スイカ ポイント 還元。 ビューカードはどれが得する?各カードの還元率、年会費を比較して解説します

JR東日本、Suicaで乗車するとポイント還元!モバイルSuicaなら還元率4倍

スイカ ポイント 還元

SuicaはJR東日本が運営する交通系ICカードです。 スマホにも対応しており、出かけるときにもスマホだけ持ち運ぶことで、定期やお財布などの役割を果たしてくれます。 Suicaと聞くと首都圏で使われているイメージがあるかもしれませんが、実は北海道から九州まで幅広く利用することができます。 Suicaに代表される交通系ICカードは全国に10種類あり、それぞれ利用できるエリアが決まっています。 しかし、交通系ICカード全国相互サービスがあるため、どこかの交通系ICカードを持っていれば原則として別のICカードエリアでも乗車カードとして利用できます。 Suicaを購入するにはSuicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口を利用してください。 ではJR東日本の駅がないエリアの人は買うことができないのでしょうか?エリア外の人がSuicaを買う方法については後述します。 Suicaには目的などに応じて種類があります。 カードタイプがSuica定期券、My Suica、Suicaカード。 またカードを持ち歩きたくない人にもおすすめなのがモバイルSuicaとApple Pay。 こちらはアプリで利用することができます。 Suica定期券はJR東日本のみどりの窓口で購入するほかに、インターネットの定期券購入サービス、「ネットde定期」から申し込むこともできます。 My SuicaやSuicaカードは、JR東日本の駅にある多機能券売機やみどりの窓口で申し込み可能。 価格は1,000円から1万円の間で選べ、発行時に預かり金として500円を支払い購入します。 モバイルSuicaは、モバイルSuicaに対応しているスマホでアプリをダウンロードして利用します。 年会費が1,050円(税込)かかりますが、ポイント還元率が高いクレジットカードと紐づけすることでポイントを効率よく貯めることができるでしょう。 iPhone7以上やApple Watch2以上を持っていると、Apple PayでもSuicaを使うことができます。 これ以上、カードを増やしたくないという人にもピッタリでしょう。 こちらもモバイルSuicaのアプリをダウンロードしてからSuica発行手続きに進みます。 交通系ICカードは通勤や通学などに必ず持ち歩くため、普段の買い物にも便利です。 毎日使うカードだからこそ、還元率が気になるところです。 Suicaのポイント還元率は通常0. 5%~1. JRE POINT WEBサイトに登録しておくと、買い物でポイントが貯まります。 貯まったポイントはSuicaにチャージできるので無駄になりません。 またSuicaとクレジットカードを組み合わせると、より高い還元率になります。 例えばビュー・スイカカードはオートチャージ可能ですが、Suicaチャージのたびに通常の3倍のポイントが貯まります。 定期券を購入した場合のポイントも3倍です。 付帯サービスなども確認して申し込みましょう。 Suicaは、ほかの決済サービスと一緒に使うと、さらに使いやすくなります。 2020年春以降に決済サービス楽天ペイのAndroidアプリ内でSuicaのサービスが利用できるようになることが先頃発表されました。 まだ詳しいサービス内容は明らかになっていませんが、Suicaのバーチャルカードを発行したり、チャージできるようになったりと全国でSuicaを利用しやすくなることは間違いないでしょう。 Suica対応の鉄道駅(全国約5,000駅)やバス(約5万台)、コンビニなど(約60万店舗)で楽天ペイアプリが決済に利用できるようになります。 そして忘れてはいけないのがポイントです。 楽天ペイアプリで発行したSuicaには、チャージ額に対して楽天スーパーポイントが付与されます。 楽天ペイアプリで発行したSuicaは楽天カードからしかチャージできないという制限はあるものの、楽天スーパーポイントを貯めている人にとっては朗報でしょう。 楽天ペイなどのコード決済と電子マネー、どちらを選ぶか悩んでいる人も多いかもしれません。 そこに登場したのが、コード決済と電子マネーを組み合わせるという選択肢。 コード決済は手軽であるものの、アプリを立ち上げる手間がかかります。 電子マネーと上手く組み合わせることで、簡単なタッチ決済が実現する部分もあるでしょう。 キャッシュレスの時代が来ると言われて久しく、次々と主役となる決済手段が移り変わってきました。 このコード決済と電子マネーの組み合わせはキャッシュレス時代の転機になるかもしれません。 また、楽天には楽天Edyという電子マネーもあるので、今後、どのように差別化していくのか注目が集まります。 電子マネーやポイントカード、クレジットカードなど、どれも得意分野が違います。 それぞれの特徴を理解することで、自分のライフスタイルにどれが一番適しているかを判断しましょう。

次の

Suicaでポイントを圧倒的に貯める方法・貯め方を解説!使い道や貯まるお店も紹介!

スイカ ポイント 還元

総務省は、マイナポイント事業の対象となるキャッシュレス決済事業者の、2月19日時点の登録状況を公表した。 事業者数は23社。 マイナポイント事業とは、キャッシュレスでのチャージまたは買い物に対し、25%のマイナポイントが付与されるもの。 付与上限は1人5,000円分。 マイナンバーカードの取得と、マイキーIDの設定が必要となる。 消費者は、対象となる決済事業者の中から、任意で1事業者を選択。 選択した決済事業者が設定するポイントが付与される。 2月19日時点の対象決済サービスは、FamiPay、メルペイ、ほろかマネーサービス、Suica、au PAY、d払い、電子マネーゆめか、J-Coin Pay、CoGCa コジカ 、りそなウォレットサービス、PayPay、nanaco、LINE Pay、WAON、楽天ペイ アプリ決済 、Bibica、くまモンのICカード、楽天Edy、ナギフトマネー、FKDハイカード電子マネーサービス、オレボポイントカード。 決済事業者番号順。 サービス数は21となっており、事業者数より少ない理由は、りそなウォレットサービスをりそな銀行、関西みらい銀行、埼玉りそな銀行の3事業者が登録しているため。 また楽天系列から、楽天ペイ アプリ決済 と楽天Edyがそれぞれ登録されている。 今後の審査・手続きにより、変更される場合があるとしている。 またキャッシュレス決済事業者の申請受付は3月末まで継続する。 総務省は消費者に対し、マイナンバーカードの交付には一定の時間を要することから、早めの申請を呼び掛けている。

次の

Suicaでオトクにポイント還元を受ける方法

スイカ ポイント 還元

Suicaでポイント還元する方法 iPhoneやAndroidでモバイルSuicaを普通に使っていてもポイントは貯まりません。 ポイント還元する為にはJR東日本が運営する「JRE Point」というサイトで会員登録する必要があります。 その途中でお手持ちのモバイルSuicaと連携することができますよ。 JRE Pointで会員登録をする JRE Pointで会員登録する流れはこのようになります。 TOPページで新規登録を選択• 仮登録• メール確認• ログインして第2パスワードの設定• モバイルSuica情報を登録し連携する• 登録完了 では順に紹介していきます。 Topページで新規登録を選択 こちらのページに入って、「新規登録」ボタンを押しましょう。 ココで登録したメールアドレスに確認メールが来るので、そのリンクをタップしましょう。 ログインして第2パスワードを設定 リンクをタップするとログインページに飛ぶので、さきほど仮登録に使ってメールアドレスとパスワードを入力します。 次に第2パスワードを設定します。 このパスワードは重要な情報にアクセスする時に使うパスワードです。 必ずメモしておきましょう。 モバイルSuicaを選択する 登録するとポイントサービスのページで「Suica モバイルSuica」を選び、その次のページで「モバイルSuica」を選択してください。 モバイルSuica情報を登録し連携する 次にモバイルSuicaとJRE Pointを連携する為にモバイルSuicaの情報をここで入力します。 これで登録は完了です。 もしモバイルSuicaのメールアドレスやパスワードを忘れたしまったら、iPhoneのSuicaアプリで確認できますよ。 還元できるポイントが貯まる対象は? ポイントは以下の3通りの使い方で貯まる仕組みです。 在来線と定期券の購入でポイントが貯まるというのはかなり美味しい…。 定期券でもポイントが貯まる、ということは会社支給の定期券でも貯まるという訳ですよ…。 貯まったポイントの確認はどこでするの? 貯まったPointはJRE Pointのサイトでログインすることがでいくら保有しているのか分かりますよ。

次の