーサポートです。 クライアントに対しては、ITを基軸としたWEBマーケティングや各種コミュニケーション・プロダクトの制作を通じた集客ソリューションを、リクルートグループ内の商品・サービスに対しては宣伝・流通を通じたユーザー接点拡大につながるソリューションを展開しており、リクルートグループの全てを横断する重要な役割を担っています。 この記事でわかること• リクルートコミュニケーションズの企業概要や事業内容• リクルートコミュニケーションズへ転職するときのポイント• リクルートコミュニケーションズの給与や働き方など POINT ・Slerや広告代理店出身者が多い ・国立大学、早慶など高学歴者の比率が高い ・プロフェッショナルとして一定以上の業務経験やスキルが求められる リクルートコミュニケーションズの企業概要 会社名 株式会社リクルートコミュニケーションズ 本社所在地 東京都中央区勝どき1-13-1 イヌイビル・カチドキ 社長 清水 淳 設立 1971年5月 株式 非上場 株主構成 記載なし リクルートホールディングスの売上 リクルートコミュニケーションズは非上場企業のため、リクルートホールディングスの売り上げを掲載しております。 リクルートの売上推移 年数 2017年 2018年 2019年 売上高 1,839,987百万円 2,173,385百万円 2,310,756百万円 経常利益 131,718百万円 199,228百万円 239,814百万円 リクルートコミュニケーションズの最新ニュース リクルートグループといえば、マーケティングに強い会社の印象があります。 同社はグループ内におけるマーケティング・コミュニケーションの機能を担っており、マーケティング業界でのトップランナーといえます! リクルートコミュニケーションズは、リクルートグループが展開する人材採用・住宅・結婚・進学・日常消費領域などの各事業における集客ソリューションやWebマーケティング、メディアの制作などを行なっています。 宣伝・流通・業務設計・デジタルマーケティング・カスタマーサポートなどを一手に担っているため、リクルートグループの広告代理店と言うこともできるでしょう。 事業戦略 1局(HR領域) リクルートが採用支援を行っている顧客(新卒・中途全領域が対象)やリクルートキャリアに対して、データ解析を起点に最先端のテクノロジー(AIやHRTech)を使用することによって、新しいサービス・ソリューションを開発、人事領域の様々な課題解決を行います。 日本屈指のエンジニアと協働して顧客のニーズを考え、新しいサービスを作っていくポジションです。 必須なスキル・経験 ・未経験の業務にも意欲的に取り組み、主体的に問題解決へ取組める方 ・物事を論理的に捉えて業務を遂行できる方 ・高い成長意欲とビジネス視点を有している方 ・関連部署や顧客との密なリレーションが構築できる方 さらに以下のいずれかに該当する方 ・デジタルマーケティング領域においてプロダクト開発・サービス設計・コンサルティング経験(1年以上) ・強い顧客志向を持ちながら、顧客のビジネスインパクトへ拘り成功に導いた経験(コンサルティング、業務プランニング) ・一定のデータ活用の知識を保有し、エンジニアと協同しながらサービス提案業務や業務提案を行ってきた経験 プロダクトマネージャー(ITプランナー) ICT局 プロダクトマネージャーは、データ・テクノロジーがもたらす新しい価値を発見、戦略立案し、競争優位性を持ったコアプロダクトをエンジニアと協働することで生み出し、プロダクトの提供価値を最大化する業務です。 リクルートグループの対峙する各事業領域を横断して関わることができることや戦略策定〜企画立案~開発プロジェクトマネジメント~実行~運用改善とあらゆるフェーズに対して価値を発揮することができることなどが魅力です。 必須なスキル・経験 ・新規のプロダクト、ITソリューションの企画立案経験 ・プロジェクトマネジメント経験(メンバーマネジメントや企画~運用までの一連の業務のリーダー経験など) ・ITディレクションスキル(技術的な実現可否の判断ができること) ・エンジニアとの協業経験 ・プログラミング経験(言語、経験年数不問) ・論理的・分析的に考えられるマーケティング課題設定力がある方 ・定量データをベースにした、クライアントや事業の課題特定・提案・承認の経験がある方 ・デジタルマーケティング並びにWEBやITへの興味関心がある方 ソフトウェアエンジニア Webアプリケーションの設計や開発を行います。 開発にはRubyやPerl、Python、Java等の言語やHTML、CSS、javascriptなどを使っています。 しかし、使用する開発言語は特に決まっていません。 WEB開発言語を使用して自力でWEBサービスを開発できるスキルが必要です。 変化のスピードが速い領域のため、エンジニアのとしての成長やレベルアップが常に求められます。 人の入れ替わりタイミングも頻繁にある会社です、実力がある方であれば、上のポストが空くタイミングなどは、昇進・昇格のチャンスといえます。 リクルートコミュニケーションズが転職者に求める人物像 職種によって求めるスキルは変わりますが、共通することとしては以下があげられます。 ・高いコミュニケーション能力を持つ人 ほぼすべての職種でクライアントワークが多いことに加え、クライアントとグループ会社の間に立つことも頻繁にあるためです。 ・論理的な思考能力を持つ人 マーケティング領域を担当しているため、分析業務における課題発見・ソリューション提案など日々論理的な思考能力を求められることになります。 ・企画を自ら推進していける人 マーケティング領域は非常に変化が速く、トレンドや技術が目まぐるしく変わっていきます。 そのため常にアンテナを張り巡らせ、トレンドを作り出していく企画力を持った人が求められています。 さらに、人を巻き込んで仕事が出来るか、自分から発信できるか、という点についても多く質問されます。 リクルートコミュニケーションズの面接形式 人によって面接の回数は2〜3回と変動しますが、2次面接で内定が決まることが多いです。 リクルートコミュニケーションズの面接内容 穏やかでフランクな面接官が多く、話しやすい雰囲気です。 志望動機や今までやってきた職務経験などのセオリー通りのことを聞かれることが多いようです。 稀に、リクルートグループとの仕事経験などが聞かれることもあります。 リクルートコミュニケーションズで働いている方の評判・口コミ 口コミの要約 人付き合いに関しては、評価の高い口コミが多かった。 また、若手でも活躍できるリクルートらしい文化が浸透しているとの声も多く見受けられた。 リクルートコミュニケーションズの年収・給与は? リクルートコミュニケーションズの年収は500万から900万程度と大きく差が開いています。 年収の差は経験やスキル次第です。 大体の方は500~700万のレンジに収まります。 平均的に給与が高いのが特徴ですが、逆に突出して高い方はそこまで多くないようです。 もちろん一部グレード制で年収が1000万を超える方もいます。 そのため、上のポストがいなくなることも十分に有ります。 そのため、出世するチャンスはあるでしょう。 しかし、それには実力が伴ってなければなりませんので、高いスキルを発揮していればチャンスがある会社です。 役職ごとの平均年収 弊社独自調査結果 20代前半 なし 450万円 20代中盤 なし 600万円 20代後半 なし 700万円 30代前半 なし 800万円 30代中盤 マネージャー 900万円 30代前半 マネージャー 1,100万円 30代中盤 リーダー 700万円 30代後半 なし 800万円 40代前半 マネージャー 1,150万円 リクルートコミュニケーションズはどんな人が働いている? 従業員数 1071名 平均年齢 記載なし 平均勤続年数 記載なし リクルートコミュニケーションズの社風 リクルートコミュニケーションズは、リクルートグループの1つです。 そのため、リクルートに非常に社風が似ています。 働き方もリモートワークなどができるなど、ベンチャー企業のような社風のため、働きやすいと感じる方が多い印象です。 また、新人・中堅関係なく、風通しが良いのも特徴の1つです。 大きい会社では有りますが、良い意味で大企業らしさのない実力主義の社風と言えるでしょう。 リクルートコミュニケーションズのワークライフバランス 副業可否 可能 勤務時間 9時00分~17時34分 休日 土曜・日曜・祝日 平均残業時間 記載なし フレックス制度 有り リモートワーク 有り 産休・育休制度 有り 休暇制度 STEP休暇、慶弔、産前産後 時短勤務 記載なし リクルートコミュニケーションズの社長 清水 淳 1989年リクルート入社。 2010年4月に事業開発室長に就任。 同年7月にオイシックス株式会社取締役に就任。 その後いくつかのグループ会社の役員を経て、2012年リクルートライフスタイル執行役員に就任し、2013年よりリクルートコミュニケーションズの代表取締役に就任。 リクルートメディアコミュニケーションズ(現リクルートコミュニケーションズ)で、広告営業・企画制作に従事。 2011年10月 株式会社スクーを設立し、代表取締役社長に就任。 「WEB上の新しい学校のカタチ」をコンセプトに掲げ、『schoo(スクー)WEB-campus』をリリースし、schoo(スクー)WEB-campus 理事長に就任。

次の