地縛少年花子くん 58話。 【地縛少年花子くん:58話】最新話のネタバレ|そして寧々は現実世界へと舞い戻る|漫画サイコー!

地縛少年花子くん【最新第59話】期末試験の ネタバレと感想!

地縛少年花子くん 58話

地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三 ネタバレ 地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三 スミレが背負ってきたもの この村では、スミレが生まれるずっと前から彼岸へと通じる穴が開いていた。 そこからは度々植えた妖怪が現れて人々を食べたそうだ。 そこで村人たちは、若い女を生贄として穴に放り込んだ。 そうすれば数年の間は、妖怪に怯えることなく暮らせたから。 村人たちは、生贄となった者は神様のもとで永久の幸せを得ることができると言っていたそうだった。 しかし、スミレは知っていた。 穴の底にはそんなものなどないということを… 結局何も変わらない。 花子くんに襲いかかる村人たちを見て、スミレはそう言った。 八尋を守る花子くんの前に黒い煙が現れる。 その煙に触れた村人たちは、体が腐り白骨化した。 その時、花子くんたちの足元が崩れ崖下に転落しそうになった。 八尋を抱え、必死に耐える花子くん。 ここでスミレが現れ、自ら穴へと落ちていった。 時の牢獄 花子くんたちが目を覚ますと、そこは昨日この世界にやってきた場所。 不思議そうな顔をする2人の前にスミレが姿を現す。 スミレは、この世界が最初に戻っただけだと言った。 花子くんは、スミレや六番の目的を聞き出そうとする。 この世界はスミレのために創られた時の牢獄。 スミレが死ぬとこの世界はリセットされるそうだ。 スミレは依代として目覚めた時から、同じ1日を何度も繰り返しているのだと言った。 そして、六番には命を落として以来一度も会っていないから思惑など分からないと言う。 ここにいればいつかは六番が合いに来てくれると思っているスミレ。 何故なら依代として選ばれるのは、もっとも思い入れのあるものだから。 しかし、スミレが何度死を繰り返しても六番は現れない。 今回、八尋を生贄の代わりにしてみても結果は変わらなかったようだ。 八尋の率直な意見 スミレは六番を待つことをあきらめたのか、依代の札をはがせば花子くんたちは元の世界に戻れるかもしれないと言う。 ここで八尋からまさかの一言が。 最低、六番のどこがいいのか? その一言に固まるスミレ。 前回薬を飲まされた時にスミレの思い出を共有した八尋は、六番のいいところが全く分からないと言う。 そして、そんな六番を好きになってしまうのはこの陰気な村のせいだと言い、一緒にこの世界から逃げ出そうと言い出した。 花子くんは、余計なことをせずにお札をはがした方がいいと、八尋を説得する。 八尋は、この世界で起きたことを見た事ことによって、スミレと葵が同じような状況になっているのではと考えていた。 もしその考えが正しければ、今の学園がこの村と同じ状況になっており、赤根が生贄にされようとしていることになる。 しかし、今まで学園内ではそんなことをしたことはない。 そこで八尋が導き出した答えは、葵を犠牲にしなくてもいい方法があるということだった。 ただ問題なのは、お札をはがす以外にこの世界から出る方法が分からないこと。 花子くんはため息をつきながら、例のエレベーターを出す。 茜と葵 茜は葵を背負って歩いている。 しかし、体力の限界でその場に倒れこんだ。 葵は辺りを見回しどこかへ行こうとする。 だが茜は葵の手を掴んで離さなかった。 スポンサーリンク 地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を今すぐ無料で読む 地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三 のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXT という動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 しかし、そんな一途なスミレに対して八尋のまさかの一言。 思わず「確かに! 」と言ってしまいました。 笑 でも、時の牢獄でスミレを生かし続ける六番にも何か思いがあるのは間違いないです。 もしかすると六番はスミレを助ける方法を必死に探しているのかもしれません。 それとも、スミレを生贄にしてしまったことへの後悔から? もしそうなら、あまりにも勝手すぎてさらに「最低」と思ってしまいそうです。 そんな中、八尋が思いついた作戦。 具体的なことはまだ分かりませんが、葵とスミレどちらも救えればいいなと思います。 そして別の世界にいる茜と葵。 次回はこの2人がメインになりそうな予感です。 次回も楽しみ! まとめ ということで、 この記事では、2020年7月18日発売の『月刊Gファンタジー2020年8月号』に掲載された 地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三のネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 花子くんたちが連れてこられた場所は時の牢獄だった。 スミレはこの場所で六番を待ち続けていた。 八尋はスミレを連れてこの世界から逃げ出そうと考える。 葵の手を放さない茜。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

【あらすじ】『地縛少年花子くん』58話(12巻)【感想】

地縛少年花子くん 58話

その内容をまとめていきます! 【地縛少年花子くん】最新話58話ネタバレ!元の世界に戻る寧々たち 花子くんの本音を聞かされた寧々が、「今までで一番月が近いね」と話しかけるところから始まります。 その後寧々は、• 一緒に月に行きたい• ほんとの世界で90年後くらいまで生きていたい と言い、「私のお願い叶えてくれますか?」と花子くんの手を握りながらお願いします。 その言葉に花子くんは、「ヤシロのお願いには弱いんだよね」と言いながら了承し、雲の上から寧々を落とします。 落とした先にいるみんなの元へ落ちて、人魂がみんなまとめて空にあった月へ押し上げてしまいます。 (すぐ近くにあった)• 俺は月には行けない• 生きていたときに叶えれていない願いが死んだ後に叶うことはない などと雲の上から話す花子くん。 そして、寧々の願いを「叶えてみせる」「俺は生者の願いを叶える怪異だからね」と言うと、寧々たちは偽物の月の表面に飲み込まれてしまいました。 目が覚めると、寧々は絵の外に出ており、シジマさんが声をかけてきます。 「みんなは?」という寧々に、2人は先に帰ってもらいました、と答える寧々。 依代を壊す前に話をしたかったとのこと。 「現実に戻ったら寿命はわずかになるが、どう解決するのか?」 と言ったことをシジマさんが訊いて、「気をつける!」と言う寧々。 そんな寧々に、シジマさんは時間を司る七不思議一番に会いに行くのはどうか?と提案します。 協力してくれるかな?と悩む寧々に、シジマさんは『封』と書かれたスケッチブック(依代)を渡します。 くだらない虚構に付き合わせてしまったと謝るシジマさん。 そんなシジマさんに、寧々は 「くだらなくなんかなかった」「素敵な世界をありがとう」 と伝えます。 驚いた顔をした後、笑顔でどういたしまして、というシジマさん。 その後、寧々は『封』をスケッチブックから外し、元の世界は帰還します。 各々が普通の生活に戻ります。 美術室では、シジマさんが花子くんに声をかけられます。 「七不思議の席は返しましたので、大したものは払えませんよ」 というシジマさんに、花子くんは不敵な笑みを返します。 そしてその後、寧々が花子くんと光に対して、 「ちょっと相談があるんだけど」 というところで終わります。 Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!• 31日間の無料キャンペーン!• 無料期間に600円分のポイント付与• アニメや映画の見放題が充実! 31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。 これにより、 普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです! また 動画の見放題もかなり充実しており「 ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。 そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。 登録も解約も簡単ですし、 無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。 U-NEXTでは、毎月1200ポイントもらえ、登録後すぐにポイントを利用できます。 とにかく漫画を安く、たくさん読みたいならかなりお得ですよ! ただし、ポイントを利用した分は適用されません。 あくまでも、『 課金した料金分』に対するポイント還元システムです。 また、 見放題の動画が多いので、アニメやドラマ、映画も楽しめるのも嬉しいポイント。 そのため、 毎月最大1300ポイント分のサービスを楽しむことが可能です。 (無料期間も同様) すぐにはポイントを利用できませんが、月額料金以上のポイントがもらえるのは大きなポイントです。 セールやまとめ買いキャンペーンなどもあり、安く購入できるのも嬉しいポイントです。 jpの無料期間中は• 全てのサービスに利用できる「 600ポイント」• 動画に使える「1000ポイント」 が付与されます。 音楽が購入できるのが最大のポイントです。 また、音楽や漫画などの作品のレビューをすると、1件につき30ポイント。 毎月50回までできるので、 最大1500ポイントをもらうことができます。 公式サイトからの登録だと無料のお試し期間が利用できない場合があります。 無料期間を利用する際は、こちらの 『特設ページ』から必ず登録したください。

次の

地縛少年花子くん【最新第58話】夢の終わりその3 ネタバレと感想!

地縛少年花子くん 58話

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:66話】最新話ネタバレ 奈落の穴に落ちた寧々は意識を失い、いったい自分は、今、どんな状況にあるのか考えていました。 えーっと、という形で振り返ったあと、パチッと目を開くと、花子くんと抱き合っており、彼とともに周囲を見回します。 そこにはお地蔵さんが何体も鎮座されている夜道。 全くどこだかわからない2人。 寧々は急に顔を真っ青にして、あの世ではないかと疑いはじめガクガク震えており、それを花子くんが慰めます。 そんなとき、提灯を持ったおじいさんが木の陰から姿を現します。 寧々は現地の人だと思い、この場所を聞いてみようと考え、率先して声を掛けます。 丁寧な対応をしてくれと思ったのですが、おじいさんは大声で寧々と花子くんを「物の怪」扱いし、村人と思われる人たちを集めました。 話し合いでの解決は無理だと判断し、寧々に危害を加えられるわけにはいかない花子くんは臨戦態勢に移行します。 村人たちのリーダー・スミレ 避けられない戦いかと思いきや、鶴の一声で村人たちを収める女性が現れます。 スミレ様と呼ばれる女性は、村人たちのリーダー格のようで、彼らは彼女の意向に逆らえない様子。 そのスミレから目をつけられた寧々と花子くんは、なんと彼女の家に招待・・・ではなく、飼われることになってしまいます。 2人には有無も言わさず、ぐるぐる巻にされた縄を引かれ、スミレが住む家へと招かれます。 どうやらスミレは放し飼いを推奨しているらしく、寧々と花子くんの縄を解いてあげました。 2人は逃げ出すチャンスを得たと思って走り出しますが、玄関口の結界らしき御札により、室内に弾き飛ばされてしまいます。 結局、寧々も花子くんもスミレの家で、しばらく時間を共にするしかなくなったのでした。 寧々と花子くんとスミレ スミレの家の縁側で考え事をしていた花子くんの元に寧々が来て、彼は今の状況を説明していきます。 花子くんの考えでは今は六番の境界内にはおり、さらにスミレは彼の眷属であると断定。 穴に落ちる前の場所に戻るには、これから依代を見つける必要があると伝え、不用意な行動は慎むように寧々へ伝えます。 重要な話が終わると同時に、寧々の横にはいつの間にかスミレが座っており、横には桶と一枚の布がありました。 彼女は寧々を連れてお風呂に行こうとしていたんです。 味方か敵かわからない相手と1対1にさせるわけにはいかない花子くんですが、スミレにからかわれた一言により巻かれます。 結局、花子くんは自分が思い描いた行動を想像したあと、彼女たちを見送る以外の決断を取れず、その場にバタッと倒れ込むのでした。 スミレの首元にある印は・・・? 勢いで連れてこられてしまった寧々は、スミレの勢いに圧倒されるばかり。 しかし、どこか目の前にいる彼女の姿が「葵」に似ていて、不思議に思っていました。 さて、実はスミレってこれから結婚するんです。 さらに、その相手は「不死の鬼」というのだから、さあ大変です。 普通なら怖がる相手なのですが、彼はスミレにとって幼い頃から側にいてくれた大切な人。 のろけ話を続けるスミレにほだされていた寧々ですが、彼女が持ち上げたお面を見た瞬間、顔をこわばらせます。 彼女が取り出した仮面は六番様がつけていた物と同じ。 恐る恐るスミレに何者か問いかける寧々に対し、スミレは首元に「封」と書いてあるマークを見せつけるのでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 あー、なるほどね! 昔の恋人を~ってやつね! 違うかな。 いや、多分そうでしょう、この流れは。 劇中でスミレが婚約者がしてきたことを話していたため、もしかしたら自分を救ってくれた存在を何かあって失った。 それを取り戻すために葵を~って流れかなぁ。 しかし、良いところで次回に続きますね。 首元に「封」マークが付いて、そのシーンは何も語らない。 こういう次号への引っ張りがうまいから、ついつい読んじゃうんですよね。 あの意味深なスミレの笑みが次号で早く読みたくて仕方ない。

次の