栃木県内の最新感染動向。 感染症情報センター|神奈川県衛生研究所

栃木県内の最新感染動向

栃木県内の最新感染動向

4%、急速に低下 〜 「過剰」とする企業、製造・小売などで増加 〜 はじめに 5月28日に内閣府が発表した月例経済報告では、「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、急速な悪化が続いており、極めて厳しい状況にある」とし、景況感の悪化に歯止めがかからない現状を危惧している。 5月25日にすべての都道府県で緊急事態宣言が解除され、経済の再生が大いに期待されるところだが、5月29日に栃木労働局から発表された4月の県内の有効求人倍率は1. 15倍まで下がっており、しばらく続いた「売り手市場」の様相は一変している。 企業からの求人数は大幅に減少し、正社員の有効求人倍率は0. 91倍と、求職者を求人数が下回る状況にある。 コロナ禍の中にあって、企業の人事政策における変化は非常に興味深いところだ。 帝国データバンク宇都宮支店では、四半期に一度「人手不足に対する栃木県内企業の意識調査」と題して、定点観測を行い発表しており、今回のレポートはその2020年4月の状況である。 調査期間は2020年4月16日〜30日、調査対象は栃木県内企業346社で、有効回答企業数は159社(回答率46. 0%) 調査結果• 1 栃木県内企業において、正社員について「不足している」と回答した企業は29. ピーク時である2018年10月調査の58. 0%と比較すると半減、1年前(2019年4月調査)との比較では23. 1ポイントの下落、3カ月前(2020年1月調査)との比較でも、18. 6ポイント低下しており、この3カ月で急速に低下したことが分かる。 「適正」については、49. 7%(前年同月比10. 5ポイント増加)、「過剰」についても20. 9%(同12. 6ポイント増加)と、大きな変化が見られた。 業界別では『運輸・倉庫』が75. 0%とまだ高水準であるものの、『建設』46. 9%、『小売』46. 7%をはじめ大半の業界が10ポイントから20ポイントもの低下を示しており、おおむね解消されている• 2 非正社員については、「不足している」が18. 1%(前年同月比19. 5ポイント減少)、「適正」は、55. 9%(同0. 5ポイント減少)、「過剰」は26. 0%(同20. 1ポイント増加)となり、人余り感が鮮明となる• 3 従業員が「過剰」とする企業にスポットを当ててみると、正社員では『製造』30. 9%、『小売』26. 7%、『運輸・倉庫』『サービス』各25. 0%の割合で過剰が発生している。 一方非正社員では、『製造』34. 0%、『運輸・倉庫』33. 3%、『サービス』28. 6%、『小売』26. 7%など、軒並み2割から3割の企業が人員過剰となっている.

次の

群馬県

栃木県内の最新感染動向

食中毒について 食中毒の原因は細菌、ウイルス、有害物質と様々です。 その中で、細菌は高温多湿の環境で増殖が活発になるため、夏場は細菌による食中毒が多く発生します。 食中毒予防の原則は、食中毒の原因菌を「つけない」、「増やさない」、「やっつける」ことです。 新型コロナウイルス感染症の影響で、テイクアウトも多くなっていますが、高温多湿の状態に長く置いたりせず、消費期限内に早めに食べきるように注意して、食中毒を予防しましょう。 今週の報告数は158例となり、前週 121例 と比較し、増加しています。 引き続き身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い、3密 密集、密接、密閉 の回避などに注意し、感染を予防しましょう。 【参考】 、 今週の全数把握対象疾患 (当該週の国による集計及び各保健福祉事務所からの報告をもとに期日を決めて集計しているため、集計数が前後することがあります。 ) 全数把握対象疾患情報• 結核18例:年齢群は20歳代3例、30歳代1例、40歳代1例、50歳代3例、60歳代3例、70歳代2例、80歳代4例、90歳代1例、病型は肺結核11例、リンパ節結核1例、脊椎結核1例、無症状病原体保有者5例• 腸管出血性大腸菌感染症6例:年齢群は10歳代1例、20歳代2例、30歳代1例、60歳代1例、70歳代1例、血清型・毒素型はO157VT2 3例、O157VT1VT2 1例、O115VT1 1例、O血清型不明VT2 1例、推定感染経路は接触感染2例、経口感染1例、不明3例、推定感染地域は神奈川県2例、都道府県不明4例• E型肝炎1例:年齢群は40歳代、感染経路は不明、感染地域は不明• マラリア1例:年齢群は30歳代、病型は三日熱、推定感染経路は蚊からの感染、推定感染地域はインド• レジオネラ症2例:年齢群は60歳代1例、70歳代1例、病型は肺炎型2例、推定感染経路は水系感染1例、不明1例、推定感染地域は神奈川県1例、都道府県不明1例• アメーバ赤痢1例:年齢群は50歳代、病型は腸管アメーバ症、推定感染経路は経口感染、感染地域は都道府県不明• カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症1例:年齢群は60歳代、菌種は Enterobacter cloacae 、推定感染経路はその他、感染地域は都道府県不明• 後天性免疫不全症候群1例:年齢群は60歳代、病型はその他、感染経路は不明、感染地域は不明• 侵襲性インフルエンザ菌感染症1例:年齢群は80歳代、感染経路は不明、推定感染地域は神奈川県、ワクチン接種歴は不明• 侵襲性肺炎球菌感染症2例:年齢群は10歳未満1例、70歳代1例、推定感染経路は飛沫・飛沫核感染1例、不明1例、推定感染地域は神奈川県1例、都道府県不明1例、ワクチン接種歴は接種あり1例、接種なし1例• 梅毒3例:年齢群は20歳代1例、50歳代1例、80歳代1例、病型は早期顕症梅毒I期2例、晩期顕症梅毒1例、推定感染経路は性的接触2例、不明1例、推定感染地域は神奈川県2例、都道府県不明1例 指定感染症情報• 新型コロナウイルス感染症 158例 *2020年第6週より「新型コロナウイルス感染症」が指定感染症になりました。 今週の定点把握対象疾患• 咽頭結膜熱の定点当たり報告数は、鎌倉保健福祉事務所三崎センター 6. 50 で警報レベル 3 を超えています。 2019年1月11日更新(PDF 624KB)• (PDF 1. 58MB) 公益財団法人 結核予防会 結核研究所との共同研究事業で作成しました。 ご活用下さい。 トピックス 2020年7月17日 を掲載しました。 2020年7月8日 を掲載しました。 2020年6月26日 を掲載しました。 2020年6月26日 を掲載しました。 2020年6月25日 2020年6月17日 がありました。 2020年6月16日 がありました。 2020年6月11日 2020年5月28日 を掲載しました。 2020年5月18日 を掲載しました。 2020年4月30日 を掲載しました。 2020年4月23日 を掲載しました。 2020年4月22日 を掲載しました。 2020年2月20日 を掲載しました。 2020年2月19日 2020年2月17日 2020年2月6日 2020年2月4日 2020年1月23日 を掲載しました。 2020年1月6日 2019年12月12日 を掲載しました。 2019年11月28日 を掲載しました。 2019年11月25日 を掲載しました。 2019年11月7日 を掲載しました。 2019年9月19日 を掲載しました。 2019年8月2日 (「YouTube」につながり、再生されます) 2019年7月11日 を掲載しました。 2019年7月11日 を掲載しました。 2019年7月5日 を掲載しました。 2019年7月1日 を掲載しました。 2019年5月7日 2019年4月12日 を掲載しました。 2019年4月1日 2019年3月29日 を掲載しました。 2019年1月4日 2018年12月28日 を掲載しました。 2018年11月22日 を掲載しました。 2018年7月27日 を掲載しました。 2018年5月30日 を更新しました。 2018年5月17日 を掲載しました。 2018年4月27日 2018年1月12日 を掲載しました。 2018年1月5日 2017年11月30日 を掲載しました。 2017年11月16日 を掲載しました。 2017年9月21日 を掲載しました。 2017年8月3日 を掲載しました。 2017年8月3日 を掲載しました。 2017年7月31日 を掲載しました。 2017年6月15日 公益財団法人 結核予防会 結核研究所との共同研究事業で、「結核集団発生対策に関する事例・研修 教材 2017年4月」を作成しました。 ご活用下さい。 2016年11月28日 2016年11月21日 2016年11月16日 を掲載しました。 2015年11月30日 を掲載しました。 2015年6月11日 を掲載しました。 2015年4月17日 を掲載しました。 2015年3月19日 を掲載しました。 広告欄 |.

次の

栃木県 新型コロナ関連情報

栃木県内の最新感染動向

インフルエンザの流行にご注意ください! インフルエンザが全国的に流行しており、栃木県では、令和元年第50週(令和元年12月9日~12月15日)時点において、県内全域における一定点医療機関当たりの患者報告数が12. 41人となり、今シーズンはじめて注意報レベルである「10. 00人」を超えました。 今後も、報告数の多い状況がしばらく続くことが予想されますので、予防を心がけてください。 【インフルエンザについて】 インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によって引き起こされる呼吸器系感染症です。 「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」です。 潜伏期間は、概ね1~7日(多くは3~4日)です。 お子様では、まれに急性脳症を、高齢者の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 感染経路は、咳などで飛び散ったウイルスを吸い込んで感染する(飛沫感染)ほか、ウイルスが付着したドアノブなどに触れて感染する(接触感染)場合などがあり、例年12月頃から徐々に流行しはじめ、1~3月頃にかけて患者数が増加する傾向が見られます。 【予防方法について】 1 流水で手をよく洗いましょう。 アルコールによる手指消毒も効果的です。 2 室内では加湿器を使用するなど適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。 3 体の免疫力を高めるために、バランスの良い食事と十分な休養、睡眠をとるなど日頃から体調管理を心がけましょう。 4 できるだけ人混みを避けましょう。 やむを得ず外出する場合は、マスクを着用しましょう。 5 咳やくしゃみなどの症状がある方は咳エチケットを守り、早めに医療機関を受診して自宅療養に努めましょう。 6 ワクチンの接種を検討しましょう。 ワクチンは、発症や重症化を防ぐ効果があるとされています。 ワクチンの効果の持続 期間は5カ月くらいであることから、毎年接種することが必要となります。 接種を希望する方は、かかりつけの医師に相談 してください。 【県内の患者発生状況】 栃木県内保健所管内別の発生状況は、をご覧ください。 全国の感染症発生状況は、をご覧ください。

次の