かぶ ひき肉。 何度でも食べたくなる♡【かぶ×ひき肉】の絶品おかずレシピ10選

何度でも食べたくなる♡【かぶ×ひき肉】の絶品おかずレシピ10選

かぶ ひき肉

風邪や回復食の時にも!身体の中から温まる かぶと豚ひき肉のあんかけのレシピを紹介します。 この料理を作った背景 寒くなってくると、スーパーマーケットにかぶがたくさん並びますよね。 とっても嬉しい! 同じ色のお野菜だと大根が思いつきますが、葉が切られて売られていることが多くて、栄養たっぷりのかぶの葉のを作りたいので、かぶを買うことの方が多いです。 お鍋やお味噌汁に入れても美味しいですが、今回は主菜にしたいなと思って作ってみました。 とろみがあって食べやすく、身体もあたたまるので、少し食欲がないときや、回復食にも向いていると思います! 調理時間:20分 食べた人 婚約者 の感想 この料理は、体調不良の時に本当にありがたいです。 ほくほくで温かく美味しいのですが、栄養素的にも狙ったかのような良い組み合わせです。 かぶに豊富なビタミンCは、豚肉に含まれる鉄の吸収率をUPしてくれるので、貧血予防にも効果的です! このレシピは豚肉がひき肉であることから、消化もしやすいため、胃腸の調子が悪い時にも嬉しいです。 煮る 鍋にかぶ 皮付きのまま と出汁を入れ、柔らかくなるまで煮る。 炒める フライパンに少量のサラダ油を熱し、豚ひき肉としょうゆ・酒・砂糖・塩を入れ炒める。 仕上げ かぶが入った鍋に、豚ひき肉も加え、水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成。 コツ・ポイント 水溶き片栗粉は、フライパンで加えてしまうと、かぶの出汁と合わせにくいので、鍋の中で入れた方が作りやすいです。 今回は、冷凍庫に眠ってた豚ひき肉を使いましたが、鶏ひき肉や合いびき肉も合います。 最後に いかがでしたでしょうか? かぶと豚肉のひき肉は、身体にとって嬉しい組み合わせです! 貧血や疲労からくる風邪のようなだるい時には是非食べたいお料理です。 是非お試しください。

次の

かぶの煮物レシピ16選!基本の作り方と和洋中の人気レシピを紹介!

かぶ ひき肉

かぶはアブラナ科アブラナ属の植物で、 春の七草「すずな」はかぶのことです。 煮物や漬物、スープに鍋など色々なレシピで登場するかぶは毎日の食卓に欠かせない野菜です。 根の部分や葉っぱも美味しく食べられるかぶにはたくさんの栄養があります。 消化促進が期待できる「ジアスターゼ」には、血液をサラサラにしたりがん予防にも効果があります。 また 免疫力を高める「カロテン」や、糖質の代謝に効果的といわれている「ビタミンB1やB2」、ほうれん草1束と同じ量の「ビタミンC」も含まれています。 栄養豊富なかぶは煮るととても柔らかく味がしみこみやすいので、煮物にもとの相性も良い野菜です。 基本的な下ごしらえから人気のレシピを紹介します。 かぶ 4個• 油揚げ 1枚 150g• 水 40ml• かつおだし 顆粒 2g• しょうゆ 大さじ1• みりん 大さじ2• 塩 1g• 油揚げは2mmたんざく切りにします。 かぶは茎3cmを残して葉を落とし、皮は剥かずに8当分に切ります。 ボウルに水を入れて葉元に付いている汚れを落とし、葉もきれいに洗います。 かぶはお好みの大きさに切り分けます。 火にかけないフライパンに、かつおだし、しょうゆ、みりんを入れて塩が溶けるまで混ぜます。 かぶの根、油揚げを入れて落とし蓋をかぶせ火にかけます。 煮汁が沸騰してから5~6分煮込み、かぶの根が透明になったら火を止めます。 完全に冷めるまで置いておき、食べる直前に温め直せば、人気のかぶと油揚げの煮物の完成です。 かぶ 1個• 鶏ひき肉 150g• 生姜 適量• グリーンピース 適量• 水溶き片栗粉 大さじ1• かぶは天地を落とし、皮を厚めに剥きます。 生姜は薄く切り、千切りにします。 鍋に酒を入れて沸かし、沸いたら鶏ひき肉を入れて粗い鶏そぼろを作ります。 そぼろになったら出汁、しょうゆ、みりん、塩を加えてひと煮たちさせます。 かぶに竹串がすっと通る柔らかさになったら、かぶのみを取り除きます。 煮汁を煮立てて、水溶き片栗粉えお回し入れとろみをつけます。 器にかぶ、そぼろあん、グリーンピース、千切りにした生姜をのせれば、人気のかぶのそぼろ煮が完成です。 するめいか 1ぱい• かぶ 3個• 砂糖 大さじ1• みりん 大さじ1• 塩 少々• いかは足を胴から引き抜き、胴と足に分け内臓を取り除きます。 胴は洗って細かい輪切りにし、足は食べやすい大きさに切ります。 かぶは6つ割り、かぶの葉は3cmの長さに切ります。 いかの内臓を取り除いて、胴の中を洗ったら端から細めの輪切りにします。 こうすることで煮汁をたっぷりと含くみ、歯ごたえも残って美味しく煮あがります。 鍋に出汁としょうゆ、みりん、塩とかぶを加えてひと煮たちさせます。 いかの足を加えて強火にし、煮立たせたら胴の部分を加え煮立ったら3~4分煮ればいかとかぶのさっと煮の煮物が完成です。 スペアリブ 500g• 粗びきこしょう 少々 スペアリブ用• 薄力粉 大さじ2• サラダ油 小さじ2• にんにく みじん切り 1片分• コンソメ 顆粒 小さじ1• かぶ 2個• カットトマト缶 1缶• 砂糖 小さじ2• 酢 小さじ2• 塩 少々• 粗びきこしょう株式会社 少々• パセリみじん切り 少々• スペアリブはフォークで穴をあけ塩と粗びきこしょうでふりよく揉んでおきます。 かぶは茎の長さ1cmして切りおとし、皮を除き縦半分に切ります。 鍋にサラダ油、にんにくを熱し香りが出てきたらスペアリブを加えて両面に焦げ目がつくまでしっかり焼きます。 水とコンソメを加えて沸騰したら弱火にし柔らかくなるまで煮込みます。 この時アクを取るシートも一緒に入れておくと便利です。 かぶとカットトマト缶、砂糖、塩、酢を加えさらに15分煮ます。 塩を粗びきこしょうで味を調えます。 器に盛りつけパセリを散らせば、スペアリブとかぶのトマト煮込みの煮物が完成です。 かぶと 2個• 海老 200g• ごぼう 50g• 生姜のみじん切り 1片分• にんにくのみじん切り 1片分• 酒 大さじ1• オイスターソース 大さじ1• 酢 適量• 片栗粉 適量• ごま油 適量• ごぼうは鉛筆を削る容量で皮ごとこそげて、切ったはしから500mlに対し酢小さじ1に5分ほどつけます。 かぶは葉を取り半分にし、葉は5cm切ります。 片栗粉と水で水溶き片栗粉を作ります。 鍋のごま油を入れて中火にし、生姜、にんにくを入れてさっと炒めます。 水、砂糖、しょうゆ、酒、オイスターソース、を入れて煮立てます。 かぶと海老を加えて5分程煮詰めます。 かぶの葉を加え、水溶き片栗粉を回し入れ手早く混ぜてとろみをつければ、海老とかぶの中華煮が完成です。 鶏手羽先 400g• 紹興酒 20g• しょうゆ 20g• 長ねぎ 20g• 生姜 6g• くし形に切ったかぶ 300g• かぶの葉 50g• 水 500g• 鶏ガラスープの素3g• 紹興酒 30g• 片栗粉 12g• 水 15g• ごま油 12g• ボウルに鶏肉、紹興酒20g、しょうゆ20gを入れてよく揉み、30分ほど置きます。 別のボウルに片栗粉と水を入れて混ぜます。 中華鍋にごま油を熱し、鶏肉を入れて両面に焦げ目がつくまで炒めます。 かぶも加えさらに炒めます。 水500g、鶏ガラスープの素、紹興酒30gを加えて8分ほどに詰めめ、かぶの葉を加えます。 水溶き片栗粉を入れてとろみをつければ、鶏とかぶの中華の煮物が完成です。 かぶ 3個• れんこん 50g• サラダ油 大さじ1• 鶏ひき肉 120g• 水 200ml• おろし生姜 小さじ1• おろしにんにく 小さじ1• めんつゆ 大さじ2• オイスターソース 大さじ1• 片栗粉 大さじ1• ごま油 小さじ1• 小ねぎ 少々• かぶは皮ごと一口サイズに切ります。 れんこんは皮を剥き5mm厚さに切ります。 水、おろし生姜、おろしにんにく、豆板醤、めんつゆ、オイスターソースを混ぜておきます。 水溶き片栗粉を準備します。 フライパンにサラダ油を入れ、かぶとれんこんを加えて炒め、焦げ目がついたらお皿に取り出します。 同じフライパンに油を入れ、鶏ひき肉がぽろぽろにまるまで炒めます。 合わせた調味料とかぶ、れんこんを加えて箸が通るまで煮込みます。 最後に水溶き片栗粉を入れてとろみがつけば、れんこんとかぶの麻婆風煮物の完成です。 かぶ 2個• かぶの葉 50g• 鶏ひき肉 100g• サラダ油 小さじ2• 酒 大さじ1• みりん 大さじ2• しょうゆ 大さじ1• 中華だし 小さじ1• 水 200cc• 片栗粉 小さじ2• 水 小さじ2• かぶは葉を切って1cm幅、白い部分を一口サイズに切ります。 フライパンにさらだ油を入れて熱し、鶏ひき肉おろし生姜を入れて炒め、色が変わったらかぶを加えます。 全体がなじんできたら酒、みりん、しょうゆ、中華だし弱、水を加え弱火で10分煮込みます。 かぶがやわらかくなってきたら水溶き片栗粉を入れてとろみをつければ、高野豆腐とかぶの中華風煮物が完成です。

次の

かぶの煮物レシピ16選!基本の作り方と和洋中の人気レシピを紹介!

かぶ ひき肉

かぶはアブラナ科アブラナ属の植物で、 春の七草「すずな」はかぶのことです。 煮物や漬物、スープに鍋など色々なレシピで登場するかぶは毎日の食卓に欠かせない野菜です。 根の部分や葉っぱも美味しく食べられるかぶにはたくさんの栄養があります。 消化促進が期待できる「ジアスターゼ」には、血液をサラサラにしたりがん予防にも効果があります。 また 免疫力を高める「カロテン」や、糖質の代謝に効果的といわれている「ビタミンB1やB2」、ほうれん草1束と同じ量の「ビタミンC」も含まれています。 栄養豊富なかぶは煮るととても柔らかく味がしみこみやすいので、煮物にもとの相性も良い野菜です。 基本的な下ごしらえから人気のレシピを紹介します。 かぶ 4個• 油揚げ 1枚 150g• 水 40ml• かつおだし 顆粒 2g• しょうゆ 大さじ1• みりん 大さじ2• 塩 1g• 油揚げは2mmたんざく切りにします。 かぶは茎3cmを残して葉を落とし、皮は剥かずに8当分に切ります。 ボウルに水を入れて葉元に付いている汚れを落とし、葉もきれいに洗います。 かぶはお好みの大きさに切り分けます。 火にかけないフライパンに、かつおだし、しょうゆ、みりんを入れて塩が溶けるまで混ぜます。 かぶの根、油揚げを入れて落とし蓋をかぶせ火にかけます。 煮汁が沸騰してから5~6分煮込み、かぶの根が透明になったら火を止めます。 完全に冷めるまで置いておき、食べる直前に温め直せば、人気のかぶと油揚げの煮物の完成です。 かぶ 1個• 鶏ひき肉 150g• 生姜 適量• グリーンピース 適量• 水溶き片栗粉 大さじ1• かぶは天地を落とし、皮を厚めに剥きます。 生姜は薄く切り、千切りにします。 鍋に酒を入れて沸かし、沸いたら鶏ひき肉を入れて粗い鶏そぼろを作ります。 そぼろになったら出汁、しょうゆ、みりん、塩を加えてひと煮たちさせます。 かぶに竹串がすっと通る柔らかさになったら、かぶのみを取り除きます。 煮汁を煮立てて、水溶き片栗粉えお回し入れとろみをつけます。 器にかぶ、そぼろあん、グリーンピース、千切りにした生姜をのせれば、人気のかぶのそぼろ煮が完成です。 するめいか 1ぱい• かぶ 3個• 砂糖 大さじ1• みりん 大さじ1• 塩 少々• いかは足を胴から引き抜き、胴と足に分け内臓を取り除きます。 胴は洗って細かい輪切りにし、足は食べやすい大きさに切ります。 かぶは6つ割り、かぶの葉は3cmの長さに切ります。 いかの内臓を取り除いて、胴の中を洗ったら端から細めの輪切りにします。 こうすることで煮汁をたっぷりと含くみ、歯ごたえも残って美味しく煮あがります。 鍋に出汁としょうゆ、みりん、塩とかぶを加えてひと煮たちさせます。 いかの足を加えて強火にし、煮立たせたら胴の部分を加え煮立ったら3~4分煮ればいかとかぶのさっと煮の煮物が完成です。 スペアリブ 500g• 粗びきこしょう 少々 スペアリブ用• 薄力粉 大さじ2• サラダ油 小さじ2• にんにく みじん切り 1片分• コンソメ 顆粒 小さじ1• かぶ 2個• カットトマト缶 1缶• 砂糖 小さじ2• 酢 小さじ2• 塩 少々• 粗びきこしょう株式会社 少々• パセリみじん切り 少々• スペアリブはフォークで穴をあけ塩と粗びきこしょうでふりよく揉んでおきます。 かぶは茎の長さ1cmして切りおとし、皮を除き縦半分に切ります。 鍋にサラダ油、にんにくを熱し香りが出てきたらスペアリブを加えて両面に焦げ目がつくまでしっかり焼きます。 水とコンソメを加えて沸騰したら弱火にし柔らかくなるまで煮込みます。 この時アクを取るシートも一緒に入れておくと便利です。 かぶとカットトマト缶、砂糖、塩、酢を加えさらに15分煮ます。 塩を粗びきこしょうで味を調えます。 器に盛りつけパセリを散らせば、スペアリブとかぶのトマト煮込みの煮物が完成です。 かぶと 2個• 海老 200g• ごぼう 50g• 生姜のみじん切り 1片分• にんにくのみじん切り 1片分• 酒 大さじ1• オイスターソース 大さじ1• 酢 適量• 片栗粉 適量• ごま油 適量• ごぼうは鉛筆を削る容量で皮ごとこそげて、切ったはしから500mlに対し酢小さじ1に5分ほどつけます。 かぶは葉を取り半分にし、葉は5cm切ります。 片栗粉と水で水溶き片栗粉を作ります。 鍋のごま油を入れて中火にし、生姜、にんにくを入れてさっと炒めます。 水、砂糖、しょうゆ、酒、オイスターソース、を入れて煮立てます。 かぶと海老を加えて5分程煮詰めます。 かぶの葉を加え、水溶き片栗粉を回し入れ手早く混ぜてとろみをつければ、海老とかぶの中華煮が完成です。 鶏手羽先 400g• 紹興酒 20g• しょうゆ 20g• 長ねぎ 20g• 生姜 6g• くし形に切ったかぶ 300g• かぶの葉 50g• 水 500g• 鶏ガラスープの素3g• 紹興酒 30g• 片栗粉 12g• 水 15g• ごま油 12g• ボウルに鶏肉、紹興酒20g、しょうゆ20gを入れてよく揉み、30分ほど置きます。 別のボウルに片栗粉と水を入れて混ぜます。 中華鍋にごま油を熱し、鶏肉を入れて両面に焦げ目がつくまで炒めます。 かぶも加えさらに炒めます。 水500g、鶏ガラスープの素、紹興酒30gを加えて8分ほどに詰めめ、かぶの葉を加えます。 水溶き片栗粉を入れてとろみをつければ、鶏とかぶの中華の煮物が完成です。 かぶ 3個• れんこん 50g• サラダ油 大さじ1• 鶏ひき肉 120g• 水 200ml• おろし生姜 小さじ1• おろしにんにく 小さじ1• めんつゆ 大さじ2• オイスターソース 大さじ1• 片栗粉 大さじ1• ごま油 小さじ1• 小ねぎ 少々• かぶは皮ごと一口サイズに切ります。 れんこんは皮を剥き5mm厚さに切ります。 水、おろし生姜、おろしにんにく、豆板醤、めんつゆ、オイスターソースを混ぜておきます。 水溶き片栗粉を準備します。 フライパンにサラダ油を入れ、かぶとれんこんを加えて炒め、焦げ目がついたらお皿に取り出します。 同じフライパンに油を入れ、鶏ひき肉がぽろぽろにまるまで炒めます。 合わせた調味料とかぶ、れんこんを加えて箸が通るまで煮込みます。 最後に水溶き片栗粉を入れてとろみがつけば、れんこんとかぶの麻婆風煮物の完成です。 かぶ 2個• かぶの葉 50g• 鶏ひき肉 100g• サラダ油 小さじ2• 酒 大さじ1• みりん 大さじ2• しょうゆ 大さじ1• 中華だし 小さじ1• 水 200cc• 片栗粉 小さじ2• 水 小さじ2• かぶは葉を切って1cm幅、白い部分を一口サイズに切ります。 フライパンにさらだ油を入れて熱し、鶏ひき肉おろし生姜を入れて炒め、色が変わったらかぶを加えます。 全体がなじんできたら酒、みりん、しょうゆ、中華だし弱、水を加え弱火で10分煮込みます。 かぶがやわらかくなってきたら水溶き片栗粉を入れてとろみをつければ、高野豆腐とかぶの中華風煮物が完成です。

次の