ペルソナ 5 クロス ワード。 【ペルソナ5ロイヤル】クロスワードの問題と答え【P5R】

ペルソナ5 レビュー・評価・感想 (PS4)

ペルソナ 5 クロス ワード

クロスワードパズルの概要とメリット クロスワードパズルの概要 クロスワードパズルは、特定の日の夜にルブランのテーブル席に置いてあるクロスワードパズルの雑誌を調べると挑戦することが出来ます。 (挑戦すると時間が経過します) あらかじめ用意されてある文字を選んでパズルを埋め、正しい答えを導き出すと「知識」が上昇します。 クロスワードパズルの問題は全部で21問あり、問題を解く度に次の問題へ進むことが出来ます。 ちなみに全問解いてもトロフィー獲得などの特典はありません。 クロスワードパズルをやるメリット 知識を上げるのなら渋谷のファミレスを利用した方がいいし、全問解いてもトロフィーを獲得できるわけでもないので、 メリットは全くありません。 もし全問解く場合は、時間の余る周回プレイ時に挑戦するといいでしょう。 クロスワードパズルに挑戦できる日 挑戦できる日は合計で35日と少ないです。 全問解く場合は夜のコープ活動が少ない4~6月に進めれるだけ進めておきたい所。 攻略のポイント• 学生ライフ• 怪盗ライフ• 学生ライフ攻略チャート• トロフィー収集(1周目)• トロフィー含む全要素回収(2周目以降)• パレス&メメントス攻略• 強敵攻略• ペルソナ作成• リクエスト攻略• イベントデータ• 種類別• 月別詳細データ• コープデータ• アルカナ(キャラ)別• スポットデータ• パレス&メメントスデータ• パレスデータ• メメントスデータ• ペルソナ合体• ペルソナデータ• 主人公のペルソナ• スキルデータ• アイテムデータ• トロフィーデータ•

次の

「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」は,まさに“ロイヤル”な完全版「P5」だ。新キャラクターやシナリオ,遊びやすくなったシステムなどの新要素を紹介

ペルソナ 5 クロス ワード

クロスワードパズルの概要とメリット クロスワードパズルの概要 クロスワードパズルは、特定の日の夜にルブランのテーブル席に置いてあるクロスワードパズルの雑誌を調べると挑戦することが出来ます。 (挑戦すると時間が経過します) あらかじめ用意されてある文字を選んでパズルを埋め、正しい答えを導き出すと「知識」が上昇します。 クロスワードパズルの問題は全部で21問あり、問題を解く度に次の問題へ進むことが出来ます。 ちなみに全問解いてもトロフィー獲得などの特典はありません。 クロスワードパズルをやるメリット 知識を上げるのなら渋谷のファミレスを利用した方がいいし、全問解いてもトロフィーを獲得できるわけでもないので、 メリットは全くありません。 もし全問解く場合は、時間の余る周回プレイ時に挑戦するといいでしょう。 クロスワードパズルに挑戦できる日 挑戦できる日は合計で35日と少ないです。 全問解く場合は夜のコープ活動が少ない4~6月に進めれるだけ進めておきたい所。 攻略のポイント• 学生ライフ• 怪盗ライフ• 学生ライフ攻略チャート• トロフィー収集(1周目)• トロフィー含む全要素回収(2周目以降)• パレス&メメントス攻略• 強敵攻略• ペルソナ作成• リクエスト攻略• イベントデータ• 種類別• 月別詳細データ• コープデータ• アルカナ(キャラ)別• スポットデータ• パレス&メメントスデータ• パレスデータ• メメントスデータ• ペルソナ合体• ペルソナデータ• 主人公のペルソナ• スキルデータ• アイテムデータ• トロフィーデータ•

次の

ペルソナ5 レビュー・評価・感想 (PS4)

ペルソナ 5 クロス ワード

発売前にプレイできたので,その感想と合わせて本作の新要素を紹介していこう。 なお,ゲームの世界観や物語,キャラクター,ゲームシステムは,2016年9月3日にオリジナルとなるP5の情報まとめ記事に詳しい()。 P5Rで初めてP5をプレイするという人は,同記事で基本情報を確認しておくといいだろう。 オープニングはもちろん,スタートメニューの画面も一新されている アトラスから2016年9月15日に発売される人気RPGシリーズ最新作 「ペルソナ5」。 発売まで2週間を切ったところで,これまで発表された情報をまとめてみた。 学生と怪盗の二重生活が楽しめる ゲームシステムやダンジョン 「パレス」,そしてペルソナや合体や育成を行う 「ベルベットルーム」など,気になるところをチェックしよう。 キーワード:• 最大の注目点は,なんといってもペルソナ使いとして登場する 芳澤かすみと,絆を深めることで怪盗団の協力者となる 丸喜拓人という,2人の新キャラクターの存在だろう。 ネタバレを避けるために詳細には触れないでおくが,これらの新キャラクターは序盤からしっかりと物語に登場する。 芳澤かすみは,主人公が学校に転入したのと同じ年に入学してきた1年生。 新体操の選手として大きな期待をかけられる彼女は,傷害事件を理由に引っ越してきた主人公とは対照的な存在だ ハツラツとした性格で,自分で見たものを自分自身の考えをもって解釈する強さを持っている。 そんな人となりを象徴するかのように,彼女は「信念」というアルカナを持つ。 コープ関係になると,新体操で培った身のこなしを伝授してくれる 怪盗としても,オープニングのステージからさっそく登場し,その戦い方を見せてくれる。 どんな登場シーンかは,実際にプレイした際のお楽しみだ 怪盗騒ぎで荒れる学校に派遣された,スクールカウンセラーの丸喜拓人。 聞き上手で物腰柔らかな人物だが,ちょっと抜けたところもあるようだ 丸喜拓人のアルカナは「顧問官」で,怪盗団との協力関係「コープ」となると,最大SP上昇といった効果があるメンタルトレーニングを受けられるようになる 新キャラクターだけではなく,P5から引き続き登場するキャラクターたちの個性をより際立たせる要素や演出が追加されているのも,見逃せないポイントだ。 コープに関連する人物たちは,本格的に主人公との交流を持つ以前からさまざまな場面で登場するようになっている。 マップ移動時やイベントなどで新たな発見があるので,P5をプレイ済みの人も新鮮さをもってゲームを楽しめるだろう。 また,本作で初めてプレイする人にとっては,優先的に進めるコープを選ぶ足がかりとしても役立つだろう。 主人公が,クラスの担任である 川上貞代から学生証を手渡されるシーン。 なにやら怪しいチラシが…… 列車事故が起きた直後の渋谷駅で,駅員から情報を聞き出そうとする 大宅一子の姿が。 早い段階から事件を探っていたことが感じられる一幕だ さらに,コープランクが上昇する会話イベントを終えた直後には,ちょっとしたアフタートークが楽しめるシーンも追加されている。 もちろん,相手に合った選択肢を選べば追加の好感度を得られるので,うまく活用すればP5より素早くランクを上げられるだろう。 怪盗団の仲間はもちろん,コープの一人ひとりにも細かな会話ややりとりが追加されている 本作から追加されたスポット 「吉祥寺」も,さまざまな登場人物たちとの交流やパレスの攻略などに役立ってくれる。 新たな施設はいずれも有用なものばかりだが,中でも怪盗仲間と一緒に遊べる 「ダーツ&ビリヤード」は特に重要だ。 仲間と一緒にダーツをすると「バトンタッチランク」が上がってバトンタッチの効果が強化されていく。 後述するチャレンジバトルではバトンタッチを駆使して戦うことになるので,ここでハイスコアを狙いたい人は積極的にダーツに挑戦しよう。 バトンタッチランクは仲間ごとに設定されているので,ダーツに行くときはよくパーティに入れる仲間を優先するといいだろう ビリヤードを遊ぶと主人公の人間パラメータが上がり,一緒に遊んだ仲間との絆が深まる。 本を読んでビリヤードについて詳しくなれば,より効率的に利用することも可能だ 新規のスポットだけあって,吉祥寺には多数の新施設が用意されている。 最初のうちは把握し切るのが難しいため,入口にあるインフォメーションで案内役のお姉さんにいろいろと聞いておくのがオススメ 古着屋では,洗濯が必要な「すすけた防具」を売却でき,たくさんの防具を売却するとポイントが溜まって景品と交換できる。 攻略済みのパレスから手に入れた防具は,ここで売ってしまうのが効率的だ パワーストーン専門店で購入できるアクセサリはいずれも高額だが,それに見合った強力な効果を持っている こうした追加要素の最たるものは,主人公の認知が具現化した空間 「マイパレス」だろう。 これらの要素をアンロックするためには「Pメダル」が必要になる。 Pメダルはゲーム内で特定の条件を満たした際に手に入るほか,マイパレス内にいる仲間たち(主人公の認知存在)とミニゲーム 「大富豪」を遊ぶことで獲得できる。 遊んでみると分かるが,大富豪で各キャラクターが発するボイスはかなりバリエーションに富んでおり,まるで本当にその場で一緒に大富豪を楽しんでいるかのような気持ちになれる。 ゲーム自体のテンポも良く,怪盗稼業を放棄して延々と遊んでしまいそうになるほどクセになるミニゲームだ。 新たなストーリーが気になるものもあって,けっこうスピーディにゲーム攻略を進めたのだが,それでも「こんなところも変わってるのか!」と何度も驚かされてしまった。 P5のプレイヤーであれば,変化した点を探すだけでも新鮮な気分でゲームを楽しめるはず。 怪盗仲間とのSNSのやりとりでは,写真が送られてくることも。 細かい変更点だが,より仲間との絆を感じられて嬉しい 主人公が居候する喫茶ルブランにはクロスワードパズルが置かれており,それを解くことで人間パラメータの「知識」を高められる。 うまく解ければ夜の時間を消費せずにパラメータを上げられるので,見つけたら挑戦してみよう ゲームが進むと発生するのが,ベルベットルームのカロリーヌとジュスティーヌと一緒におでかけする「特別刑務」。 双子から行きたい場所のリクエストがくるので,その場所に連れていってあげよう。 怪盗団の主な攻略目標となる「パレス」に仕掛けられたギミックは,P5から少し変化したものも多い。 とくにパズル要素のある部分は細かに改修されているので,P5をやり込んだ人でも新たに解法を探す楽しみを得られるだろう。 新アクションとして登場した 「ワイヤーフック」も注目だ。 [L2]ボタンで発動する「サードアイ」でワイヤーを引っかけられる場所を発見し,その場所をカメラに収めた状態で[L1]ボタンを押せば,超長距離を一気に移動できる。 左手が光ったら,ワイヤーフックを使える場所が近くにある証拠だ。 ミニマップだけではなくフィールド全体を注意深く見てその場所を割り出し,探索に役立てよう。 怪盗団の目的がオタカラにあるのは相変わらずだが,パレス内にはそれに準ずる新たな目標も出現するようになった。 それが,パレスの歪みが集まって生み出される 「イシ」だ。 ひとつのパレスには複数のイシが存在しており,入手するとSPが少しだけ回復し,すべてを揃えると合体して強力な効果を持った装備品に変化する。 パレスの攻略ついでに入手しておけば,ボス戦などで役立ってくれるだろう。 彼が現れることで,メメントスに「花」が出現するようになり,これを収集すると強力なアイテムと交換してくれるのだ。 「人間のことを勉強している」と語るジョゼ。 生身でメメントスに難なく出入りする彼の正体は……? また,メメントス内には新たに「スタンプ」も設置されており,これを集めれば 「認知変化」を発生させてメメントス内でのルールを変えることもできる。 認知変化を起こすとメメントスでのバトルで得られる経験値やお金の量を増やせるので,レベル上げや資金稼ぎのために探索する際に活用しよう。 花はメメントスから出ると消滅してしまうので,脱出する前にジョゼに手渡すのを忘れずに 一度行った認知変化は固定され,メメントスを出たあとも状況が保存される。 スタンプが溜まった状態でジョゼに出会ったら,こまめに消費しておこう メメントスでは時折,普段とは様子が異なるエリアが出現する「メメントスハプニング」が発生するようになった。 良い効果と悪い効果のどちらもあるので,実際にプレイして確かめてほしい バトルも新要素が山盛りだ。 バトンタッチ自体はP5から存在していた要素だが,本作ではバトンタッチを複数回連続して行うことで,バトンタッチを受けたキャラクターの能力が向上するようになっている。 4人目までバトンタッチをつなぐと,攻撃力や回復能力が大幅に強化されるだけでなく,スキルを使用する際の消費HPやMPが0になる。 これによって,バトンタッチの順番を考えたパーティ編成やスキルの使い方も重要となり,より戦略性の高いバトルが楽しめるようになったのだ。 バトンタッチをつないで攻撃力を高め,最後に大技を放つのが黄金パターン。 一斉攻撃を叩き込みにくいボス戦で重宝する戦い方だ また,パレスやメメントスの中では, 「凶魔」と呼ばれる特別なシャドウが低確率で出現するようになった。 凶魔は放置している限り行動しないが,こちらが攻撃を仕掛けると即座に反撃してくる。 ほぼ確実に反撃してくる厄介な存在だが,撃破すると貴重なアイテムを落としてくれるだけでなく,その場で爆発して敵全体にダメージを与えてくれる。 バトンタッチを駆使し,一気に撃破してしまおう。 凶魔も弱点属性のダメージを受ければダウン状態になるため,反撃を封じられる。 利用できそうな凶魔が現れたら積極的に活用したい さらにベルベットルームには,連続バトルに挑戦してハイスコアを目指す 「チャレンジバトル」が追加された。 敵に与えたダメージがそのままスコアとなり,すべての敵を撃破した際のスコアに応じた報酬がもらえる。 チャレンジバトルでは一斉攻撃ができない。 バトンタッチを活用して連続攻撃を叩き込もう ペルソナには,新たに 「特性」という要素が登場した。 特性とは各ペルソナが持つ固有能力のようなもので,スキルと同様に合体で引き継ぎが可能だ。 回復スキル使用時のSP消費量が半分になる「救い手の血統」や,物理属性の攻撃力が20%増加する「型破りの重量」などさまざまな種類がある。 特性にあった役割を考えながらペルソナ合体を行うことで,P5以上に個性的で強力なペルソナを育成できるだろう。 この先にどんな新しい展開が用意されているのか楽しみで仕方がない。 一色若葉? 春ちゃんがお父様のお手伝い? モルガナが人間に!? ……P5をプレイした人なら信じられない出来事ばかり。 いったい3学期ではどのような物語が待っているのだろうか さて,ただでさえプレイ時間を要するP5がボリュームアップしたと聞いて,「いったいプレイ時間はどれくらいになるんだ……」と気になる人もいるかもしれないが,追加要素によって極端にプレイ時間が長くなる印象はなく,パレスやバトルの細かな演出の調整によってプレイ自体の快適性が高くなっているので,大ボリュームに圧倒されてしまうようなことはないと感じた。 P5のプレイヤーはもちろん,これから初めて「ペルソナ」シリーズに触れる人にも楽しんでほしい。 オープニングステージでの無線通信では,P5にはなかったキャラクターのシルエットがテキストウインドウに表示されるようになった。 ちょっとした変更点だが,今後仲間になるキャラクターの姿がチラ見えするだけでもドラマ性が増した印象だ 教師からの質問も変化しており,相変わらずなかなか難しい問題が多い。 実生活で役に立つ知識もあるので,本当の授業のように真剣に取り組むのも面白いだろう 会話の合間には,状況に合わせてさまざまな画像やイラストが挟まれるようになり,より直感的に会話内容を理解しやすくなった.

次の