ひと よ キャスト。 【ネタバレも】映画『ひとよ』のあらすじからレビュー、ロケ地や原作からキャスト情報まで紹介!|映画と動画を楽しむ会

映画『ひとよ』公式サイト

ひと よ キャスト

1.オクニョの子役は誰? ヒロイン・オクニョの少女時代を演じるのは女優チョン・ダビン。 ドラマ「彼女はキレイだった」でファン・ジョンウムの子役時代と妹役という1人2役をこなしたチョン・ダビンは本作で、イ・ビョンフン監督の特別指導を受けて一層アップグレードした演技力を見せてくれました。 実によく育ってくれた子役の代名詞ですね! 1.朝鮮王朝の三大悪女 オクニョの宿敵チョン・ナンジョン(女優パク・チュミ)ですが、実は朝鮮王朝の三大悪女の一人です。 チョン・ナンジョン(鄭蘭貞)は奴婢出身の妓生(キーセン)で生来の美貌と話術でユン・ウォニョンの妾になります。 描くドラマは時代劇「女人天下」。 せっかくなので、残りの悪女も。 2人目は奴婢出身の妓生でのちに朝鮮王朝10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室になる張緑水(チャン・ノクス)。 最後の一人は、三大悪女の中でも一番有名な張禧嬪(チャン・ヒビン)。 韓国時代劇に何回も出てきており、ドラマ「トンイ」にも登場しますが、19代王・粛宗(スクチョン)に寵愛され女官から側室にのし上がった人物。 ドラマとしては「チャン・ヒビン」「チャン・オクチョン」があります。 2.イ・ジハムと同姓同名のチュ・ジンモ! オクニョの師匠的人物として登場するイ・ジハム(李之函)は実在の学者で未来を占う奇人でもありました。 一昔前の韓国では新年になると、「トジョンビギョル(土亭秘訣)」という占いが定番でしたが、その土亭秘訣を作ったとされるのがこのイ・ジハムです。 ちなみに、劇中でイ・ジハム役を演じたチュ・ジンモは1958年生まれでドラマ「復活」「魔王」「馬医」「1%の奇跡~運命を変える恋~」などに出演した名脇役です。 「愛するウンドン」「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」「霜花店-運命、その愛」などで主役を務めた1974年生まれのイケメン俳優チュ・ジンモと同姓同名なんですよ。

次の

ひとよ(映画)キャスト一覧は?エキストラやロケ地も調査!

ひと よ キャスト

1.オクニョの子役は誰? ヒロイン・オクニョの少女時代を演じるのは女優チョン・ダビン。 ドラマ「彼女はキレイだった」でファン・ジョンウムの子役時代と妹役という1人2役をこなしたチョン・ダビンは本作で、イ・ビョンフン監督の特別指導を受けて一層アップグレードした演技力を見せてくれました。 実によく育ってくれた子役の代名詞ですね! 1.朝鮮王朝の三大悪女 オクニョの宿敵チョン・ナンジョン(女優パク・チュミ)ですが、実は朝鮮王朝の三大悪女の一人です。 チョン・ナンジョン(鄭蘭貞)は奴婢出身の妓生(キーセン)で生来の美貌と話術でユン・ウォニョンの妾になります。 描くドラマは時代劇「女人天下」。 せっかくなので、残りの悪女も。 2人目は奴婢出身の妓生でのちに朝鮮王朝10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室になる張緑水(チャン・ノクス)。 最後の一人は、三大悪女の中でも一番有名な張禧嬪(チャン・ヒビン)。 韓国時代劇に何回も出てきており、ドラマ「トンイ」にも登場しますが、19代王・粛宗(スクチョン)に寵愛され女官から側室にのし上がった人物。 ドラマとしては「チャン・ヒビン」「チャン・オクチョン」があります。 2.イ・ジハムと同姓同名のチュ・ジンモ! オクニョの師匠的人物として登場するイ・ジハム(李之函)は実在の学者で未来を占う奇人でもありました。 一昔前の韓国では新年になると、「トジョンビギョル(土亭秘訣)」という占いが定番でしたが、その土亭秘訣を作ったとされるのがこのイ・ジハムです。 ちなみに、劇中でイ・ジハム役を演じたチュ・ジンモは1958年生まれでドラマ「復活」「魔王」「馬医」「1%の奇跡~運命を変える恋~」などに出演した名脇役です。 「愛するウンドン」「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」「霜花店-運命、その愛」などで主役を務めた1974年生まれのイケメン俳優チュ・ジンモと同姓同名なんですよ。

次の

ひとよ : 作品情報

ひと よ キャスト

1.オクニョの子役は誰? ヒロイン・オクニョの少女時代を演じるのは女優チョン・ダビン。 ドラマ「彼女はキレイだった」でファン・ジョンウムの子役時代と妹役という1人2役をこなしたチョン・ダビンは本作で、イ・ビョンフン監督の特別指導を受けて一層アップグレードした演技力を見せてくれました。 実によく育ってくれた子役の代名詞ですね! 1.朝鮮王朝の三大悪女 オクニョの宿敵チョン・ナンジョン(女優パク・チュミ)ですが、実は朝鮮王朝の三大悪女の一人です。 チョン・ナンジョン(鄭蘭貞)は奴婢出身の妓生(キーセン)で生来の美貌と話術でユン・ウォニョンの妾になります。 描くドラマは時代劇「女人天下」。 せっかくなので、残りの悪女も。 2人目は奴婢出身の妓生でのちに朝鮮王朝10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室になる張緑水(チャン・ノクス)。 最後の一人は、三大悪女の中でも一番有名な張禧嬪(チャン・ヒビン)。 韓国時代劇に何回も出てきており、ドラマ「トンイ」にも登場しますが、19代王・粛宗(スクチョン)に寵愛され女官から側室にのし上がった人物。 ドラマとしては「チャン・ヒビン」「チャン・オクチョン」があります。 2.イ・ジハムと同姓同名のチュ・ジンモ! オクニョの師匠的人物として登場するイ・ジハム(李之函)は実在の学者で未来を占う奇人でもありました。 一昔前の韓国では新年になると、「トジョンビギョル(土亭秘訣)」という占いが定番でしたが、その土亭秘訣を作ったとされるのがこのイ・ジハムです。 ちなみに、劇中でイ・ジハム役を演じたチュ・ジンモは1958年生まれでドラマ「復活」「魔王」「馬医」「1%の奇跡~運命を変える恋~」などに出演した名脇役です。 「愛するウンドン」「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」「霜花店-運命、その愛」などで主役を務めた1974年生まれのイケメン俳優チュ・ジンモと同姓同名なんですよ。

次の