トイレ ラバーカップ 種類。 ラバーカップの使い方!意外と知らない正しい選び方や使用法をご紹介|水漏れ修理・水回りのトラブル3,000円~スピード対応|水110番

ラバーカップの使い方!意外と知らない正しい選び方や使用法をご紹介|水漏れ修理・水回りのトラブル3,000円~スピード対応|水110番

トイレ ラバーカップ 種類

形状・原理 [ ] ラバーカップには複数の種類があるが、一般的なものは、棒の先に(ラバー)でできた状のカップが付いている。 洋風便器用のものはカップの先端が筒状になっており、便器のゼット穴と呼ばれる部分に対応している。 ラバーカップは、水溶性のものが詰まった場合や不足の場合に有効である。 まずラバーカップを排水口に密着させ、押しつけることによりラバーカップ内の空気を出して、次にラバーカップを上方向に強く引っ張る。 この動作を何度か繰り返すことにより、詰まったものを吸引する。 水や汚れが飛び散らないように押しつける動作は静かに行うことが好ましい。 名称 [ ] ラバーカップは、 吸引カップ 、 吸引器 、 通水カップ(つうすいカップ) とも呼ばれる。 また、 スッポン 、 パッコン 、 プカプカ 等のでも呼ばれる。 英語では()と呼ぶ。 英語のラバーカップ(rubber cup)は、この器具全体ではなく、器具の先端のカップ状のゴムの部分を指して用いられる。 また、この器具の部品以外にも、例えばブレーキピストンのカップ等を指すのにも用いられる語である。 脚注 [ ].

次の

ラバーカップ・スッポンのおすすめ7選!詰まり解消

トイレ ラバーカップ 種類

トイレや排水管、排水パイプなどの詰まりを解消するために役に立つのが「ラバーカップ」です。 しかし、ラバーカップの正しい使い方を知っている人は意外と少なく、いざ使うとき慌ててしまう人も少なくないようです。 そこで、ラバーカップの種類および正しい使い方についてまとめました。 トイレがつまってしまう前にぜひ確認しておきましょう。 ラバーカップの種類 ラバーカップは大きく分けて「和式」、「洋式」、「洋式(節水型)」の3種類があり、種類によって使い方が異なります。 まずは、それぞれのラバーカップの特徴についてみていきましょう。 和式 ラバーカップと言われて多くの人が思い浮かべるのが、和式用のラバーカップです。 ゴムの部分がドーム型になっており、その内部は空洞になっています。 和式用のメリットは、トイレ以外にも使用できるということです。 キッチンや洗面所の排水溝が詰まったときにも、和式用のラバーカップがあればスムーズに対処することができます。 洋式 洋式用のラバーカップは一見すると和式用のものと似ていますが、ゴムの内部を見ると先端が少し出っ張っていることが分かります。 自宅のトイレが洋式であれば、トイレに合ったサイズの洋式用ラバーカップを購入しましょう。 なお洋式用ラバーカップの中には、和式トイレにも対応しているタイプもあります。 洋式(節水型) 洋式用ラバーカップの中でも、ツバ付きのタイプは「節水型」と呼ばれています。 ラバーカップは完全に排水溝を覆うことができないと圧をかけることができませんが、節水型はツバによってしっかりと隙間を埋められるため複雑な形のトイレでも利用できます。 近年では、節水型トイレの普及によって洋式ラバーカップの需要が増えているようです。 意外と難しい!ラバーカップの正しい使い方 ラバーカップは簡単に使えそうに思えますが、正しく使うのは案外難しく、正しい使い方を知らないと使いこなすことはできません。 ここでは、ラバーカップを正しく使うためのポイントについてご紹介します。 ラバーカップを正しく使うためのポイント ラバーカップを正しく使うためのポイントは、「静かに押して、力を入れて引く」ということです。 簡単なことですが、これを意識するだけで詰まりが解消されやすくなります。 まず、排水溝を覆うようにラバーカップをかぶせましょう。 このとき、水があまり溜まっていない場合はラバーカップのゴム部分が隠れる程度に水を足します。 そして、ラバーカップを静かに排水溝に押し付け、ゴム部分が凹んでいる状態になっていることを確認します。 しっかりとゴム部分が凹んで圧がかかっていることを確認したら、力を入れて思い切り引きます。 ただし、勢いよく引きすぎると水が顔まで跳ね返ってしまうので注意しましょう。 跳ね返りが気になる場合は、ラバーカップの柄の大きさに穴を開けたビニールシートをかぶせて作業するのがおすすめです。 この動作を数回繰り返すと、トイレの詰まりも解消されるはずです。 作業が終わったら、バケツなどで水を流して詰まりが解消されていることを確認してください。 ラバーカップを使い終わったら ラバーカップを使い終わったら、水で隅々まで洗いましょう。 洗剤を使うとゴムが傷んでしまうので、水洗いだけで十分です。 そして、汚れが取れたら天日干しをして乾かします。 ラバーカップはお手入れをしないと臭いが強くなったり虫が湧いたりするので、使った後には必ず洗って乾かすようにしてください。 ラバーカップを正しく使ってトイレの詰まりを解消しよう トイレが詰まるのはそう滅多にあることではありませんが、いざ詰まってしまうと非常に困りますよね。 そんなときも、ラバーカップがあれば安心です。 正しく使えば簡単に詰まりを解消できるため、焦る必要もありません。 ぜひ万が一のときのために、自宅のトイレに合った種類のラバーカップを購入してみてはいかがでしょうか。

次の

トイレが詰まる前に知っておきたい。ラバーカップの使い方と種類

トイレ ラバーカップ 種類

トイレのつまりを直すには ラバーカップがあれば安心ですよね。 でも、念のため買っていたのはいいけれど、イマイチ使い方がわからない人もいるのではないでしょうか。 適当にトイレの排水口に突っ込んで、バコバコとやっていれば直るイメージがありますが、実はそれではうまく使えていないことが多いんです。 その ラバーカップの使い方には3つのポイントというのがあります。 このポイントを抑えることで、初めて効果的に使うことができるんですね。 そこで今回は、 トイレつまりのラバーカップの使い方はどうすればいいのか。 また、 ラバーカップがない時の対処法や、使っても直らないときの選択肢など困ったトイレつまりについてまとめました スポンサードリンク ラバーカップの種類 ラバーカップにも種類があって、洋式トイレ用のものは先っぽが出っ張ったような形になっています。 こういうラバーカップですね。 そしてもう一つ私たちがよくイメージするラバーカップは先が出っ張っていないお椀状になったものです。 これはお風呂とか洗面の排水溝のつまりをとるのにつかわれるタイプなので、洋式トイレには上のようなタイプのものを使いましょう。 ラバーカップ以外のトイレつまり道具 トイレつまりといえばラバーカップですよね。 でも、このトイレつまりの道具にも少しバリエーションが出てきました。 例えばこちらの「真空パイプクリーナー」 トイレのつまりはもちろんの事、台所(シンク)・洗面台・お風呂などのつまりにも使えます。 吸盤部分が大小のセットになっているので、いろんなシーンで使い分けができるのですね。 一度トイレの排水溝に固定すれば、タイヤの空気入れの要領で上下させる感じなので真空状態を保ちやすくなります。 また、通常のラバーカップは引く際に力を入れますが、その時に汚水が飛び散りやすいんですよね。 でも、このドレインバスターだとその心配がかなり減ります。 ラバーカップよりもコンパクトだし使いやすいので、こちらもオススメです。 おもちゃとかがしっかりと引っかかっていたら、いくらラバーカップで頑張っても取れないことがあります。 また、放っておいても悪化する可能性もあるので、早めに頼んだ方がいいかもしれません。 ただ例えば、普通にトイレットペーパーやちょっと溶けにくいところでティッシュや流せるシートのような紙類だと、時間を置けば紙が崩れてつまりが解消されることもあります。 この場合は「お湯や重曹、クエン酸」を使った対処法である程度解決できることがあります。 ラバーカップを使わないお湯を使った対処法 ラバーカップがない時でも対処できるトイレつまりの対処法には、• お湯を使う• お湯・重曹・お酢(クエン酸)を使う。 ラバーカップの代用を使う この3つのトイレの直し方があります。 重曹とお酢(クエン酸)を混ぜることで二酸化炭素の泡(炭酸)が発生し、これでトイレットペーパーや便などをバラけさせていくという対処法です。 出来れば先ほどのお湯を流す方法も、この重曹とお酢を入れた後でヤカンでお湯を流すことをおススメします。 その後水位が下がっていたら、少しずつお湯を流して流れるか確認してみましょう。 しっかり流れることが確認できたら、トイレットペーパーをちょっとだけ入れて流してみてください。 これで流れていけば大丈夫だと思います。 ラバーカップの代用を使う対処法 ラバーカップがない時にお湯や重曹、クエン酸を使って水圧をかけたり、詰まった紙を溶かしたりする方法を見てもらいました。 ただ、ラバーカップがないときに 用意するもの 掃除機のパイプ カーテンのポール 靴下 ガムテープ これらを使ってトイレのつまりを解消させている動画です。 理論的にはできますし、本当に軽いトイレのつまりの解消には使えると思います。 ただ、この方法では通常のラバーカップとは大きく違います。 こちらは「詰まりの原因を押し込んでいる」方法なので、異物を流してしまった場合は止めておきましょう。 こちらはあくまで参考程度で、• 夜中にラバーカップを売ってる店も開いていない。 それまで普通にトイレは使えてたけど、たまたまトイレットペーパーをたくさん流してしまった。 とにかく今夜中にトイレを直しておかないといけない。 本当にこういう時の緊急的な対処法だと考えて、参考にしてください。 ただ、詰まらせたのがオモチャや雑貨系、オムツなどの場合は業者に頼んだ方が無難です。 特にオムツを流していたら最悪配管をどうにかしないといけないレベルになるので、すぐに業者を呼んだ方がいいです。 ラバーカップで何とかできる範囲は、特にトイレットペーパーなどの紙類がメインだと考えておいた方が安全だと思います。 トイレのつまりを業者に頼むといくらかかる? 業者に頼むのが一番安心で早いのですが、業者に頼むことを一番ためらってしまうのは、やっぱり料金の問題ではないでしょうか?• ラバーカップで直る程度のつまりなのに業者を呼んだらもったいない。 すごく高額なお金を取られるんじゃないか?• やらなくていい作業とか入れて、高くお金を見積もられるんじゃないか? こういったところが本当に心配だと思います。 だいたいですが、業者に頼むと本当に簡単な作業で スポンサードリンク あとがき トイレつまりのラバーカップの使い方はどうすればいいのか。 また、ラバーカップがない時の対処法や、使っても直らないときの選択肢など困ったトイレつまりについてまとめましたがいかがでしたか。 簡単なつまりだとラバーカップでも直りますが、本当に素人ではどうしようもないトイレのつまりもあります。 そういう時にラバーカップを強引に使ってしまうと、逆につまりが悪化する場合もあるので、異物を流してしまった時は無理せず業者に頼むのも一つの方法だと思います。 確かに値段の面で心配なところはありますが、放っておいてもよくならないこともあるのでどうせ頼むなら早めに連絡してください。 ただ、.

次の